「基本に立ち返るとシンプルになる」

ケニアで仕事をしている様々な分野の人たちと話をする度に、いつも学びがあることが有難いです。

 

「経験を積み重ねるに連れ、基本に立ち返って考えるようになると、大事なことが見えてきて、シンプルになる」というある方の話を聞いて、共感しました。まさに、基本に立ち返えって考えるとシンプルにやるべきことが見えてきます。

 

私は技術者ではないから、専門の人に代わりにやってもらいたいという他人頼みの考えは改めて、専門知識を持った人たちとともに、トコトン極めようという気持ちで、今の課題を突っ切っていこうと思っています。

 

ネスレが撤退&就労許可証の再確認

ケニアは、6月1日が祝日で3連休でした。最終日はお世話になっている方から、ケニアの海岸地域で取れた新鮮な伊勢えびが手に入った!と食事会によんでもらい、伊勢えびのお寿司を食べて日本酒を飲みながら、楽しい&学びのある時間を過ごしました。

今回は、ケニアで働いている日本人たちの間で最近話題になるトピックから2つ取上げようと思います。

○Nestle East Africa Regionが事務所を閉めて、撤退すると先週報じられました。世界的規模の大手企業がなぜ撤退することになったのかというのが気になります。コーヒーより紅茶を飲む文化であることや、MaggiよりもUniliverのRoycoという調味料が市場のシェアを占めていることが関係しているようです。市場の規模が大きくない割にオペレーションコストが掛かるというのが主な理由なようです。商品は今後も流通業者を通じて市場に流れます。参考までに新聞記事のリンクを貼り付けておきます。↓

https://www.nation.co.ke/business/Layoffs-loom-in-Nestl–Nairobi-office-closure/996-4586694-4js3td/index.html

 

○5月にケニア政府は外国人労働者の就労許可証の再確認のために移民局に行って、手続きをする必要があると発表されました。手続きが完了するとデジタル認証カードの引換券が交付され、3週間後、デジタル認証カードが発行されるそうです。中国人の不法労働者が多く、取り締まりが強化されています。ケニアで就労許可を得ている外国人は3万4,000人いるが、不法労働者は10万人以上いると見積もられています。詳しくはJETROケニア事務所のビジネス短信で確認下さい。↓

https://www.jetro.go.jp/biznews/2018/05/5154e48656b8f012.html

創業5年目に突入

久々に投稿します。4月に創業4周年を迎えて5年目に突入しています。この1年間に待ち受ける変化と成長がとても楽しみです。

 

3月初旬に新しい加工所に移転して、6月初旬までの3ヶ月間で、毎月に必要な量を供給できるようにしますと関係者に宣言しているので、目標達成にフォーカスしています。

 

製造量を10kg、20kg、30kgという数え方から、100kg、200kg、300kgと数えるようになり、その後1トン、2トン、3トンという単位で数えるようになる日を心待ちにしています。そういう日がやって来るように、日々の業務のひとつひとつと向き合うことを積み重ねていきます。

先週は1万個以上のマンゴーを海岸地域のLamuから仕入れました。今はオフシーズンで、品質のいいマンゴーを仕入れることは簡単ではありません。バイヤーが買いに来ると十分に熟れていないのに農家が収穫してしまい、甘みが足りないということが頻繁に起こるので、オフシーズンに購入するときは慎重になります。

 

3月に加わったスタッフも慣れてきて、スムーズに進むようになってきて嬉しいです~!

働いている人たちがハッピーでやりがいを感じてもらえるように、今週もひとつでも、改善できることを見つけて、アクションを起こしていきたいです。

 

新しい加工所に移転して

ティカ近郊の新しい加工所に移転して、3月9日から加工を始めました。廃棄を最小限に抑えるために、製造キャパの1~2割くらいの製造規模から始めました。今は13名が働いています。昨年、設置した大型乾燥機を使い始めたばかりで、変色等の廃棄がでていますが、試行錯誤を繰り返しながら安定していくと思います。

新しい加工所に移って、これまでの製造キャパの約8倍増加が見込めます。一日も早く、取引先に十分な量を毎月供給できるオペレーションに到達したいです。現状は、取引先が必要な量の10%も供給・販売できていません。昨年後半からずっとこのような状況で、いつも笑顔で接してくれていた取引先のマーケティングや販売担当者の表情が商品の話になると険しくなるようになった頃に、事の重大性を感じるようになり、何とか現状を打破しようと取り組んできました。自分たちで何とか現状打破できるという考えが甘かったと身をもって知り、周囲のケニア人の食品加工の経験者の方々に積極的に相談しています。ここを乗り切れれば、月々の売上はアップ♪ 急ぎ過ぎず最適な製造コストで製造量を上げていきます。問題点を日々改善していくことにより、製造が安定していくと希望をもっています。

約2年毎の変化

2016年2月末にティカに移り、約2年間、ISOマネジメント規格の認証を取得しているケニアの食品企業の約300人が働いている工場内に製造場所をお借りして、製造させてもらっていました。この2年間に本当に多くのことを学びました。

職場では、常に周りの目に晒されていて、現場でのオペレーションや私のマネジメントの仕方など不適切なことがあると直ぐに、製造現場をお借りしている会社のマネジャーから指導を受けてきました。働いている人たちが常にハッピーで仕事をしていることが大事で、いつも慎重に適切な対応をするようにと言われ続けました。そうしないと、商品に故意に物を混ぜるなどの支障が出る懸念があると。

いよいよ新しい加工所への移転が目前に迫り、今後雇用数も増えるだろうから、不備のない管理をするように言われ、具体的な対応方法に関して、パートナー企業の人事部から指導を受けています。人事・会計部門などを包括した会社全体のマネジメントシステムを確立していく必要があると感じているところです。

新しい加工所への移転は、小学校を卒業して、中学校に入学するようなステップアップだと思います。引き続き周囲の指導と協力のもとで、学びながら社員と会社が成長していければ嬉しいです。創業の2014年から、約2年毎に移転という変化がやってきています。次の2年間で、ここまで辿り着きたいという明確な青写真を心に焼き付けています。新たな挑戦に突入していくワクワク感を楽しみつつ、日々の業務を大切にして、地道なレベルアップを図っていきたいと思います。

地道な仕組み作り

1月に一通りのフード・セーフティ・マネジメント・システムとHACCPに関する書類作成が終わりました。必要な記録の付け方等のトレーニングを実施して、現場で運用していきます。また、製造場所をお借りしている食品会社の人事部の方の指導のもとで、全社員のJob description(職務内容を記載した書類)の見直しと、会社の年間計画に基づいて其々に各自の目標を設定してもらうためのPerformance Profile & Key Results Area シートを作成してもらっています。自分の仕事として責任感をもってもらうための仕組みづくりを続けていきます。

現在、昨年大学を出たばかりの社員が3名います。職務経験のない若者たちにビジネスマナーも含めて、イチから教えていくのは骨の折れる道のりです。厳しさと優しさの両方を使い分けながら忍耐強くやってます。正直なところ、支払う給料は2〜10倍になっても、早い時点で食品加工の現場で働いたことのある経験者を起用して安定生産・拡大に挑みたいです。経験・意欲のある方に働いて頂けるように財政面で体力をつけていきたいと思います。

社員や周りの協力者の方々への感謝の気持ちを事業の成果でお返ししていけるようにこれからも邁進していきます。

社員が日本でのトレーニングに参加

製造部門の責任者のマイケルが、日本でのカイゼンの1週間のトレーニングに参加してケニアに戻ってきました。経済産業省が日本生産性本部に委託しているアフリカ4カ国の製造業の会社の経営陣・マネージャーレベルの方を対象としたトレーニングに弊社から1名推薦させて頂き、大学を出たばかりの22歳のマイケルを送り出しました。東京都と長野県で講義やモデル企業2社を訪問してきたようです。

凄く充実していたようで目を輝かせて、日本でのトレーニングの内容や訪問した会社で学んだことを話してくれました。問題の根源を分析する方法、“ムダ”“ムラ”を減らすことの大切さ、アンドンと言われる看板を利用して視覚で区別する方法などの多様な基本事項を学び、トレーニングの最後に、ケニアの現場で実践する計画を立てたようです。実際に彼がどのように現場のスタッフをトレーニングして、学びを活かしていくのかを見守っていきたいと思います。

関係者の方々に心よりお礼申し上げます。

食品会社としての基盤作り

創業してから4度目のマンゴーの加工シーズンが近づいてきています。新しい機械の購入により製造規模は拡大し、未知の領域に突入します。何をしなければいけないのかが組織内で明確になっているので、今までで一番安心して落ち着いて迎えられそうです。
食品会社としての基盤である製造・食品衛生の管理システムの構築に力をいれています。既存のものに追加するかたちで、製造マネジャー・製造アシスタント・各部門のチームリーダー・品質管理者の各々の仕事内容を規定し、作業指示書、チェックシート、評価シートなどを製造責任者とともに細かく作成しています。
FSMS(食品安全管理システム)の構築とトレーニングの一部を外部の専門コンサルタントにも委託します。それなりの費用は掛かりますが、必要不可欠な予算です。

より愛情をもって

製造場所をお借りしている食品会社の工場では、第一月曜日の午前8時から10時に休憩スペースにマネジャーと全従業員が集まって、教会のミサのように歌唱や説法が行われます。マネージャーや従業員のなかから選ばれた方が説法を行うのですが、発言で爆笑が湧き上がることもあり、とても和やかな雰囲気です。月に一度、このような機会を提供することにより組織内に家族のような一体感が醸成されていくのだなといつも勉強になります。ケニアでは先月下旬に大統領選挙が再度行われて、一部の地域ではデモが発生しているなどの民族間の対立も払拭されていない状況下におかれていることもあり、今月の説法のテーマは“LOVE”でした。

端的にいえば、『出身地など関係なく、愛情を持って他人に接し、親切にしましょう。誰かが間違いを犯しても寛容に対処しましょう』という内容でした。最近の自分自身に当てはめて考えてみると、製造のピークシーズンが来る前に、スタッフのレベルをあげようと少し力が入っていて、厳しいことを言うこともあったことを省みて、より一層愛情をもって一人ひとりに接していこうと心に決めました。気を楽にして、20代の若い人たちが成長していける環境づくりにこれからも努めていきます。

創業時に感銘受けた本

今回は私が創業したタイミングで出合い、大きな力をもらった本を紹介させてもらいます。私の人生を変えた幾つかの要因のひとつになっているのかもしれません。

【Accidental Branding】という原著の日本語版の『直感のブランディング』(英治出版)という本です。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4862760708?ie=UTF8&tag=eijipress-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4862760708

「普通」の人が「特別」を生みだした7つの物語というサブタイトル。協力隊終了時にケニアでの創業を決めた当時の私の心には響くものがあり、ど素人が確立したブランド物語に魅了されました。

この本のなかで、最も感銘を受けたブランドの創業物語をもっと知りたいと思い、直ぐに創業者の英語の著書を取り寄せて、読んでいたときの興奮は鮮明に蘇ってきます。少々マニアックですが、心底やりたいことに出合えたことは本当に幸せなことです。初心をじわっと思い出して、明日からも組織一丸となって歩を進めていく力にしたいと思います。

1 2 3 4 8