Load More

ケニア農村部のパイナップル加工プロジェクトの映像

今週の後半に、ケニアでの製造に適した機材を探しに、南アフリカに渡航して、1社訪問して今朝ケニアに戻りました。実際に足を運んで、自分の目で見て、直接情報を得る手間を掛けるだけの意味はあったと感じています。

南アフリカでは、各地域の気候に適した果物を利用して、ドライフルーツを製造するのがひとつの産業として既に成熟しています。南アフリカには、大小含めて100社以上のドライフルーツのメーカーが存在すると聞いています。ケニアはかなりの遅れをとっていますが、いつの日か近づくときがくるかもしれません。

 

さて、今回は弊社が海岸地域で支援しているパイナップル加工のプロジェクトのビデオを紹介させてもらいます。このプロジェクトで協働しているNGOのWorldvisionが作成したものです。乾燥が非常に激しい現地の状況やパイナップル加工に賭ける関係者の思いが語られています。弊社も売り先として、紹介して頂いています。

http://www.wvi.org/file/marafa-integrated-livelihood-economic-dev-project

このビデオの地域の発展に少しでも寄与したいと弊社は、果物加工のトレーニングをティカの自社の製造現場と農村部の現場の両方で、若者たちにトレーニングを実施しています。

『ケニア農村部の若者に生きる力を!果物加工技術を彼らの手に!』にプロジェクト名を変更して、農村部での加工トレーングの費用や備品提供費をクラウドファンディングで募っています。残り12日間走り抜けます。こちらもどうぞよろしくお願いします!

https://readyfor.jp/projects/KFS

ジュース加工のトレーニング

今年1月からは製造現場に費やす時間は10%以下になっています。私自身は会社の成長のためにやるべきことに集中するように切り換えています。アカウンタントもアドミニストレターも雇っていないので、普段は基本的に私が事務的な仕事をやっています。

製造マネジャーのジョセフは、海岸地域のパイナップル加工グループの指導で、一週間半、ティカの製造現場にはいなかったですが、製造アシスタントが代わりに指揮をとって、日々の製造は問題なく行われていました。

昨日は、ティカに12日ぶりに戻ってきたジョセフと一緒に、マンゴーを仕入れているグループを訪問しました。マンゴージュースの加工のトレーニングとグループが応募している大使館の補助金に必要な事業計画作成のサポートをしました。午前11時から夕方5時まで、ぶっ通しで、帰りにはヘトヘトになっていました。グループの人達はとても喜んでくれていたので、それで十分報われます。

img_20170228_112845_1cs

img_20170228_122631

img_20170228_141705-1

約30名がトレーニングに参加して熱心に学んでいました。最後には、リーダーが小さい規模から実際に始めることの大切さを他のメンバーに説いて、実際にジュース作りを担当する女性3名が決まりました。今後も見守っていきたいと思います。

自社での果物加工だけではなく、要望があれば、農家グループの自主的な活動もできる限り支援していきます。

詳細は、現在挑戦中のクラウドファンディングのページにアップしています。

https://readyfor.jp/projects/KFS/announcements

 

○3月25日の朝日新聞の奈良版で弊社の事業を紹介していただきました。

http://www.asahi.com/articles/ASK2675Y8K26POMB011.html

協働者たちとの挑戦 IN CHAMARI VOL.3

マンゴーシーズン真っ最中です。3月中旬までのあと1ヶ月間の勝負です。

img-20170217-wa0000

今週は、製造マネジャーのジョセフ(写真中央)が海岸地域のグループがある農村部に衛生指導のため、出かけていきました。約1週間、現地に滞在する予定です。

昨年11月から、グループが弊社にドライパイナップルを販売できるレベルに到達するようになるために、3週間のトレーニングや現地指導をしてきましたが、未だに食品として買い取れるレベルにはなっていません。

そのために、製造に使用する水の検査や、再度製造に関わる人達の指導をする必要があると判断し、ジョセフが現地指導に行くことを自ら決めました。

昨日は、製造工程の各段階で考えうる異物混入や汚染の可能性を話し合うトレーニングを実施したそうです。

https://readyfor.jp/projects/KFS/announcements/50861

詳しくは、現在実施中のクラウドファンディングのページに掲載しています。宜しければ、ご覧ください!ご支援もご検討いただければ、有難いです。

このクラウドファンディングで実施している農村部加工支援のプロジェクトは、いずれは会社の利益の一部で社会貢献の一環として、予算を捻出していくということを社員たちとも合意しています。

生産性向上に取り組んでいます

20170131_142850

今週、ナイロビで日本の経済産業省が主催の生産性向上促進セミナーに製造マネジャーのジョセフとアシスタントのフリーダともに参加しました。昨年6月からカイゼンプログラムのケニアのモデル企業として、日本人の専門家の方に指導を頂いており、その成果発表をしました。ロス率が20%以上と非常に高かったのが、ご指導のおかげで、現在は5%以下です。問題をどのように解決していけばいいかという手法を学び、実践できたことは貴重な経験となりました。全員で話し合って次の目標は、ロス率2%以下と設定しました。まだまだ今後改善していく余地が十分にあるので、今年中にあとどれだけ進歩できるか楽しみです。

また、Toyota Kenyaのトップの方が、Toyota Kenyaでは”Come to think, Not Come to work”という考えを従業員に浸透させているというお話をされていたのが印象に残りました。全員で話し合う機会を定期的にもち、現場の人達が自分たちで考えて、より安全で働きやすい環境を自主的に創りだしていくベースを整えていきたいです。

○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。

【クラウドファンディングを始めました】

ケニアの農村部での自立的な果物加工事業の確立を応援!プロジェクトです。

詳しくはページをご覧ください。https://readyfor.jp/projects/KFS

日本人たちが残した偉大なる功績

マンゴーのピークシーズン、真っ最中です!現在の様子は、後日まとめて書きます。

今回は、ケニアの農業セクターのなかのマカダミア産業に焦点をあてて、少し書かせてもらおうと思います。うまくお伝えできればいいのですが。

1974年にひとつのマカダミア会社がケニアに誕生してから、マカダミア栽培の普及と研究が続けられ、ケニアの農家にとっての大事な収入源であり、多くの雇用を産みだす産業となっています。このことをご存知の方は多いと思います。

dsc01345

アフリカのなかでは、南アフリカに次いで、ケニアが生産量が2位。ケニア産は南アフリカ産より品質はよく、値段は若干高値。

マカダミアは成木になると、適切に管理すれば100年以上毎年実をつけます。1本の樹から約10,000ksh(約8,700円)の収入が得られるそうです。5~10本だけでも植えていれば、子供の教育費は賄えます。

マカダミア産業の著しい成長は続いており、昨年も今年も新しい会社が設立されています。現在は24社が競合している状況です。何故、これほど勢いよく次々会社ができて、各社が成長していると思いますか。

凄くはっきりした理由が見えてきます。マカダミア産業の成長を率いたマザーカンパニーで育った人たちが、新しく立ち上がる会社に次々と引き抜かれて、そこでゼロから創りあげていきます。製造、人事、エンジニア、原料調達 etc.とあらゆる部門から。

このマザーカンパニーはしっかりと強固な組織ができているので、誰かが抜けても、その人の下についていた人が育っており、昇格し滞ることなく任務を遂行していくというサイクルができています。

独特の企業風土のもと、各分野のエキスパートが育ったのは、数名の日本人が長年に渡り、現場でケニア人の指導のために汗水を流した苦労の賜物です。

その人達が残した無形の遺産が、確実に受け継がれ、ケニア国内のマカダミア産業と経済の発展につながっているいうことを、今の仕事をさせてもらっている環境で身をもって学びます。

これからもずっと受け継がれていき、ケニア人の手で更なる産業の発展を実現していくことを願っています。

少ししか事情を知らないのに書かせてもらうのは恐縮ですが、共有できればと思いまして。

 

協働者たちとの挑戦 in CHAMARI Vol.2

今週は、ティカの製造現場は社員たちに任せて、今月2回目のChamari訪問です。

ナイロビ空港からマリンディ空港まで飛行機で約1時間。マリンディからマタツで約2時間のMarafaという町を経由して、そこからバイクタクシーで約40分。

 

今回もドライパイナップルの品質向上と衛生的な製造のための指導。まだ、グループが製造したものを買い取れるレベルには到達していません。もう一息です!!国際的な食品衛生水準を満たす、果物加工事業をケニアの貧困層が多く、電気は整備されておらず、携帯電話が通じる場所は限られている農村部でやろうという無謀ともいえる試み。

 

img_20170118_125523
『アフリカだからできないということはない、ケニアの農村部だからできないということはない。』と勝手に信じこめるのでラッキーです。ひとりではできませんが、World vision(NGO)と他の地域から移ってきた頼りがいのあるグループリーダーとがっちり組んでやっています。農家が仲買業者に売るよりも少し高い値段で買い取り、農家が売り先がないときには売りにこれる仕組みができればいいという思いを共有しています。

 

今回はたまたま訪問した日が、Relief Foodといわれる政府からの食糧の無料配給の日でした。かごがをもった女性たちが200人以上集まっていました。月に一度のとうもろこし粉5-6kgの配給は一世帯には僅かな量。雨が少なく、農業だけでは生活ができない地域。

 

img_20170118_153800

自転車の荷台に写真のようにパイナップルをくくり付けて、片道3-4時間掛けてマリンディまで自転車で売りに行く人を4、5人見かけました。この人達は農家ではなく、農家から買い取って売りにいく、仲買業者です。

 

ChamariからMarafaのWorld visionの事務所に戻ったら特別に、皆でグリルした鶏とウガリのお昼ご飯!おもてなしが嬉しかったです。

 

img_20170118_161942

↑Marafaの中心地。ここの周辺は電化されています。

食品衛生

20161201_15195520170110_084628

この二つの写真は何だか分かりますでしょうか。

取引先(製造場所を工場内に借りています)で毎週、実施してもらっている細菌検査の結果です。左の写真は清掃後の床の検査結果で、赤い点は菌の固まりです。清掃の方法を変更するように具体的な指導を受けました。

作業員の手洗いは徹底しており、手と作業用のコンテナからは何も検出されていません(右の写真)。一番最初に検査してもらったときに、改善するように指導を受けたので、清掃の方法と頻度を記載したチェックリストを即座に作成して、毎日製造アシスタントにチェックしてもらっています。

私たちが製造した製品も自主的に検査をお願いして、安全を確認しています。自社で検査設備を整えるには費用が掛かりますが、検査をして頂けているので大変助かっています。

また、週に一度、スタッフ全員に製造マネジャーから約20分間、食品安全に関するトレーニングをしてもらっています。各自で習ったことを指定の用紙に毎回記録しています。プロフェッショナルとして、必要な知識を身につける大切さを伝えています。私自身ももっと知識を身につける必要があります。

10年、20年後も

products_image

昨年11月に、Kenya Nut Companyからドライマンゴー、ドライパイナップル、ドライココナッツの3種類が新商品として、販売が始まっています。

Kenya Nut の創業者の佐藤芳之さんがつないで下さり、このような機会を頂けたことに心より感謝しております。またKenya Nutの方々が温かく協力して下さることもとても有難いです。

この商品が10年、20年後も市場で販売されていることを願って続けていきます。よりよい品質に絶えず変化し続け、更なる新商品も世に出していきたいと考えています。

現在の課題は生産量です。販売が始まった直後に、取引先のSales担当者が大型の注文をとって来て下さったのに、こちらが必要量を提供できず、販売の機会を逃すということが起こりました。

月々の売上がある額に到達するようになれば、規模拡大の資金調達をするという計画を初年度から立てています。規模拡大の資金調達に動けるようになるときを楽しみにしながら、地道に進んでいきます。

 

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。

年越しはナイロビで、日本人が20人くらい集まってBBQをして楽しく過ごしました♪

年末年始でたっぷりリフレッシュして、今日から仕事初め。

マンゴーのシーズンのピークを迎える1・2月は一年のなかの繁忙期です!

今年からは、製造アシスタントだった24歳の若者が製造マネジャーに昇格。ティカの現場は任せていきます。過度な期待はしすぎないように慎重にやっています。給料体系は、基本給に加えて目標を達成したときの成果給(3ヶ月毎)の2本立てで。また、今まで期間付きの契約で雇用していた加工スタッフの6名が正社員になりました。こちらの成果給は週毎に設定しています。

この2ヶ月間は、私は農村部での加工事業者(グループまたは個人)の支援と商品の開発に力を注ぎます。

昨年12月に新たに1台乾燥機を設置して、現在計3台。

将来、30-40名が働ける規模の自社工場を持ちたいというビジョンを思い描きながら、地道に品質の向上と取引先への毎月の安定供給に取り組んでいきます。

 

dsc01363

副産物のマンゴージュースも販売しています。低めに価格を設定したので、よく売れてますー。

 

多様なご意見・ご助言、大変有難いです。

info@kenyafruitssoutions.comまでお気軽にご連絡ください。

 

皆さまにとって、幸多き1年となりますように~~!

協働者たちとの挑戦 in Chamari

「貧しい状況から自分たちが抜け出せるというふうに考えられない人たちを、どうやって貧しさから抜け出す手助けができると思う?」

弊社が農村加工の支援をしているはるか遠くの海岸地域のグループリーダーから、現地を視察した後にマリンディまで送って下さった道中に発せられた質問です。

dsc01440

この地域は、Wasaという少数民族のコミュニティー。乾燥が激しく主食のメイズは育たない。キャッサバを育てるのがやっと。農業だけでは暮らしていけないという過酷な環境。仕事を求めて、都市にでる人もいれば、貧困のまま変化を求めず、援助物資での生活に頼る人もいる現状。識字率の低さが発展を阻む要因となっているとNGOのオフィサーからは説明を受けました。

NGOが地域住民に対して手を差し出して、養鶏などのプロジェクトに取り組んでいるが、収入向上につながるチャンスが目の前にあっても、この地域の貧しい人達の関心は薄く、成果があまりでていないということでした。

今回は3回目の現地訪問。パイナップルの加工の支援をして欲しいと現地で活動するNGOのオフィサーから連絡をもらって初めて訪問したのは、2015年10月。今年の8月に2つのグループを対象に天日乾燥用のソーラードライヤーが設置された後、この地域の4名の若者を10月半ばから3週間、ティカの製造現場でトレーニングをしました。パイナップルの一次乾燥品の注文をだしていますが、生産量が上がっていないので、状況把握のためとNGOのオフィサーに更なる支援協力のお願いに足を運びました。

弊社はできる限りの技術支援を継続的に行う心積りです。この天日乾燥プロジェクトのマネジメント体制に関与して、基盤を固めてしまうことが肝になると考えています。

他の部族はほぼ混ざっていない少数民族のコミュニティーに、別の部族から3年前に移住してきたグループリーダーがプロジェクトの成功を左右するキーパーソンになります。この方の管理下に置いてもらい、弊社はこの方との取引を行うというが現実的に最善と考えます。果物の買値はブローカーに売る時よりも若干高い値に設定してもらうということと、コミュニティーの若者を雇用してもらうということを合意しています。

dsc01444

リーダーのお家でだしてもらったジューシーで甘いパイナップルは喉の乾きと暑さからの疲れを癒してくれました。

dsc01442

Chamariの町の中心地。数店並ぶ程度。

 

お知らせ:出身の神戸大学の広報誌『風』にインタビュー記事を載せて頂きました。

http://www.kobe-u.ac.jp/info/public-relations/magazine/kaze/index.html

1 2 3 4 5 6