また今度があるかはわからない

JUJUBODYの大山です。

ビジネスパートナーのカールのお父さんが亡くなりました。

先日、彼のプロフィール写真が変わったなと、よく見たら、お父さんの写真になっていることに気がつきました。

術後の経過がよくないという話を聞いていたので、すぐに、亡くなったのだとわかりました。

連絡をしたら、「何でわかったんだ?どこから聞いた?」と驚いていましたが、ジャーナリストでテレビの看板番組を持っていたこともあるお父さんは、ガーナでは有名人で、ニュースや新聞でも訃報が流れたそうです。

彼の妹もニュースキャスターなので、とにかく交友関係が広く、次々と見事に絶え間なくやってくる弔問客の対応に、1週間追われたと言います。

ようやく仕事を再開できるようにはなったけれども、唯一の男児である彼が、葬儀の手配も取り仕切るため、手一杯だそうです。

ケタのチーフの家系出身なので、ロイヤルファミリーは、出身地に埋葬するのが伝統だそうです。

アクラで葬儀を行った後、ケタに埋葬し戻ってくる、3日間のお葬式で、少なくとも、800人以上が参列する予定だといいます。

「立場を利用して上手く立ち回って、本当なら私服を肥やしてから退職する人が多いのに、うちの親父ときたら、そういう才能ないから、すっからかんだよ」

と、毒づきながら、そういうお父さんを彼が心の底では尊敬していたことを思い出しました。

70代後半になっても明晰で、毎日、新聞を保管する、ガーナ人とは思えないような几帳面さを持ち合わせた人でもありました。

子供の頃には、本をたくさん読まされたといいますが、彼の英語力が非常に優れているのは、間違いなく、その賜物だと思います。

私が挨拶する間もなく診断のために日本に戻り、半年後に術後ガーナを訪れた際には、「祈っていたんだよ。君は、家族みたいなものだから」と言ってくれたことも思い出しました。

でもそれ以来、いつも時間に追われて、テマに行くには交通渋滞もひどいからと尻込みして、顔を出しに行かなかったことを悔やみます。

私の顔を見たら、ただ、それだけで喜んでくれたろうに。

ジャーナリストだったお父さんは、ガーナ独立期の激動の政情や、アフリカ諸国の内情にも詳しく、宝のような生きた情報をたくさん持っていた人でした。

ゆっくり話すこともなく、もっと、話をたくさん聞いておけば良かった。

「また今度」があるかなんてわからないこと、忘れないようにしたいと思います。

「西アフリカ由来機能性素材」に注目!?

JUJUBODYの大山です。

先週、アフリカローズの萩生田さんと、ケニア・ナッツ・カンパニーの佐藤さんにお会いしました。

佐藤さん、なんと80歳になられるそうですが、今後、10年、20年の事業について目を輝かせて話していて、私まで元気をもらいました。

やっぱり、「ワクワクすること」を追いかけている人は、若い!

お話をする中で、私ももっと大企業や他社を巻き込んでいくようにしないと、大きなムーブメントを作ることはできないなと思いました。

佐藤さんも、バオバブやモリンガなどのスーパーフードに注目して、新事業を始めるところだそうです。

そんなお話を伺ったあとに、こんな情報が飛び込んできました。

米国ホールフーズマーケット(WFM)の国内外バイヤーや料理専門家を含む50人以上の有識者が、消費者の嗜好や世界中の食品およびウェルネス業界の展示会トレンドを分析し、来年に注目される食品トレンドのトップ10を発表しました。

それによると、第1位となったのは「再生農業」。「再生農業」は土壌や環境に利益をもたらす農業実践を意味し、近年米国では、土壌回復や生物多様性保全など、環境に配慮した生産方法が、消費者の商品選択における重要指標となっていることを理由に挙げています。米国の消費者が健康・栄養食品を購入する際に重視する10項目で、「持続可能性」「クリーンラベル」「ゴミの減量化」などが挙げられており、“環境配慮”に対する消費者意識の高さがうかがえます。

第2位は「機能性代替小麦粉」。タンパク質や食物繊維などを含有する代替小麦粉として、果物や野菜、雑穀由来小麦粉の消費が拡大していると分析。品種別では、テフ粉、カリフラワー粉、バナナ粉、タイガーナッツ粉などが注目されているといいます。

そして、第3位は、なんと「西アフリカ由来機能性素材」。米国の食品マーケットでは、“西アフリカのスーパーフード”として知られているモリンガやフルーツのタマリンドをはじめ、ソルガムきび、フォニョ、テフなどの雑穀がマーケットを賑わせているというのです。

さらに、ピーナッツ、ジンジャー、レモングラスを使用した伝統的な西アフリカ風味の料理人気が消費ニーズを後押ししていると分析しています。

アメリカで流行ったものは、日本でも数年遅れて流行るといいますが、「モリンガ」ブームになるかな?

一過性のブームより、少しずつ着実に広がる方が、生産地にとってもサステイナブルではあるのだけれども。

思い切って、定期購入スタートしました

JUJUBODYの大山です。

アフリカから仕入れて商品を作る場合、難しいのが製造スケジュール管理です。

時期によっては、空輸なのに1ヶ月かかると言われたり(笑)、賞味期限のあるものなので、多く作り過ぎてもいけないし、なかなかこのさじ加減が難しいのです。

そういうこともあり、都度注文してもらう方が気楽でお客様にも迷惑かけないし良いと思っていたのですが、単品LPのお試しからの定期購入が繁栄する時代。

定期購入を入れると、売上はやはりアップするそうです。

中には、オンラインで注文できずに電話注文される方もいるので、お客様の利便性を考え、思い切って定期購入をスタートしました。

ということは、在庫切れにならないように管理するプレッシャーが増しますが、挑戦してみることにしました。

まだ、スキンケアまではカバーできませんが、モリンガのインナーケア製品に関しては頑張って在庫切れにならないようにマネージメントしていきたいと思います!

4周年を迎え、新体制に

JUJUBODYの大山です。

おかげさまで、JUJUBODYは、10月25日で4周年を迎えました。

起業した会社が1年後に残っている確率は、半分。

3年後に残っている確率は、30%だそうです。

美容業界のことも、小売業界のことも、何もわからないまま、とにかく自分がガーナで出会って感動したものを日本に届けたいと思って始めた、この会社。

無知だったからできた挑戦だったと思います。

会社を登記したのは、退院直後のことで、まだ商品も何もない状態で、自分の意思表明のようなものでした。

がんの転移の可能性が高い中で、思い切って融資をひき、この事業を始めたことが、結果的には、病気に飲み込まれずに、私を助けてくれたのだと思っています。

商品を作ったが最後、マーケティング予算が全く避けない中で、(化粧品メーカーは、ここが命なのに 笑)使ってくださったお客さまが、大事な友人や家族へと伝えてくださった「口コミ」に、助けていただき、ここまでやってこれました。

本当に、応援してくださった皆さまに感謝致します。

JUJUBODYでは、普段、セールをしません。

洋服を買って、買った後に値下げされてしまうとがっかりすることありますよね。


それが嫌なので、適正価格で提供し、いつ買っても同じ値段であるようにという考えからなのですが、新商品を紹介する時や、こういった記念日には、感謝の気持ちを込めて割引クーポンを発行させていただいております。

【クーポンコード】
happy_4 years_anniversary

11月5日まで、JUJUBODY公式オンラインショップ www.jujubody.com にて会員登録後、何度でも利用可能です。

また、毎年、このアニバーサリークーポン発行時に、1万円以上購入された方に、ガーナのアフリカンファブリックを使った雑貨をプレゼントさせていただいております。

これは、もう私が欲しいもの、使いたいものを作るということで、コストは度返しで、お客さまへ、「ありがとう」の意味を込めたプレゼントという想いで作っています。

日本の職人さんに丁寧にハンドメイドしていただいています。
少しでも喜んでいただけたら嬉しいです。

毎年、ガーナ出張時に、アフリカンファブリックを選ぶのですが、カラフルな素敵な柄に囲まれて、この時間はいつもワクワクします。

今回の生地は、実は、色違いではなく、1枚布なのです。

途中から色が変わっていて、柄の出方、組み合わせ、裏には様々なカラー布を使っているので、ほぼ一点ものです。

街でもらったポケットティッシュを入れて、中には、薬や小物も入るので、とっても便利!

ぜひ、この機会に、普段使ったことのない商品も試していただけると嬉しいです。

また、このキャンペーンと同時に、導入したのが、倉庫&配送サービスです。

設立当初から、初めて会員登録しご購入いただくお客様には、手書きのお手紙を同封させていただきました。

オンラインショップ中心の販売で、顧客サービスの部分にあたるので、自社で賄って、そういうサービスを続けたいという気持ちがこれまでは強かったのです。

ただ、私がいなくてもまわる体制を作っていかないと事業の拡大はできないこと、自社での人材確保、育成の難しさ、急激な出荷量の増加にも対応できるような体制を整えることや、在庫スペースの確保などを考慮すると、専門の会社にお任せするのが良いという判断に至りました。

一部、雑貨などはオフィス保管の商品もあり、場合によってはこちらから発送することもありますが、基本的にゆくゆく全て、発送等は、外部の専門会社に委託していきます。

これに伴い、これまでヤマト運輸メインの配送だったのが、佐川急便に変更になりました。

おつきあいさせていただく会社を選ぶのに、10社ぐらい実際にお会いして比較検討させていただきました。

最終的に2社に絞るところまでは簡単だったのですが、最後どうするか・・・で、結局、物流会社出身の若い人達が設立した、小規模の会社に特化した物流会社にお願いすることにしました。

サービスの価格面での競争力ももちろんですが、新しい会社であれば、新規の小さなうちのような会社も大事にしてくれるかなという気持ちと、フレキシブルでコミュニケーションが早いことが大きな決め手になりました。

まだまだ新しい試みで慣れない点もありますが、より良いサービス提供ができるように頑張っていきたいと思います。
 







SDGsと便利さの狭間で

JUJUBODYの大山です。

公式オンラインショップにはお買い物した方だけが書き込めるレビューがあります。

いつも、驚くほど嬉しいコメントばかりなのですが、未だに、そのコメントを見る瞬間は、ちょっとドキドキしてしまいます。

今日は、こんなコメントをいただきました。

モリンガオイルの効果に感動したもので、JUJUBODYさんの商品は間違いないだろうと確信。洗顔を変えてみることにしました。商品説明だけではわかりにくかったので問い合わせをしたところ、ご丁寧にご回答くださって、このソープに決めました。香りもよく、洗い上がりはツッパリもなくしっとり。ダブル洗顔でメイクも綺麗に落ちます。そして私が何よりも感動したのは、小鼻の角栓がとれたことです。プツプツと白い角栓が(私は溜まりやすいみたいで悩みの一つでした。)面白いようになくなっていきました。今まで試してきたお高い化粧品は一体何だったのだろう…リピ決定です!(ところで、大山さん著:奇跡のモリンガ、購入して読みました。次はモリンガパウダーを体験します!)

モリンガオイル の抽出は、全てガーナで行い、このシアバター石鹸の製造も、レシピも全てガーナで作られたものです。

ガーナに、実は、すごいものがあるでしょ?と誇らしく、日本人女性の生活に役立っていると感じると、とても嬉しく思います。

生産者を選択するときには、「まあいいかな」ではなく、「自分が感動したもの」を選んでいます。そのため、それなりに現地で可愛くブランディングしているものでも、「感動」まではいかないなとボツになることは多いです。

石鹸でいうと、うちには、何百ものサンプルがあり、私が死んでも使いきれないのではないかと思います(笑)

現在、日本側でも、商品開発を行なっていますが、その際に、悩むのが、便利さとサステイナビリティとのバランスです。

ガーナから日本に戻ってきて、一番驚いたのは、陳列のために作られたパッケージが多いこと。

商品を製造する立場になり、家に帰って、商品を取り出したら捨ててしまう、そのパッケージに秘められたコストに驚きました。

一回分の使い切りの個包装はとても便利ですが、同時に、たくさんのゴミを生み出します。

でも、利便性を全く無視してしまうと、手に取られなくなってしまうし、利便性を追求しすぎると、ゴミも無駄なコストも増えてしまう・・・

このジレンマの間で悩むことがあります。

ギフト用に特化したブランドであれば、パッケージのクオリティは必須でしょうが、JUJUBODYは、まず第一に、毎日ベースとして使えるボディケアを目指しています。

たまに他の商品を試しても、やっぱり戻ってきたくなるようなブランドでありたい。

且つ、ついつい友人に教えたくなるようなブランドでありたい。

御社の商品無しでは、生きていけないくらいの大ファンになりました(^^) これからもますます良い商品を提供してください! 

というお声をいただき、とても嬉しくなりましたが、「アフリカに、こんなすごいスキンケアが、こんなすごい食べ物があるのよ」と、知ってもらいながら、環境、社会に優しく継続していけるように、利便性とのバランスを取りながら、JUJUBODYらしさとは何か、考えながら、商品作りをしていきたいと思います。

そのため、バンバン新しい商品を紹介することはできませんが、ご容赦ください。でも、どの商品も、自信を持って紹介できるものです。

現地で製造するなら、打錠よりカプセルが現実的か

JUJUBODYの大山です。

ガーナでモリンガタブレットを披露した際、非常に好評だったので、現地でも製造できないか模索してきました。

試作用の打錠機は、10万円ぐらいでもあるのですが、手動で数が作れず。

その中間がなく、きちんとした打錠機になると、数千万円に上り、更にメンテナンスも必要になります。

全自動になると、ガーナのように電圧が不安定な場所だと、精密機械が故障しやすく、故障してもきちんとメンテナンス対応できる人材がいないという問題があります。

同じモリンガパウダーでも天産物なので、ロット毎に異なるため、素材の粘性が足りないとそのまま打錠にできず、デンプンなどを配合して調整する必要がでてきます。

打錠機は、購入しても、上手く活かせない可能性があります。

となると、中に入れる粉も、粉の性質を気にせずに済むので、手動のカプセルの方が汎用性が高いのではないかという話になりました。

1 度に 100 カプセルを充填でき、1 時間に 2,000 ~ 3,200 カプセル以上の充填が可能な機械を、20万円程度で発見。

メンテナンスも非常に簡単で、機内持ち込みなどで運ぶことができるサイズ感です。

こういう機械を1台から始め、生産量が増えたら、幾つか用意する方が、現地では実用的ではないかという結論です。

モリンガは、ガーナ人に馴染みのあるもので、田舎であれば、庭から摘めばいいので錠剤やタブレットは必要ないですが、都会で暮らすガーナ人には、摂りやすいものが便利で役立つのではないかと思うのです。

皆、「体に良いもの」という認識はありますが、「何がどう良いのか」まで説明できる人はあまりいなく、モリンガの持つ健康効果の可能性に比べて、その健康効果が十分に認知されていないというのが現状です。

現地でモリンガカプセルを販売する場合、アッパーミドルクラス以上が対象となりますし、どこでどのように販売するかなど、まだまだつめて考えるべきことはたくさんありますが、現地にあるものを有効活用して、現地の人々の福祉に還元することができればいいなぁと、まだまだブレインストーミング段階ですが、考えています。

大麻解禁の流れを受けて

実は、最近、ガーナ国内で水面下で活発になっているのが、大麻栽培用の土地の確保と栽培の合法化を求めるロビー活動です。

ガーナで麻を育て、欧米に供給しようと目論む人たちの動きが活発になっており、弊社の現地法人にもコンタクトがありました。

2017年、国連のWHO(世界保健機構)は、大麻に含まれる酩酊作用(THC)をもたらさない成分の「CBD」に、医療的有効性があることを認めました。

これを受けて、世界各国で嗜好品大麻、医療用大麻の解禁が急速に広まっています。

嗜好目的の大麻は、オランダ、カナダ、米国の一部の州で合法になりましたし、医療大麻は、米国、カナダ、イスラエル、ベルギー、オーストリア、オランダ、イギリス、スペイン、フィンランド、ドイツ、韓国などで用いられています。

2017年には、171億8000万ドル(約1兆9000億円)だった世界の大麻市場規模は、18年から23年かけて589億ドル(約6兆6000億円)まで伸びると予想されています。

私自身、前から名前は聞いたことがあったけれども、よく知らなかった「CBDオイル」も、今年のガーナ滞在時に知ることになりました。

CBD オイルとは、「カンナビジオールオイル」の略称で、大麻草(カンナビス)から抽出される酩酊成分(THC)を排除したオイルです。

アメリカで、てんかんの発作を週300回起こしていた少女に、CBDオイルを投与したところ、週1回に減少したことで注目を集めるようになりました。

てんかん、統合失調症などに良いとされ、リラックスさせたり、痛みを和らげたり、安眠効果が得られると言われているそうです。

ガーナの都市部中心地の薬局では、欧米から輸入されたCBDオイルが購入できました。

CBDオイルの持つ可能性については、私も現在リサーチ中です。

日本では、今では、大麻というと「危険な薬物」という印象が強いですが、古くは、薬効を認識して使われることもあったようです。

戦後、GHQにより禁止され、現在に至ります。

日本では、大麻の是非にまつわる議論すら危険因子のように捉えられますが、諸外国では、大麻に関しては、たとえ吸引が違法の国でも、有名無実化しています。

世界の動きに倣う必要はありませんが、そもそも何がいけないのか、なぜそうなったのか、「禁止されているから」だけでなく、自分で考え、知る必要はあると思います。

巡るめぐる思考

JUJUBODYの大山です。

日本は、10月から増税ということもあって、月末には、少し駆け込み需要がみられたかなという感じでした。

オンラインショップで使っているカートの見直しや、定期購入機能の追加、倉庫発送への移行などを検討しており、ミーティングを重ねています。

色々なパターンを考えていると、頭の中で思考が巡り続けるので、紙に落として整理したりしてみました。

日本には、かゆいところに手が届くようなサービスが既にたくさん存在していて、何をするのでも、本当にガーナと違ってやりやすいなぁと思ってしまいます。特に、EC関連は。

先進国は人件費が高く、新興国は人件費が安いというのは、自明の理ですが、インフラやサービスの効率性により、むしろ、日本の方がガーナより安いと感じることが多くあります。

一度にオーダーする量が以前より増えたので、コストダウンになったかなと思いきや、ガーナ側ではコスト増(トラックを借りる必要があったので)、日本でのパッケージコストなどが製造量が増えて多少ダウンしたので、結果的には、原価率は微増でした。

インドから船便で輸入している方の話を聞くと、きちんと梱包されていれば、品質に影響ないということでしたが、タイムコストを考えると、ガーナからの船場便は、一般的には2、3ヶ月と言われますが、6ヶ月かかったことがあったので、切り替えが悩ましいところです・・・

売上も上がりましたが、同時に、製造コストも上がるので、なんだか結局、残るキャッシュが少なく儲かっている感じがしないというのが、製造業ならではなのでしょうか。

黒字倒産って、ああ、こういうことかと変に腑に落ちながら、これからは、日々のオペレーションを自分で行うことは卒業して、収支管理や生産計画をしっかりしていかないといけないなと思いました。

11月は、決算月です。

ちょうど良いタイミングで(出版が決まった後に)アフリカ起業コンソーシアムに支援していただきました。

何にでも使って良いという資金用途に制限のないこの支援は、過渡期のJUJUBODYにとって本当に有り難がたく心強い支援でした。

まずは、年商1億円を目指すと選考時にお話しさせていただきましたが、来年以降、その達成に向けて邁進したいと思います。

今週、TOKYO FMでガーナの文化を紹介中

9月23日(月)から27日(金)まで、「コスモアースコンシャスアクト 未来へのタカラモノ」というラジオ番組で、ガーナの文化を紹介させていただいています。

最近、海外に興味を持つ若い人が少なくなっていて、ガイドブックでは分からない現地の素敵なモノやコトを伝えることで、関心を持つきっかけになればという想いで行なっている番組だということで協力させていただきました。

生放送ではなく、収録ですが、未来へ伝えていきたい現地の文化ということで、既に、シアバターや、ガーナの豪華なお葬式の話をさせていただいています。暮石もとっても立派でびっくりすると思います。

放送日時:毎週月曜日~金曜日の毎日 AM 6:40-6:43
放送局:TOKYO FMをはじめJFN全国38のFM局

*ラジオがお手元にない方が聴く場合
日本国内に在住の場合、インターネットの「radiko」でもラジオが聴けます。「radiko」はスマートフォンのアプリでも利用可能です。タイムフリーという機能を使えば、聴き逃しても、過去1週間までさかのぼってお聴き頂けます。

また、放送される5日間は、毎日、下記の「コスモアースコンシャスアクト 」というfacebookでも、文章と写真がアップされるそうです。
https://www.facebook.com/earth.act/?ref=bookmarks

コストの見直し

JUJUBODYの大山です。

おかげさまで、一度に輸入するモリンガの量が増えてきました。

私を信頼し、支払いより先に、モリンガを引き渡してくれる農園に、少し、貢献できるようになってきたかなと嬉しく思います。

アジアマーケットに関しては、exclusivity も、もらうようになりました。

ガーナのチームには、いつも荷物の受け渡し、輸出手続きをお願いしてきたのですが、その作業自体が丸半日作業になっています。

日本だったら、運送会社にお願いしてそれで終わりですが、そんな体系だったシステムは、ガーナにはありません。

これまで、会社のピックアップトラックで積める量でしたが、量が多くなったので、トラックをレンタルして対応するようになりました。

当然、コストも増えます。

量が増えれば、仕入れ代に関してはボリュームディスカウントがあるのではないかと思うでしょうが、ボリュームディスカウントはなく、インフレもあり、値上げを受け入れており、当初よりも仕入れコストは増えています。

輸送費やこれらのコスト削減の方法がないか、見直すタイミングになってきました。

船での輸送も、品質的には問題ないようですが、何と言っても、時間が読めないのが難しいところです。

1、2週間ではなく、1、2ヶ月単位で当初予定より遅れることもあるので、となると、生産スケジュールに大きな影響が出ます。

アフリカとのやり取りは、物流手段の選択肢が少ないというのも、アジアとは違う弱点です。

だからこそ、なかなか他社ができないので、独自性と優位性が保てるということもありますが。

日本で提供する商品は、もっと広く気軽に食べてもらえるように、生産効率を上げて値下げしたいなという密かな願望もあったのですが、インフレが当たり前のガーナとデフレの続く日本のギャップに、それもまだ難しそうです。

日本とガーナ、比べると、安いのは人件費ぐらいで、サービスに至っては、日本の方が安いということもありえます。

久しぶりに、エクセルを開いて計算し直さなくては・・・と、ちょっと腰が重くなる夜です。

1 2 3 8