アフリカの豊かさを

アフリカで製造した商品を日本で販売するビジネスの場合、圧倒的にアパレル関係の商品が多いように思います。

食品や化粧品になると商品化が少ないのは、やはり消費期限があること、衛生基準を満たすための法規制が多く、初期コストがかかるという点が課題です。

「商品作るだけなら誰でもできる」なんて言われたこともあるのですが、

確かに、日本で日本国内で調達できるもの(ほとんどのものが調達できますね)で、商品化をするならば、本当に簡単です。

しかし、現地で作ったものを現地で売るのでもなく、

現地から直接仕入れた原材料やモノ(衛生品)を日本で販売できる形にするということは、

一筋縄にはいきません。

だって、見積もり一つとっても、3ヶ月後に連絡があったりするぐらいですから(笑)

今から思えば、「死」を生まれて初めて意識した、あの状況だったからこそ、思い切ったことができたのだと思います。

金融業界にいた時には、在庫をもつビジネスを自分が行うなんて、考えられませんでした。

でも、死んだら、お金なんて、ただの紙切れなのです。

いかに、生かされている間に、小さな変化を提供できるかが、成功した人生と言えるのではないかと思うようになったのです。

既に、MBAの学費とガーナでの起業で貯金は使い果たしていたので、起業資金には、積立をしていた個人年金を解約し、日本政策金融公庫から融資も引きました。

アイディア段階で、こんなに低利率で、こんなに簡単(ビジネスプランを作成するだけ)に融資を受けられる日本のエコシステムに驚きました。

ガーナでは、中小企業は、まず銀行からお金を借りることはできません。

マイクロファイナンスの金利は、30%超になります。

スキンケアブランドを作るといっても、化粧品業界にいたわけでもないですし、小売流通にも全く知識もネットワークもありません。

前例もほとんどない中で、どういう形が良いかのか、試行錯誤で手探りで、商品化までたどり着き、

2015年10月、アフリカの自然生まれのナチュラルスキンケア、JUJUBODYを日本でローンチしました。

青山でお披露目会もさせていただきました。

日本に帰国してから、ちょうど1年経った頃でした。

最初の1年間が最も転移率が高く、そこを無事に過ぎることが大事ということで、術後1年記念も兼ね、ビジネスパートナーのカールも来日して、イベントを開催しました。

ガーナ人目線から見た日本の総評も、欧米人とはまた違った目線で面白かったです。

・夜が昼間のように明るい

・至るところに神社やお寺があり、ガーナ以上に信仰が生活の中に溶け込んでいる

・トイレだけに、たくさんのテクノロジーが詰まっている

・食べ物で溢れている

・自国の良い製品、ブランドがあるのに、アメリカのブランド(飲食店を含め、ヨーロッパと比べても)への依存度が高い

・電車の中ではみんな携帯をいじっているか、疲れて爆睡

欧米人は、24時間閉まらないコンビニの多さに「とても便利!」と驚嘆することが多いのですが、逆に、「誰が、あんな冷たい飯を食べたがるんだ?」という冷めた反応で、面白いなと思いました。

ガーナの住宅街では、道端の小さなスタンドで食べ物を提供するところも多く、温かい食べ物が食べられます。

外国人からすると、「アフリカ=貧しい」イメージがあるそうなのですが、ガーナに限って言えば、飢えて死ぬ人はいません。

それは、ご飯を食べられない、稼ぎのない人が一人もいないということではなく、

必ず、誰かが他人であっても救いの手を差し伸べるからです。

ガーナで暮らした私の印象を一言でいうならば、

とても豊かな国です。

対して、

日本は、便利な国。

アフリカは、資源に恵まれた国が多いのですが、

ガーナも、金、オイル、ダイヤモンド、ボーキサイト、マンガンなどの天然資源にも恵まれています。

経済規模は、長崎県と同じぐらい。

一人当たりのGDPは、1,700ドル程度。

それでも、日本にはない、いえ、日本が忘れてしまった「豊かさ」があります。

JUJUBODYの「ジュジュ」には、「魔法をかける」という意味があります。

どこの部族の言葉というわけではなく、西アフリカ一体で通じる言葉です。

英語でも、おまじないを「ジュジュ」と表現することがあります。

シンプルにアフリカの自然の力から生まれたスキンケアは、

使ってみると魔法のように、肌の違いを感じることができます。

今、先進国で私たちが手にするモノは、

全て便(都合)が良いように作り上げられたものです。

コーヒーには、コーヒーのように香る香料が使われていたり、

本物っぽく見せかけたニセモノで溢れています。

私は、ガーナで知った本物の素材を味わうという最高の贅沢を届けたい。

忙しい日常のなかで、JUJUBODYを手にして使う、その瞬間だけでも、自分や家族のために、手間をかけられる、忘れがちな幸せを思い出してもらえるように。

アフリカの豊かさをJUJUBODYを通じて届けることで、

日本の生活が豊かに、そして現地の生産者の生活も豊かになればと願っています。

 

 

アフリカにアイデンティティーをおいたナチュラルスキンケアブランドを創る

そんなこんなでガーナ生活が始まってからの生活については、こちらのブログをご覧下さい。

1年かけ、いよいよ、プレローンチできるという時に、舌ガンを疑い、日本に帰国。

ステージ2の舌ガンでした。

舌に違和感を感じてから、2ヶ月。

口内炎のような小さな突起を目視で確認できるようになってから、1ヶ月半。

たとえ、悪性であっても、どう考えても初期だから大丈夫、

という自信があったので、全く悲観していませんでした。

パパッと手術(レーザーで取れるんじゃない?)して、

日本食を堪能して、ガーナに帰ろうと思っていたのです。

ところが、実際には、舌の3分の1を切除する手術になり、

転移・再発の可能性は、50%近くと告げられました。

術後の経過観察が3週間毎に必要だということも知りました。

丸2日かかるフライトを考慮すると、2週間毎にガーナと日本を往復する生活になります。

航空券代は、20万円。

まだ、サービスを開始し始めたばかりで、まともな収益もありません。

転移でもしようものなら、更に重なる医療費のこともあります。

充実した医療と保険制度のある日本にいるべきことは、明白でした。

現実的に、ガーナで生活をするのは、難しくなったのです。

あまりに急なことに、どうしたらいいのか、何をしたらいいのか、目の前が真っ暗になりました。

いったい、ここで何をしたらいいんだろう。

体内にメスを入れる手術をしたわけではないので、不便さはありますが、元気なのです。

でも、「いつ転移してもおかしくないから、気をつけてね」と言われるこの状態で、

このまま就職することも考えられませんでした。

まして、日本で就職しようものなら、ガーナの事業に携わる時間もなくなることでしょう。

ガーナの事業は、前職でお世話になった個人投資家がエンジェルインベスターとして投資してくれていました。

このまま諦めるのもイヤだ。

そんなことを取り留めもなく考えながら、

同時に、もう絶対に、これ以上の治療はしたくないと思いました。

でも、先生は、

「予防法は特にないんだよね。出てきたら、出てきたところを対処するしか。ストレスなくバランス良く食事して、免疫力を上げる。それぐらいかな」

というのです。

病院には、同じ病気でもっとステージの進んだ患者さんがいました。

リンパを切除すれば、口が歪んだり、

放射線治療で、首が真っ黒くただれたり。

舌の再建手術の後遺症で、腕(手首の肉を使ったため)が痺れたままという人も。

安易に呑気に考えていた自分の前に突きつけられた現実に身がすくみ、

自分で自分の身を守らなくてはならないと考えるようになりました。

そうして、舌ガン患者のブログを読み漁り、一つの共通点に気づきました。

みんな、転移を経験していくのですが、

その多くの人が手術前と変わらない生活に戻っていたのです。

免疫力が強ければ、ガン化しないものがガンになる・・・

ということは、なりやすい体質になっているのだから、体質を改善しなくてはなりません。

体質改善するには、どうしたら良いか?

人は、食べたものでできています。

身体に取り入れるものが、身体になるのです。

そうして、食事療法などを調べるようになりました。

こちらで良いと言われていたものが、こちらでは良くないと言われたり。

共通点を探し、自分が納得する裏付けのある説を採用していく。

そうして、自分なりに食事の方針を決めました。

入院中、そんなことを思いめぐらせながら、これまで感じたことのない肌の乾燥と痒みに襲われました。

あまりにひどいので、売店でクリームを買って使ってみると、ヌルっとするだけで、いっこうに潤いません。

何が入っているのかとラベルをみると、よく分からない化学物質らしい名称がズラッと幾つも一つのクリームの中に入っていました。

ガーナで使っていたモリンガオイルを送ってもらおう

と思ったところで、ハッとしました。

何でもある日本に、実はないものは、

こういう本当に自然なスキンケアではないか?と。

自然っぽいものはいっぱいあっても、本当に自然なものはない。

オーガニックスキンケアだって、有機栽培された原料を一部に使っているというだけで、

化学物質が添加されていないという意味ではありません。

スキンケアは、マーケットとしては成熟していて、女性ならば誰もが使うものです。

需要が既にあるマーケット。

生活必需品ですから、景気にも左右されづらい。

私と同じように、本当に自然なものを求める人もいるだろう。

薬には副作用があるように、毎日、毎日、化学物質を塗り続けて、肌に良いわけがありません。

肌に塗るものも、身体に取り込んでいるもの。

これだ!

ガーナの自然から生まれた本当の素晴らしいスキンケアを伝えよう。

それは、こういう経験をした私にしかできないことだし、私がこういう運命をかされた理由かもしれない。

ただ、商品を売るのではなく、

アフリカにアイデンティティをおいたスキンケアブランドを創る。

それは、おそらく、日本初の試みではないでしょうか。

2014年11月のことでした。

 

 

オランダからガーナへと行き着いた先に

初めまして。

ガーナと日本で起業する大山知春です。

まずは、これまでの私たちのジャーニーについて、お話したいと思います。

ガーナで法人登記したのが、オランダのビジネススクール在学中の2013年8月。

ガーナ人クラスメイトと、ガーナ初のオンラインショッピングサイトを作ろうと卒論を兼ねたマーケットリサーチに初めて訪れた時のことでした。

今では、ビジネスでもプライベートでも当たり前のように使われるようになったモバイルマネーが、まだ始まった頃。

当時は、MTM、Vodafone、Tigoなど、異なるネットワークプロバイダー間では送金ができないなどの不都合や、Paypoint が町中にほとんどなかったこともあり、利用者はまず見ないという状況でした。

2012年時点では、海底ケーブルが5本以上あるのは、ガーナとナイジェリアだけ。

インターネット普及率は、14%。

これは、南アフリカをリードするオンラインショッピングサイト、Kalahari.com (現在は、Takealot.com)が、オンラインショッピングサイトを始めた頃と同じぐらいのインターネット普及率でした。

そうして、ちょうど、同時期にRocket InternetにバックアップされたKaymuなどが、ガーナに入ってきた・・・というところだったのです。

多くのECサイトが、日常品を扱う中、私たちは、消費者へのインタビューから要望の高かった「ファッションに特化」することにしました。

ファンションECは、「試着」が求められ、ハードルが高いと考えられているのですが、当時、ヨーロッパでもECの中で最も勢いがあり、利益率が高かったのが、ファッションECだったのです。

確かに、食料品や電化製品はどこで買えば良いのか、大手ディスカウントショップやスーパーも充実しているのでわかりますが、洋服となると、アフリカでは探すのが大変です。

Upper Middle Class以上になると、ほとんどの人がマーケット(青空市場のようなもの)での買い物が嫌いです。

人も多いし、値段交渉もしなくてはならないし、中古ばかりで品質は保証できないし・・・

とにかく、アフリカで買い物はストレスなのです。

 

では、アメリカのアマゾンで買い物して送れば?

と、先進国に住む人は安易に考えがちですが、

まず、買い物をするクレジットカードがなかったり、

あっても、発行地がガーナだと制限がかかり買い物に使えなかったり、

荷物が送られてきても、郵便局の局留めで、取りに行かなくてはならず、

そこから関税手続きで職員と関税の値段交渉が始まり・・・と、

ノンストップで玄関まで届けてくれるような便利さからはほど遠いのです。

そのため、買い物代行業者のサイトが存在するほどです。

荷物がある程度まとまってから送られてくるので、もちろん時間もかかります。

というわけで、「ECサイトが国内にあったら、便利だよなぁ」というのは、

アメリカ、オランダに住んだ、ガーナ人パートナー、カールの話から始まったのです。

楽天は、自己資金2000万円からスタートしましたが、ECは、小さく初めても、単なる小売を超えて、顧客基盤と決済システムを握れるところから、大きなビジネス展開が望めます。

「ガーナに雇用を増やしたい」という観点からも、新しい産業で雇用も生まれる事業です。

散々、ケーススタディで色々な起業家の成功物語を読みまくっていた私たちは、

これでマーケット取れたら、

面白くない?

と勘違いして盛り上がり、

ビジネススクール卒業後、オランダからガーナに渡ったのでした・・・(続く)