Load More

インターンの悩み

インターンまいまいによる、第2回目の投稿です。どうやら、女性の大半が嫌いなアイツとの戦いが、ここウガンダでも繰り広げられているようです(ちなみに写真と本文は全く関係がありませんのでご注意を)。普段の真面目な顔して仕事をスピーディーにこなす彼女とはちょっと違った一面が見れて、わたし的にはツボでした笑。

どうぞご覧ください!

 

*****

皆さん、こんにちは!

インターンのまいまいです。今回は、現在2ヶ月間ウガンダに滞在している私が、ずっと悩まされている事について書きたいと思います。

 

RICCIの工房がある首都カンパラに来る前に、ウガンダの北部にあるグルという町に1ヶ月ほど滞在していました。そこでは、小さなゲストハウスに泊まっていたのですが、私の悩みはここから始まりました。

私の泊まっていた部屋は、トイレ・バス付きの6畳ほどのお部屋。グルはマラリアに感染する確率が高いと言われているので、部屋の窓は全て完璧に締め切ることができるようになっています。(実際は隙間だらけの部屋も多く、自分でタオルやテッシュを詰めて塞いでました)

トイレとバスに扉があるとはいえ、同じ部屋の中にあるので、お風呂あがりはどうしても湿気が部屋にこもります。マラリア原虫を持つ蚊は夜に活動するということで、夜は窓も開けられない。隙間も全てタオルなどで塞いでいるので完全に密閉状態。

また、洗濯機なんてないので、毎日夜に服を洗濯し、それを自分の部屋に干していたため、プラスで湿気!湿気ムンムンな部屋のできあがりです。そんな湿気の多い部屋、彼らが黙っているわけがありません。

 

 

そうです、ゴキブリです( ;  ; )

 

 

ある日の朝、床でベビーゴキブリを見かけました。もちろん、踏み潰しました。すると、何分後かにそれよりもちょっと大きくなったゴキブリ(子キブリと名付けます)もでてきました。踏み潰しました。その夜、お風呂からあがるとママゴキブリと子キブリが床をはっていました。さすがにママはでかいので踏み潰せずホテルのスタッフを呼びました。

 

 

なにかおかしいぞ、とここで思い始めた私、、、

 

次の日も次の日も出てくる出てくるゴキブリ、、、

 

これは、この部屋で繁殖してるに違いない!!!

 

 

怖くなった私は、当時インターンでお世話になっていた会社のウガンダ人に相談することに。すると、めちゃめちゃゴキブリに効くらしい殺虫剤を教えてくれたので、早速その夜使ってみました。粉末タイプの殺虫剤を、部屋の四隅にふりまいて、就寝。

朝起きると、大量のゴキブリの死体、その数約30匹が床やトイレや机の上にまで!!!

 

あの光景は忘れられません。この世の終わりのようでした。

 

大量殺ゴキブリの後も、続けて出てくるゴキブリに降参し、部屋を変えてもらうことで一件落着かと思いきや、またもや出てくるゴキブリ。夜は早く寝、朝はゆっくり起き、ゴキブリに会わないようにする生活を始めなんとか乗り切りました。

グルからカンパラに移ってからも、やはり時々ゴキブリがでます。

ちなみに、グルのゴキブリは日本のチャバネゴキブリほどの大きさでしたが、カンパラの家にでてくるゴキブリはありえないほどでかい。3倍はあるのではないでしょうか!?というでかさです。動きはゆっくりなので殺しやすいのですが、そういう問題じゃないというレベルの大きさです。

ウガンダ人によると、今(雨季)はゴキブリのシーズンだからしょうがないと言われました。ゴキブリにシーズンなんてあったのですね。ならばこのシーズンが一番嫌いです( ;  ; )

今まで虫はそこまで嫌いではなかったのですが、ウガンダに来て大嫌いになってしまった、私のトラウマ体験でした。

 

(写真はゴキブリとは全く関係なく、先日工房のスタッフと食べたパパイヤです。やはり、ウガンダ人のスタッフみんな剥くのが上手!ぱぱっと剥いてしまう早業に感心でした。)

マラウィ・ザンビアへ行ってきました

テーブル・フォー・ツーの視察に同行し、先日マラウィとザンビアを訪問してきました。去年もモニタリングに行ったのですが、今年も引き続き、現地で動いているプロジェクトの進捗を確認してきました。

事業内容としては、ソーラーパワーを利用し地下水を汲み上げ、それを学校菜園に利用することで換金作物を育てます。それらの売上で給食に必要な資材を購入し、持続的な給食事業を行おうというものです。前回からの変更点としては、給食事業の持続性を担保するために農業ビジネスの強化を明確に打ち出していたこと。換金作物ができたとしても、学校の先生たちに「さあ自分たちで販売先を頑張って見つけてね〜」というのは酷な話で、今回事業実施団体であるFISD内に農業ビジネス部門が設置され、プロジェクトオフィサーが販売先を事前にリサーチし、契約農家としての学校と販売先を結ぶということを行っていました。そうすることで、学校側は既にマーケットが見つかっているので安心して生産に注力できますし、既に農作物(今回はガーリック)の買取価格が決まっているため、給食事業の詳細の計画を立てることが可能となります。一方販売先(バイヤー)にしても、事前に買取価格と生産量の見込みが立っているため、それをどのようにマーケットに卸していくか、事前に見積もることができます(ただウガンダでよく聞く話としては、契約内容はそっちのけで、農家側が他の高い買値を提示したバイヤーに農作物を売ってしまったりとか、バイヤー側も品質に難癖をつけ契約量を買い取らないとかそういうこともあったりするそうです。契約書があったとしても機能しないウガンダあるあるですね。。。)。

今回は契約農家制度を導入して初めての収穫を迎える直前だったので、このアプローチがもたらす効果について検討することはできませんでしたが、来年また訪問できるのであれば、いい報告が聞けるといいなと期待しています。

Chizu

 

インターン第3号がウガンダ北部グルにてトレーニングに参加

RICCI EVERYDAYでは、不定期で学生インターンを受け入れていますが、10月半ばから新しいインターンが来ています!第3号はマイマイです。マイマイは、先日協働を発表した認定NPO法人テラ・ルネッサンスさんでもインターンをしており、両団体の架け橋のような役割を果たしてくれています。明るく、ハキハキと元気なマイマイは、すぐに工房メンバーとも打ち解けていました。そんなマイマイから初めてのポストです。どうぞご覧ください!

 

**********

皆さま、こんにちは。

先週からRICCI EVERYDAY(以下RE)でインターンとしてお世話になっています、 同志社大学3回生のマイマイと申します!

REでインターンを開始したのは先週からですが、ウガンダにはもう2ヶ月ほど滞在していまして、その前はグルというウガンダ北部の町でNGOや開発コンサルタントのお仕事を経験させていただいていました。

REでは、主にSNSマーケティングを行っているのですが、なかなか難しい!毎日悩みながら頑張っています。Instragramにも”Workshop Diary”ということで投稿していますので、ぜひご覧くださいね!

Instagram @riccieveryday

 

最近はというと、先日プレスリリースした、京都のNPO法人テラ・ルネッサンスとの協働事業のトレーニングに参加してきました。

始まったばかりのこの協働プロジェクトは、テラ・ルネッサンスが自立支援をしている元子ども兵の方たち(洋裁の訓練を受けています!)に、REの商品を作ってもらおうというもの。

毎月、REの職人さんのスーザンが、ウガンダ北部グルという町にあるテラ・ルネッサンスの事務所を訪問し、質の高い商品を作れるようにするためトレーニングを行っています。

 

 

REのベテランテイラー、スーザンがひとつひとつの工程を丁寧に指導。

幅は均等に、縫い目はまっすぐ、チャックはしっかりと縫うなど、、、質の高い商品を作るためにビシバシ指導していました。

こうやってトレーニングを重ねることで、REの質の高いバッグができるのだなと思うと職人さんたちは本当にすごい、、、! 私が作ったらこうはなりません、、、。

丸1日と半日のトレーニングを終え(今回が3回目のトレーニングです)、最初と比べると見違えるように品質も良くなり、スーザンも大喜び。着実に技術が向上して行っているのがわかりました。

 

みんなが作った商品が皆さまのもとに届くまで、しばしお待ち下さい!

********

 

第9回コモンズ投信主催の社会起業家フォーラムに登壇しました

先日、コモンズ投信主催の第9回社会起業家フォーラムに登壇させていただきました!

自分の”存在意義”について、プレゼン資料も何もなく、7分間話すという、人生初の体験。。。結果時間オーバーだし、極度の緊張で自分が何を話していたか記憶をなくすしで、散々な結果でしたが涙、今後に向けてきちんとトレーニングをしなくてはいけないことを自覚できたのは良かったかなと。

それ以上に、他の人が向き合っている社会課題について、触りだけではあるのですが現場に一番近い人から話を聞けたのは、すごくいい経験でした。と同時に、いつの間にか自分の視野が狭まっていたことに、ハッと気付かされました。ウガンダのジェンダーや開発課題、ビジネス周りのことであれば、ある程度は把握していますが、日本や他の第三国の抱える課題について、目を向ける余裕が持てていなかったなぁと反省。

社会課題は、同じ根本的な原因から異なる形で顕在化することもあるし、原因は異なるにしても複雑に絡み合っていたりすることもあります。本質的な解決策を見出すには、一つのことだけに注視しすぎず、全体を俯瞰する姿勢も取り入れていかないといけないなと。

そういう意味で、毎年約10人の方のそれぞれが向き合う社会課題を、一気に知ることができるこのフォーラムは、社会を俯瞰的に捉えようとする上で、とてもいい機会な気がします。

来年、興味のある人はぜひ参加してみてくださいね!

Chizu

LunchTrip ウガンダ便のガイドを務めました

皆さんはLunchTripをご存じでしょうか。

”美味しい笑顔が世界を好きになる直行便。” 都内の異国レストランや大使館を巡り、美味しいランチを食べながら、異文化理解するという取り組みで、かれこれ10年前から続いているイベントです。かつて、そこに池上彰さんが来たり、現地大使館を巻き込んだりと、開催方法も非常にユニーク。

そんなLunchTripで、今回私はウガンダ直行便の”ガイド”を務めさせていただき、ウガンダの最近のホットなニュースや、食のこと、ファッションのこと、そして自分の取組みについて、お話させていただきました(面白いことに、LunchTripでは、スタッフのことを”クルー”、イベント参加者を”パッセンジャーズ”、スピーカーを”ガイド”と呼びます。そして会のMCも、まるでフライトアテンダントのように、”Welcome on board”からスタートし、ちょこちょこそれっぽい台詞が登場します笑)。

イベントのハイライトは、似てるようで似てない、より美味しい(?!)ウガンダ料理を食べたり、旅行好きの参加者と共にトラベルグッズを考えるワークショップを実施したり、盛りだくさんな2時間でした。

こんなに長くこの取組みが続くのも、ひとえにクルーたちのコミットメントの高さと(本気で企画から頑張ってる!)、アミちゃんのコミュニティ・マネジメントによるものではないかと。今回一緒にイベントをやって、非常に勉強になりました!

ちなみにアミちゃんは、大学時代からの友人。あの頃はお互いまったくこんな形で再び繋がるとは微塵も思っていなかったけど、人生というのは本当に面白いなー。今回、お声がけいただいてありがとう!

Chizu

NHK WORLD “RISING”にRICCI EVERYDAYが登場です

NHK WORLDの”RISING”で、RICCI EVERYDAYの活動内容をまとめた、約30分にも及ぶドキュメンタリーが公開されています(英語放送です)。

今回の撮影では、新しい工房でのものづくりの様子や、初期メンバーであるSusanやGraceの自宅訪問の様子、新作の革バッグができるまでの背景や、新規事業で始めたテラ・ルネッサンスとの協働事業の様子など、本当に幅広く取材していただきました。

それに伴い、Bereeseraの吉野あかねさんや、認定NPO法人の小川さん、鈴鹿さんには、大変お世話になりました。この場を借りて、御礼申し上げます。

本日より27日まで、以下リンクにアクセスいただければ、いつでも番組をご覧いただけます。
ぜひこの機会、RICCI EVERYDAYのものづくりの様子を覗いてみてくださいませ!

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/rising/201710040600/

Chizu

 

テラ・ルネッサンスさんとの協働事業がスタート

 

 

先日プレスリリースでも発表しましたが、ウガンダ北部で活動をされている認定NPO法人テラ・ルネッサンスさんとRICCI EVERYDAYが協働で事業をスタートすることになりました。

詳細は以下リンクをご覧ください。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000015135.html

テラ・ルネッサンスさんは、ウガンダ北部に停戦合意がなされて以降すぐに現地入りし、「子ども兵」と呼ばれる人たちのトラウマケアをしながら、彼ら・彼女らが自立的な生活を送れるよう職業訓練(大工・縫製)を行い、3年間のプログラムとして提供しています。

その訓練だけでも、地元で自立的に生きていくには十分なのですが、RICCI EVERYDAYとしては、彼ら・彼女らに、新しい収入源を提供し、より安定した生活を送れるようなサポートをしようと考えています。具体的には、グローバルレベルで販売可能な商品を製作する機会を提供していくということです。そのために、現在はデザインを考えたり、技術レベル向上のためのトレーニングを実施したりしています。来年あたり、ここで生み出された商品を、皆さんにお届けできたらいいなと思っています!

 

またこの事業を通じて、NPOとビジネス間でコレクティブインパクトを出す事例を作っていきたいとも考えています。これまではNPOセクターはNPOセクターができることに、そしてビジネスセクターはビジネスセクターができることに終始し、両者の事業間に連続性があるにも関わらず、そこにギャップが生じてしまうという例を多く見てきました。

私自身、NGOも民間も経験しているので、そういう自分であるからこそ互いの強みを認識し発揮しながら、NPOにて訓練を受けた人々をビジネスセクターが引き継ぎ、脆弱な環境の中でも自立できるサポートをしていけたらと思います。

 

トレーニングの様子は随時ご連絡しますね!

 

Chizu

第五回グローバル大賞国際アントレプレナー賞最優秀賞を受賞しました

この度、経済産業省を主務官庁とするニュービジネス協議会主催の「第5回グローバル大賞国際アントレプレナー賞最優秀賞」を受賞いたしました。

ビジネスを行うにあたり、グローバルな視点で且つ社会的課題の解決も視野に入れながら実行している点を大きく評価いただきました。

とはいえまだまだ駆け出しの当社ですので、引き続き周囲の方からのアドバイスをいただきながら、粛々と事業を成長させていけたらと思います。

またここまで来れたのもひとえに、現地ウガンダで一生懸命働く社員のみんなや、日本でしっかりと売上に繋げてくれている母とインターン生たち、そして当ブランドの商品を選んで購入してくださるお客様のおかげです。作る人、売る人、買う人、皆がHappyになれるブランドを目指してここまで運営してきましたが、考えてみたら当の私はこの三方に助けられてばかり。。。きちんとお返しできるように、日々精進したいと思います。。。

 

Chizu

 

両親がウガンダを訪問

7月の話になりますが。。。両親が2年越しにウガンダを訪問しました。

ずっとウガンダに行きたい行きたいと言っていた母。

しかし一番下の妹が大学受験を控えていたり、受験が終わったと思ったら販売シーズンが始まって怒涛の全国行脚がスタートしたり。なかなか時間が取れずにいました。

そんな中、百貨店さんが夏のセールをスタートさせ、ポップアップが一瞬下火になるタイミングを利用して、7月頭に無事にウガンダに来ることができました。

しかし海外旅行をほとんどしたことのない母。

国際線飛行機の乗り方がよく分からず、読書灯も消し方が分からずずっとつけっぱなし、イヤホンジャックが見つけられず映画は映像だけ見てやり過ごし、イミグレのカウンターでは得意のボディランゲージでどうにか乗り切り、到着ゲートに現れた時は、私は内心ホッとしましたよ。。。

かなり短期間のステイでしたが、工房視察から布の買い出し、ナイル川の源流を見る観光、チームとの夕飯会、現地学生インターンたちとのポークジョイント(豚肉BBQ)などなど、盛り沢山のイベントに満足してくれたみたいです。

「これからは3ヶ月に一回くらいのペースで来たいわー」とぼやく母。

・・・

その旅費を稼ぐのに一体どれだけの売上を積み上げないといけないんだと、瞬時に計算する娘。

・・・

母には、もっともっと販売してもらおうと決意したのでした。

布を選ぶ母

Old Taxi Park前で

 

Chizu

 

 

 

3年間の変化ーナカウチ・グレースの場合

当社一人目のスタッフであり、私がこの事業を始めようと思ったきっかけとなった人、ナカウチ・グレース(ウガンダ人の名前の中には、たまにすごく親近感のわくものがあります笑)。彼女のお宅に3年ぶりに訪問する機会を得たので、その時のことを書こうと思います。

家の中に招かれた時、ハッと息をのむほど驚きました。3年前まではレンガ剥き出しだった壁にはきちんとコンクリートが塗られ、家の中には当時なかったテレビや冷蔵庫、大きな食器棚が所狭しと置かれていました。そして子供の健康と少しでも収入につながればと飼われていたニワトリたちはいなくなり(当時はソファの後ろにいました!)、少しだけ部屋が広くなったように感じられました。子供たちはここ数年は毎日学校に通うことができ、上の子二人は来年からは大学進学だそうで。一人は判事を、もう一人はジャーナリストを目指して、今まさに受験勉強を頑張っているとのことでした(その内一人は、学校でも5本の指に入るほどの優秀ぶりで、政府からの奨学金をもらって大学進学ができるかもしれないとのこと!)。

この3年間に起こったたくさんの変化を目の当たりにした私は感動しっぱなしで、涙が出てきそうな時もありましたが、まだまだ課題が多いことにも気付かされ、グッと我慢。感傷に浸っている暇はない、彼女たちの生活が豊かになるよう、会社として何ができるかを考えねばと、気持ちを切り替えたのでした。

ちなみに、グレースは本当に毎回たくさんの仕事を丁寧にこなすなーと感心することが多かったのですが、実は彼女、学校の休みに暇している娘たちに革の縫い方を教え、家族一丸となって仕事をしていたとのこと!どうりで仕事が早いわけだ。。。笑。すごいぞ、teamナカウチ!

(先日の訪問時の様子)

(3年前の様子)

Chizu

http://www.riccieveryday.com/

1 2 3 6