Load More

イベントでの出会い

日本滞在中は様々なイベントに出させていただき、ブランドのコンセプトやアフリカでのものづくりのこと、ウガンダの食文化やファッションのこと、アフリカへの支援の仕方などなど、多岐にわたるテーマでお話させていただく機会を持つことができました。

①andu amet鮫島さんとのトークショー@西武渋谷店

andu amet鮫島さんといえば、言わずと知れたアフリカ起業のパイオニアの一人。私は前職時代、空いた時間を使ってandu ametでプロボノをしていた時期があり、彼女から直々にファッションビジネスのいろはを学びました。そんな「師匠」のような存在の鮫島さんとのトークショーは、相変わらず新たな気付きをいただくことができて、有意義な時間でした。アフリカの中でもビジネス環境が厳しいエチオピアで事業回されているのは本当にすごいこと(私には到底できない)。そこで得られた知見を惜しみなく私や周りの起業家に提供し続けてくれる姿を目にすると、私もいつかきちんとお返ししなければといつも気付かされます。

(友人Nさんのお写真を拝借)

②恋するウガンダ〜アフリカンファッションx未来を変えるものづくり

こちらはテレビを見ていただいたライター小林さん主催のイベントにスピーカーとして呼んでいただき、ブランドのことやウガンダの食文化、ファッションについてお話させていただきました。このイベントのすごかったところは、5感でウガンダを感じられたということ!当日はウガンダを旅したことのあるシェフにケータリングをお願いし、かなり上品な(笑)マトケ(バナナを蒸してマッシュしたもの)やサモサなど7-8品を提供いただいたり、途中Skypeで現地の工房と繋いで、参加者の方々とうちのスタッフが交流したりと、新しい試みにチャレンジしました。ただ単に一方的に話をするのではなく、食べたり、映像をみたり、ディスカッションしたりといった、相互に動きのあるイベント作りを今後も心掛けたいです。

(co-baさんのお写真を拝借)

 

③プロジェクト共創〜ウガンダへ希望と尊厳を、日本から

私が尊敬する経営者である渋澤健さんと鬼丸昌也さんとのクロストークイベントを開催させていただきました。渋澤さんの相手の心の奥深くに鋭く切り込んでいく質問力や、鬼丸さんの場を一瞬にして引き込むパブリック・スピーチ力。それを目の前で感じられただけで、私は大満足でした。

またその場で聞いて印象に残った”Collective Impact”という言葉。私はお恥ずかしながら初めて聞いたのですが、前職NGO時代から感じていたことをズバッと言い当てた言葉で、すごくしっくりきました。途上国における支援の現場で感じるのは、各セクター間のコミュニケーションが圧倒的に足りておらず、情報やモノ、お金、人の流動性がないということです。NGOも政府も民間企業も、自分の役割に注視しすぎて、もっと互いに協力できるところがあるんじゃないの?、もしそこがちゃんと繋がっていたらより大きなインパクトを出せるのにと感じることが多々ありました。

私は今のブランドでまさにCollective Impactを生み出していきたいと考えています。つまり北部に生産拠点を作る際には、テラ・ルネッサンスさん(NPO)で自立支援を受けた元子供兵の人をうち(民間)で雇用できるシステムを作り、彼ら・彼女たちがスムーズに持続的な生活向上につなげられる土台作りをしようという取組みです。今年中にローンチできるよう、準備を進めたいと思います!

(鬼丸さんのブログから拝借)

Chizu

 

 

販売について考える

2ヶ月半も居てしまった日本滞在!もはや日本にいることの方に違和感を感じる自分は大丈夫かと思いつつ、今回の滞在を振り返ってみたいと思います〜。

まずは販売について!計14箇所でポップアップストアをオープンしました!

近鉄百貨店橿原店/そごう・西武5店舗/大阪タカシマヤ/近鉄百貨店本店/玉川タカシマヤ/大丸札幌店/遠鉄百貨店/静岡伊勢丹/西武渋谷店/伊勢丹新宿店(開催日順)

お陰様で3ヶ月の売上目標も達成でき、また多くのお客様と直接交流させていただく機会を持てたのが、何よりも嬉しかったです。販売期間中は、販売チームリーダーである母を筆頭に、学生インターンの2人と妹(!)の協力も得ながら、乗り切ることができました。

他ブランドや他の売場を見ていて気付いたのは、ブランドの世界観を作り出すのにディスプレイがいかに重要かという点。ここは今後うちも力を入れてやっていくべき課題だと感じました。

さらにお客様との交流を通じて、様々な気付きをいただいたり、励ましの言葉を掛けてくださったり、現地のものづくりの様子を直接お伝えできたりと、オンラインストアではなし得ないことが満載なのだなということに、改めて気付かされました。オン・オフライン双方の活性化というか、それぞれの持ち味を120%活かしたチャネル作りをしていく必要性を感じた次第です。今後もポップアップやイベントの開催などを通じて、より多くの接点をもてるような仕組みを作りたいと思うようになりました。

 

また販売における新しい試みとして、他ブランドとのコラボレーションが挙げられると思います。この春は、2つの他のブランドと協働させていただきました。

①タカシマヤグループとのコラボポーチの企画・製造と、布を提供して日本の職人さんによって製作された扇子と日傘

(玉川タカシマヤさんのブログから拝借)

②清水エスパルスとのコラボバッグの企画、販売

アフリカ布の魅力やうちのブランドの魅力を伝えるために、様々なブランドさんとコラボしながらアプローチしていくことも、今後進めていきたいことの一つです。

そしてもちろん課題もあります。徹底的に問題だったのは、生産が間に合わず、必要な在庫を提供できてなかった点。そのために仕掛けたくても仕掛けられないことが多々ありました(オンラインストアもまだまだsold outのままでごめんなさい)。他にもディスプレイや販促物に統一性がなく、一貫したメッセージを伝えられていないことなど。。。

やりたいことや課題が山積みですが、一つ一つしっかり考えながら形にしていこうと思います。今後のRICCI EVERYDAYにご期待ください〜!

 

Chizu

 

 

 

 

Davis

 

実は今私は新しい試みをしています。ウガンダを約3ヶ月離れ、現地のオペレーションを現地のチームに任せるということです。

現在おかげさまでスタッフが増えており、私を含め10人のチームになっています。工房メンバ−6人、直営店スタッフ2人、そしてアドミン1人。中でもキーパーソンなのが、私の不在の間、私の代わりの役割を担ってもらおうと3月から雇ったDavis、当社唯一の男子です。

(ちなみに、うちはシングルマザーだけを雇用する会社じゃなかったっけ?という疑問を持たれた方もいるかもしれませんが、実はそうではないのです。社会的に疎外された状況にある人々を積極的に雇用するというポリシーを掲げているのであって、シングルマザーに限定しているわけではありません。それは他の優秀で才能のある人材の就業のチャンスを奪わないため、そしてシングルマザーに限定してしまうことで彼女たちへの差別を生み出さないようにするためです)

「私の代わりの役割」というのは、工房における生産業務や店舗における販売業務以外の全てで、例えば行政対応業務や輸出業務、会計、資材調達など、とにかく幅広く、臨機応変に対応することが求められます。ただここが機能しなければ、せっかく作ったバッグも日本まで届かないですし、ウガンダの会社自体が回っていきません。始めはスーザンにそれをやってもらおうと考えましたが、恐らく彼女にそれを担当させたら、途端に仕事に対するモチベーションが下がるだろうなと思いました。やはり適材適所。好きな仕事に打ち込んで、120%のパフォーマンスを出してくれた方が会社的にはいいと思い、別途人材を雇うことにしたのです。

というわけで、「私の代わりの役割」をこなせる人材を見つけ育てていかなければと、去年あたりから考えていましたが、今回採用したDavisは、こちらの期待以上の動きを見せてくれています。彼の何が、他の出会ってきたウガンダ人と違うのかを考えてみたのですが、以下2つのポイントが決定的に違う点として挙げられるかと。

・レスポンスが早い(メールには即時返答。こちらから依頼したことにも適切なタイミングで確実に行動を起こす、仕事のプライオリタイズができている)

・課題に対し自分なりに考え、対策を提案し行動に移す

二つ目の点については、これができる人にまさか出会えるとは思っていなかったので、彼の行動を見た時はゾクゾクするほど感動したのを覚えています笑。内容が間違っていてもいいのです。マネジメント的観点で、自分で考え行動に移してくれたのが、何より嬉しかったのです。恐らくウガンダの詰込み式教育による弊害だと私は思うのですが(詳しくないので分かりませんが)、自分で考えることをしないで、言われたことをこなすのが、残念ながらウガンダ・スタンダード。言われたこともまともにできないことも多々あり、こちらがフラストレーションを抱えることも。そんな中で彼の行動には目をみはるものがありました。

彼がより成長できるような環境やチャンスを、これからもできる限り提供していけたらと思います。

頑張れ、Davis!!

 

Chizu

日本全国巡業中

 

ただいま日本全国の百貨店を回って、販売を行っています。

4月半ばに帰国してから、成田→静岡→奈良→東京→大阪→東京→札幌→静岡(イマここ)と移動しながら、本当にたくさんのお客様に出会うことができています(わざわざポップアップショップまでお越しいただいた皆さま、ありがとうございました!)。

普段は販売に関わるすべての業務を母に任せきりだったため、よく母にも「現場のこと、分かってない」とブチ切れられていたのですが苦笑、今回実際に店頭に立つことで新たな発見が多々あり、また改善点も見えてきました。特に貴重なのは、お客様と会話をしながらデザインのヒントをもらえること。「もっとポケットがこうなっていたらいいのに」「ストラップの長さが調節できたらね〜」「もう少し小さいサイズが欲しい」などなど、次回ウガンダに戻ってから、一つ一つの意見を検討して、より良い製品に改善していきたいと思います。

また今回はメディアの影響もあって、新たにRICCI EVERYDAYを知ってくれたお客様が店頭までいらっしゃることが多いのですが、中にはリピーターとして別の製品を購入しようと来てくれるお客様も!私は人の顔を覚えるのがけっこう得意なので、リピーターのお客様を見つけると「去年もいらっしゃってくれましたよねー!」とすぐ声を掛けちゃいます笑。それでまた話が盛り上がり仲良くなれるのが嬉しかったり^^これからもリピーターのお客様がどんどん増えていくといいなー。

さて今週火曜日で私の巡業は一旦区切りがつくので(ふひー)、また来月からの大型催事に向けて準備をしようかと思います。

この仕事をしていると、本当に体力勝負だと実感しますね。。。でも幸いなことに、巡業する先々で美味しいものを食べられているので、心はいつも元気!(大阪の串カツと札幌のお寿司とアスパラガスが忘れられないー)

 

Chizu

 

 

 

 

テレビ東京系「未来世紀ジパング」に登場します

ついに解禁させていただきます!

なんとRICCI EVERYDAYが、テレビ東京系「未来世紀ジパング」にて特集されることになりました。

<未来世紀ジパング~沸騰現場の経済学~>
「応援したいニッポン人SP」
▷3月27日(月) 夜10:00-10:54
http://www.tv-tokyo.co.jp/zipangu/
▷テレビ東京系列
(テレビ東京/テレビ北海道/テレビ愛知/テレビ大阪/テレビせとうち/TVQ九州放送)
*番組内容・時間は予告なく変更になる場合がございますので、ご了承ください。

 

なんだか夢のような出来事で、決まった時は呆然としてしまいました。ただこれもきっと神様から与えられたチャンス(or試練??)と信じて、そのまま流れに乗ってみようと思った次第です。今はできる限りの準備をしようと、工房の女性たちとともにせっせとバッグを製作する毎日です。

今回取材班はウガンダにまでわざわざ来てくれ、RICCI EVERYDAYのものづくりの現場を、丁寧に取材してくださいました。工房の様子やウガンダの美しい風景、働く女性たちの暮らしぶり、そして日本で販売に精を出す代表(母)の姿など、RICCI EVERYDAYを語る上で欠かせない、あらゆる”現場”に密着してくれました。どんな番組内容になっているのか、私も分かりませんが、きっとディレクターさんが素敵にまとめてくれたと信じて、その時を待とうと思います(ちなみにディレクターのTさんは、同じ学校出身で、しかも20年前にウガンダに来たことのあるという、共通点のある方!)。

母も私もリアルタイムで見れないのが辛いところですが、アフリカでの起業の醍醐味やウガンダという国、そしてそこで暮らす人々の魅力が伝わればいいなーと思います。

お時間ある方は、ぜひご覧になってみてください!

 

Chizu

再び北部へ

先月末にウガンダに戻ってから、再び怒涛の時間を過ごしています。今は4月からスタートするシーズンに向けた生産の追い込み時期。みんなの気合いの入りようがすごいです!(私は横で頑張れーとしか言いようがありませんが汗)

またちょうど先週まで日本から来客があり、1週間かけて当社が関わる様々な場所(工房・ローカルマーケット・お店等)を行ったり来たりしていました。その一環で北部グル市を訪問したので、今日はその時のことをまとめておこうと思います。

img_9009

img_9010

グルを訪問するのは3回目。兼ねてより北部にも生産拠点を持ちたいと考えていた当社ですが、今回の訪問目的は、ご協力いただくNPO法人テラ・ルネッサンスさんにプロジェクトの概要を共有することと、現在の訓練生の方々にヒアリングすることでした。

今後うちの仕事をやってもらおうと考えている女性たちは、全員元子供兵。しかも通常、拘束期間は1〜1.5年程度のところ、彼女たちは皆14年以上反政府組織に囚われ、そこで強制的に結婚(擬似結婚)させられ子供も抱えていました。平均年齢は28歳とのことで、実に人生の半分を反政府組織とともに、DRCや中央アフリカを彷徨いながら生きてきたことになります。交戦時などのタイミングで国連組織やICRCなどのサポートにより子供たちとともに保護され、現在はテラ・ルネッサンスさんの1年半のトラウマケアや職業訓練を終え、新たな1年半のビジネスの実地訓練を受けているところです。

そんな彼女たちは当然のことながらまともな教育を受けることもできず、英語でのコミュニケーションもままならない状況でした。現在は、1日に平均2食食事をとりながら、昼間はトレーニングを受けたり仕事をしたり、夕方以降は子供たちと過ごすなどして、一歩ずつ着実に社会復帰への道を歩んでいます。

そんな彼女たちを雇用して、テラ・ルネッサンスさんを卒業した後も安定的な収入を得られる環境を提供できたらと考えていますが、今回訪問して、なかなか一筋縄ではいかなそうだなぁという実感を得た次第です。

まず英語でのコミュニケーションができないので、現地の言葉を話せるスタッフが常に必要です。幸運にもうちのProducion Managerのスーザンが、現地の言葉を話すことができるので、彼女に任せれば乗り切れそうです。もう一つの課題は、縫う技術についてです。現時点ではお世辞にも、日本で売れる製品を作れるレベルとは言い難い。もちろん、保護されてから1年半でようやく身につけた技術なので、そのレベルであるのは当然なわけで。。。ただどれくらいの期間、トレーニングをしたら日本で販売できるまでのレベルになるのか、現時点では予測できないところが難しいなと感じています。彼女たちがトレーニングに耐えられるかどうかも分かりません。彼女たちはグル市内でお客さんを見つけて縫製の仕事を行うには十分な技術を持っているので、それ以上をこちらが期待し厳しい訓練を受けてもらうことで、かえって彼女たちを苦しませる結果になってもいけません。皆がHappyになるものづくりの形、自立の形を模索する必要があるなと感じました。

img_9004

次回訪問は7月を予定しています。

それまでにもう少し考えをまとめておきたいです。

 

Chizu

 

 

 

展示会が終了しました

先週より日本に一時帰国しています。今回の目的は展示会に出展すること!

今春より新しいデザインのバッグやトラベルアイテムの販売をスタートするのですが、それに先立ちバイヤーの皆さまに見ていただきたく、展示会に出展いたしました。

反応はすこぶる良かったです!うれしいーーー!!!

展示会に出展すると、商談につなげることができるだけでなく、様々な製品を見ている各社の敏腕バイヤーさんとお話する機会を持てるので、デザインや機能性についてアドバイスをもらえたりします。私にとっては、実はそちらの方が大事だったりします。それらを持ち帰り、現地で修正を施しながら本生産に入ります。

また今回の帰国では、思わぬ嬉しい展開が生まれ、4月からの販売に弾みがつきそう!詳細が決定次第、こちらでもご報告しますね。

春はもうすぐそこ。4月には素敵な製品をお届けできるように、ラストスパート頑張りま〜す♪♪

 

Chizu

 

with newsに掲載されました!

本日with newsに、当ブランドの事業について取り上げていただき、大きな反響を得ることができました。

「伊勢丹バイヤーを動かした一人の主婦の熱意 アフリカ布バッグの奇跡」

特に私が一番嬉しかったことは、これまで二人三脚で一緒に歩んできた母の奮闘ぶりを、記事の中心にまとめてくださったことです。手前味噌で恐縮ですが、今日だけは母について書かせてください笑。

通常取材などでは、ウガンダの生産サイドがフォーカスされがちですが、やはりブランドを運営するにあたり、生産と販売が両輪で回ることは必要不可欠で、販売も非常に重要な役割を占めます。

そこを一手で切り盛りしてくれているのが、何を隠そう、うちの母です。伊勢丹への最初の売り込みや日々の営業・接客業務、そしてここぞというときに勝負をかけるところ等、いい意味で怖いもの知らずで、でも人や人情を大事にしながら生きてきた母だからこそ、楽しみながら、でも確実に乗り越えることができたのではないのかなと感じます。私も母がいるから安心して販売を任せて、ウガンダでやりたいことに没頭できているのだと思っています。

そして最近ふと気づいたのですが、実は母自身も早くに父親(私の祖父)をなくし、静岡の片田舎で魚屋を切り盛りしていた母親(私の祖母)と兄弟によって育てられました。母がウガンダのシングルマザーの家庭をサポートしたいと考えるのは、そういうところにルーツがあったのかもしれません(それを意識していたかは知りませんが)。それと同時に、母の商売魂&肝っ玉母ちゃんぶりは一体どこから来ているんだろうと疑問に思っていましたが、きっと祖母譲りなんだと気付いたときには妙に納得してしまいました。。。

話は逸れましたが、今回の記事を読んで、今あるRICCI EVERYDAYというブランドは、母なしでは決してなしえないものだったなあと改めて実感することができました。

ウガンダも日本も「ママ」がめちゃめちゃ頑張ってて、一番仕事していないのは実は私。。。??なんて言われないように、私もしっかり仕事したいと思います苦笑。

 

Chizu

 

 

つれづれ

%e3%82%bf%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%82%af

 

今年の春夏に新しく出すシリーズのサンプルが全然間に合っておらず、毎日工房に通いながらテーラーのスーザンと議論を交わす日々。1cm、2cmの差が製品全体の形に大きく影響してくるので、最後まで気が抜けない。。。私も自分のイメージをちゃんと言語化できていないのも良くなく、たまに彼女を惑わせてしまいます。とにかく今は、思った通りの製品になる日が来ることを信じて、毎日やるしかないといったところです。。。

その合間に、資材や布を調達しにローカルマーケットに行ったり、お店のレイアウトを変えたり、弁護士やPR関係の人と打合せしたり、銀行に行ったりと、日々目まぐるしく動いてます。直射日光に当たりながらの移動は思いの外体力を奪われ、午前中街をあちこち走り回るとぐったり。「1日の仕事をやりきった気分だ」と午前中の時点で思ってしまい(ほとんどが移動だけど)、本来腰を据えてじっくり考えるべき課題にまでたどり着かず、かなり生産性が落ちています。。。この国はいろんなところに無駄が発生していて、それにハマると同じところを何度も往復させられたり、無駄なコストを食うこともあったり。。。

とにかく次からは午前中はオフィスでデスクワークして、午後から動くパターンに変えようかな(でも午後になると街が混んで無駄に時間が掛かるというデメリットもある)。

ちょっと夏バテ気味な投稿でした。

 

Chizu

 

西アフリカのファッションあるある

事業とは関係ないですが、先日とある方からファッションに関する西アフリカの素敵な習慣について伺ったので、こちらに記しておこうと思います。

 

西アフリカ(どこか特定の国だけかもですが)では何か行事があると、同じ柄の反物を参加者に配るそうで、参加者たちはイベント当日までに自分の好みのデザインに仕立てて、着てくるそうです。反物も、その行事に合わせてオリジナルでプリントすることもあるとか!当日は、同じ柄だけどデザインが異なるドレスを着た人々が集まり、それはそれは素敵なんだそうです。

 

参加者間でも、「あら、そのデザイン素敵ね!何を参考にしたの?」とか、「あら、仕立てが上手。どこのテーラーを使っているの?」といった感じで、ちょっとしたアイスブレイクにもなるとも(男性も女性も美意識が高く、ファッションへのこだわりが強い!)。

 

面白い習慣だなーと話を聞いていてふと、そういえば。。。私が以前所属していたNGOの25周年記念イベントをマリで開催した際、NGOのロゴがプリントされた布が配られ、スタッフに「今から洋服作りに行くわよ!」と突然言われ、何が何だかよく分からぬまま、洋服を作った覚えがあったような。。。写真を掘り返してみたら、ありました笑(添付写真)。みんな同じ格好してた。。。笑

img_8706

 

西アフリカは東アフリカ以上に、アフリカ布が身近な存在で、女性たちは普段から上から下まで、アフリカ布を纏っていることが多いです。だからこそ、オリジナルプリントができる設備があったり、布の柄のデザイン性も高かったり、仕立ても上手だったり、、、そこに産業が成立していることを感じさせます。私もいつかオリジナルプリントをここウガンダでやりたいなーと思いつつも、現時点ではハードルが高そう。。。ブランドが少しずつ大きくなって、早くそこに投資できるような段階にいきたいなーと密かに企んでいる、今日この頃です。

 

Chizu

1 2 3 4 5 6