アフリカのドローン規制

第10回ICT4Dカンファレンスが今月ザンビアであり、800名を超える参加者か集まりました。

ICTの専門家、政府・国連機関、民間などが中心となって途上国でのICTの促進を目指す会議です。

今回はCTAという農業機関からリクエストがあり、ドローン関連のパネル映像を撮りました。

以下フルで撮っているので、興味がある方は是非ご覧ください。

 

アフリカにおけるドローン企業の実際の現場、国際機関のサポート、特にレギュレーターの考え方など幅広く分かるかと思います。

ドローンのレギュレーションに関しては、航空管制機関(CAA)と関係を作り、フェイルセーフ機能などレギュレーターを安心出来るドローンであれば、コマーシャルライセンスも取得可能です。

 

アフリカはエアスペースがかなりシンプルなのでレベルの高いライセンス取得もその分容易な事もあります。

また地上に高い建物などドローンの障害となるものが少ないです。

そして恐らく1番重要なのは問題がシンプルという事です。

緊急時の医療や食料のドローン物流など人の命に直接関わる問題は、誰もが重要性を理解できます。

特にアフリカでは夜間の赤信号は止まらないなど、自分の身を護る事に対する理解が先進国より強くあります。

そういったシンプルに重要な問題からドローンの実装がなされ、その後幅広い産業に広がっていくでしょう。

アフリカはドローンをはじめとした自動技術との相性が格段に良いと思います。

 

最後に弊社がコンサルをしているi Drone社が来月ドローンのワークショップを開催します。以下、詳細です。

iDrone Training Call

i Drone社はザンビアCAA(航空管制機関)よりコマーシャルライセンスを取得した初めての企業です。

ワークショップはザンビア開催ですが、ご興味のある方は6/1までに是非申し込んでみて下さい。

農業用ドローンフィールドリサーチ

先週は農業分野におけるドローンのフィールドリサーチを現地企業、農家と協調して実施しました。

今回は作物の生育状況等を把握する為、マルチスペクトルセンサーをドローンに搭載し、主にNIR(近赤外線)の作物への反射から、NDVIデータを作成するという事を行いました。

要するに今まで人の勘に頼って行われていた生育状況の把握を科学的に行い、ストレス状況などの問題の特定をピンポイントで示す事により、リソース・時間・コストの最適化を図るというものです。

 

 

殊ザンビアにおいてはコマーシャルファーマー向けのコスト削減以外にも、国民生活の重要課題である飢饉にも活かせると思います。

FAW(ペスト)の早期発見、不作地域の早期特定、食料供給の最適化をUAVで行えば、飢饉から解放された世界も十分実現可能でしょう。


今回実施してみた感想としては、精緻なデータを取る上では、多少試行錯誤する必要があるなと思いました。ただ課題は多いが、カイゼンを続けることで解決可能と考えます。

とにかく目の前の事に真剣に取り組み、結果としてベーシックインフラ(緊急の食料・医療物資供給を自動的に行うシステム)の構築が出来ればいいなと思います。

 

最後に余談ですが、今回のリサーチを通して強く印象に残ったのは現地の子供のドローンに対するリアクションでした。

普通の可愛い子なのですが、ドローンのモニタリングを始め(150秒あたりから)、大人がドローンの空中の位置を子供に指し示すのですが、それを発見したあたりで一気に鋭い眼差しに変化し、その後完全にドローンに没入していく様は、子供と言えど畏怖の念を抱くほど力強さを感じました。

その後は打って変わってあどけない表情を見せ、皆を和ませますが、なんか凄いなと思ってしまいました。

 

こういった子供がドローンを当たり前に感じながら大人になった時、きっとユニークな発展をアフリカは遂げるだろうと思います。

TICAD VII 官民円卓会議

アフリカ開発会議TICAD VIIの官民円卓会議の委員に任命されました。他に出席している委員は大企業の経営トップや代理。私の役目はアフリカへ事業展開する中小零細企業の声を、この大きな会場に届けることのようです。(次回から、中小企業の委員を増やしたいという意向もあります。)

大企業と比べると、アフリカ起業支援コンソーシアムが支援する企業は事業規模は小さいです。けれども、チャレンジ精神に富み、SDGsの目標である1)貧困をなくす、4)質のよい教育をみんなに、5)ジェンダーの平等、8)働きがい等にしっかり応えていると発言しました。

河野大臣は、外務省の官僚が作成する提言書より、民間が作成する「とんがった」内容を期待するとおっしゃいました。「とんがった」コンテンツを、どんどん寄り寄せてください!どうぞよろしくお願いいたします。

 

アフリカ起業支援コンソーシアム事務局

渋澤 健

ザンビアソーラー開発舞台裏

100MWソーラーの入札前MTGが先週ザンビアで行われました。

KfW(ドイツ開発銀行)主導のプログラムで、エネルギー省大臣、ドイツ大使、海外からのIPPなど多くの関係者が一堂に会すMTGとなりました。

日本のIPPの方も是非参加して頂けたら幸いです。こちらが当日の映像です。


今回のMTG5つのセッションに分かれており、その内の1つのセッションでやや驚くことがあったので書きたいと思います。

それは著名な外国機関の方々のセッションだったのですが、その際登壇者の一人が「IPPはうちに話を通さないといけない」とややふんぞり返りながら全員の前で述べていたのです。

その方は恰幅はいいのですが、腹に力が入っておらず、こけおどしのようにしか見えませんでした。

そこからは本当にIPPに何か問題が起こった時、この外国機関の人がタフな交渉事を行えるのか強く疑問に感じました。

一方でその後のザンビアのステークホルダーのセッションには知り合いが多く登壇していた事もありますが、皆侍のような姿勢でセッションに臨んでおりました。


以下、テクニカルですがIPPにとってのベストな戦略はマルチステークホルダーアプローチで、キーとなるのがローカルのステークホルダー(リーガル・ファイナンシャルアドバイザーなど。現地政府等とアクティブなコンタクトをとっている。)を巻き込むことだと思います。

KfW
の本プログラム担当者で民間出身のWill Pearson氏も同様の主旨の発言を繰り返しています。恐らくそれがキーとなるリスク緩和策で、例えばIPPがオフテイカーとのPPAでタフな折衝を迫られる際、ローカルのアドバイザーがいると現地政府も緊張感を持たざるを得ないでしょう。現地政府もローカルのアドバイザーと持ちつ持たれつで自然と関係性がある為です。

最終的な解としてはローカル・インターナショナル巻き込んだ開発だと思いますが、それが現地を無視した世界選抜のようなSPVであれば現地政府は尊敬や畏怖の念をIPPに感じ辛いかもしれません。結果、交渉事は難航するでしょう。

人と人との純粋な関係性はお金や権威に勝ると考えます。

アフリカで活躍する女性起業家

あけましておめでとうございます。旧年中、entre-africa.jpにアクセスしていただいた皆様、どうもありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願いいたします!

さて、アフリカで活躍する日本人若手の女性起業家が日経電子版の記事でクロースアップされました! 経済同友会のアフリカ委員会の同志が中心となって立ち上げたアフリカ起業支援コンソーシアムについてもご紹介いただきました。どうぞご笑覧ください!

 

支援先の決定! 第二回 日本AFRICA起業支援イニシアチブ

第二回 日本AFRICA起業支援イニシアチブの支援先が決定しました!

6月中旬から9月1日まで一次候補の受付を行いましたが、16名(女性8名、男性8名)の起業家から応募いただきました。9月中旬の選考委員会を得て、9名が最終候補として選定され、1名の辞退で、8名が最終候補として11月6日に開催された選考委員会に進みました。

今回も、大勢の魅力的な候補に恵まれ、とても難しい選考になりました。それぞれ多様な分野での発展を志しているので全員を応援したい気持ちでありました。しかし、限られた支援財源により、アフリカに生活拠点を置くなどコミットメント度、そして、5分プレゼン・5分質疑応答という短い時間でのアピール度での優先度により、下記の4名の支援(最長、年150万円)が決まりました! おめでとうございます!


竹重宇薫 (エチオピア)


バー由美子(ギニア)


伊藤淳(ウガンダ)


唐渡千紗(ルワンダ)

 

4名のご活躍をそれぞれのページでファローしていただき、日本アフリカ起業支援コンソーシアムと共に、是非とも、応援してください!

どうぞよろしくお願いいたします。

第三回目の支援プログラムを実施することに賛同いただけることにご関心いただける法人は、是非ともご一報くださいませ。➡INQUIRY

 

セネガルビジネス試行錯誤記1「会社なのに…」

今まで私は、基本的に日々の苦労やトラブルなどを発信してきませんでした。

なぜなら、苦労や失敗なんて誰でもしているし、それは黙ってするもの。それを話すのは格好悪いと思っていたからです。

 

ですが、もしかしたら自分の体験は、今後アフリカを目指す人の参考になるのではないかと考えました。このアントレ内での投稿は、まさにそうした人も見ていると思うからです。

そこで、アフリカで仕事をしていると実際にどんな苦労やトラブルがあるのか、いままでどんな失敗をしたのかなど、私がセネガルで経験した出来事を紹介してみようと思います。

今後アフリカで何かビジネスを行う方が同じような失敗を繰り返さないように反面教師として、また何かトラブルに巻き込まれた時のヒントになるように、記していこうと思います。

 

今回は、つい最近あった「税金関係のトラブル」の話です。
セネガルの実態および、税制とともに紹介していきます。

 

以前記しましたが、セネガルではインフォーマルセクターに属する経済活動が非常に活発です。

街中で見かけるお店の多くは、インフォーマルセクターと言ってよいでしょう。

たとえば、セネガルのコンビニであるブティック、床屋さんや美容室、布屋さん、仕立て屋さん、携帯電話、家電、リサイクル品を販売するお店などなど。

そうしたお店は、税金を払いません。法人登記されていないので法人税は無し、消費税も無しという状況です。

 

ですが、国もそうした状態を指をくわえて黙認しているわけではありません。

では、そうした所からは税金をどうやって徴収するのでしょうか?

答えはいたってシンプル。1件1件お店を訪問して、「Patente(営業税)」「CGU」などという名目で税金を徴収しています。

(ちなみに、インフォーマルセクター事業者から徴収したお金は国庫に納められずに税務署の職員のポケットに入っているといった噂もあります。)

 

ちなみに上記のCGUとは「Contribution Globale Unique」の略。

直訳しても意味が分からないと思いますが、CGUとは、6つの税金を一まとめに支払ったとみなす税金の制度です。

これは2004年から始まり、個人事業主(法人登録有)の負担を減らすためにできた制度だと言われています。

なお、有限会社(SUARL、SARL)や株式会社(S.A.)などの企業形態では、CGUの適用を受ける事はできず、法人税および諸税の支払いを行う必要があります。

弊社は有限会社です。

 

さて、先日起きた問題はここからです。

弊社の不動産仲介店舗に周りの店舗の取り締まりをしていた税務署の人が当事務所にも現れ、「CGUを払え」と言ってきました。

弊社の法人形態は、個人事業主ではないにもかかわらず、です。

 

 

その時事務所にいなかった私は、従業員から電話で知らせを受けて呆然。

「弊社は有限会社のためCGUの適用外である。会計士とともに適切な税処理をしている。」

と伝えたのですが、聞く耳を持たず、なんと彼らが持参していた南京錠で、許可無く事務所を施錠し、どこかへ行ってしまったのです。

(本当に適用してくれるなら、その方が税金ははるかに安いし、ありがたいのですが(笑))

事務所が施錠されてしまった時の写真

引っ越しは月末にする方が多く、仲介業は月末がかき入れ時。そんな時に何の正当性も無く施錠をされたのではたまりません。

会計士にも改めて相談したところ、支払う必要が無い旨を確認しました。

しかもその後、

「経営者を警察に突き出す」

と脅しをしてきたのです。

 

 

日本でしたら、ここで法的手段を取るかもしれません。

しかしここセネガルでは、人の繋がりは、法律さえもひっくり返すほど強力なパワーを持っています。

税務署と警察、裁判所が繋がっている事も否定できません。

また、裁判手続きはとにかく時間がかかります。

そしてなにより、私は「セネガルにお邪魔させてもらっている立場」。ここセネガルでは事を荒げて良い事は何もありませんし、なるべくそうすべきではないと思っています。

 

セネガルでは、こうしたトラブルは日常茶飯事。

そこで私が最初に試行するのは「自分の繋がりや人のつてで解決できないか」という事です。

今回もどこかにつてが無いかと考え、最終的に、以前から私が知り合っていた人のおかげでこの問題を解決。鍵をあけてもらえました。きちんとこちらの言い分を理解してもらったのです。

 

正しい事がいつも通るとは限らないのがセネガルです。

正しさを突き通そうとすると、さらに時間がかかる事もあります。

そのため、対応を間違えると大事に発展する恐れがあります。

 

「自分はお邪魔させてもらっている立場だから、この国の人の生活を乱すのではなく、良い方向に影響を与えたい」

それを念頭に置きつつ、日々活動をしています。

 

JAPON COMMERCE SUARL
山田一雅

【WEB】

アフリカビジネスのパートナー アフリカ商会 by JAPON COMMERCE

アフリカ旅行ガイドブック セネガル

ダカールの日本人宿「シェ山田」

セネガル新空港、2017年12月7日オープン予定

現在のセネガル(ダカール)の空港は「レオポール・セダール・サンゴール国際空港」

ダカール市街地までのアクセスも良く、私の運営するゲストハウスからも車で10分程度と近くて便利だったのですが、12月7日より、いよいよダカール市街地から離れた新空港「ブレーズ・ジャーニュ空港」の利用が始まってしまいそうです。

(住んでいる身としてはあまり嬉しくないのが本音です(笑))
(日本で例えると羽田から成田に移るようなイメージです)

 

今後、空港からダカール中心地までは15本のシャトルバスが運行される予定です。また、古いタクシーは空港内に入れなくするとの事。セネガルのタクシーはほとんどがボロボロなのですが…(笑)本当にできるのでしょうか?

また、なんと新空港の広さは、日本最大の空港・羽田空港の「約3倍」。

新空港の詳細についてはコチラにまとめてありますので、ご興味のある方はお気軽にご覧ください。

JAPON COMMERCE SUARL

山田一雅

【WEB】

アフリカビジネスのパートナー アフリカ商会 by JAPON COMMERCE

アフリカ旅行ガイドブック セネガル

ダカールの日本人宿「シェ山田」

 

(参考)
L’aéroport international Blaise Diagne a coûté 407 milliards de F CFA.(Dakaractu)
http://www.dakaractu.com/L-aeroport-international-Blaise-Diagne-a-coute-407-milliards-de-F-CFA_a140730.html

Diass – L’ouverture officielle de l’aéroport international Blaise Diagne (Aibd) est prévue en décembre 2017(laviesenegalaise.com)
https://www.laviesenegalaise.com/diass-louverture-officielle-de-laeroport-international-blaise-diagne-aibd-prevue-decembre-2017

西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)とフランセーファの今後

前回の投稿でフランセーファについて簡単に紹介しました。

今回は、フランセーファの歴史、西アフリカ経済通貨連合(UEMOA)と西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)、そしてフランセーファの今後について簡単に記してみます。

 

フランセーファとは(歴史など)

フランセーファ(Franc CFA)は、1945年のブレトン・ウッズ協定を機に創設されました。
通貨の名前ですが、「フラン」はいまは無き「フランス・フラン(Franc francais)」から、「CFA」は「Communaute financiere africaine(アフリカ金融共同体)」というフランス語の頭文字を取ったものです。

西アフリカ経済通貨連合(UEMOA)と西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)

西アフリカ経済通貨連合(UEMOA)は、名前こそ経済通貨連合となっていますが、まだEUのような経済通貨連合にはなれておらず、経済政策は国ごとにまちまち。いわゆる通貨連合にとどまっています。加盟国は前回の記事で記したフランセーファが利用可能な以下の8か国です。

(ギニアビサウ、コートジボワール、セネガル、トーゴ、ニジェール、ブルキナファソ、ベナン、マリ共和国)

 

西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS Economic Community of West African Statesの頭文字 仏語ではCEDEAO)は、以下の西アフリカ15か国からなる機関です。

(ガーナ、カーボヴェルデ、ガンビア、ギニア、ギニアビサウ、コートジボワール、シエラレオネ、セネガル、トーゴ、ナイジェリア、ニジェール、ブルキナファソ、ベナン、マリ、リベリア)

経済共同体とありますが、現在はその理想の実現には至っておらず、実際の主たる活動は経済統合の基盤構築に向けての活動、具体的には政治的安定のための紛争解決などを行っています。先日のガンビア新大統領就任の際の動きは記憶に新しいところです。

フランセーファの今後

現在、上述のECOWASでは「ECO」という域内通貨構想を掲げています。
2020年までの実現予定で動いていましたが、先日ニジェールで開催されたECOWASの会議についての以下の記事を見るに、難しいようです。

 
West African bloc’s 2020 single currency goal fails(Vanguard)

 

まずはUEMOA域外からECOを導入し、その後UEMOAと統合という事になっていますが、仮にUEMOA域外での導入が実現できたとしても。UEMOAとの統合は難しいのではないか、と思います。UEMOAは通貨価値下落の心配が無いこのユーロ固定通貨からの脱却を望むとは思えないからです。

という事で、フランセーファは少なくとも今後10年は無くならないでしょう。

 

 

以上、何かの参考になりましたら幸いです。

 

JAPON COMMERCE SUARL

山田一雅

【WEB】

アフリカビジネスのパートナー アフリカ商会 by JAPON COMMERCE

アフリカ旅行ガイドブック セネガル

ダカールの日本人宿「シェ山田」

セネガルの通貨「フランセーファ」

西アフリカでは、ユーロのように複数の国で使える「フランセーファ(Franc CFA)」と呼ばれる通貨が利用されています。私の住んでいるセネガルでもフランセーファが使われています。
そこで今回は、フランセーファの概要を簡単に紹介します。

両替レート

2017年11月現在、
1円=4.94 F です。
物価を考える際などは、ざっくり「1円=5F」と考えるとスムーズです。

利用可能な国

以下の8か国です。
ベナン、ブルキナファソ、コートジボワール、ギニアビサウ、マリ共和国、ニジェール、セネガル、トーゴ

両替可能な場所

セネガルに関しましては、現空港(レオポール・セダール・サンゴール国際空港)には両替所があり、そこで両替が可能です。

一般的に「空港の両替レートは悪い」というイメージがありますが、セネガルの空港はレートは悪くありません。
また、ユーロからの両替レートは変動が無いため、基本的に両替所でもレートが固定されています(会社により若干の際はあるかも知れませんが)。
ドルの場合は日々変動があるため、レートはマチマチです。

 

以上、セネガル渡航の参考になりましたら幸いです。

 

JAPON COMMERCE SUARL

山田一雅

【WEB】

アフリカビジネスのパートナー アフリカ商会 by JAPON COMMERCE

アフリカ旅行ガイドブック セネガル

ダカールの日本人宿「シェ山田」

1 2 3 4 9