インフォーマルな男達2–セネガルの不動産編

弊社は現地で不動産仲介店舗「SenegALouer」を運営していますが、実は不動産業界にもインフォーマルに活動する「クルティエ」と呼ばれる人達がいます。

クルティエの仕事は、不動産仲介を行う事。
不動産仲介業を営む弊社のような企業にとっては非常に厄介な存在です。

弊社の不動産仲介店舗のロゴです

以前紹介しましたが、弊社は現地で不動産仲介店舗「SenegALouer」を運営しています。実は不動産業界にもインフォーマルに活動する「クルティエ」と呼ばれる人達がいます。

クルティエの仕事は、不動産仲介を行う事。
不動産仲介業を営む弊社のような企業にとっては非常に厄介な存在です。

たとえば、建設中の物件を見つけ、オーナーに管理契約の提案をしよう、また管理契約をせずとも顧客提案のための内見をさせてもらおうとします。
しかしながら、そこにはすでに物件を仕切っているクルティエがいる場合があります。
そうすると、その後の手続きも彼を通して進めていかなくてはならず、そして最後には契約時の仲介手数料の3割近くを支払う事になります。
最近困るのが、クルティエを名乗る物件の警備員が増え始めた事です。彼らはオーナーから物件の監視を任されている存在。オーナーの連絡先は彼らに聞かねば分からない事が多く、彼らは電話番号をなかなか教えないのです。

一方で、実は彼らとは協力関係にもあります。
たとえばクルティエが自分の顧客が探している物件が無いか相談に来る事や、弊社から彼らに物件情報を確認したりします。
日本の状況と比較してみましょう。

日本では、不動産会社各社が使える「レインズ」という共通の物件データベースがあります(例外を除き、レインズへの物件登録が義務付けられています)。
そのため、実はどの不動産仲介店舗に行っても、同じ物件情報にアクセスできるのです(未登録、紹介拒否などがあるため全てとは言えませんが)。
つまり極端な事を申しますと、北海道の不動産屋さんでも、東京の物件情報を紹介する事ができるという事です。
一方セネガルには、日本の「レインズ(不動産会社共通の物件データベース)」のようなものは存在していません。
そのため、日本のレインズ導入以前同様、物件の情報は賃貸・売却依頼を受けた不動産会社からその先へは流れず、たまたまその不動産会社に立ち寄って紹介をしてもらわない限り、その物件を目にする事ができません。つまりセネガルでは、物件情報が非常に属人的なのです。
そこで、クルティエとの連携が必要となってくるのです。

こう記してみると、協力して働けば決して悪い事はなさそうに見えるかもしれません。
ですが、私の意見としては、クルティエの取り締まりを一刻も早く強化してほしいと願っています。
それはなぜか。

なんと言っても、クルティエがいる事で一番困るのが「人材の確保」です。
上述の通り情報が属人的であるため、業務内容を教えれば誰でもできるといった仕事ではなく、未経験者の登用がなかなか難しい状況です。
他方、自分でクルティエを名乗ってしまえば家賃の3割が丸々手元に入って来るため、会社に属する事にメリットを感じる人が少なく、経験者の採用も難しいのです(彼らは所得税なども支払いません)。
クルティエの存在が取り締まられずにいる結果、このような状況が起きています。

また、クルティエ絡みのトラブルはとても多く、クルティエの存在は大きな問題としてニュースにも時折取り上げられています。
クルティエの存在により収入が減るのはもちろんですが、それ以上に関係者の増加により業務の不透明性が高まる事が大きな問題だと考えています。
不動産業界全体への不信感が強くなる事も懸念しています。

外国企業の誘致を積極的に推し進めていこうと考えているセネガル政府。
クルティエの現状を鑑みて、私は資格制度や罰則規定の創設など、国が主導して早々に対策を講じる必要があるのでは考えています。

JAPON COMMERCE SUARL
山田一雅

【WEB】

アフリカビジネスのパートナー アフリカ商会 by JAPON COMMERCE

アフリカ旅行ガイドブック セネガル

ダカールの日本人宿「シェ山田」

インフォーマルな男達–セネガルのバナバナ編

セネガルのインフォーマルセクターの代表格とも言えるのが「バナバナ」と呼ばれる路上販売者達です。

バナバナの人達は、あらゆるところで物を売ります。道路脇、歩道、歩道橋、etc…。

駐車中の車を商品の陳列棚代わりに使い、閉店後シャッターが降りた店舗前で自分の”店舗”を開きます。

バナバナ

 

売り物は非常にバラエティに富んでいます。

水、ピーナッツやカシューナッツなどの木の実、お菓子、モバイルバッテリー、サングラスなどの小物から、布、洋服、タオル、箒、モップ、カーパーツ、中には大きな姿見用の鏡や額まで。

持ち運べるものなら、ありとあらゆるものを売っていると言っても過言ではありません。

 

セネガルでは「ここに行けばすべてが揃う」といった場所がまだ無く、街でお目当ての商品を探すのも一苦労。そんな時、路上でバナバナが売っている事もあり、彼らの新商品の取り扱いの早さには驚かされます。

 

JAPON COMMERCE SUARL

山田一雅

【WEB】

アフリカビジネスのパートナー アフリカ商会 by JAPON COMMERCE

アフリカ旅行ガイドブック セネガル

ダカールの日本人宿「シェ山田」

セネガルインフォーマルセクター事情3「給与は最低賃金以上!?」

セネガルの最低賃金は、時給209.1F(農業関連企業は182.95F)です。
では、インフォーマルセクターではどうでしょうか?
実は、首都ダカールでは、最低賃金を下回っている事は少ないです。

実際にはどの位の賃金なのかというと…
・ガードマン(日中) およそ5万F(約1万円)~+食費
 仮に8時間働いていると仮定すると、
 時給換算で「312F(約60円)」+食費
・メイドさん(1日2-3時間程度) 3万F(約6千円)~ほど
 時給換算で「500-750F(約100-150円)」

 

と、特殊技能や熟練の必要が無い職種でも、これ位の相場となっています。
また、セネガルではあまりに安く雇いすぎると、トラブルの元になります(物を盗む、仕事に来ない、etc…)

(ちなみに、私のゲストハウス「シェ山田」の掃除をお願いしているメイドさんには、最低賃金の約5倍の賃金を渡しています。)

ゲストハウスのメイドさん

セネガルでは、ご飯はみんなで食べるもの。
昼食時に街を歩いていると、「食べて行けよ」「一緒に食べようぜ」と沢山の人が声をかけてくれます。そのため、この国ではお金が無くても飢え死にする事がありません。
だからでしょうか。セネガルの人達はあまりお金にガツガツしていません。
仕事に必死さがありません。

それに加えて、セネガル人はプライドが高いです。
口では働きたいと言っておきながら、実際は「こんな仕事は私のする事ではない」「悪い条件なら無職の方がマシだ」と思っている事があります(そのため、仕事によっては、ギニア人ばかりが働いている場合があります)。

日本ではまだまだ一般的な「アフリカは貧しい」というイメージからすると、驚いてしまうような現実がセネガルにはあります。

JAPON COMMERCE SUARL
山田一雅

【WEB】

アフリカビジネスのパートナー アフリカ商会 by JAPON COMMERCE

アフリカ旅行ガイドブック セネガル

ダカールの日本人宿「シェ山田」

セネガルインフォーマルセクター事情2:「インフォーマル」が損する社会の構築を

前回の投稿でセネガルのインフォーマルセクターの経済的インパクトについて記しました。

このインフォーマルセクター、国の発展を考えますと「フォーマルセクター化」が欠かせません。

なぜなら、インフォーマルセクターは「税金を納めないから」です(厳密には少しだけ営業税のようなものを払っていますが非常に少額です)。

他人の車の上に勝手に商品を陳列して売る人

 

セネガルの法人税は30%、消費税は18%と高い税率になっています。

セネガルのインフォーマルセクターの経済規模は、GDPの41%にものぼりますが、これが税金の対象外という事です。

これは国の歳入を考えると大きな問題です。

 

また、正直者が馬鹿を見る社会になってしまっています。

なぜなら、仮に同じものを同じ価格で仕入れたら、インフォーマルセクターには絶対勝てないからです。

インフォーマルセクターには小規模事業者が多く、基本的に輸出入などは行っていません(原則輸出入には登録証が必要です)ので、そこでバッティングする事はあまり無いですが(登記をしていても、売上高を正しく申告しない、税関に賄賂を払い関税を安くしてもらうなどの不正を行う事業者は少なくありませんが)、セネガル国内で商品を仕入れて販売する場合、きちんと登記して税金を払っている企業からすると、税金を払わないインフォーマルセクターは本当にやっかいな競争相手でしょう。

 

セネガル政府はインフォーマルセクターのフォーマルセクター化を進めるべく、融資プログラムや法人設立手続き簡素化などの施策を行っています。

ですが、それよりもまずしなければならない事は、インフォーマルセクターから「法人成り」をするメリットをしっかりと周知する事(無いなら創る事)、そしてなにより、法人化しない場合のデメリットとして摘発や取り締まりを強化する事だと考えています。

 

前述の通り大規模な経済活動ですから、一度に禁止すると大混乱が起きる事は容易に想像できます。また、人口ベースではインフォーマルセクターで働く人の方が圧倒的に多い事から、政治家としては選挙を考えるとなかなか着手できない事も理解できます。

しかしながら、少なくとも首都のダカールだけでも、もう少しスピーディに取り締まりを進める事はできないのか、と現地でビジネスを行う身としては感じてしまいます。

 

JAPON COMMERCE SUARL

山田 一雅

【WEB】

アフリカビジネスのパートナー アフリカ商会 by JAPON COMMERCE

アフリカ旅行ガイドブック セネガル

ダカールの日本人宿「シェ山田」

ご案内:第二回日本AFRICA起業支援イニシアチブ発表会

11月8日(水)に開催する第二回日本AFRICA起業支援イニシアチブの発表会を公開いたします。ご関心がある方は、下記のフォームにてお申込みいただき、ご来場ください!

https://goo.gl/forms/aOqy95gna0Uj4yrW2

日時: 11月8日(水)午後4:45~6:00

会場: 新日本有限責任監査法人 霞が関ビル33階 セミナールームB

〒100-6028 東京都千代田区霞が関三丁目2番5号 霞が関ビルディング

https://www.shinnihon.or.jp/about-us/our-profile/our-locations/honbu-map.html

 

セネガル広告事情番外編「デジタルサイネージ」

駅構内、電車内、屋外の大型ディスプレイなど、いまや日本での日常にすっかり浸透しているデジタルサイネージ。
実はここセネガルでも、デジタルサイネージが活用されています。

 

バス内

写真のように、バス内にモニターが設置されています。
天気予報やニュースなど、日本の電車内モニターのようなコンテンツが流れ、その合間に広告が入ります。サッカーのニュースがとても多いところから、セネガルらしさを感じます。
消費者向けの広告(例:学校、携帯電話会社など)が流れています。

 

道路沿い看板

写真の看板はデジタルではないですが、このような形で道路沿いや円形交差点に、巨大なデジタルサイネージが設置されています。渋谷のスクランブル交差点にあるモニターのようなイメージです。
家、自動車、レストラン、イベント、保険、学校、食料品と、さまざまな広告を見る事ができます。

 

店舗内
観光地の一部のレストランでは、近隣のスーパーマーケットの広告を掲載したり、銀行の支店内ではデジタルサイネージによる自社広告が表示されています。

 

2の道路沿いの大きな看板というのは、あまり日本には無い形態で面白いと感じています。
広告スペースも国によって違いが出るなと改めて思った次第です。
なお、セネガルの公用語はフランス語ですが、広告では現地語もよく使われています。

 

JAPON COMMERCE SUARL

山田 一雅

【WEB】

アフリカビジネスのパートナー アフリカ商会 by JAPON COMMERCE

アフリカ旅行ガイドブック セネガル

ダカールの日本人宿「シェ山田」

 

セネガルIT・通信事情

みなさまこんにちは。JAPON COMMERCEの山田です。
今回はセネガルのIT・通信事情(主に企業の)について、私見で簡単にまとめてみます。

 

携帯・PC・タブレット
携帯電話は広く普及している。調査(※)によると、2014年時点で普及率は84%、うちスマートフォン利用者は15%との事。複数台持っている人も珍しくない。

文字の読み書きが問題なくできる人、学歴が高い人ほどスマートフォン利用者も多い傾向にある。一部の企業を除き、端末支給よりもBYOD(個人所有端末を業務利用する事)が一般的と言える。

パソコンは、大学生やビジネスパーソンに普及している。個人でデスクトップを保有する人はごく稀で、基本はノートPC。企業はデスクトップとノートPC、いずれも利用している。
タブレットの利用者も見かけるが、その数は携帯電話と比較するとぐっと減る。

 

インターネット接続
携帯3社が各自Wi-Fiサービスを打ち出している。最大速度は10MBで、スカイプでのビデオ通話はできる位の通信速度は出る。

携帯電話では3G回線によるネット接続が可能で、携帯電話によるテザリングの方がWi-Fiよりも安定してかつ高速なのが現状だ。なお、ごく一部だがLTEが通じる地区もある。

 

クラウド
ごく一部の企業を除き活用されていない。個人ではOneDrive利用者が稀にいる。

私自身セネガルに来てから、日本では活用していたクラウドサービスの利用をやめている。理由は、回線速度が低速すぎて、アップロードや同期に時間がかかるからだ。また、携帯での通信は従量課金制でありコストがかさむ事もネックだ。

 

バックアップ
意識が非常に低い。個人でバックアップを取っているという人の話は聞いた事が無いし、企業でもそのような体制が整っているのはごく一部である。

 

Webマーケティング
自社サイトが無い企業・組織の方が多い。
まだまだwebマーケティングの意識は低く、多くの企業のweb活用と言うと、Facebookや無料の情報投稿サイトくらいである。
企業ブログを書く、オウンドメディアを育てる、といった意識のある企業は皆無と言っていいだろう。

 

コミュニケーション
個人・企業問わず、一番好まれているのは「音声によるコミュニケーション」、つまり電話だ。

またWhatsapp、現在楽天傘下のViberなどのアプリを通じたメッセージによるコミュニケーションも人気で、ボイスメッセージも好まれている。Eメールだと一切返事が来ない相手が、このアプリだとしっかり返事が来る事もある。なお、Facebook利用者は非常に多いが、なぜかMessengerアプリの利用者は少ない。

とは言え、携帯電話で常時インターネットに接続できる人はまだまだ少数派のため(セネガルでは必要な時に必要な分だけインターネット利用代を支払うという人が多い)、いまだSMSが広く活用されている。

 

セキュリティ
意識が非常に低い。

 

メール

個人はもちろん、企業・組織でもGmailかYahooメールを使っている事が多い。

 

グループウェア・勤怠管理ソフト・SFA(営業支援ツール)
社内の情報共有を促進したり、社員の行動を可視化する仕組みは定着していない。

余談だが、日本は仕事が属人的だと言われるが、セネガルの百倍マシである。セネガルでは担当者しか知らない事、できない事がとても多く、休暇により二週間、時には一か月以上業務がストップする事も珍しくない。

 

以上、いかがでしたでしょうか?

セネガルでのIT活用はまだまだこれからです。

反対に、IT企業にとってはフロンティア市場という事もできますね。

(とは言えまずはもう少しインターネット環境が改善される事が必要だとは思いますが。)

 

JAPON COMMERCE SUARL
山田一雅

【WEB】

アフリカビジネスのパートナー アフリカ商会 by JAPON COMMERCE

アフリカ旅行ガイドブック セネガル

ダカールの日本人宿「シェ山田」

(※)
Cell Phones in Africa: Communication Lifeline(Pew Research Center)

日本製品よもう一度

みなさまこんにちは。JAPON COMMERCEの山田です。

セネガルでは中国メーカーや韓国メーカーの製品のシェアが高く、市場では日本メーカーの製品はあまり見かけませんが、知名度はとても高いです。なぜでしょうか?

それは、以前はセネガル人をして「日本製品だらけだった」と言わしめるほどの時代があったからなのです。

 

複数のセネガル人に聞いたところによると、昔は、市場に出回る多くのものは日本産だったと言います。

それが、1990年代半ばを境に、次第に中国製品へと変化していったとの事。

どうやら、1994年にフランセーファの通貨切り下げが行われた事が関係しているようです。

単純計算で、切り下げによりフランセーファ建てでの輸入品の価格が倍になった事により現地需要と価格がマッチしなかった、セネガルからの原料輸入を行っていた中国が輸出にも目を付けて一気に進出した等。様々な理由が考えられますが、セネガル人曰く「気付いたら中国製品ばかりになっていた」との事。

 

「昔は街中にソニーが溢れていた」
「電化製品以外にも日本製品が多かった」
「今はまったく見ない日本メーカーの商品もあった」
「日本製品だらけの頃は良かったのに、なぜ今は中国製品ばかりになってしまったのだろう」
セネガル人はこう嘆きます。

首都ダカールにソニー製品のお店はあるが…

 

セネガル人が沢山の日本製品を喜んで使っている。

そんな未来が創れるか。

千里の道も一歩から。まずは何か一つ、日本の製品をセネガルに広めてみたい。そう思っています。

 

JAPON COMMERCE SUARL
山田一雅

【WEB】

アフリカビジネスのパートナー アフリカ商会 by JAPON COMMERCE

アフリカ旅行ガイドブック セネガル

ダカールの日本人宿「シェ山田」

アフリカホームステイ.com

フランス語留学.com

セネガル広告事情

みなさまこんにちは。JAPON COMMERCEの山田です。

今回は、セネガルの広告事情を簡単に紹介します。

 

日本の広告業界では、マス媒体からwebへのシフトが顕著です。

web媒体への広告費が初めて1兆円を超えたというニュースは記憶に新しいものです。

いまや日本のweb広告費は、新聞とラジオと雑誌の広告費を足した額よりも多いです。

 

しかしながら、セネガルでは少し事情が異なります。

前職(webメディアの広告営業)の仕事柄、私はセネガル移住当初よりセネガルのメディアと広告に注目してきました。

また、実際にテレビ、ラジオ、新聞、雑誌、webメディアなど、複数の企業のオフィスに訪問し媒体資料を入手し、担当者に話を伺ってきました。

そして、媒体別の広告価格の目安や出稿方法、また実際に広告出稿を行っていた人へのインタビューにより、どのメディアの費用対効果が高いか、などもある程度把握しようと努めてきました。

そんな事をしながら3年以上住んでいるうちに、セネガルでの媒体別広告の影響度(どれだけの人数にリーチできるか)が漠然とですが見えてきました。それは以下の通りです。左から影響力が強いと私が思う順に並んでいます。

 

TV > ラジオ > web ≒ 新聞 > 巨大看板 > フリーペーパー > 雑誌

 

以下、数字など詳細は省いて簡単に各媒体について言及してみます。

 

テレビ

セネガルではまだまだテレビ広告がダントツの影響力を持っています。

日曜日は家から出ずに過ごす家族も多いセネガル。その団欒の中心には、いつもテレビがあります。

サッカーやセネガル相撲など、人気スポーツの試合時は、街から人が少なくなると感じるほど。

 

ラジオ

日本と異なり、セネガルでは老若男女問わず日常的にラジオを聞いています。

特に通勤の時間帯、(日本ではほぼあり得ない)仕事中、昼休みなど、ニュースをラジオで聞く習慣がある人も少なくありません。

地方で人気のラジオ局や、特定の業種の人に愛されているラジオ局もあります。

 

web

セネガルでも、webの影響力は日に日に増しています。

まだまだwifiにアクセスできる人は多くないのですが、Facebookは一部携帯キャリアで無料で閲覧可能な事から利用者がとても多く、幅広い層にリーチできます。

また、セネガル独自のwebサイトの中には、非常に強力な影響力を持っているものもあります。スマートフォンでweb閲覧を行う人も少しずつ増えてきています。

無料の告知サイトが幅広く活用されている事から、セネガル人は「webは誰でも情報発信ができる場所」という認識をある程度持っているため他媒体より信頼性に劣るのが難点ですが、他媒体に比べて広告費も割安である事から、広告内容によっては非常に重宝します。

 

新聞

発行部数(および人口と発行部数の比率)は日本よりはるかに少ないですが、フランス語が読めて、かつお金を出して情報を買おうという人達に訴求できます。

また、買わずに「立ち読み」(外で売っている新聞の一面だけ読む)する人が少なくないので、紙面の内部はさておき、一面のリーチ数は発行部数よりもかなり多いと考えてよいでしょう。

新聞を立ち読みする人

 

巨大看板

道路脇や交差点に設置されている巨大な看板は、特定の地区の人、セネガルのTVやラジオを視聴しないような外国人、ならびに自動車ユーザーへの訴求に有効です。

 

フリーペーパー

リーチできる人数は決して多くはありませんが、富裕層や外国人を中心に購読されているため、不動産や自動車など、高額商品の訴求に利用されています。

 

雑誌

雑誌は、発行部数も少なく価格も高いため、大衆への訴求には向きませんが、特定層へのリーチに優れています。

例えばある雑誌は一見すると中高年女性向けの内容なのですが、女子大生にインタビューをした結果、なんとほぼ全員がその雑誌を知っていました。発行部数は少なくても、その影響力は侮れないものがあります。

 

その他

タクシー広告、バスの車体・車内広告などの交通広告、またポスターやチラシ、イベントなど様々なプロモーションメディア(手法)があります。ここではそれぞれの詳細は割愛します。

 

セネガル進出を検討する日本企業はなかなか少ないのが現状ですが(笑)、資源も発見されたセネガルはこれからどんどん伸びる国。一日でも早く、一社でも多くの日本企業のセネガル進出をご一緒に実現するため、日本企業にとってリアルからwebまでセネガルでの広告戦略を包括的に相談できる広告代理店のような役割も担えたらと考えています。

 

 

JAPON COMMERCE SUARL
山田一雅

【WEB】

アフリカビジネスのパートナー アフリカ商会 by JAPON COMMERCE

アフリカ旅行ガイドブック セネガル

ダカールの日本人宿「シェ山田」

アフリカホームステイ.com

フランス語留学.com

1 2 3 4 5 9