初心立ち返る:変わった事・変わらなかった事

ウガンダで宅配事業をしている伊藤です。

本日、古巣のSVP東京(ソーシャルベンチャーパートナーズ)のセッション(NWM:ネットワークミーティング)に登壇しました。

『第84回SVP東京NWM 『越境』の挑戦 ~みんなで切り開く、アフリカ~』

古巣というのは、日本にいたころ、3年ほど、メンバー(パートナーと呼ぶ)として関わっていました。

SVP東京とは、社会起業を支援をするプロボノ団体。本業を持ちながら、本業を活かし、社会起業家達を支援する団体です。

詳しくはこちら ↓



アフリカ起業の原点の一つであるNWM

Read more

2年ぶり!日本人インターン募集開始(学生・社会人)

ウガンダで宅配事業をしている伊藤です。

2年ぶりくらいに、インターンの募集を再開しました!!

ここ半年で日本人スタッフも加わり、チームも拡大してきた事から、インターンを受け入れる体制が出来てきたのかなと思います。

これまでは、私以外でインターンへの指導やレビューに関わる人がおらず、お互いの期待値に見合う活動を見出すのが難しい状況でした。
が、これからはもっと期間もインターン内容も柔軟に考えられるようになると思うので、再開する事にしました。

新規事業の準備も着々と進んでいる中で、アフリカで新しい事業の開発に興味のある方、お待ちしていますー!

Read more

生活の足:ボダボダ(田舎編)

ウガンダで宅配事業をしている伊藤です。

前回、マウントエルゴン登山について書きましたが、登山口からUWAのオフィスに戻ってくるボダボダ(バイクタクシー)の映像をシェアします。

ウガンダはカンパラでも地方でもボダボダが市民の足として活躍します。特に公共交通機関のマタツやバスが通らないところでは、徒歩かボダになるため、生活の足となっています。

舗装されていない道は二輪のボダには大変なのですが、うまいボダは安定した運転をします。

うちのドライバーでも上手い下手がありますが、田舎のボダは田舎道を本当にうまく走ります。(もちろん、下手でコケるやつもいます。)

マウントエルゴンのSasa登山口までの道。行きは雨上がりで川が氾濫し、道路がグチャグチャの中、時にはボダを降りて川(のようになっている道)を徒歩で歩く事になったのですが、帰りは晴れていて道も乾いていました。

帰りのボダでの風景をご覧ください。

Mount Elgon登山へ

こんにちは。ウガンダで宅配事業をしている伊藤です。

クリスマス休暇を使いMount Elgon登山に行ってきました。

アフリカ初の登山。いや本格的な宿泊ありの登山は人生初!

日本でも20代の時に富士山に数回登った事がある程度です。

登山というアクティビティ以上に、この旅で色々と気づかされることが多く、自身の内面の変化があった事が最大の収穫でした。

内面の変化は別に譲るとして、エルゴン登山に関する情報がネット上にほとんど出ていないようなので、ウガンダの紹介も兼ねて、記しておきます。

Read more

チーム拡大に伴う不和の発生、そして結束へ向けて・・

ウガンダで宅配事業をする伊藤です。

今年一年かけてチーム体制を一気に拡大し新規事業を進める準備をしています。チームが多様化する中で、必然的に入ってくる人も多様化します。

昨年までは、本当にシンプル。

宅配のオペレーションを担う人(オペレーター)数名、それを束ねるマネジャー、宅配ドライバー達。そこに代表である私。

オペレーターもドライバーも人材市場全体からすると、給与水準は比較的低い職種になります。

以前はオペレーター・ドライバーともダイレクトにコミュニケーションを取る機会が多かったですが、徐々に人が増えるにつれて、オペレーションマネジャー経由のコミュニケーションになってきました。

Read more

モノゴトが動き出し、多忙な日々へ

ここ3週間ほど、色々なものが動き出し、寝る間も惜しいほどに忙しくなっています。

新規事業のリスタート

今年一年は体制作りなどに追われていましたが、年末も近くなり、やっと体制が整い始めたなと思ったら、急に停滞していたことが一気に動き出しました。

テンポラリーですが、インド人のエンジニアも出張で来てくれ、2人は一週間。うち一人は1か月程度滞在してくれ、滞っていた宅配のシステム開発が一気に進んでいます。

また、テンポラリーですが、新規事業のヘルプでナイジェリア人の方も来てくれ、こちらも6月以降に滞っていた新規事業の起ち上げを急ピッチで進めています。

これまで一人では中々フォローできずに諦めかけていた複数の案件も、営業チームが本格的に動き始めてきた事から、ぐいぐいと前に進んでいます。

Read more

仕事を手放し、時間と頭のフリースペースを創る

前回の『新事業に向けた体制が整ってきました!』の投稿の続きです。

今週からバックオフィス業務全般をマネージしてくださる新しいスタッフが参画しました。

これで現在のオペレーションマネジャー(現地スタッフのマネジャー)、9月に参画したCOO候補の上記の日本人マネジャー、そしてバックオフィス責任者、代表の私の4人の経営陣の体制の準備が整いました。

今年一年、紆余曲折ありましたが、何とかここまでこぎつける事ができました。

ここからスタートラインに立つ(新規事業の起ち上げに注力する)までに、あともう一歩です!

その一歩の中で、創業者兼代表としての私のチャレンジは、いかにこれまで自分が担ってきたタスク、活動、そして責任範囲を手放していくか。です。

Read more

新事業に向けた体制が整ってきました!

ウガンダでラストマイルデリバリーをしている伊藤です。

2019年もあと3か月弱となってきましたが、やっと、やっと、新体制が整いつつあります!

ウガンダで起業したのは2014年。宅配事業を始めたのは2016年。

これまでの6年弱、私だけの日本人一人体制で経営を行ってきました。

2018年からは、2年かけて育ってくれた現地マネジャーに、宅配オペレーションチームの運営全般を任せてはいますが、それ以外はほぼ全て自分でこなしてきました。

経営戦略、資金調達、PR、営業、マーケティングなどの業務は当然やるとして、それ以外に

採用、労務、他人事全般、法務、税務、会計、日々のお金の管理、大きな購買・調達、オフィス施設管理・・・などほぼ全部一人で担ってきました。

Read more

トラブル続きの一週間

ウガンダで事業を始めて6年近くになりました。

毎週、色々なトラブルがあり、そんな生活が5年以上続いているのもあり、トラブル解決が日常になっています。

今週もトラブルがあったのですが、一つ一つは大きくはなくとも、小さいものが重なってくると面倒になります。

起業して数年はトラブルがある度にイライラしたり、意気消沈したり、冷静になれなくなることも多かったですが、ここ数年は、慣れたと言いますか、淡々とこなすようになってきました。

(あ、これは”全然イライラしなくなった”という意味ではないです。私はそんなに仏の心を持てていません。感情マネジメントも人より下手です。ただ、私個人として昔と比較して慣れてきたという意味ですのであしからず)

それでも、トラブルが重なると、トラブル対応から頭を切り替えることが出来ず、長期の戦略を考えたり、新しいサービスのための活動(調査やプレ営業、マーケティング)に身が入りません。(当たり前と言えば当たり前です)

今週はいつも以上に色々なトラブルがありました。週末ですので、どんなトラブルがあったか、振り返ってみようと思います。(大きなトラブルから小さいなトラブルまで色々ありました)

Read more

仕組まれた不当逮捕・・・からの解放

久しぶりに、理不尽で面倒なトラブルが起きました。。

アフリカで事業をしていて一番嫌な事の一つが、真っ当に商売をしていても、本業の課題とは関係ないところで、嫌がらせや不当な邪魔をされる事です。それは商売敵のような業界の人間よりも、行政や警察、裁判所などの権力をもった立場からの嫌がらせが多い事です。

真っ当な事をしていても正義が通らない。このやるせなさに途方にくれます。ここ数年はトラブルシューティングにも慣れ、弊社のスタッフもノウハウが溜まってきた事から、大きなトラブルに発展する事は少なくなってきました。

そんな中、昨日の夕方頃に、ドライバーの一人が不当で逮捕されました。良くある交通警察による逮捕ではなく、仕組まれた不当逮捕でした。。

Read more
1 2 3 11