私がアフリカで起業に至った経緯(前半)

2013年末に、8年半ほど勤めた起業をやめて、2014年1月に東アフリカへ移住し、半年ほどの調査をへて同年6月にウガンダで起業をしました。

学生自体には、アフリカにも起業にも社会起業にも国際開発などにも全く関心がなかった僕が、なぜ、アフリカでの起業に至ったのか、その経緯をお話したいと思います。

 

思い返せばそれは、偶然に偶然が重なり、人とのご縁が何重にも積み重なった結果生まれたものでした。元来、人付き合いが苦手な自分が(今も得意ではないですが)、たくさんの人に応援頂き、助けられて、今の事業をスタートすることが出来ました。

乗り物が好きで、エンジニアを目指していた高校・大学時代
小さい頃、私は勉強もスポーツも全然出来ない子供でしたが、算数と理科だけは好きでした。小さいころから自動車や電車、飛行機などが好きな男の子でした。そのままエンジニアになりたいと思い、大学受験では機械工学科一本で受験し、念願のエンジニアへの第一歩に踏み出しました。

早くから実践を積みたいと思った私は、大学時代には、F-SAEという学生だけでレースカーを製作し競うというアメリカ発の競技会があり、1年次からその活動に参加していました。普段の大学の講義では味わえないような実践的な経験が得られる大変有意義な場でした。

幸か不幸か、その実践的な場に居続けたことで、大学3年生になるの頃には、自分がエンジニアとしては向いていない。そして、一生かけて自分が追い求めるものではないのかもしれないと気づくようになっていました。

当初は大学院に行って研究を続けるつもりでしたが、エンジニア以外の道も探り、就職活動をした結果、より幅広く色々なことを学びたいと思い、紆余曲折を経て、外資系のコンサルティング会社に就職することになりました。

当時、英語は全く出来なかったのですが(大学卒業時のTOEICは400点台)、将来は海外を飛び回る仕事がしたいというのもあり、2005年に外資系コンサルティング会社に就職しました。

入社後は、当初想定した以上に様々な業界の事、ビジネスの事を幅広く経験させて頂き、非常に有意義な日々を過ごしていました。

 

 

大きな怪我がアフリカへと繋がった
Read more

ウガンダの人材採用 (1)履歴書って?

これまで2年ほどやっていた人材育成事業(現地の社会人向けトレーニング)に加えて、7月から宅配事業を始めています。ウガンダでの人材採用について、自身の経験から数回にわけて記事を投稿できたらと思います。

4月くらいから、様々な方法を使って、営業職やオペレーター(サービス開発)などのホワイトカラー、ドライバーなどのブルーカラーの方々を採用するために、様々な方法を試してきました。

ウガンダでのホワイトカラーの採用チャネルは色々ありますが、一般的なのは以下でしょうか。

Read more

1 3 4 5