アフリカ人発の(coolな)世界的ブランドが必要である最大の理由

She can inspire millions of youth in the continent.

She can inspire millions of youth in the continent.

(英語のあと日本語)

The biggest reason why we need globally competitive “attractive” brands created by Africans is simple: To inspire young people in the African continent to be confident, proud, motivated, and ready to take ownership of their own economic development and cultural diplomacy.

Of course, creating jobs and educating youth are important, but before everything, what’s also important for those young people is PURPOSE.

Your purpose in life. Vision and motivation to be a part of a society and the rest of the world. THE MEANING OF LIFE.

Urban-dwelling and mobile-savvy youth in Africans (or in any emerging economies) in this globalized world are not different than global millennials (plus gen. Y&Z) in any other cities like Tokyo or San Francisco. They want to align their values to how they live (and work). They are motivated in doing something that they can honestly feel proud.

I met quite a few African entrepreneurs and creators in Nairobi, Kigali, Addis Ababa, and Johannesburg while meeting many more Africans and African diaspora outside the continent. They know how the majority of people outside the continent perceive “Africa.” They are tired of how Africa and Africans have always been discussed in the context of sad, tragic, tribal, development, poverty, challenge, corruption, war, diseases, you-name-it stories… These stories are demotivating and discouraging.

That’s why there are more and more digital media (and creators) trying to tell different stories. (E.g. Another AfricaNataal, 2manysiblings, and I See A Different You.)

That’s why more Africans (including former lawyers, business professionals, or international development practitioners) venture into fashion/creative businesses. Some examples include South Africa’s Kisua (African fashion online consisting capsule collections by designers across the continent) founded by former finance guy Samuel Mensah, Lagos-based creative agency Style House Files founded by former lawyer Omoyemi Akerele, and Nairobi-based Vivo founded by former international development expertise Wandia Gichuru… just to name a few.

We build a globally competitive brand that more Africans (starting from South Africans) can be proud of their own culture and we create a globally competitive company that everyone would LOVE to work for.


アフリカ人発の、クールで魅力的な世界的ブランドが必要である最大の理由は、シンプルです。アフリカの若者たちが、自信と誇りをもち、モチベーション高く、自ら経済成長と文化発信の舵取りをしていくための灯台かつ起爆剤としての役割を担っているからです。

もちろん雇用の創出と、教育は重要です。一方で、それ以前に、若者には意義(PURPOSE)も必要なのです。

人生の目的。社会や世界の一員を担うビジョンやモチベーション。生きる意味。

アフリカの都市に住む、モバイルサヴィーな若者たちは、東京やサンフランシスコなどグローバルな都市に住むミレニアム(やGen Y,Z)たちと、なんら変わりありません。自分の価値観と、人生や働き方を一致させたい若者たちです。素直にプライドを持てる仕事をしたいと願う若者たちです。

私は、ナイロビ、キガリ、アディスアベバ、ヨハネスブルグ、そしてアフリカ外の各国で、さまざまなアフリカ人やアフリカ系ディアスポラの起業家やクリエイターたちに出会い、対話をしてきました。彼らは、「アフリカ」が外からどのように見られているか認識しています。悲劇的な話、部族的なことをハイライトした切り口、開発や貧困の切り口、様々な課題、腐敗、戦争・紛争、病疫、、その他もろもろ、、、といったような文脈でばかり、アフリカが語られ続けていることに疲弊しています。こういった切り口では、若者たちのモチベーションが下がり、落胆してしまいます。

だからこそ、様々なデジタルメディアやクリエイターたちがアフリカの違う(多様な)ストーリーを発信しようとしています。(例: Another AfricaNataal, 2manysiblings, and I See A Different You)

だからこそ、新しいイメージを発信できる可能性が高い、ファッションやデザイン系のベンチャーに、弁護士やビジネス、国際協力の分野などの異業種からチャレンジするアフリカ人達も増えています。ほんの一部の紹介ですが、例えば南アフリカのKisua (African fashion online consisting capsule collections by designers across the continent founded by former finance guy Samuel Mensah)、ラゴスのクリエイティブエージェンシーであるStyle House Files (founded by former lawyer Omoyemi Akerele)、以前このブログでも紹介したナイロビのVivo (founded by former international development expertise Wandia Gichuru)などがあります。

そして私たちのMaki & Mphoも、グローバルに通用するブランドでありメディアプラットフォームとして、アフリカ人(まずは南アフリカから)たちが自信のカルチャーやクリエイターに誇りと自信を持てるようなインスパイアできる存在を目指し、かつ、そういった若者たちが、働きたいと「憧れる」ようなカンパニーを目指しています。

Cultural Appropriationという火種(?)

"The Face of a Global African" - Mpho Muendane

“The Face of a Global African” – Mpho Muendane

(英語のあと日本語)

Cultural appropriation is a topic that you want to do your best to avoid but cannot really avoid if you are doing business that deals with culture. Cultural appropriation has always been a topic that creates emotional reactions in the context of African fashion and design when non-Africans – large companies or brands, in particular – are promoting and capitalizing on them.

What is a cultural appropriation and what is cultural exchange?

Is it about who benefits from it?

Is it about players in “the West” or “developed economies” using reference, inspirations, or crafts of the cultures of “non-West” or “developing economies”?

In our attempt to promoting Africa’s diverse culture, we usually try to stay away from bluntly featuring “Africa.” We want to feature individuals BY NAME of creators or entrepreneurs. It all comes to individuals that compose the society and lifestyle of a certain modern/contemporary culture.

I once saw an article with a photo of two men, one Japanese entrepreneur and one local Kenyan person (whose occupation was unidentified), which had an interesting caption. The caption said, “Mr. XYZ and a Maasai person.” This is a subtle outcome, but I think this shows how Maasai tribes (any African tribes or cultural heritage for that matter) have somehow been commoditized in a sense as a whole. That nameless person of Maasai…

We don’t “empower Africans” or work with nameless “African artisans” in a generalized sense.
We partner with specific creators and designers that contribute to the diversity of African cultures.

And ok, that is in a sense, we are taking a different approach from what United Arrows / Ethical Fashion Initiatives do in Ethiopia or Kenya… (Yes, I pay all respect on what they do but we just take a different approach.) You can learn more about them here at the recent Monocle podcast.


Cultural appropriation(カルチュアル・アプロプリエーションー直訳すると文化の「盗用」)は、できれば避けたい議論のトピックではありつつも、文化に関係するビジネスをやる上で無視することはできません。特に、アフリカのファッションやデザインの文脈において、このトピックは常に感情的な議論を巻き起こしています。特に、大企業や非アフリカの主体が、アフリカ文化を商業的に使う場合において、問題となります。

Cultural appropriationとcultural exchange(文化交流)の違いはなにか。

誰が便益を得るかということなのか。

欧米、もしくは先進国の主体が、非欧米もしくは発展途上国の文化を参照したり、工芸を使ったりした場合問題となるのか。

我々がアフリカの文化的多様性を発信する場合において、できる限り、「アフリカ文化」といったような大雑把な発信をしないように気をつけています。クリエイターや起業家の具体的な名前(もしくはIP/ブランドなど)を、紹介するようにしています。結局は社会や、時代の文化的なライフスタイルを形成しているのは、そこにいる個人だからです。

以前何かの記事で、2人の男性の写真があったことを覚えています。1人はアフリカ大陸の各国でビジネスを展開する日本人起業家で、もう1人はケニヤの男性(記事からでは詳細は不明)が映っていました。その写真のキャプションが、「〇〇さん(固有名詞)とマサイ族」となっていたのが印象的でした。些細な表現ではありますが、こういったところに、マサイ族(もしくはその他の民族や、アフリカ各国の文化的資産など)が、無機的な対象として大衆化(もしくは商業化)されてしまっているような現象が表れているように感じます。名無しのマサイ族の人。。。

我々は、大雑把に、そして上から目線で「アフリカ人」とエンパワーしたり、名無しの「アフリカ人の職人」と何かビジネスをし、そのことをマーケティングメッセージとするアプローチは取りません。

我々は特定の、我々が才能を見出だしたクリエイターたちに着目し、彼らの個別のストーリーを通じて、アフリカ文化の多様性を発信したいと考えています。

そしてそれが、他の企業は団体との差別化になると考えいます。それは例えば、ユナイテッドアローズとエシカルファッションイニシアティブの、エチオピアやケニアでの取り組みなのです。もちろん、彼らがやっていることは、素晴らしいと思いますが、そのビジョンにおいても、ゴールにおいても、アプローチにおいても、違う取り組みであると捕えています。(彼らの取り組みは、モノクルラジオで紹介されていますので、ご興味ある方はぜひ!)

On Strategy / ビジネス戦略っぽい話

She takes the ownership of her own culture and brings it to you.

She takes the ownership of her own culture and brings it to you.

(英語のあと日本語)

What is a strategy? When I do strategic planning for my company at this stage, I am thinking of three vectors: core value, cost allocation (investment), and competitive advantage (which is the combination of the former two). Deliberately I am not focusing too much on sales target or timeline even though I realize that they are important. I am not focusing on them because I know I can do a spreadsheet when I know it makes sense.

I am focusing on core value which is the philosophy of the African renaissance: It is time for Africans to take ownership of their own culture and bring it to the global audience. That’s la raison d’etre of why we exist and that’s my commitment to Africa. Specifically, I highlight and respect the stories that Mpho and other African creators share: That’s where I invest on and the risk I take. Others may criticize that I need to take ownership as the managing director, but I don’t because I want to take a different approach from what’s been than with (particularly art/design/fashion related) businesses in the continent. Oftentimes outsiders take ownership and advantage of the Africa’s creativity and ownership.

The second vector is cost allocation. At the moment, instead of making tangible products, we are focusing on creating intangible assets. We are investing on intercultural dialogues (or generally known as market research) and creating soft contents including visuals and stories through travels and exhibition offering unique experiences to the global audience.

And these first two combined creates the third vector of competitive advantage. We are creating a new discourse and dialogues of the African renaissance, which means we are not a fad. We are not about trends and hype that come and go. We have longevity. In addition, intangible assets are hard to be copied while tangible products like prints and products can easily be copied. We want to make connections with our audience (customers) not via our products (like fashion accessories) but via our stories and brand identity.

Oh, but don’t get me wrong. AWESOME, BEAUTIFUL, and IRRESISTIBLE items are in making… We just make people wait a bit more because we know they can!!


戦略とは何か。Maki & Mphoの戦略については、コアバリュー、コスト配分(投資)、コンペティティブアドバンテージ(最初の2つの組み合わせの結果)の3つのベクトルと考えています。重要であることは認識していますが、あえて、トップラインとタイムラインを入れていません。スプレッドシートでのシミュレーションは、いつでもできることです。

この事業のコアバリューは、アフリカのルネサンスです。つまり、アフリカ人自身が、自身のカルチャーのオーナーシップをもって、対外的に発信するということです。このコアバリューこそが、(ほかの人ではなく)我々が事業をやる意義であり、私たち自身のアフリカへのコミットメントです。特に、クリエイティブディレクター兼デザイナーであるムポを中心としたアフリカ人クリエイターたちをハイライトし、そのストーリーを展開することに注力しています。つまりそこがコミットメントであり、私が個人的に投資し、リスクを取っているところです。事業の主体として、もっとオーナーシップを持つべきだという批判もあるかもしれませんが、今までアフリカにおける(とくにアート、デザイン、ファッションなどの分野における)事業が行われてきたやりかたとは違うアプローチをとりたいと考えています。既存のアプローチは、アフリカ外がオーナーシップをもち、利権を獲得しがちです。

2つ目のベクトルは、コスト配分。我々は、現時点では、物質的なものではない、非物質的なアセットに着目しています。文化を超えた対話(またの名をマーケティング調査)とビジュアルとストーリーといったソフトコンテンツを、巡回展示によって展開することで、唯一無二の体験をグローバル市民に届けています。

これらが欠け合わさって、コンペティティブアドバンテージを少しずつ形成しています。アフリカンルネサンスという哲学的なコンセプトの展開が意味するところは、一時的な流行を作っているのではないということです。持続可能な強みになるはずです。また、物質的なものである、柄や形は簡単に真似されたとしても、非物理的なアセットは、真似されにくいと考えます。私たちと顧客とのつながりは、物質的なもの(ファッションアクセサリーなど)ではなく、物語とブランドアイデンティティでありたいと思っています。

もちろん、すばらしく、美しく、魅力的な商品を準備しています。ただ、少し時間をかけています。トレンドではなく、特別なものを提供するためです。

「銃・病原菌・鉄」を読んでもスッキリしない理由

More "platforms" needed in Africa...

More “platforms” needed in Africa…

(英語のあと日本語)

You may have read “Guns, Germs, and Steel: The Fates of Human Societies” written by an American (multi-disciplinary) geography professor Jared Diamond. In the book, Diamond researches, analyzes, and attempts to reveal the factors how and why Eurasian civilizations have survived and conquered others.

The book attempts to challenge the racist-minded perspective that Europe (or whites or West) is superior to the other, and it is quite interesting and informative. However, the book doesn’t have an answer for why certain cultures have positively become more influential than the others.

Why does Paris continue to attract people from all over the world?
Why does “Made in Italy” sound promising both in quality and design?
Why do European and US brands dominate both in general brand and luxury brand markets?
(According to the Euromonitor 2014 / Interbrand reports, 96 of 100 global top luxury brands are either European and American, and these 96 have 44% market share of the total global luxury brands market in retail value.)

Do media and marketing (backed by rich cash) explain?

A brand has strong power because it is about trust. Trust reduces communication costs.

We need more African brands because Africa needs to bring in more people who can feel comfortable and confident about investing and committing in the African continent.

It is unfortunate, but we still have more work to do…


米国のジャレッド・ダイアモンド教授の著書、「銃・病原菌・鉄:1万3000年にわたる人類史の謎」を読まれた方も多いと思います。これは、ユーラシア大陸の文明が生き残り、他の征服することとなった歴史上の様々な要因を調査、分析し、明らかにしようとした本です。

本書は、ヨーロッパ人(白人・西洋)が単に優れているのだといったような、人種差別的な考え方に対する別の視点の提示でもあり、読みものとしても優れているものです。しかし、この本では明かされないことももちろんあります。それは、なぜある文化が、他の文明と比較して、より好意的に影響力をもつことになったのかという点です。

なぜ、人々はパリに憧れ続けるのか。
「イタリア製」が品質においてもデザインにおいても、信頼を得ることができているのでしょうか。
なぜ多くのブランド(一般的なブランドもラグジュアリーブランド)の世界は欧米ブランドが席巻しているのか。(ユーロモニターやインターブランドのレポートによると、グローバルのラグジュアリーブランドのトップ100のうち96が欧米ブランドで、それらが、グローバルラグジュアリーブランドの44%の市場シェアを占めているとのことです。)

メディアやマーケティングだけが説明できることでしょうか。

信頼関係の構築という意味において、ブランドは強力なパワーをもっています。信頼関係というのは、コミュニケーションコストを減らすことができるという意味で、強力な意味をもっています。

アフリカブランドがもっと増えるべきだと考えるのは、アフリカ大陸に対する一般的な信頼と、投資に対する安心を感じられるようになるべきだと考えるからです。

まだまだ、長い道のりな気がしますが。

 

「アフリカのプリント布」に関する視点

We are in Amsterdam for reasons...

We are in Amsterdam for reasons?!

(英語のあと日本語)

Today I want to briefly talk about the African prints. There are many things we can talk about African textiles but I want to start from the African wax print, which is also known as Ankara or Dutch wax and is 100% cotton wax print with (typically) colorful and dynamic patterns.

Why is it called Dutch wax? It is because it has been brought by Dutch people. While there are always ambiguities in how cultural exchanges happen over the course of history, it is said that the origin of the wax print is Indonesian batik.

In 19th Century, Dutch traders “found” batik textiles in Indonesia and began to industrialize the textiles to make it more affordable and expand businesses. Machine-made “batik” wasn’t well-received in the Indonesian market and consequently, West Africa was chosen for the new market.

Fast forward, Dutch wax has gained popularity in West Africa (and also in the other parts of Africa), and to this day, the Dutch-based company Vlisco Group (currently owned by British private equity firm Actis. / The group also owns West Africa-based textile brands including Woodin and GTP.) is the leading company in African prints and 90% of their business consists of the export to the African market.

While Dutch wax is generally considered “local” and celebrated and loved by locals in the context of African fashion & design, there are some artists that try to bring alternative views. For example, British-born Nigerian artist Yinka Shonibare often uses Dutch wax to present his political pieces to highlight the colonial past.

One of the key pieces is called “Scramble of Africa. It is a sculptural piece with headless men wearing Dutch wax centered around the table. It is “a recreation of the Berlin conference in the 19th century…It was when Africa was being divided up. It was in Europe. They had this conference in Berlin. And the conference was called Scramble for Africa. So on the table there’s a map of Africa drawn. So it’s merely capturing a moment when all these brainless people got around the table — headless, brainless — to actually divide up the spoils amongst themselves. See if they have original entitlements to it.” Yinka on Chris Boyds Blog

Is Vlisco is a bad guy? No. We think that it is just another successful textile global company.
Is Vlisco our competitor? Yes, maybe. From the perspective of “African” textile industry, we cannot ignore Vlisco. In fact, Vlisco could be a partner.

Are we envisioning to become another Vlisco? No…
But it is probably not the coincident that we are now in Amsterdam presenting an alternative African perspective using textile art…


アフリカのプリント布についてちょっと書いてみようと思います。アフリカの布といってもいろいろとあるのですが、今回は、アンカラやダッチワックスなどとも呼ばれる、綿100%で(通常)カラフルで大胆な柄が全面にプリントされた、アフリカのワックスプリントの布です。

ダッチワックスと呼ばれているのは、オランダ人が展開に寄与しているからです。文化がどのように交わって、互いに影響を受けてきたかという歴史的な事実には常に1つの解は存在していないように思いますが、知られているルーツとしては、ダッチワックスはインドネシアのバティックが元となっているようです。

19世紀、交易ルート拡大していたオランダ人が、インドネシアでバティックを「見つけ、」自国で工業化して安くインドネシアに輸出しようとしたのですが、インドネシア市場では惨敗となり、新たな市場として開拓されたのが西アフリカでした。

早送りして、ダッチワックスは、西アフリカを中心にアフリカで非常にポピュラーな布となっています。現在も、オランダに拠点をもつヴリスコグループ(イギリスのPEファンドActisの傘下。西アフリカ拠点のWoodinやGTPなども参加にある)が、アフリカプリントのマーケットリーダーであり、そのビジネスの90%は西・中央アフリカなどへの輸出となっています。

語弊(誤解?)の内容に申し上げておくと、ダッチワックスは、一般的にローカルなものとしてアフリカ市場に受け入れられており、アフリカの現地の人々やディアスポラたちに愛され、サポートされています。ただ、一部のアーティストなどは、違う考え方も提示しています。例えば、イギリス生まれのナイジェリア人アーティストは、ダッチワックスを多用し、植民地支配の過去に触れたような、政治的なメッセージを含む作品なども発表しています。

例えば「アフリカ分割」という作品が代表的です。ダッチワックスのスーツに身を包んだ、頭の部分がない男達が、テーブルを囲んでいる作品です。この作品は「19世紀のベルリン会議を再現したものです。つまり、アフリカの分割が話し合われた会議です。ヨーロッパのベルリンで行われた会議です。この会議の名前がアフリカ分割だったわけです。テーブルにはアフリカの地図がおかれていて、頭の部分がない人々ーつまり脳みそが欠けている人がーが、お互いの欲求のままに領土分割を行っているのです。そもそもそんな権利があるのか。。。」Yinka on Chris Boyds Blog

ヴリスコは悪か?そうは思いません。グローバルに成功しているテキスタイルカンパニーの一つと捕えています。

ヴリスコは競合か。おそらく。アフリカンテキスタイルという観点から見れば無視できません。もしかしたらパートナーかもしれませんが。

我々は、ヴリスコを目指しているのか。たぶん違うような気がします。

しかし、今アムステルダムで、テキスタイルアートを使ったアフリカの新たな視点を提案しようとしている試みは、ただの偶然ではないことは確かでしょう。

アフリカのソフトパワー

Newly published book on dialogues on the African perspectives.

Newly published book on dialogues on the African perspectives.

(英語のあと日本語)

One of my undergraduate majors was American Studies. Two topics were especially interesting to me: One was about the discourse around race (especially black and white tensions) in the U.S. and the other was soft power. Soft power is a concept first presented by Prof. Joseph Nye whom I interacted directly with at UC Berkeley while doing my exchange year. Soft power is about culture and soft content and is alternative to hard power which includes military or economic forces.

So why is soft power relevant?

African countries haven’t been able to leverage the full potential of their soft power. Furthermore, African narratives have often been told by non-Africans or western media. We have seen many images of “African” children coupled with NGO addressing “issues.” We also see overpowering images of animals and natures. We have seen images of “tribal” masks and artifacts collected by anthropologists or showcased in the British Museum. Other images may feature different tribes like the Omo Valley tribe in Ethiopia or the Maasai in Kenya.

I don’t mean to say these images are not factual, but these images do not really tell the stories of urban, global, and modern Africa. These images don’t reflect the voices of young, entrepreneurial, and aspirational young Africans. These images create distance rather than familiarity.

We focus on creators because they are more vocal than the general public. We focus on contemporary culture that includes visual arts and narratives because we believe that they bring Africa and the global audience together. They are aesthetically attractive and intellectually stimulating that can inspire the well-educated global creative class. These are Africa’s soft power that can ultimately bring more people and capital to the continent.


私の学部時代の専攻の一つはアメリカ研究でした。関心の中心は、特にアメリカ合衆国の人種関連の話(特に白人、黒人の関係性)と、ソフトパワーについてでした。ソフトパワーは、日本人も好きなジョセフ・ナイ教授が提唱した考え方です。UC Berkeleyに留学中に直接話をする機会もあり、個人的な思い出もあります。念のため説明を加えると、ソフトパワーは、武力や経済力の行使ではなく、文化などのソフトコンテンツを活用して、他国に対する影響力を強化する外交手法です。

ソフトパワーがどう関係あるのか。

アフリカ各国は、ソフトパワーの潜在性をほとんど活用できていないというのが現状だと思います。また、アフリカに関するコンテンツは、欧米メディアなどを中心としたアフリカ人以外が発信源になってきたという背景もあります。NGOなどのメッセージと同時に発信されるアフリカの子供達の映像。アフリカの動物や自然の圧倒的なイメージ。人類学者が研究対象として収集してきた面やその他のアーティファクツなど、大英博物館で見るようなもの。エチオピアのオモ族や、ケニアのマサイ族など、「部族」という人々の営み。こういったイメージが今までは多く発信されてきました。

これらの画像が、事実と異なっているという主張をするつもりはありません。こういったイメージからは、都会的で、グローバル化した、近代的なアフリカの姿が欠落してしまうことが課題です。やる気と起業家精神溢れる若者の主張は見えてきません。こういった画像は、人々をよくも悪くも(例えそれが、ノスタルジーのようないいイメージであったとしても)、アフリカと日本を始めとしたアフリカ外との距離を遠ざけるものです。

我々がクリエイターにフォーカスし、彼らと対話をし、彼らの発信を促進する場づくりをしているのは、彼らは一般の人々に比べて発信力があるからです。文化の中でも、ビジュアルアートやストーリーにフォーカスしているのは、これらがアフリカとそれ意外の距離感を近づけるからです。これらは、美的に魅力があり、グローバルなクリエイティブクラスの知的好奇心を刺激します。これらは、アフリカの強固なソフトパワーであり、長期的にはアフリカに人々とリソースを惹き付ける源泉となるはずです。

持続可能な開発目標(SDGs)との関係性

Sustainable Development Goals_E_Final sizes

(英語のあと日本語)

Recently I came across an article on Sustainable Development Goals (SDGs) on the World Economic Forum website which was coincidentally written by my Master’s thesis advisor at The Fletcher School, Professor Bhaskar Chakravorti. The article was titled, “The 17th Sustainable Development Goal could help us achieve the other 16.

The 17th Sustainable Development Goal is about partnerships for the goals: Strengthening the means of implementation and revitalize the global partnership for sustainable development. Chakravorti provides an example of Unilever and how the company has successfully been operating in the developing economies by creating and managing partnerships with various stakeholders including NGOs and governments.

“Companies have traditionally been optimized around business units that carry out contractual transactions with parties on the outside. The pursuit of SDG 17 raises the bar on what companies need to get better at: managing a diverse network of partners to accomplish sustainable development.”

Partnerships are important for the businesses in the context of emerging markets because there are voids in the value chain. For Maki & Mpho, partnerships with the academia and the government are extremely important. The partnership with academia is important because there is a void in the job market particularly for talented recent graduates in the creative sector. To address the void, we directly work with design students to help them expose their work while encouraging them to be entrepreneurial. We also work with the Department of Arts and Culture in South Africa to help them promote and build a stronger creative economy. These partnerships may slow business processes for the short term, but we believe that they will ensure that our business activities have longevity and will help us achieve other SDGs that relate to education or employment.


米国フレッチャー大学院時代の修士論文の指導教授であったバスカー・チャクラボルティが、世界経済フォーラムのサイトに寄稿していた持続可能な開発目標(SDGs)に関する記事を、先日たまたま目にしました。記事は、”The 17th Sustainable Development Goal could help us achieve the other 16“、というタイトルで、つまり「17番目のSDGがの16の目標達成への鍵」といったような内容です。

17番目のSDGは、パートナーシップについてで、持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化するというものです。記事で、チャクラボルティ氏は、ユニリーバーを例に挙げ、彼らがどのようにNGOや政府関連機関や国際機関などとパートナーシップを構築し、継続することで、発展途上国などのマーケットにおいてビジネスを成功させているかという事例を紹介しています。

「企業は、従来より外部関係者と契約関係を構築する(営業)部隊を中心に、組織を最適化してきました。17番目のSDGは、持続可能な開発を達成するために様々なパートナーとネットワークを構築するという新たなチャレンジを、企業に課しています。」

途上国や新興国でのビジネスでは、バリューチェーンにおける様々なギャップ(void)に対応する必要があるので、パートナーシップは非常に重要です。Maki & Mphoのビジネスにおいては、教育機関と政府機関との連携が重要です。教育機関との連携が重要なのは、特にクリエイティブセクターにおいて、優秀な卒業生に対する国内雇用市場の受け皿の面でのギャップがあるからです。だからこそ、我々は優秀なデザイン学生と直接連携して彼らのワークを国内外に発表する機会を設けるとともに、彼ら自身が自ら独立してビジネスを立ち上げるためのオプションも提示するという目的でのプロジェクトを立ち上げています。同時に、南アフリカの文科省とも連携することで、彼らがよりクリエイティブセクターをより強化することにも貢献しています。こういったパートナーシップは、短期的にはビジネスのスピードを鈍化するかもしれませんが、長期的な視点で継続していくためには欠かせないものであり、まさにこのパートナーシップこそが他のSDGである、教育や雇用の課題に対してもインパクトがつくれるものだと考えています。

「アフリカビジネス」とは?

Proudly African Truly International - GT Bank Ad / Kenya

Proudly African Truly International – GT Bank Ad / Kenya

(英語のあと日本語)

So what is “African Business”? Does it just mean doing businesses in Africa? Is it about targeting African market? Is it about businesses for the base of the pyramid (BoP)? Or is it about creating jobs in the African continent? Is “Africa business” almost equivalent to doing businesses in developing economies where there are less equipped with modern infrastructure and less option for products and services?

Some companies focus on creating jobs in Africa while other companies focus on creating or capturing a new market in Africa. While both factors are a part of our long-term focus, we currently focus on neither of them. We instead focus on creating partnership and platforms to inspire Africans to take pride in what they already have and create new businesses themselves. We are focusing on the very first step of the value chains aka. conceptualization and design and involving Africans in this step.

African business needs to have (black/local) African ownership. African business needs to be reflective of their own cultural and social network. African business needs to be promoted outside Africa. It is important because of their COLONIAL PAST which still remains to this day.

That’s why we continue our intellectual dialogue inside and outside Africa using the power of story and design.

By the way, not many local (Africans) here know that Japan was colonizing other East Asian countries in the past (while some thinks that Japan is a part of China). Japan still politically face challenges with China and Korea while economically the partnerships with these countries have been fairly successful. In the background, I believe that culture and soft contents played a certain role.


「アフリカビジネス」とはなにか。アフリカ大陸でビジネスをするということなのか。アフリカ市場を狙うということか。BOPビジネスをさすのか。アフリカでの雇用創出のことか。「アフリカビジネス」は、近代インフラが未発達で、モノやサービスが多様化していない途上国経済でのビジネスとほぼ同義的なものなのか。

事業のフォーカスを考える上で、アフリカでの雇用創出か、アフリカ市場の開拓や進出という2つの異なる切り口があると思います。どちらも私たちがやろうしているビジネスにおいての、長期的なアジェンダに含まれている切り口ですが、現時点で、我々はどちらにもフォーカスしていません。一方で、私たちが重要視しているのが、アフリカ人自身が、すでに持っている様々なアセットの価値を再認識し、誇りをもってビジネスを創出するための、パートナーシップとプラットフォームの構築です。私たちは、ビジネスバリューチェーンの一番最初の部分であるコンセプトメーキングとデザインの部分にフォーカスし、そのステップにいかにアフリカ人を巻込んでいくかというところを重要視しています。

アフリカビジネスにおいて、(黒人/local)アフリカ人のオーナーシップが非常に重要だと感じています。アフリカビジネスは、彼ら自身の文化的社会的システムを反映したものでなければなりません。一方、そのアフリカビジネスが世界に発信されていくことも重要です。なぜこういった視点が重要かというと、植民地支配の過去に失ったアイデンティティと誇りが、未だ引きずっているからです。

だからこそ、私たちは、物語とデザインを通じて、アフリカ内外での様々なインテレクチュアルな対話を続けていくことが重要だと感じています。

ところで、アフリカで現地人と対話していると、日本が帝国主義時代に、アジアの隣国を植民地化していたという事実を知らない人も少なくありません。(逆に日本は中国の一部という認識も普通にありますが。)日本が、韓国や中国との関係において、政治的に「戦後」から未だに脱却しきれてない事実と、一方での経済面でのパートナーシップ深化を考えると、その背景には、文化面(ソフトコンテンツ)が一定の役割を果たしているのではないかと考えます。

 

なぜ「アフリカンアート」なのか。

SA Art Fair

(英語のあと日本語)

One of the most exciting creative events in South Africa, FNB Joburg Art Fair took place in Johannesburg last weekend from 9-11 September. According to their website, the fair this year exhibited “90 exhibitions within 6 categories including Contemporary and Modern Art, Special Projects, Gallery Solo Projects, Limited Editions and Art Platforms” from 12 countries across Africa, Europe, and the US.

Some people may think that art is not important while others may think that art is everything. I don’t think that art is everything, but I believe that art, especially in the context of modernizing globalized Africa, is extremely important.

So what is art?

In my own definition based on my observation, understanding, and interpretation of African arts, art is identity. Identity in the African context means that each artist is celebrating his or her individuality from the African perspective. Each of them presents (NOT representing) Africa in his/her own way.

That’s why I believe that nurturing the creators of art (and design) is essential for the global audience to understand diverse voices of Africa using this brand business as a platform.


南アフリカのクリエイティブなイベントの一つである、FNB Joburg Art Fairが、先週末9月9−11日に開催されました。ウェブサイトによると、今年のフェアはアフリカ各国、ヨーロッパ、アメリカから「コンテンポラリー・モダンアート、スペシャルプロジェクト、ギャラリー単独プロジェクト、限定エディション、アートプラットフォームの6つのカテゴリで、90の出展者が参加した」とのことです。

アートなんて重要ではないという人もいるかもしれません。もしくはアートはすべてだという人もいるかもしれません。私はアートはすべてだとは言いませんが、近代化していくグローバルなアフリカという文脈においては特に、アートは重要だと思います。

アートとはなにか。

私のアフリカのアートを踏まえた個人的な理解と解釈だと、アートはアイデンティティだと思います。アフリカ的文脈におけるアイデンティティとは、それぞれのアーティストがアフリカの視点から個人のアイデンティティを誇りに思って表現するという姿です。それぞれが、それぞれの形でのアフリカの視点を表現している、(一方で、それぞれが必ずしもアフリカを代表しているわけではない)という点が重要です。

だからこそ、アフリカのアートやデザインの表現者、クリエイターたちを育て、ブランドビジネスを通じて彼らの存在を発信していくことが、アフリカ外の人々にアフリカの多様性を理解してもらう鍵だと考えています。

南アフリカのチキン戦争

Hungry?

Hungry?

(英語のあと日本語)

People anywhere in the world want convenient. People anywhere in the world love to have nice things. That’s why new products keep popping up. But on top of anything, people anywhere in the world love to eat delicious food… And I think we can admit that delicious food doesn’t always mean meals you eat at a nice restaurant. So let’s start checking out some local “fast” food chains in South Africa. I put quotation marks here because these that I will introduce are slower fast food. So we start with chicken.

Major chicken-focused fast food restaurants are KFC, Nando’s and Chicken Licken.

KFC is the same KFC brand that operates globally that is owned by Yum! Brand. As of last year, KFC had 771 stores across South Africa and the dominant chain in the category in the market. My designer Mpho says KFC’s customers were mostly whites, and there is less localization in the menu. The only localized aspect seems to be that they serve pap (maize porridge, equivalent to ugali in East Africa) with chicken. Streetwise Three Chips that comes with three pieces of chicken and chips (yes, that’s french fries) is at 39.90 Rand (about 3 USD).

Nando’s has a unique South African-Mozambican identity with its headquarters in Johannesburg but also has international footprints. As of last year, they have over 1000 stores in 30 countries and over 300 stores in South Africa. They usually have a large sit-in space so Nando’s can be categorized more as a restaurant. The company has also been known for working with local artists and designers featuring their work in their stores. Their signature dish is peri-peri chicken (marinated grilled chicken). On the day I arrived in South Africa this time, we sort of missed our dinner so decided to have Nando’s takeaway meal. We were pleasantly surprised with our order, Full Chicken with 4 Sides, that were priced 199 Rand (14 USD). Yum.

Chicken Licken is another popular chicken joint in South Africa. Unfortunately, I haven’t had a chance to try it myself, but my local source says they do great chicken wings… Their hot wings are 25.90 Rand (about 2 USD) for 6.

I’m sure these chains and other food chains will have more and more opportunities down the road… (both in South Africa and beyond). Personally, I probably wouldn’t go into a pure food business, but partnerships are always welcome!

(I used this article for the store number references (corporate sites / annual reports should be reviewed for the latest numbers). I checked their websites for the menu prices.)


より便利なものをもとめ、より素敵なものがほしいという思う気持ちは、世界共通です。だからこそ日々、様々な新しいものが生まれています。なかでも美味しいものを食べたいというニーズは一番顕著かもしれません。そして美味しいものというのは、もちろん高級レストランでの食事を意味するのではありません。そこで今回は南アフリカの「ファスト」フード店を紹介します。ファストフードといっても実際はもうちょっとゆったりした感じでサービスされて、きちんと食事をするという形態ですが。まずはチキン系のチェーン!

チキン系だと、KFC、Nando’s、Chicken Lickenが代表的です。

KFCは言わずと知れたグローバルチェーンで、Yum!ブランドが親会社となり、南アフリカでもフランチャイズビジネスを展開しています。昨年の時点で、国内に771店舗あり、このカテゴリーでの国内のマーケットリーダーです。デザイナーによると、基本的に今までは白人層がメインの顧客だったようで、メニューもあまりローカライズされているものはありません。ただチキンとパップ(東アフリカのウガリと同等のトウモロコシの粉で作ったマッシュポテト的な主食)のセットは販売されているようです。Streetwise Three Chipsと称された3ピースチキンとポテトのセットは、39.90ランドで約300円です。

Nando’sは、南アフリカーモザンビークのテイストで展開する、南アフリカのヨハネスブルグに本社をもつチェーンで、国外にも積極展開しています。昨年時点で、世界30カ国に1000店舗を展開し、南アフリカ国内は300店舗以上を展開しています。割と広いスペースのテーブル席があるような店舗なので、カテゴリーとしてはファミリーレストランに近いかもしれません。同社は、南アフリカのアーティストやデザイナーのサポートにも力を入れており、店内はそういったアーティストの作品の展示販売なども行っています。彼らのシグネチャ―メニューは、24時間ソースでマリネされてグリルされるチキンです。今回南アフリカに到着した日は、いろいろとその後も移動したりしていたので、私たちはNando’sでテイクアウトしました。チキン丸ごとに4つのサイドディッシュのセット(199ランドで約1400円)をオーダーしたのですが、予想以上に満足でした。Yum.

Chicken Lickenは、もう一つのローカルチェーンで、プレトリアやヨハネスブルグでもよく見かけるのですが、残念ながら私はまだ行ったことがありません。地元人の意見によると、チキンウィングがスペシャリティだそうです。Hot Wingsは6ピースで25.90ランド(約200円)です。

これらのチェーンや、同様の簡単なレストランは、今後もどんどんと拡大していくのではないかと思います。南アフリカに限らず、アフリカ他国でも。個人的には、レストランビジネスをやろうとは思いませんが、パートナーシップの可能性は無限ですね。

(今回紹介した店舗の店舗数は、便宜上、この記事を参照しています。最新情報は、各社サイトやアニュアルレポートなどをご参照ください。また、メニューの価格は各社サイトを参照しています。)

1 2 3 4 5 6