~パン屋を始めるまでVol.2~

ガーナのパン屋の石本です。
今回は、ガーナでパン屋を始めたきっかけについてお話したいと思います。
2014年後半、クマシから1時間ちょっと北上したあたりにある聴覚障がい者の為の学校でICTを教えている青年海外協力隊の友人を訪ねました。
学校では、小学生低学年から高校生くらいまでの子達が学んでおり、友人もガーナ手話を使いながら子供達にICTを教えていました。静かなはずなのに、騒がしい、皆んな積極的に学んでいる様子が非常に印象的でした。また、手話がわからない私に、子供達は一生懸命絵を描いて教えてくれたり、身振り手振りで説明してくれたり、とにかく私が1人で不安にならない様に気遣ってくれていているのが分かりました。皆んな、明るく優しく真面目で良い子ばかりで、本当に貴重な経験をさせてもらいました。
*写真は訪問させてもらった男子寮の部屋で。
そんな中友人から、学校を卒業した後の子供達の就職口がなくて困っているという相談を受けました。良い大学を卒業した学生でさえ就職口を見つけるのが難しいガーナでは、尚更仕事を見つけるのは難しいとの事でした。せっかく学校に来て、手話や英語、数学などを勉強しても、その後仕事が見つからず家で家事を手伝っている卒業生たちが多いとの事でした。
友人が言うには、学校に通わせてもらえている子供達はまだ良い方で、学校に通わせても仕事が見つからないんだから行かせても仕方ないと、子供を学校に行かせない親もいるとの事でした。卒業生たちが社会で働いて自立していければ、聴覚障がいを持つ子供の親たちも、学校に通わせれば将来は仕事を見つけて自立していけるんだと自信を持って子供達を学校に送り出してくれんじゃないだろうか、との事で、そのロールモデルとなる様なことができないだろうかと、相談して来てくれました。
新しい事業を始めようと考えていた私は、せっかくならば真面目で頑張り屋なこの子達にも一緒に働いてもらえる様な仕事を作れないだろうかと考え始めました。
また、出来れば手に職がつけられる様な仕事がいいなと考える中で、様々な事業を検討し、多くの雇用を生み出せる可能性があり、何よりも食べる事が大好きな自分にぴったりなパン屋を始めることにしました。
ガーナのパンは日本のふわふわなパンと異なり、ずっしりとしたパンで正直あまり美味しいと感じることはありませんでした。「これは、日本式のパンを作れば売れるに違いない!」と、パンを作った事もないのに、パン屋をやることを決め、友人経由でパン作りをしている方を紹介してもらい、1泊二日で修行をさせてもらいました。
たかだか一泊二日の修行と簡単なリサーチで、これはいける、という無知な確信と、やらねば、という謎の使命感から、どんどん話は進んで行き、気がつけば元々パン工場だった居抜き物件まで見つかり(しかも、職を失っていたパン職人付き!)、何か大きな流れに飲み込まれている様なスピード感で話は進んで行きました。
2015年5月に日本に一時帰国し(しばし本当にガーナでパン屋をやるか葛藤し)、親や友人達からの資金を支援してもい、ガーナで待つ仲間達に事業資金を送金しました。今にして思えばそこまで大きな金額ではなかったですが、送金ボタンを押す時に「このボタンを押したらもう引き返せない」と指が震えたのを覚えています。
そして、2015年6月、TOP Bakeryをスタートする事になりました。
次回はTOP Bakeryの創業期についてお話できればと思います。

~パン屋を始めるまで Vol.1~

どうも、ガーナのパン屋の石本です。
今回は「ガーナでパン屋を始めるまで」についてお話できればと思います。
パン屋の話は次回になりそうです、、、
~ スパイスの買付人 ~
ガーナに移住した頃は、シャアトレードというガーナ原産のスパイス”パラダイス・シード”を取り扱う会社にお世話になりながら、現地でパラダイス・シードの買付と加工と輸出を担当し、Akim Odaという町に加工場の建設もしました。
*シェアトレードのwebsite : http://www.sharetrade.jp/ (良かったらパラダイス・シードも試してみてください!)
そうこうしている内に、大使館・JICA・青年海外協力隊・民間企業の皆様に助けて頂き、1年間なんとかかんとかガーナで生活することが出来ました。そして、自分としても日本から持って来た少ない資金を元手に商売を開始してみる事にしました。
~ 色んな事業立上げで失敗する ~
まずは、プラスチック商社だった事から、以前から気になっていたプラスチック・ゴミの再生事業を小さくはじめました。ガーナでは一般的なプラスチック袋に入った飲料水、そのプラスチック袋が沢山捨てられているので再生しようとガーナ人の友人と一緒に集めてはせっせとレバノン人のリサイクル工場に売りに行っていました。
そうこうする内にレバノン人オーナーと仲良くなり、一緒に機械を購入して事業を拡大しようという事になりました。資金を出してからいつまで経っても機械は届かず、気がつけばレバノン人オーナーは良い家に引っ越していました。問い詰めると、私のお金を使って古い家をリフォームして他人に貸し出し、自分はその賃料で別の物件を購入していました。
取立てようにもレバノン人も現金がないので、仕方なくお金を差し押さえる為にレバノン人の家に移住しました。それから半年間、レバノン人・その子供・石本と三人川の字で寝る生活をしながら、彼が少しでも現金を持っているのを見つけると差し押さえる日々を送っていました。時には、彼の友人が持って来たエアコンやスパゲティーも市場に持って行って売り歩いて債権の回収に務めていました。
残念ながら、債権回収の半ばでそのレバノン人は別のレバノン人に訴えられ、家も他の資産も全て差押えられ、刑務所に入れられてしまいました。レバノン人家族も私も家から追い出され、途方にくれ、取り敢えず食べていく為にその後も建設資材を販売したり、モバイルマネー・エージェントをしたり、薬局を出したり、肉牛の販売などをしました。新しいビジネスモデルを作るよりも、まずはガーナ人が成功している商売を徹底的に真似る事からはじめ、少しずつ生活費を稼いでいく様にしていました。今も残っているのは肉牛の売買くらいなもので、悉く失敗しました。
*写真はAkim Odaで加工場を建設していた頃。
そんな中、聴覚障がい者の為の学校でICTを教えている青年海外協力隊の方と出会い、パン屋を始める事となりました。
続きはまた次回!

ガーナでパン屋やってます。

はじめまして。
ガーナでパン屋をやってる石本と申します。

2015年6月にガーナ第二の都市クマシで友人たちと始めたパン屋も、既に4年目に入りました。
パン屋を作ってからの3年間の軌跡と、そしてこれから事、ガーナでの日々の生活についてこれから少しずつ投稿していきたいと思います。

– 簡単に自己紹介

埼玉県生まれの33才。
趣味は、食べる事、飲む事、旅行。
新卒でプラスチック原料の専門商社に入り、5年程国内・海外営業を担当。
2014年3月にガーナに移住し、現地のスパイスの輸出の仕事をする傍ら、自身でも農業・建材の販売・肉牛の販売などを行い、2015年6月にTOP Bakeryを創業。
2016年4月~2018年3月まで某IT企業でアフリカ新規事業開発として、ガーナとルワンダに一年ずつ駐在。
2018年6月からは心の広い日本企業で仕事をしつつ、TOP Bakeryの再建に従事しています。

 

-ガーナとの縁

大学までは特にやりたい事もなく、将来は公務員となって安定した生活をしようと考えていました。
大学4年時に付き合っていた彼女(妻)の「将来はアフリカに住む」という夢を一緒に叶えたいと思い、自身も卒業旅行で3週間ガーナにホームステイ。ガーナ人の暖かさと生きる力の強さに憧れ、すっかりガーナにハマってしまいました。
一方で、当時私がホームステイしていた地域では、家庭の金銭的な事情で、学校はあるのに通えない子ども達が多くおり、自分には何が出来るだろかと考える機会がありました。
面倒を見てくれていたナイジェリア人の友人(大学を卒業後、仕事が見つからずガーナでテイラーをしていた)からも「君はこれから日本で働く事が出来るのだから、将来この子供達の為に何が出来るのかを考えてほしい」と言われ、援助ではなく、ビジネスを通して雇用を作り、家庭に収入をもたらせる様になろうと決意しました。
その後、就職してからも毎年最低一度はガーナに渡航し、ガーナで生きていくイメージを少しずつ固めていきました。
お世話になった会社を退職後、自分が何をやれるのか、しっかりとアフリカで生きていけるのかを確かめる為、2014年3月にガーナに移住し、現在までアフリカをベースに仕事・生活をしています。

 

次回は、ガーナでパン屋を始めるまでの話をご紹介できればと思います。