Load More

IGANMU FCのプロジェクト③

こんにちは、IGANMU FCのエバエロです。

前回、グランドと選手寮についてお話ししましたが、今回は、進行状況を時系列にまとめてみました。なかなかスムーズに進まなかった土地購入の裏話をお伝えしたいと思います。

 

 

◾️2016年7月 グランドと選手寮に使用する土地下見開始。

IGANMU地域があるナイジェリア、ラゴス州は、かつて首都でした。その為、現在も国内最大都市であり、商業も盛んです。そして、IGANMU地域は、トタン屋根の住宅が所狭しと並んでおり、日本の東京同様、サッカーコートを作れるほどの敷地がありません。その為、グランド及び選手寮を建設するのに十分なスペースを取れるIGANMU地域から車で約1時間離れたBadagryという場所に決定しました。

 

◾️2016年8月上旬 ①海沿いの土地に決定。

ナイジェリアでは、昔からの酋長制度が残っており、土地の売買をする際は、管轄する酋長の許可がなければ、土地のオーナーが取引したくても、できません。酋長の許可の元、土地のオーナーと交渉。契約成立後、書類と共に土地局へ行き、その土地の登記の実態を調査します。

◾️2016年8月下旬 ①海沿いの土地、断念。

土地局の調査報告により、将来ナイジェリア政府による港開発地域であるとのこと。将来がいつであるかは、わかりませんが行くゆく、政府使用地となるため、他の候補地を検討。下見再開。

◾️2016年11月上旬 ②メイン道路より少し離れた土地に決定。

◾️2016年11月下旬 ②の土地、断念。

土地局の調査報告にて一部、湿地様になっていると。購入予定の4エーカーのうちの3エーカーがペタペタ、、、 下見時は、湿地箇所もなく、問題なかった土地でした。長雨の影響だったのか、オーナーが土を売ってしまったのか、または土を盗まれたか、真相は、謎です。しかし、3番目の理由が濃厚です。なんでも売れるナイジェリア。恐るべし、、、

3エーカーの湿地を埋めるのにもかなりの費用がかかるため、断念。下見再開。

◾️2017年5月上旬 ③、①の土地近くのややメイン道路より内陸側に決定。

◾️2017年7月下旬 ③の土地、土地局より調査結果良好にて購入。

◾️2017年9月 整地開始。

 

雑木林と雑草で埋め尽くされていた土地がだいぶスッキリしました。現在は、下見では、分からなかったのですが、伐採したことで一部なだらかに丘陵状箇所があることがわかり、平らにしている段階です。

 

エバエロ梨恵

IGANMU FC のプロジェクト②

こんにちは、IGANMU FCのエバエロです。

 

前回は、環境整備のグランドについて、少しお話ししました。今回は、選手寮についてお話しします。

 

 

現在、選手たちは、それぞれの住んでいる家から練習に通っています。ある選手は、家庭の事情により親戚の家に居候。また、別の選手は、住宅兼店舗で生活。また、別の選手は、IGANMU FCで練習したいために公共交通機関を利用して、1時間以上かけて来ています。そして、選手たちを励ましてくれるよい仲間がいれば、悪い仲間もいるでしょう。実際、サッカー技術は優れていましたが、練習に定期的に参加せずに残念ながらIGANMU FCを離れてしまった選手がいます。寮に入ることでさらに練習に集中することができる環境を作れるのです。

 

また、ここはなんと言ってもナイジェリアです。食事面では、ヤム芋を押し潰して作るフフやキャッサバ芋から作るガリ、ジャスミン米と一緒に食べるシチューなど、とにかく炭水化物が多く、野菜と言えば、トマトや玉ねぎくらいが続くこともあり、栄養素の摂取に偏りがあります。

 

 

 

※右の写真は、小麦とお湯で捏ねた主食となるお餅のようなもの(フフと似てます)とサバとトマトとオクラのスープ。主食を少しずつ手でちぎり、まとめて、スープにつけながら食べます。

 

 

 

 

スポーツ選手にとって、バランスの取れた食生活は、よいパフォーマンスをする上で必要不可欠です。選手寮では、規則正しい生活と共にバランスの取れた食事を提供し、選手の心身共により健康な状態で試合に挑み、各々の最良のプレイをして欲しいのです。

 

そして、サッカー環境を整えることで選手たちの士気も高められることも狙っています。ナイジェリア国内1部リーグ所属のチームでさえ、選手寮がないところもあります。環境を整えるならば、5部のチームであっても1部のチームを招待し、合同合宿を行えます。他チームの選手やスタッフ達にも刺激を与え、ナイジェリアの全体のサッカーレベルを上げられたらいいと考えています。

 

エバエロ

IGANMU FCのプロジェクト①

こんにちは、IGANMU FCのエバエロです。

 

今回は、IGANMU FCが現在、取り組んでいるプロジェクトについて、お話しします。

IGANMU FCの環境整備第1弾、

 

 

それは、、、

 

 

 

 

 

チーム保有のグランド及び選手寮の建設です‼︎

 

 

 

今、選手たちが練習に利用しているグランドは、ビーチから砂を持ってきたようなフィールドです。グランドの隅には草が少し生えていて、土地所有者の牛がいます。のどか、、、

先日までは、コート2面分あった場所も土地所有者の都合にて半分売られ、1面を時間で区切り他のチームと使用しています。※写真の奥に写っている壁の向こう側が売られてしまいました。現在、IGANMU地域にある、このグランドを借りて練習しています。

 

このような砂地では、皆さんも想像がつくでしょうが、ボールをコントロールすることが非常に難しいです。また、練習用のボールもすぐに傷みます。そして、サッカー技術を思うように学ぶことができないのです。選手たちは、それぞれが持つ身体能力の高さで今の環境をカバーしています。この環境が整えば、選手たち一人ひとりのサッカー技術の向上とチームとしてのゲーム戦略のバリエーションも増やすことができるのです。

 

エバエロ 梨恵

パートナー

こんにちは、IGANMU FCのエバエロです。

 

当初、私とバヨで私財を費やし、運営してきましたが、私財にも限界があります。そこで日本人ビジネスパートナーを探しました。

 

バヨは、FA公認コーチングライセンスを保有しています。監督やコーチとして、海外や日本で挑戦しようと考えたことがありました。結果、指導者ではなく、組織を運営する方を選択したのですが、その時に知り合ったのが、株式会社フォワードの加藤氏です。カンボジアのプロ1部リーグに所属するサッカークラブを運営しています。日本いるナイジェリア人のイメージは、決していいとは言えない(ナイジェリアからの手紙やマネーロンダリングなどのよくないニュースが流れています)にもかかわらず、事業の本質を見ようと時間をとって、じっくりと話を聞いてくれたことにまず感謝です。

2016年3月、契りを交わした時の写真↑↑↑  左がバヨ、右が加藤氏、

現在、クラブの環境整備の第1弾を進めています。内容については、また次回。

エバエロ梨恵

 

 

 

なぜサッカークラブ??

こんにちは、IGANMU FCのエバエロです。

今回は、なぜサッカークラブなのか?ということをお話しします。

 

サッカーは、ナイジェリアでは、国民スポーツとも言えるほど、大人も子供もおじいちゃん、おばあちゃんも知っています。バヨも小さな頃から、裸足のまま舗装されていない道端で布を紐でくくっただけの、ボールとも言えないボールで遊んでいました。

皆さんの記憶にも新しい、2016年リオ五輪のサッカーナイジェリア代表のボイコット騒動。ナイジェリアサッカー協会からの給料未払いに対する選手及び監督らによるものでした。初戦は、日本と対戦。財政難により航空券の手配ができず、2日前に現地入りする予定が結局試合開始3時間前に到着。長い飛行時間の疲労があったにも関わらず、結果5-4で勝利したのです。

この結果からもわかるようにナイジェリア人のポテンシャルは卓越したものです。代表選手は、磨かれたダイヤのようですが、ナイジェリアには、ダイヤの原石がゴロゴロしています。しかし、磨く為の環境が整っていません。練習グランドは、「どこから持ってきた?」と思うほどの砂浜のような砂地。監督、コーチ陣も資金がない為、UEFA(欧州サッカー連盟)などの公認プログラム資格保有者ではない。運営状況不透明による給料未払いの多発。これらは、組織の背景ですが、少なくともこの環境が整っていたとしたら、U-20やU-17に登録できる若手選手がストレスを感じることなく、さらに選手たちの無限の可能性を引き出すことができると考えました。

 

IGANMU FCは、現在5部ですが、10年以内に1部昇格を目指しています。プライベートクラブでありながら、地域の名前を使用する許可を頂くのに苦労しました(あるクラブは、オーナーの名前が付いてますww 遠慮なく自分の名前を付けちゃうあたりがスゴいです)。なぜ、そこまでして付けたかったかというと、地域の輝く星となりたいからです。たまたまスラムに生まれ、貧しい生活を強いられたとしても未来ある若者たちがサッカーというスポーツに夢中になり、機会を与えられることで犯罪や薬物に頼らない道を選んでくれることを望んでいます。

 

エバエロ梨恵

なぜそこ??

 

こんにちは、IGANMU FCのエバエロです。

今回は、なぜナイジェリアで始めようと思ったかをお話しさせて頂きます。

 

一番の大きな理由は、一緒に事業を始めた夫(アバヨミ、以下バヨ)の出身地であったことです。

正式名称ナイジェリア連邦共和国、通称ナイジェリアは、アフリカ大陸の西に位置しており、およそ1億8500万人のアフリカ最大の人口を抱える国です。国民平均年齢18歳と言われ、子供が多いです。平均寿命も年々伸びているようですが、日本には到底及ばず、55歳未満。部族は、500以上もあるとされますが、3大部族がハウサ族、ヨルバ族、イボ族です。余談ですが、日本に住んでるナイジェリア人の大半は、イボ族です。ちなみにバヨは、ヨルバ族。大体、名前でわかります。

バヨが生まれ育ったのは、ナイジェリアのラゴス州にあるスラムです。

スラムでの生活は、決して楽ではありません。日々の生活の中で食費、教育費や家賃など捻出するのに非常に苦労しています。貧しいがゆえに、手っ取り早く稼ごうと薬物の売買や盗みをしたり、犯罪に関わる若者たちが多いのも現状です。犯罪に関わり、若くして命を落としてしまう人もいます。また、何とかして運良く、スラムから出て生活が良くなった人たちのほとんどは、当たり前かもしれませんが、スラムには戻りません。しかし、それでは地域は貧しいまま。未来ある子供や若者たちが犯罪に目を向けるのではなく、健全な目標に向かって過ごして欲しいという理由からナイジェリアのスラムでの事業を決めたのです。

 

エバエロ梨恵

 

 

ナイジャワイフ〜横浜ジャマイカナイジェリア〜

皆さん、こんにちは。IGANMU FCのエバエロです。今回は、私がこの事業を始めるに至った経緯を少しお話ししたいと思います。

 

私は、横浜に生まれ、横浜で育ちました。今はもうありませんが、JAZZが流れる喫茶店を営んでいた祖母の影響もあってか、物心ついた頃から黒人文化に興味があり、のちにREGGAEに夢中になりました。そして、REGGAEの発祥の地へ行きたいと思い、単身JAMAICAへ行き、音楽はもちろん、社会的背景や歴史などを探るうちにAFRICAへ辿り着きました。日本に帰国後、ナイジェリア人の主人と出会い、結婚。当時、普通に会社員として働いていた主人ですが、10年後、20年後の自分たちを思い描いた時に、このまま過ごしていていいのだろうか?という疑問が湧き、もともとサッカーに関わる仕事がしたいと思っていた主人は、もっと知識を深めるために大学進学を決意・実行。体育学において、スポーツとレジャーのマネジメントについて学びました。そして、私財を費やし、学んだ知識をナイジェリア本国で活かすため、在学中にサッカークラブを発足、これがIGANMU FCの始まりです。

初めてのチームロゴがこちら↓↓↓

 

次回は、なぜサッカークラブなのか?というところを少しお話しさせて頂こうと思います。

 

エバエロ梨恵

初めまして、IGANMU Football Club Ltd.のエバエロです。

初めまして、ナイジェリアのプロサッカーリーグ5部に所属しているIGANMU FOOTBALL CLUB(イガンムFC)のエバエロと申します。今回、ご縁があり日本Africa起業イニシアチブに参加させて頂くことになりました。

 

IGANMU FOOTBALL CLUB(以下IGANMU FC)は、ナイジェリアのラゴス州のIGANMU(イガンム)という地域に拠点をおく、サッカークラブです。こちらがチームロゴと新ユニホームです。

 

 

 

 

 

 

 

 

これから私がこの事業を始めるに至った経緯や今どきのサッカー事情、選手たちのこと、ナイジェリアのことについてご紹介できればと思っています。どうぞよろしくお願い致します。
エバエロ梨恵