奇跡の植物モリンガとモザンビーク

モザンビークに来てから9年。

仕事柄、農村地域で生活する人たちと頻繁に接してきました。

その中で感じたことが、

農村地域には収入源が少なすぎる

ということです。

モザンビークの農村地域では産業がないため、職がなく1日100円以下で生活する人たちがほとんどです。

彼らの主な収入源は、自分たちの農作物の余った分を販売することで、他には木炭や果物の販売、日雇い労働への従事などが挙げられます。

※国道沿いに木炭を並べ販売。都市部に暮らす人達が車で通った時、買ってくれることがあります。1袋200円程度。

農村地域では食料を自給するのが普通ですが、現地で農繁期は1年に1度。

仮に干ばつなどで不作に終わった場合、生活が一気に苦しくなります。

その現状を見てきて

「何か新しい収入源を農村地域で作れないか」

そう考えた時、頭に浮かんだのがモリンガです。

※モリンガの葉を収穫する現地女性

モリンガは、人体に必要な栄養素が90種類以上含まれている植物です。

その栄養素の豊富さから「奇跡の木」と呼ばれることもあり、サプリメント、お茶、お菓子など、現在様々なモリンガ商品が世界中で流通しています。

ここモザンビークでは、いたるところにモリンガが生えています。

ですが、ほとんどの人はそれが何に使えるのか知りません。家の生け垣に利用する程度です。

豊富な栄養素を有していることから国連も注目し、モザンビークでも政府やNGOが普及に取り組もうとしていますが、農村地域での反応は薄い、というのが現状です。

実は私も青年海外協力隊時代、モリンガの苗を育て配布した経験があります。
しかし、結果的にそれは上手くいきませんでした。

次の記事で、協力隊時代に実施したモリンガ普及の失敗・学びを書いていきます。

それでは、また次の記事で!Até logo!

モザンビークから山家(やんべ)がお届けします

初投稿ということで、簡単に自己紹介から入らせていただきます。

■氏名:山家 友明(やんべ ともあき)

■経歴

  1. 大学卒業
  2. モザンビークで青年海外協力隊
  3. モザンビークで開発コンサルタント
  4. モザンビークで起業

ものすごくシンプルに説明すると、このような人生を送ってきました。
言い換えると、

大学卒業以降ずっとモザンビークで生活している、それが私です。

青年海外協力隊時代
改良かまどやネリカ米の普及、レモングラスの加工支援などを行っていました。

モザンビーク生活は、今年で9年目に突入しました。

このブログを通じて、私が現在行っているモリンガ事業のこと、住んでいるモザンビークのことを、

面白おかしく発信していきたいと思っています。

それでは、また次の記事でお会いしましょう!Até logo!