西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)とフランセーファの今後

前回の投稿でフランセーファについて簡単に紹介しました。

今回は、フランセーファの歴史、西アフリカ経済通貨連合(UEMOA)と西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)、そしてフランセーファの今後について簡単に記してみます。

 

フランセーファとは(歴史など)

フランセーファ(Franc CFA)は、1945年のブレトン・ウッズ協定を機に創設されました。
通貨の名前ですが、「フラン」はいまは無き「フランス・フラン(Franc francais)」から、「CFA」は「Communaute financiere africaine(アフリカ金融共同体)」というフランス語の頭文字を取ったものです。

西アフリカ経済通貨連合(UEMOA)と西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)

西アフリカ経済通貨連合(UEMOA)は、名前こそ経済通貨連合となっていますが、まだEUのような経済通貨連合にはなれておらず、経済政策は国ごとにまちまち。いわゆる通貨連合にとどまっています。加盟国は前回の記事で記したフランセーファが利用可能な以下の8か国です。

(ギニアビサウ、コートジボワール、セネガル、トーゴ、ニジェール、ブルキナファソ、ベナン、マリ共和国)

 

西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS Economic Community of West African Statesの頭文字 仏語ではCEDEAO)は、以下の西アフリカ15か国からなる機関です。

(ガーナ、カーボヴェルデ、ガンビア、ギニア、ギニアビサウ、コートジボワール、シエラレオネ、セネガル、トーゴ、ナイジェリア、ニジェール、ブルキナファソ、ベナン、マリ、リベリア)

経済共同体とありますが、現在はその理想の実現には至っておらず、実際の主たる活動は経済統合の基盤構築に向けての活動、具体的には政治的安定のための紛争解決などを行っています。先日のガンビア新大統領就任の際の動きは記憶に新しいところです。

フランセーファの今後

現在、上述のECOWASでは「ECO」という域内通貨構想を掲げています。
2020年までの実現予定で動いていましたが、先日ニジェールで開催されたECOWASの会議についての以下の記事を見るに、難しいようです。

 
West African bloc’s 2020 single currency goal fails(Vanguard)

 

まずはUEMOA域外からECOを導入し、その後UEMOAと統合という事になっていますが、仮にUEMOA域外での導入が実現できたとしても。UEMOAとの統合は難しいのではないか、と思います。UEMOAは通貨価値下落の心配が無いこのユーロ固定通貨からの脱却を望むとは思えないからです。

という事で、フランセーファは少なくとも今後10年は無くならないでしょう。

 

 

以上、何かの参考になりましたら幸いです。

 

JAPON COMMERCE SUARL

山田一雅

【WEB】

アフリカビジネスのパートナー アフリカ商会 by JAPON COMMERCE

アフリカ旅行ガイドブック セネガル

ダカールの日本人宿「シェ山田」

セネガルの通貨「フランセーファ」

西アフリカでは、ユーロのように複数の国で使える「フランセーファ(Franc CFA)」と呼ばれる通貨が利用されています。私の住んでいるセネガルでもフランセーファが使われています。
そこで今回は、フランセーファの概要を簡単に紹介します。

両替レート

2017年11月現在、
1円=4.94 F です。
物価を考える際などは、ざっくり「1円=5F」と考えるとスムーズです。

利用可能な国

以下の8か国です。
ベナン、ブルキナファソ、コートジボワール、ギニアビサウ、マリ共和国、ニジェール、セネガル、トーゴ

両替可能な場所

セネガルに関しましては、現空港(レオポール・セダール・サンゴール国際空港)には両替所があり、そこで両替が可能です。

一般的に「空港の両替レートは悪い」というイメージがありますが、セネガルの空港はレートは悪くありません。
また、ユーロからの両替レートは変動が無いため、基本的に両替所でもレートが固定されています(会社により若干の際はあるかも知れませんが)。
ドルの場合は日々変動があるため、レートはマチマチです。

 

以上、セネガル渡航の参考になりましたら幸いです。

 

JAPON COMMERCE SUARL

山田一雅

【WEB】

アフリカビジネスのパートナー アフリカ商会 by JAPON COMMERCE

アフリカ旅行ガイドブック セネガル

ダカールの日本人宿「シェ山田」

商品の検討

こんにちは!Small Soldeの新保です!

今まで、

お米は1Kg、コーンパウダー、ヤム芋パウダーは800gの商品を販売してきました。

売るにあたり、1回にもっとたくさん買いたいというお客様の声を聞くようになりました。

ベナンは家族が多いので、量が必要ですよね。

 

1パック:5kgの商品を作れないかをここ最近は検討していました。

 

まず、原料は1回の取引が多いほど、安くなるのでこの点はクリア。

問題は、パッケージ。

現在の商品にはビニール製のパック袋を使用しており、

1枚当たりの値段は予算的にも問題がなかったのですが、

5kgのパック袋を買うとなると、高い。

パック袋はフランスの会社から取り寄せているので高いのです。

パッケージに妥協したくないですし。

 

 

そこで、今回紙の材質の袋を採用しようかと考えております。

強度の点で比較検討していました。

 

また、これを機に、パッケージのデザインを刷新します!

 

 

注目いただきたいのが、ここ!!

 

MADE IN BENINの文字とベナンの国の形の絵を入れました!

 

Made in Benin、これが一番発信したいポイント!!

 

簡単にBefore⇒After

Before

After

5kgで検討をしていたのですが、

3kgの商品を販売することで落ち着きました!

乞うご期待!

 

 

量の多い商品を作れる体力をつけて、

将来的にはレストランなどに卸せることを目標としています!

 

体の内側から美しく~ワークショップの構想~

こんにちは!Small Soldeの新保です。

 

みなさん、モリンガをご存知でしょうか?

 

モリンガは主にアフリカ・インドに生育する木のことです。

 

透明のポットに入っているのがモリンガの茶葉です。

 

モリンガティーの味は緑茶を香ばしくしたような味ですので

日本人にも飲みやすいと思います。

 

モリンガの栄養価の高さにはびっくりしますので

一度インターネットで検索してみてください。

 

 

下の写真の左側の瓶に入っているのがモリンガの種です。

 

このモリンガの種には浄水作用があります。

人間の体の約60%は水で出来ていますので

この種を食べたら、内側からキレイになれそうですよね。

 

浄水作用を、飲み水にも応用できれば、

たくさんの人の役に立ちそうですよね(どうにか出来ないかな切実に)

 

そんな栄養価が高く、良いこと尽くしのモリンガですが、

 

ベナンでは、そこら辺に生えている木という認識で、

特に、気にも留めないような存在なんです。

 

なので、体にいいから、モリンガを食べようとか、

モリンガティーを飲もうということは、特段思わないようです。

 

また、以前に少しブログにも書きましたが

野菜のレパートリーが少なかったり、

栄養に偏りがあるなとは感じています。

都市部では、市場に売られている野菜の種類は豊富ですので

決して、選べる野菜が限られているわけではありません。

田舎の方に行くと種類は豊富ではありませんが。

 

どうやら、習慣が関係しているようで

いろんな野菜を摂ろうという習慣はあまりないようです。

 

そんなこんなで、

Small Soldeではワークショップを開いて

健康・栄養のテーマで、楽しく学んでもらえる機会を作っていきたいと思っています。

出来れば、家事を担う女性の方に参加していただけたらなと思っています。

家事・育児で忙しい女性が、ちょっと行ってみようかなと興味を持ってもらえるテーマ、

家にある食材で出来るんだけど、食卓がおしゃれになるようなレシピ、、など。

 

ワークショップで学んだことを、

家に帰って家族に話したり、習ったレシピで家族に料理をふるまうことで

家族で健康・栄養について話し合う機会が増えたり、

お子さんも旦那さんも惚れ直したり。

 

いかにも学びに来ましたという座学ではなく、

ちょっと非日常のようなそんな空間に出来たらなと思っています。

ワークショップが家事・育児に追われている女性の息抜きになればと思うんです。

 

例えば、

大人になってからの習い事って、その空間に行くだけで心豊かになれるんですよね。

そんな気持ちになってもらえたらなと思っています。

 

Small Soldeがベナンの特産物・食べ物を取り扱うのは、

ベナンの人々が栄養・健康について考えるきっかけづくりになりたいからと思いもあるのです。

 

栄養・健康について考える余裕なんかないよという気持ちもすごくよくわかります。

私たちは、日々に追われて、自分の体のことは後回しになってしまうんですよね。

よくわかります。だって、私もそうだから。

 

おしゃれ大好きベナン人。

それは、美を保ちたいという表れ!

美のために、食生活を見直して、体の内側から美しく輝く女性になってもらいましょう!

 

 

 

 

オフィスの物件を紹介

こんにちは!Small Soldeの新保です。

 

以前のブログでSmall Soldeはムタの家の一室から始まったとお伝えしましたが、

この度、新オフィスを構えることにしました。

今日は、その物件を紹介したいと思います。

 

まずは入り口!

さぁ、中を覗いてみましょう。

 

小さい窓がついています。

ドアもしっかりしていますね。

 

ブレーカーも標準装備。

 

▼キッチン

キッチンはコーンパウダーとヤム芋パウダー、お米をパックする部屋になります。

ここで、

Small Soldeの商品をちょっとおさらいしましょう。

下記の3点です。

左から、ヤム芋パウダー、お米、コーンパウダー

ベナン人の主食です。

 

この物件は2LDKですので

2つの部屋は

・商品のストックを置いておく部屋

・原料(パックをまだしていないパウダーとお米)を置いておく部屋

として使います。

今までフランソワーズの実家の一室を借りてパックをし

ストックを置かせてもらっていました。

そのため、商品と原料を同じ場所に置かないといけませんでした。

 

これからは、

完成系の商品と原料を部屋を分けて管理できるようになります。

 

今までムタの家とフランソワーズの家を行き来しないといけなかったのですが

一か所ですべての作業ができるようになります。

作業の導線がつながった感じ。

 

 

リビングはオフィスとして使います。

4人掛けの食卓用テーブルをデスクにして

みんなの顔をお互い見ながら仕事をしていきます。

一人ひとりにデスクを買う余裕はないので節約です。

でも、顔を見て仕事ができるのでオフィスが活性化しそうですよね!

facebookの見過ぎは注意しますよ~笑

 

2LDKですが、家賃はとても安いです。

日本の都会の10分の1ぐらいでしょうか。

ちなみに入居時には家賃の3ヶ月~6ヶ月分を敷金として

支払わないといけないです。

一般的にこのお金は退去時にはほぼ返ってこないそうですが。

ということは、礼金!?

 

安いとは言っても、毎月の固定費には変わりありませんので

気を引き締めていきます。

 

現在、傷んでるところを修繕してもらっています。

ペンキを塗り直してもらっている写真をinstagramにアップしていますので、

よかったら、instagramも覗いてみてください。

 

修繕が終わったら、いよいよ新しいオフィスにお引越しです!

 

 

 

お米農家を訪問してきました!

こんにちは!Small Soldeの新保です。

 

今日はお米農家訪問のレポートをします。

 

先日ムタとフランソワーズ(ベナン人スタッフ)がお米農家を訪問してきました。

 

首都ポルトノボの近くまで行ってきました。

 

 

▼赤土、川沿いに広がる田んぼ

 

▼収穫したお米の作業場所はこんな感じです。

 

▼もみ殻がついたお米です。

 

▼機械を使ってもみ殻を取っていきます。

 

その後

▼この機械で

壊れたお米、長いお米、短いお米を選別していきます。

 

よりよいお米を取り扱いたいという思いから、

お米農家を訪問させていただきました。

今後も、何ヶ所か訪問し、ベストパートナーをみつけたいと思っています。

 

 

ECサイトからの購入状況

こんにちは!Small Soldeの新保です!

 

ECサイトでもSmall Soldeの商品を販売していると以前お伝えしましたが

今回はECサイトからの購入状況をお伝えしたいと思います。

 

現在2つのECサイトでSmall Soldeの商品が購入できます。

 

★Afrimalin.bj

https://www.afrimalin.bj/offres/utilisateur/c4bac62d657450b931b983801e565a06

 

★odjala

https://odjala.com/index.php/small-solde/

 

 

ECサイトの規模感はAfrimalinの方が大きく、西アフリカを中心に展開しています。

ベナン・ブルキナファソ・カメルーン・コートジボワール・ギニア・マリ・セネガル・DRコンゴで

展開しているようです。

 

odjalaはベナンだけでの展開ですが、フランス人も利用するみたいです。

 

気になる購入状況はと言いますと、

今のところ

ECサイトから購入する人は、、、、、ほぼいません!!!

 

冷静に考えてみると、日本でも、日本人の主食であるお米やパン、パスタはネットで買わないなと

思いました。

 

手数料は売上の10%を支払う形です。

ECサイトへの掲載自体はタダなので広告と思いましょう。

ベナンではfacebookの影響力が絶大です。

上記の2サイトはfacebookページもありますので、

宣伝効果はあります。

 

食品はスーパーで買いますよね。

何かお得感があったら、ネットから購入を検討するかもしれません。

プラスの価値を提供できるとECサイトからの売り上げも上がるかもしれません。

ECサイト販売の調査が必要です。

 

ゴミ問題×おしゃれ

こんにちは!Small Soldeの新保です。

 

今日は、ゴミ問題についてお話をしようと思います。

 

●ゴミ収集から焼却までの流れ

 

まず、ベナンのゴミは市から委託されたNPOによって

収集車(といってもただの大型トラック)で収集します。

 

その後、町の中にある、収集したゴミをとりあえず置ける空き地(ごみ集積所)に

ゴミを持っていきます。

子どもがいるのが見えるでしょうか。

ゴミ集積所は住宅地の中にあるため、

こどもたちが、ここに来て遊んだりしてしまうのです。

 

その後、近くの山に持っていかれ、

ここでも、焼却までとりあえず、ゴミを置いておきます。

 

分別はしてありません。

黒いゴミがたくさん見えると思いますが

これはスーパーの袋です。

 

その後、焼却。

焼却時にどんな有害物質が出ているのか….。

 

この市の市長さんはごみ問題を深刻と考えており、

なんとかしたいと思いはあるものの、

市の予算的にお金はあまり捻出できなく困っていると

お伺いしました。

 

このような、スケールの大きいゴミ問題があるのです。

 

とはいっても、「分別しよう」とか「ポイ捨てやめよう」と言われても、

面倒くさい!というのが人間の心理。

 

でも、町中にポイ捨てされたスーパーの袋はどうにかならないかなとSmall Soldeは思うのです。

 

 

なので、Small Soldeでは、スーパーの袋の代わりに

ロゴ入りバッグを販売したいと考えています。

スーパーの袋の消費量削減のためです。

 

とはいっても、スーパーにエコバッグって持っていくのは面倒くさいし、

いざ買い物に行く時に持っていくのを忘れたりするんですよね。

 

 

そこで、

おしゃれ大好きベナン人!!

彼女らのおしゃれ魂に訴えかけようと思ったのです。

 

ロゴ入りバッグはおしゃれだから持ち歩きたい!

ロゴ入りバッグを持つことがステータスとなるようなロゴバッグを思案中。

予算の都合上シンプルなものになりそうですが。でも、大丈夫。

彼女らの着ているアフリカ服はカラフルだから、バッグはシンプルな方が合わせやすい。

 

ロゴ入りバッグを売り物として売り出し、

お客様にとっては初期投資となりますが、

ロゴ入りバッグ持参の方は何十円引きもしくはポイントカードのスタンプ2倍等

継続して使っていただける仕掛けを作れたらと思っております。

 

ロゴが入っているので、宣伝効果も狙って。

 

壮大なゴミ問題に対して、

Small Soldeができることは微々たるものですが、

楽しみながら、こういった問題解決に取り組めたらと思っています。

 

 

 

ポイントカード作成中

こんにちは!Small Soldeの新保です。

 

現在、ポイントカード(スタンプカード)のデザインを考えております。

 

ベナンでポイントカード(スタンプカード)を見たことがないです。

ベナンで初の試みになるかなと思っております。

 

ただ、ハイテクなポイントカードは作れませんので

スタンプカードを手作り。

 

カラーが多かったら高くつくかなー。

やっぱり、ロゴの入ったデザインの方がいいかなー。

いや、でも、財布の中からみつけやすい色合いがいいかなーっと

考えているだけで楽しい!!

 

ハンコのデザインも考えています。

 

貯めたスタンプの数に応じて特典をどうしようかな。

ポイント2倍デーは何日にしようか。

曜日にしたほうがいいのか。

 

考えているだけでとっても楽しい!!

 

 

というのも、私自身、ポイントカードを駆使して

買い物するのが好きだから。

 

ポイントカードはリピーターを増やすのに有効だろうと

思って、もう少し練りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

ベナンで個人事業主になるには

こんにちは!Small Soldeの新保です。

 

ベナンで個人事業主になる手順を紹介します。

個人事業主になると

税金は二年間優遇されます。(一般的に法人税は26%)

ただし、輸入ができないという制限はあります。

 

手順

①弁護士が開業のための文書を作ります。

そこには、会社名、事業内容、ロゴ等を記載します。

 

②事業主が下記書類を用意します。

1.身分証明書

2.出生証明書

3.証明写真

4.住民票

 

③弁護士が作成した開業用文書に必要事項を記入し

弁護士が政府機関にその文書を持っていきます。

 

④無事に手続きが完了すると、

新聞に掲載されます。

 

簡単な手順ですね。

 

※法人設立となると、もう少し煩雑になるようです。

経験したら、ブログに書きたいと思います。

 

個人事業主になる手続き自体は簡単ですが、

銀行からお金を借りることは難しいので、

資金調達面が一番のネックとなります。

 

一攫千金的的な考え方も多く、

よく言えば自分のアイデアに自信を持って失敗を恐れないポジティブ思考。

一方で、あまり長期的視点で考えていないようです。

 

長期的にどう回していくかについての話し合いを

しっかりやっていきたいと思います。

 

 

アイデアや熱意があっても資金面で起業ができない。

大学を卒業しても就職先がない現実。

ボスが利益を分捕ってしまい、社員に還元されないケース。

 

本当に厳しい。

 

1 2