初めてのお客さまは

JUJUBODYの大山です。

ガラス張りのショールームオフィスで作業をしていると、

トントンとガラスをノックするキレイな品の良いおばあちゃまが。

飾ってあるモリンガパウダーのポスターを指差して、「これなに?」というので、中に招いて、お話しすると、

「欲しいんだけど、いただけるかしら?」と、即、モリンガタブレットを3袋購入されました。

聞けば、毎日、目の前を通っているとのこと。

がんを何度も繰り返していて、胃がんで胃を全摘し、膀胱がんを5回繰り返しているそうです。

今も2ミリ程度の膀胱がんがあるけれども、大きくならなければ手術の必要がないということで、なんとかしたいと食事などを気をつけているそう。

病院通いもずっとしていたそうですが、ある日、駅に向かう途中で、体がピタッと動かなくなったそうです。

「本当に足が動かなくなっちゃったの。それだけ、体がもう嫌だって言っていたのね。それで、もう、病院は行かない!って決めて。でもなんとか自分でしなきゃいけないから、いろいろ調べてね。食事も添加物を一切とらないようにしたり。オーガニックのものも取り入れて」

「ミルク療法っていうのもやったのよ。赤ちゃんの粉ミルクに、卵などを入れて、ミルクセーキのようなものを作って、それだけを飲むというヤツ。それしか食べないの。やっている間は、とても元気で調子もよくてね。1年半やったけど、やっぱり、普通の食事をちょっとずつ取り入れ始めると、続かなくなっちゃってね」

免疫療法でNK細胞の数値も上がったけれども、もうちょっと何か・・・と思っていたところに、モリンガの看板が目に留まったそうです。

「ビタミン剤とかも飲んでいるけど、モリンガは、嫌な匂いがしないっていうか、飲んだら、本当にすっと自然に体に入っていく感じがして。もう他のものはやめて、これを続けてみようと思うの」

翌週、イギリス留学中のお孫さんが、野菜不足の生活でとても太って帰ってきて心配なので、孫にももたせたいと、また立ち寄ってくれました。

10年前からアルガンオイルだけをスキンケアに取り入れていたので、モリンガオイルにも興味があり試したいと。

「こういうのは、立ち上げが大変よねえ。でも、これ広まりますよ。みんなが知ってくれるといいわね」

こういう方にこそ、モリンガを届けたいと思っていたので、思い切って移動して、本当に良かったなと思う1日でした。

新しい試みは、まあOK?

JUJUBODYの大山です。

輸出入を請求書で支払えるDHLのアカウントを持っているのですが、仕様が変更になりました。

これまで、ガーナのスタッフが生産者から受け取った原材料をDHLに持ち込み、輸入アカウントを使って日本に送ってもらっていたのですが、持ち込みの場合、配送先がアカウントホルダーの住所にしか送れないことになったのです。

二度配送料がかからないよう、直接、工場に送ってもらいたいのですが、その場合には、事前に日本のアカウントマネージャーに連絡して、DHLの現地スタッフが荷物をピックアップした場合のみ、輸入アカウントを使える形に変わりました。

輸入アカウントを使うと、現地発送時に支払いをする必要がなく、日本での受け取りの際にも関税の支払いなどが生じないため、便利だったのですが、このアカウントを不正に使用して荷物を送り、アカウントホルダーが支払いを拒否するような事例が多発したそうです。

確かに、そのアカウントにツケで配送できるのであれば、そういう不正が横行しそう。

ということで、仕様変更は理解できるのですが、便宜的にはアカウントホルダーが指定した送り主からはOKという形にしてもらいたいなと思ってしまいます。

なぜなら、荷物の受け渡しが不安だから。

日本からの指示書には、住所などを記載する必要があるのですが、ガーナは住所がありません。

なので、この辺りというエリア名とコンタクトパーソンの名前、電話番号であとは、やりとりしてくださいという形にしてもらいました。

そうして、DHLのスタッフがピックアップしなくてはならないのでなければ、生産者のところから直接受け取ってもらったら、うちの現地スタッフの手間も省けるのでは?と思い(こういうやりとりは、渋滞や遅延で半日潰れてしまいます)、一抹の不安を抱えながらも、思い切って、今回、挑戦してみることにしました。

スムーズな受け渡しで、「きちんと受け渡したよ!」の連絡も入り、大丈夫そうだなと思い、そろそろ到着する頃だなと確認すると、結果は・・・配達先間違い(笑)

日本のDHL経由の指示書と、現地DHLへの直接メール指示と2本立てでバックアップしたつもりでしたが、まあ、結局、現地で配達先入力作業するのは、現地のDHLスタッフなわけで。

荷物の受け取りをした際に、配達先を再確認すれば良かったなと思います。

まあ、この程度は想定内で、日本から修正対応できたので、良しとしますか。

コンフォートゾーンから抜けて

JUJUBODYの大山です。

今の時代、オンラインで販売するのが一番効率が良いと、オンラインで販売するから、お店は必要ないと思っていたのですが、オンラインでのセールスをアップするにも、発信できる場所が必要だなと考えるようになりました。

商品を手にとっていただけ、相談に乗れ、直接、お客さまと触れ合える場所。

これまでは、マンションの1室で仕事をしていたので、自分としては居心地が良かったのですが、目標から逆算して考えたときに、このコンフォートゾーンを飛び出すことが必要だなと思うようになりました。

捨てられなかった現地で仕入れたもう古くなってしまったサンプルなども、ちょうど年末に断捨離できました。

でも、お店という形で設けると、必ず誰か常に人を常駐させる必要があり、固定費もかさみます。

デパートは、独自のルールが多く、お店を出したくない場所で、(もちろん、ディポジットも大きいので、無理なのですが 笑)路面店だと、交通量も少ない。

何か良い方法はないかなと考えていた時に、ピッタリの運用方法ができる場所を見つけ、実際に場所を訪れてみて、即決しました。

恵比寿ガーデンプレイスのグラススクエアに新しくできたシェアオフィス内の通路に面したガラス張りの小さなオフィスを借りることにしました。

便の良い場所なので、仕事をしながら、誰かいらっしゃれば対応もできるという形が現状にはマッチするかなと思ったのです。

ショーケースの中で仕事をしているかのようで、かなり、視線は感じますが、意外と集中できます。

姿勢も良くなりそう(笑)

人に見られると痩せるという説が本当なら、自然に痩せそうで楽しみです(笑)

お電話の対応は16時までにしているので、ちょうどそのぐらいからオープンショールームという形で、商品を試したい方、相談したい方がいらっしゃれるような空間にできたらと考えています。

ここ数週間は、移動のアレンジやPOP-UPの準備などでバタバタで、まだ、電球も全部取り付けられていないので、落ち着いたら、来週以降、スタートしたいと思います。

TOPISH Bakery No.81 ~土地探し~

ガーナのパン屋の石本です。
ここ五年程同じ場所でパン屋を営んでいますが、いい加減土地のオーナーとのいざこざが耐えないので、来年6月頃を目処にこの物件から出ていきたいな〜と考えている今日この頃です。

ガーナ第二の都市、クマシも土地価格の上昇が甚だしく、1plotで数千万円するようになってきました。

この値段では弱小パン屋は賃貸でも精一杯です。一方で、クマシの郊外に出るとまだ土地が安く手に入ります。

今までは、自分が長い時間パン屋で過ごしていたので、クマシ市内がいいなぁ〜と探していたのですが、とても手が届かないレベルでした。ただ、自分たちのお客さんたちは、地方に行く道路沿いに多く、クマシの中心地の工場を置く必要はないよね?という結論に至りました。

であれば、高いお金を払って工場となる家を買い取るよりも、自分たちで土地を買って、切り開いて、工場を作る方が面白いんじゃないか、と思うようになりました。幸いにも、ずっと一緒にパン屋をやっているKofiの叔父が5年前に購入した土地があり、その土地を売ってもらえる可能性が出てきた為、今日はその土地を見に行ってきました。

クマシからトゥクトゥクに乗る事30分。Kuffor元大統領の地元にほど近い大きな土地に到着しました。

「5年くらい放置していたんだよね〜」

というKofi。知らない人たちが、オレンジの木と、メイズを植えていました。

とりあえず、端から端まで歩いて土地のコンディションを確認し、どこにどんな感じで宿舎と工場を立てるのがいいかを話し合いました。

その後、Kofiはおもむろにオレンジ畑の中に入り、オレンジを収穫し始めました。

「見たところ、収穫にもきてないし、うちの土地を無断で使ってオレンジを育ててるから、もらってしまおう」

と木に登りはじめ、20個ほどオレンジを持って帰っていました。

帰りに、偶然オレンジの木のオーナーにあった為、事情を話し、将来的にパン屋をその土地でやる場合には、オレンジの木を抜くか売るかするように話していました。

クマシの中心地からはちょっと遠いですが、近隣には田んぼやカカオ畑などもあり、色々な取り組みができそうなので、是非この土地を前向きに検討できたらと思っています。

工場の建設費用の捻出が問題ですが、まずはワクワクする方向に一歩踏み出して見たいと思います。

また今度があるかはわからない

JUJUBODYの大山です。

ビジネスパートナーのカールのお父さんが亡くなりました。

先日、彼のプロフィール写真が変わったなと、よく見たら、お父さんの写真になっていることに気がつきました。

術後の経過がよくないという話を聞いていたので、すぐに、亡くなったのだとわかりました。

連絡をしたら、「何でわかったんだ?どこから聞いた?」と驚いていましたが、ジャーナリストでテレビの看板番組を持っていたこともあるお父さんは、ガーナでは有名人で、ニュースや新聞でも訃報が流れたそうです。

彼の妹もニュースキャスターなので、とにかく交友関係が広く、次々と見事に絶え間なくやってくる弔問客の対応に、1週間追われたと言います。

ようやく仕事を再開できるようにはなったけれども、唯一の男児である彼が、葬儀の手配も取り仕切るため、手一杯だそうです。

ケタのチーフの家系出身なので、ロイヤルファミリーは、出身地に埋葬するのが伝統だそうです。

アクラで葬儀を行った後、ケタに埋葬し戻ってくる、3日間のお葬式で、少なくとも、800人以上が参列する予定だといいます。

「立場を利用して上手く立ち回って、本当なら私服を肥やしてから退職する人が多いのに、うちの親父ときたら、そういう才能ないから、すっからかんだよ」

と、毒づきながら、そういうお父さんを彼が心の底では尊敬していたことを思い出しました。

70代後半になっても明晰で、毎日、新聞を保管する、ガーナ人とは思えないような几帳面さを持ち合わせた人でもありました。

子供の頃には、本をたくさん読まされたといいますが、彼の英語力が非常に優れているのは、間違いなく、その賜物だと思います。

私が挨拶する間もなく診断のために日本に戻り、半年後に術後ガーナを訪れた際には、「祈っていたんだよ。君は、家族みたいなものだから」と言ってくれたことも思い出しました。

でもそれ以来、いつも時間に追われて、テマに行くには交通渋滞もひどいからと尻込みして、顔を出しに行かなかったことを悔やみます。

私の顔を見たら、ただ、それだけで喜んでくれたろうに。

ジャーナリストだったお父さんは、ガーナ独立期の激動の政情や、アフリカ諸国の内情にも詳しく、宝のような生きた情報をたくさん持っていた人でした。

ゆっくり話すこともなく、もっと、話をたくさん聞いておけば良かった。

「また今度」があるかなんてわからないこと、忘れないようにしたいと思います。

TOPISH Bakery No.80 ~小さな幸せ~

ガーナのパン屋の石本です。
日々大変な事の中にも、小さな幸せがあるもんで、その瞬間に救われている自分がいます。大きなインパクトがなくたって、誰かが自立したり、結婚して家庭を持ったり、そういう時間を一緒に過ごせていることに小さな幸せを感じています。

ここ一年、パン屋を牽引してきてくれているManagerのNana Yawの結婚が決まりました。未来の奥さんも紹介してくれ、来年1/19に結婚式を挙げるそうです。出張の可能性がありますが、出来れば結婚式に参加したいと思います。

また、5年間ずっと一緒にパン屋や米事業を担当してくれているKofiも結婚予定で、7ヶ月後には赤ちゃんも生まれる予定です。今朝、奥さんを連れて挨拶しにきてくれました。奥さんと子供の為にも、さらに頑張らないとね、と発破をかけておきました。

流石に2連ちゃんの結婚式は金銭的にも辛いものがあるのですが、彼らの一世一代のイベントなので、できる限り応援したいと思います。

また、7月に独立したAbrafiから、頑張ってるよ!というメッセージをもらったので、Kofiと一緒に訪問してきました。2年間、独立のために資金を貯めていたAbrafi。最後に足りない資金を提供し、9月から念願の自分の店を構える事になりました。若干資金が足りなかった為、オーブンを作っているメカニックに1万円ほど借金していたのですが、それも無事返済し、「来月からは石本に借りた分の返済もするからね」と嬉しいコメントもありました。

Abrafiは、Susuという貯金協同組合に参加し、毎日毎日100〜200円ずつ貯金しているのでした。そのノートを見た時に、嬉しくて泣きそうになりました。ちゃんと頑張ってるんだなぁと、とても感慨深くなりました。

Abrafiの作ったパンを買いたかったのですが、その日は売り切れてしまっていた為、彼女が焼いたクッキーを全部買わせてもらいました。また、このクッキーが素朴で美味しかったので、また注文したいと思っています。

今、TOPISH Bakeryのスタッフで2人ほど独立して自分の事業を持ちたいという女の子がいる為、その二人についても応援していきたいと思っています。TOPISH Bakeryはパン屋ですが、ここで培った人間関係・信頼により、スタッフたちは各々やりたい事業で独立していきます。パン屋で働いていたって、将来やりたいことは違う事の可能性があるし、それでいいと思っています。これからも皆んなが卒業して、自分ビジネスを作っていってくれることを楽しみにしています。

「西アフリカ由来機能性素材」に注目!?

JUJUBODYの大山です。

先週、アフリカローズの萩生田さんと、ケニア・ナッツ・カンパニーの佐藤さんにお会いしました。

佐藤さん、なんと80歳になられるそうですが、今後、10年、20年の事業について目を輝かせて話していて、私まで元気をもらいました。

やっぱり、「ワクワクすること」を追いかけている人は、若い!

お話をする中で、私ももっと大企業や他社を巻き込んでいくようにしないと、大きなムーブメントを作ることはできないなと思いました。

佐藤さんも、バオバブやモリンガなどのスーパーフードに注目して、新事業を始めるところだそうです。

そんなお話を伺ったあとに、こんな情報が飛び込んできました。

米国ホールフーズマーケット(WFM)の国内外バイヤーや料理専門家を含む50人以上の有識者が、消費者の嗜好や世界中の食品およびウェルネス業界の展示会トレンドを分析し、来年に注目される食品トレンドのトップ10を発表しました。

それによると、第1位となったのは「再生農業」。「再生農業」は土壌や環境に利益をもたらす農業実践を意味し、近年米国では、土壌回復や生物多様性保全など、環境に配慮した生産方法が、消費者の商品選択における重要指標となっていることを理由に挙げています。米国の消費者が健康・栄養食品を購入する際に重視する10項目で、「持続可能性」「クリーンラベル」「ゴミの減量化」などが挙げられており、“環境配慮”に対する消費者意識の高さがうかがえます。

第2位は「機能性代替小麦粉」。タンパク質や食物繊維などを含有する代替小麦粉として、果物や野菜、雑穀由来小麦粉の消費が拡大していると分析。品種別では、テフ粉、カリフラワー粉、バナナ粉、タイガーナッツ粉などが注目されているといいます。

そして、第3位は、なんと「西アフリカ由来機能性素材」。米国の食品マーケットでは、“西アフリカのスーパーフード”として知られているモリンガやフルーツのタマリンドをはじめ、ソルガムきび、フォニョ、テフなどの雑穀がマーケットを賑わせているというのです。

さらに、ピーナッツ、ジンジャー、レモングラスを使用した伝統的な西アフリカ風味の料理人気が消費ニーズを後押ししていると分析しています。

アメリカで流行ったものは、日本でも数年遅れて流行るといいますが、「モリンガ」ブームになるかな?

一過性のブームより、少しずつ着実に広がる方が、生産地にとってもサステイナブルではあるのだけれども。

TOPISH Bakery No.79 ~工場問題再び~

ガーナのパン屋の石本です。

日々色々あるので、最近は色々な感覚が鈍って来ている気がします。図々しく、適当になって来ており、日本人としてのきめ細かさなどが徐々に消えつつあるように思います。どうか、日本人としての「当たり前」を期待しないで頂けると幸いです。

さて、前回投稿にあった、土地のオーナーからの嫌がらせですが、やはりその後次なる一手がきました。

事の経緯は、10月頃に土地のオーナーからうちのスタッフに、「(クリスマス前でお金がないから)家賃2ヶ月分を貸せ。」と迫って来た事に始まります。

家賃はすでに一年分(8月から)前払いしており、また、こちらとしても来年どうなるかもわからない状況なので、ここで家賃2ヶ月分を渡して、追加で2ヶ月賃借期間を延長するのもあまり得策ではなかった為、事業の状況が良くないので、現在貸せるお金はない、と返答したのでした。

その事に腹を立てた土地のオーナーは以下添付のようなレターを送りつけて来たのでした。

敬われるべき年長者がローンをお願いしているのに断るなんて!
外国人で金持っているくせに!
俺が家を貸してやってるから事業ができるんだろう!
汚く使いやがって!(経年劣化です。ローンの話の前には言ってなかったじゃない。)

きっと色んな思いがあるのでしょう。

最近は平穏無事で過ごせるように、2〜3ヶ月に一回挨拶に行ったり、ウィスキーを買って行ったりしていたのですが、このおじいちゃんオーナーは自分の思うように物事が進まないと騒ぎ立てる習性がある様です。

今回もうちのマネージャーから、「またオーナーが手紙持って来たよ。石本どうする?」とメッセージがきた為、

「どうしたらいいと思う?出ていかないとダメなら廃業しないとだね〜。1月末まで待ってくれるらしいし、クリスマスに一稼ぎして、出て行くか?残りの前払いした家賃を返してくれるかな〜。」

とマネージャー達に送ると、翌日

「町内会長に根回しに行って来たのと、友人の弁護士にアドバイスをもらって来た。今回のケースでは、土地のオーナーは賃借人を追い出す事はできないし、俺たちは前払いしているので契約期間満了まではこの工場を使うことができるって。無視してもいいらしいけど、また騒がれると面倒だね。」

との事だったので、友人の弁護士にレターを書いてもらって、こちらからも土地のオーナーに返答する事にしました。基本的に、内容やどのように交渉するかは、マネージャーたちに任せる事にしました。

一方で、Kumasiの中心地から少し外れる場所に、工場と宿舎として十分な大きさのある家を見つけて来たという事だったので、将来的なことも考えて、来週一緒に時期工場候補地を見に行く事にしました。

現在聞いている値段は、土地と建物つきで約300万円。修繕と工場移転費用を考えると350万円ほどは必要になるのではないかと思われます。

これだけの資金を準備する当てがあるわけではないのですが、とりあえず物件を見てみて、自分がその物件を購入してパン屋を継続している絵が見えるか、確認しに行こうと思っています。

クリスマスに向けてか、少しずつ生産量も販売量も回復して来ており、また売掛金管理を厳しくしたこともあって、収益性は改善して来ているので、もう一踏ん張りしたいところです。

思い切って、定期購入スタートしました

JUJUBODYの大山です。

アフリカから仕入れて商品を作る場合、難しいのが製造スケジュール管理です。

時期によっては、空輸なのに1ヶ月かかると言われたり(笑)、賞味期限のあるものなので、多く作り過ぎてもいけないし、なかなかこのさじ加減が難しいのです。

そういうこともあり、都度注文してもらう方が気楽でお客様にも迷惑かけないし良いと思っていたのですが、単品LPのお試しからの定期購入が繁栄する時代。

定期購入を入れると、売上はやはりアップするそうです。

中には、オンラインで注文できずに電話注文される方もいるので、お客様の利便性を考え、思い切って定期購入をスタートしました。

ということは、在庫切れにならないように管理するプレッシャーが増しますが、挑戦してみることにしました。

まだ、スキンケアまではカバーできませんが、モリンガのインナーケア製品に関しては頑張って在庫切れにならないようにマネージメントしていきたいと思います!

4周年を迎え、新体制に

JUJUBODYの大山です。

おかげさまで、JUJUBODYは、10月25日で4周年を迎えました。

起業した会社が1年後に残っている確率は、半分。

3年後に残っている確率は、30%だそうです。

美容業界のことも、小売業界のことも、何もわからないまま、とにかく自分がガーナで出会って感動したものを日本に届けたいと思って始めた、この会社。

無知だったからできた挑戦だったと思います。

会社を登記したのは、退院直後のことで、まだ商品も何もない状態で、自分の意思表明のようなものでした。

がんの転移の可能性が高い中で、思い切って融資をひき、この事業を始めたことが、結果的には、病気に飲み込まれずに、私を助けてくれたのだと思っています。

商品を作ったが最後、マーケティング予算が全く避けない中で、(化粧品メーカーは、ここが命なのに 笑)使ってくださったお客さまが、大事な友人や家族へと伝えてくださった「口コミ」に、助けていただき、ここまでやってこれました。

本当に、応援してくださった皆さまに感謝致します。

JUJUBODYでは、普段、セールをしません。

洋服を買って、買った後に値下げされてしまうとがっかりすることありますよね。


それが嫌なので、適正価格で提供し、いつ買っても同じ値段であるようにという考えからなのですが、新商品を紹介する時や、こういった記念日には、感謝の気持ちを込めて割引クーポンを発行させていただいております。

【クーポンコード】
happy_4 years_anniversary

11月5日まで、JUJUBODY公式オンラインショップ www.jujubody.com にて会員登録後、何度でも利用可能です。

また、毎年、このアニバーサリークーポン発行時に、1万円以上購入された方に、ガーナのアフリカンファブリックを使った雑貨をプレゼントさせていただいております。

これは、もう私が欲しいもの、使いたいものを作るということで、コストは度返しで、お客さまへ、「ありがとう」の意味を込めたプレゼントという想いで作っています。

日本の職人さんに丁寧にハンドメイドしていただいています。
少しでも喜んでいただけたら嬉しいです。

毎年、ガーナ出張時に、アフリカンファブリックを選ぶのですが、カラフルな素敵な柄に囲まれて、この時間はいつもワクワクします。

今回の生地は、実は、色違いではなく、1枚布なのです。

途中から色が変わっていて、柄の出方、組み合わせ、裏には様々なカラー布を使っているので、ほぼ一点ものです。

街でもらったポケットティッシュを入れて、中には、薬や小物も入るので、とっても便利!

ぜひ、この機会に、普段使ったことのない商品も試していただけると嬉しいです。

また、このキャンペーンと同時に、導入したのが、倉庫&配送サービスです。

設立当初から、初めて会員登録しご購入いただくお客様には、手書きのお手紙を同封させていただきました。

オンラインショップ中心の販売で、顧客サービスの部分にあたるので、自社で賄って、そういうサービスを続けたいという気持ちがこれまでは強かったのです。

ただ、私がいなくてもまわる体制を作っていかないと事業の拡大はできないこと、自社での人材確保、育成の難しさ、急激な出荷量の増加にも対応できるような体制を整えることや、在庫スペースの確保などを考慮すると、専門の会社にお任せするのが良いという判断に至りました。

一部、雑貨などはオフィス保管の商品もあり、場合によってはこちらから発送することもありますが、基本的にゆくゆく全て、発送等は、外部の専門会社に委託していきます。

これに伴い、これまでヤマト運輸メインの配送だったのが、佐川急便に変更になりました。

おつきあいさせていただく会社を選ぶのに、10社ぐらい実際にお会いして比較検討させていただきました。

最終的に2社に絞るところまでは簡単だったのですが、最後どうするか・・・で、結局、物流会社出身の若い人達が設立した、小規模の会社に特化した物流会社にお願いすることにしました。

サービスの価格面での競争力ももちろんですが、新しい会社であれば、新規の小さなうちのような会社も大事にしてくれるかなという気持ちと、フレキシブルでコミュニケーションが早いことが大きな決め手になりました。

まだまだ新しい試みで慣れない点もありますが、より良いサービス提供ができるように頑張っていきたいと思います。
 







1 2 3 10