ケニアで注目の農業スタートアップ②

こんにちは、ケニアの玉ねぎおじさんです。

前回に引き続きケニアの農業スタートアップのご紹介をします。

Twiga Foods

Twiga Foodsはケニアのみならず、アフリカを代表する農業スタートアップです。2014年の設立から総額$20.4Mの資金調達を行なっており、最近ではIFCからの資金調達も発表されました。

彼らはバナナをメインに扱った青果の配送業者です。実績としては

2014年のサービス開始以来、8,370人の農家を5,226のベンダーと結びつけ、チームメンバーは400人以上に成長し、2億個のバナナを売却したと言います。上記の大型資金調達により、他の品目にも手を伸ばしており、今では13種類もの青果を取り扱っています。農家と小売業者はTwiga Foodsのwebサイトから登録が可能で、そこから発注、受注を行なっているそうです。

 

ここからは僕の見解です。

Twiga Foodsは名実ともにケニアではトップのスタートアップだと思います。資金調達額、現地での存在感、Founderの資金調達力、それぞれ素晴らしいものだと思います。もちろん彼らも赤玉ねぎを取り扱っているため、既にいくつかの地域でYasaFiとバッティングしています。

その中で僕らが行なっているリサーチでは彼らのオンラインプラットフォームを利用している方の割合は、限りなく0に近い印象です。また、それは彼らのマーケティング不足、ではなく顧客側のITリテラシーの問題の方が多いのではないかと感じています。

なので、個人の見解としてはこのITプラットフォームが広まる2-3年の間に我々はオフラインを中心に顧客の求めるサービスに昇華していき、そこからITを用いて更なる参入障壁を築いていければ考えています。

 

これだけ大きな企業が競合にいますが、彼らがこの市場を独占できるほどインフォーマルセクターの顧客は簡単ではないし、複雑な構造であると考えているため、競合を意識せず顧客と向き合ってサービスの改善をしていくことが我々にとって最善の選択肢であると認識しています。

仕事は結局、使命感

こんにちは、ケニアの玉ねぎおじさんです。

 

「仕事は結局、使命感」だ。と、思っています。

何故そんなことを思っているかというと、強烈な使命感を持って仕事に取り組んでいる人に出会えたからです。4年前にインドに行ってからたくさんの出会いがありました。その全ては自分の刺激になっています。それもそのはずで、1人の例外もなく「日本を離れて、海外でチャレンジする」選択をしているからです。誤解のないように書きますが、海外に来ているから凄い、と言っているわけではなく、その意思決定をしたことに、とても意味があるということです。

 

そんな出会いの中で、改めて自分の仕事への取り組み方を見直す出会いが4年前にインドでありました。それは同年代で海外で第一線で活躍している人との出会いだったんですが、まあそれはもう、人生変えるくらい強烈でした。

 

「自分が成功しないと日本人が海外に希望を持てない」

「日本をなんとかしたい」

「世界における日本のプレゼンスを高めたい」

「経済界にも香川真司が出てこないといけない」

 

こんなこと真顔で言っている人に会ったのは初めてでした。

しかも強烈に使命感と当事者意識を持って。

今の自分はどうなんだ、と。改めて考えました。

全然ダメだな、これは勝てないな、と。自分の視座の低さに呆れました。

それと同時にめちゃくちゃ悔しかったことを覚えています。

 

”「事を成す」。

それは、一生を賭して何かを成し遂げる、ということです。”

 

という孫正義さんの言葉にもありますが、事を成す姿勢はこういうことなんだよな、と改めて感じました。

また、尊敬する方からもらった言葉にも

 

「使命感がなければ、事業なんてやらない方が良い」

 

と言っていただいたことも思い出しました。

使命感を持つためには、マーケットへの理解が必須で、自分の事業がどこに位置するのか、どんな価値があるのかということを認識することが大切です。

それを踏まえて「AMOEBAXのMission, Visionを達成する」、そこに魂を燃やしていきます。

 

今、使命感を持って仕事ができて幸せだなと思っています。

あとはそれを形にするだけです。精進していきます。

人に嫌われることは怖いけど、もっと大切なこともある

こんにちは、ケニアの玉ねぎおじさんです。

今回は僕の仕事観について触れてみたいと思います。

僕は小さい頃から、人に嫌われることが怖くて、嫌われないように生きてきました。と、いうのも末っ子故に周りの顔色を必要以上に窺って育ってきた覚えがあります。

様々な経験をする上で全員に嫌われないようにするってのはもしかしたら、難しい(というよりほぼ無理な)んじゃないか、と感じ始めました。

 

それを一番体感したのは副主将として取り組んだ大学サッカーです。

僕の所属していたチームは東京学芸大学蹴球部というチームで、現在は関東大学サッカーリーグ2部リーグに所属をしています。先輩には日本代表経験のある岩政大樹選手や高橋秀人選手を輩出している、伝統のあるサッカー部です。部員は80名おり、TOPチーム、サテライトチーム、Bチームの3つに分かれて公式戦や、練習を行っていました。

その中で全員が一つの目標にコミットするとこは本当に難しいことでした。

なぜなら部員全員がそれぞれ

「なぜ今、本気でサッカーをやっているのか」

ここの動機が違うからです。

プロを目指している人、教師を目指している人、一般企業に就職したい人、サッカーの指導者で生計を立てていきたい人、などなど、本当に様々な人がいました。

1年生から試合に出る人もいれば、4年間スタンドで応援する人もいるわけです。

この前提条件がある中、部員80名が本当にコミットメント出来る目標設定をする必要がありましたし、決めたからには何があってもやり通す覚悟が必要でした。

今までの人生、部活動では自分の好きなように行動してきましたし、なんなら人を叱責することによって嫌われるなんて、まっぴらだ、くらいに思っていました。

でも、大学サッカーではそれではダメだ、と。

組織で目標を達成するためにはそれだけでは、ダメだと気付けたんです。

自分を育ててくれた組織に対して結果で恩返ししなければいけないと本当に必死でした。自分を信じてくれている後輩、一緒に戦っている同期の為にも、僕が厳しいことを言ったり、厳しい雰囲気を作らなければならないと思っていました。

そして、それを言うに値する行動をとることを常に心がけていました。

同期、後輩、全ての人に問い続けていました。

 

「お前の行動は目標に向かっているのか」

「後輩にどうみられるのか分かっているのか」

「お前の気持ちはわかるけど、お前は今なぜ本気でサッカーをやっているんだ」

 

僕はこれがチームだと思うんです。

それぞれのモチベーションは違うけれど、全員の目標はたった一つだけ。

部員80名に目標を聞いたら、すぐに返事が無ければだめですし、全員が勝ち点を計算(あと何勝したら目標達成だ)となっていなければそれはコミットしているとは言えないんです。

だからこそ、目標の共有はめちゃくちゃ大事でさらに声に出し続けることはもっと大事です。最高学年になるまでの何年かで、目標を口で言わなくなると段々と組織が堕落していくと感じていました。

 

4年生と下級生の考えのすり合わせ、翻訳を僕がやっていました。

僕は色んな人の気持ちをわかることは出来ないけれど、わかろうとする努力は誰よりもしてきた自信があります。

高校時代の恩師の言葉で

「試合に出ている人はスタンドにいる人の気持ちはわからないし、スタンドにいる人は試合に出ている人の気持ちは100%はわからない。けど、それでもわかろうとするのがチームなんじゃないの?」

 

正直言うと、当時はぴんときませんでしたが、今では強烈に胸に残っている言葉です。これって仕事でも一緒だと思うんです。

 

組織というのは色々な人がいます。

色んな価値観があり、色んな考え方があります。

好きな人も違うし、もちろん嫌いな人も違います。

 

でも、その組織が同じ目標を目指すんです。

それって僕はとても素敵だと思うんです。

 

目標を達成する動機はそれぞれ違います。

「自分の成長の為に」

「組織の成長の為に」

「組織が好きだから」

「仲間が好きだから」

などなど。

良いんじゃないでしょうか。動機はなんだって良いと思うんです。

 

リーダーの役割はその動機を最大化することであり、時には人に恐れられる必要があると僕は考えています。

僕の理想のリーダー像は背中で見せる、だけではなく色んな人の考えを繋ぐ潤滑油のような存在です。そこに近づけるように精進していきます。

居心地のいい環境

7月から果物加工事業がKenya Nut社と統合したようなかたちになり、ケニア企業との協働に移行して仕事のやり方・進め方ががらりと変わりました。
この変化に順応し、今はこれからの5年間でどこまでビジョンをかたちにできるかということをワクワク感を抱きながら、任されている分野で周囲に納得してもらう結果を出すことに専念しています。
株主変更に伴う法的な手続きを弁護士に委託していますが、まだ完了していません。作成してもらった書類に依頼した内容とは違う箇所があり、修正してもらう必要があるなど面倒ですが、気合を入れなおして、サクサクと終わらせます。
Management Agreementを結ぶことになっていますが、まだこれからです。利益計算・分配の方法を合意して、関係会社間取引の帳簿をつける必要があるようです。会計士の方に相談しながら、こちらもサクサクとやります。
今年7・8月頃、ケニア企業の社長さんやオペレーション・ファイナンス・テクニカルの3人のダイレクター各々に指導を頂きながら、仕事を進めていく上で感じていたやりにくさは、相談と対話を頻繁にすることで次第に解消されて、今は円滑に進められるようになっています。私が急ぎすぎていたところがあったようで、「君のスピードは早すぎる」とオペレーションダイレクターから言われたこともありますが、徐々に適正なスピード感も体得してきて、今の環境が居心地がよくなってきています。ただ、物足りなさを若干感じるので、今の事業領域に関連する分野で手がけたい事業プランを提案しようと準備もしています。

今年7月から半年間は今後の事業の進め方をじっくり練り直す期間にしようと決めて、最近まで今後の方針がぼやけたなままでした。

ようやく、大きな会社に吸収されるのではなく、こちら側もチームを編成して大企業と協働しながら事業を発展させていく力をつけていこうと決意が固まりました。彼らにない発想と推進力を強みにできればと思います。

やりたいことのひとつが動き出す

2年以上前から着手したいと考えていましたが、情報や資金もなかったので手をつけれなかったブルーベリーの商業栽培が始められる目処がようやくたってきました。

アフリカでは、北アフリカのモロッコと南アフリカでここ数年でブルーベリー栽培がブームとなり、栽培面積が増大しています。北・南アフリカの間のケニアにも約2年前から外国人オーナーの花卉栽培の企業で、ブルベリーの商業栽培が始まっています。
ケニアは赤道直下の国ですが、標高が高く朝晩が冷え込み、リンゴ等の温帯果樹が栽培されている地域もあるので、栽培は可能ではないかと考えていましたが、確証がとれないままでした。
↑9月に先駆者的な農園を視察
今年の7月頃に実際に栽培しているケニアの企業を特定できました。幸運なことに、その企業とKenya Nut社の経営陣がつながりがあったので、テクニカルダイレクターの方に栽培現場を視察する許可をとって頂き、一緒に視察に行きました。その企業は生食用ですが、私たちは全量を加工するために使い競合することはないので、栽培に関する一通りのことを教えて頂きました。
実際にブルベリーを購入して持ち帰り、乾燥加工してみました。将来的な可能性があるという判断を得て、来年度の予算に栽培実験にかかる費用を含めてもらえることになりました。苗を国外から調達することになるので、手元に届くまでには時間がかかりそうです。
ケニア産の希少なブルベリーを栽培する農業プロジェクトが動き出すことは楽しみです!ケニアで育つことは確認できましたが、視察先とは違う地域に栽培するので、栽培してみないと分かりません。今から開始すれば、ケニア国内では3、4番目くらいになると思います。
他にもやりたいことがあるので、タイミングを見極めながら周囲を巻き込んで進めます♪

スタートアップ投資事情とイベント情報

ケニアの商工会の定例会で、ケニアのスタートアップ事情/イベント情報ということでお二人の方の話をお聞きしましたので、簡単に要点を共有します。

Leapfrog Venturesの寺久保さん
アジアでは大企業が参入した後にスタートアップが活発になったが、アフリカではそれとは逆で、スタートアップが経済の発展を牽引する重要な役目を担うという見解をお持ちで、アフリカでテック系スタートアップ200社への投資を実施していき、コミュニティーやデータベースの構築や日本企業とスタートアップとの連携を進めていくとのことでした。
産業×テクノロジーという視点は大事ですね。
12/7に大規模なスタートアップカンファレンスをナイロビで開催されるそうです。
intellecap社のArielleさん
設立間もない起業家を支援するアクセラレーターという業種で、network、capital、knowledgeを提供するインド系企業です。
第6回目のSankalp learning journeyというプログラムとフォーラムが2月後半にナイロビで開催されます。約1,000人が参加し、60%がアフリカからの起業家で、40%が海外からのアーリーインベスターだそうです。
 今回のプレゼン資料は商工会内でデータ共有されています。また、JETROケニア事務所では、来月からアフリカニュースに加えて、スタートアップ情報の配信が始まるそうです!

創業時の自分に言いたい心得

起業したい人へのアドバイスというような大それたことは言えませんが、2014年に創業した頃の自分に心得として言いたいことをあげるとすると、次の4点です。

・強固なビジネスパートナーシップを構築する。
・優秀な人材を確保してチームを形成する。
・分からないことは闇雲にやらず、成果を出している人の話を聞いて、徹底的に検証して実践する。
・できないことはできるようになるまでやり続ける。
幾度の危機を乗り越えて、幸いなことに今日まで続けてこれたので、これからも日々学びながら、納得のするところまでやり続けます!

4年間の日本人起業家が設立したケニア法人数の推移

今回は日本人起業家が設立したケニア法人数の推移に関して書いてみたいと思います。
ケニアで法人登録する起業家、ビジネスをしたいと調査にやってくる個人、日本企業進出のお手伝いをする開発コンサルタント、ビジネスを学びたい大学生インターンが増えてきていると感じています。
私が起業した2014年から昨年までに、日本人起業家がケニアで法人登録した会社数を書き出しました。誤りはあるかもしれないですが、大体こんな感じではないでしょうか。
(日本法人の現地法人として登録された会社は除いています。)
2014  2社
2015    3社
2016  1社
2017  3社
2014~2017年の4年間で計9社で、毎年平均2.25社のペースで設立されています。
暫くはこのペースで増加すると仮定した場合、2018年から2020年の3年間で7社増え、2020年末には2014年以降に日本人起業家が設立した会社の総数は、16社に到達するのではないかと予測します。(単純計算ですが。)
ケニアでの事業運営における成功・失敗事例が毎年蓄積されていくことでより新たに参入される起業家の方にとってより良い環境が整うことや、バックグラウンドや個性の違う人たちが交じり合い、アフリカ社会に有益な産業の発展に貢献していくことを期待しています。
私自身も最善を尽くします。
勢いのある起業家の玉ねぎの流通事業をしている河野さん(写真左)と奥さん(写真右)のお宅訪問したときに玉ねぎポーズで撮影。

マンゴーバリューチェーンのフォーラムに参加して

先週、IGD(Initiative for global development)というワシントンD.Cに本部がある団体とロックフェラー財団が主催するケニアのマンゴーバリューチェーンに関わるプレイヤーが集まる第4回目のフォーラムに招待され参加しました。

マンゴーの輸出業者、加工業者、NGO、研究者、投資会社、テクノロジー企業、欧米のビジネスコンサル会社などから約40人が集まりました。

内容はEUマーケットへのアクセス、最新のテクノロジー、ファイナンスへのアクセスの3本柱で構成され、最後には今後に向けて、ケニアのマンゴー産業がより発展していくための’’コラボレーション’’の重要性を確認し、主催者側は積極的に後押ししていくということで閉会しました。

マンゴー産業に関わる人たちに限定されており、繰り広げられる議論や提供される情報もビジネスに直結することが多く有意義でした。

同じティカに製造拠点をおく、ドライフルーツを製造販売する競合2社とも情報交換をしました。競合の1社はイギリス人夫婦とフィリピン人女性の三人が共同経営している会社で、ケニアの外国人居住者をターゲットにしているだけでは市場規模が小さいので、ケニア人消費者にも積極的にアプローチをして、国内での売上を伸ばしているそうです。彼らの方が年齢もずっと上で、外部組織との良好な関係性を築き、資金や技術面での支援を上手に活用されています。その点は見習いたいです。

参加者の中には、私よりもちょうど10年早くケニアで起業したドイツ人女性もいました。彼女は唐辛子を輸出するビジネスを軌道にのせて、2つ目の事業として、農産物を農家から買い取る企業向けの原料買取を円滑にするためのソフトウエア販売事業をアフリカ6カ国に展開しているとのことでした。

井の中の蛙大海を知らずとならないように、果物産業に携わっているケニアや欧米資本の企業のなかで自分たちがどのポジションに現状いて、どこを目指すのかということをより意識しようと思いました。

ケニアに行ってきました!

どうも、Food for Future Plcの竹重です。

 

さて、先日からちょこちょこご報告させていただいていた通り、エチオピア国内では、新政権による汚職撲滅に伴い、政府の高官の逮捕が相次いでいます。

 

僕が事業予定地として、土地の交渉を進めている南部諸民族州シダマも例に漏れず、投資局長が逮捕されたのが、1ヶ月前になります。

 

エチオピアの新年(9月11日)とも合間って当面動かないだろうとの観測から、ケニアの酪農の視察もかねて2週間ほどケニアに行ってきました。

 

 

佐藤さんからの助言

 

今回のケニア渡航では、アントレアフリカの選考委員も務めるアフリカビジネスの第一人者佐藤さんにもお会いすることができました。

 

現状、土地の収容に苦戦している私ですが、たくさんのアドバイスをいただき、また、佐藤さんが現在進めているプロジェクトサイトまで案内していただきました。

佐藤さんの手がける現場にて

内容については、これからの行動と共に示していけたらなと思っています。

 

どうしても、エチオピアの片田舎で1人黙々と交渉を進めていると視野が狭まってしまいますが、視野を広げて、問題解決に全力を尽くしていきたいなと思います!

 

 

酪農組合

 

今回のケニア滞在でケニアの酪農事業の発展ぶりに隣国エチオピアとの圧倒的な格差を感じました。

酪農組合の集乳所にて

中でも、酪農組合のしっかりとした組織、酪農が産業としてきっちりと根付いていることを実感しました。

 

事業の実現に向けて、小規模農家からどのように生乳を回収しているのかというのは大きなポイントになるのですが、その辺りの品質管理について集乳プロセスに同行してしっかりと学ぶことができました。

こんな感じで近所の人たちが牛乳を売りにやってくる。

仕組みもきっちりとしていて、やっぱり全然違いますね。。。。

 

エチオピアから見るとケニアは20年くらいは先を行っている先進国と行った印象でした。

*ケニアも汚職をはじめ行政機関での手続きについては、まだまだたくさん問題を抱えているようですが。。。

 

 

チーズ工房

 

ケニア国内でもっとも品質の高いチーズを作っていると思われるチーズ工房Brown’s Cheeseにも行ってみました。

おしゃれなチーズ工房

工場見学については、常時一般にもオープンにしているようです。

 

スーパーにも専用の陳列棚を持っていたり、直営店舗をオープンしていたりとケニアでチーズ工房を始めてから40年が経っているようですが、すごいなと、素直に感動。

いろんなチーズを作ってますね!びっくり!!

エチオピアでも彼らに負けないくらいのチーズを作ってみたい。。。

 

まずは、土地の収容をはじめ、目の前の問題に対してもう少し視野を広げて取り組んでいこうと思います!

 

昨日、久々に我が家に戻ってきましたが、こっから気合いを入れ直して、頑張ります!!!!

 

1 2 3 12