居心地のいい環境

7月から果物加工事業がKenya Nut社と統合したようなかたちになり、ケニア企業との協働に移行して仕事のやり方・進め方ががらりと変わりました。
この変化に順応し、今はこれからの5年間でどこまでビジョンをかたちにできるかということをワクワク感を抱きながら、任されている分野で周囲に納得してもらう結果を出すことに専念しています。
株主変更に伴う法的な手続きを弁護士に委託していますが、まだ完了していません。作成してもらった書類に依頼した内容とは違う箇所があり、修正してもらう必要があるなど面倒ですが、気合を入れなおして、サクサクと終わらせます。
Management Agreementを結ぶことになっていますが、まだこれからです。利益計算・分配の方法を合意して、関係会社間取引の帳簿をつける必要があるようです。会計士の方に相談しながら、こちらもサクサクとやります。
今年7・8月頃、ケニア企業の社長さんやオペレーション・ファイナンス・テクニカルの3人のダイレクター各々に指導を頂きながら、仕事を進めていく上で感じていたやりにくさは、相談と対話を頻繁にすることで次第に解消されて、今は円滑に進められるようになっています。私が急ぎすぎていたところがあったようで、「君のスピードは早すぎる」とオペレーションダイレクターから言われたこともありますが、徐々に適正なスピード感も体得してきて、今の環境が居心地がよくなってきています。ただ、物足りなさを若干感じるので、今の事業領域に関連する分野で手がけたい事業プランを提案しようと準備もしています。

今年7月から半年間は今後の事業の進め方をじっくり練り直す期間にしようと決めて、最近まで今後の方針がぼやけたなままでした。

ようやく、大きな会社に吸収されるのではなく、こちら側もチームを編成して大企業と協働しながら事業を発展させていく力をつけていこうと決意が固まりました。彼らにない発想と推進力を強みにできればと思います。

やりたいことのひとつが動き出す

2年以上前から着手したいと考えていましたが、情報や資金もなかったので手をつけれなかったブルーベリーの商業栽培が始められる目処がようやくたってきました。

アフリカでは、北アフリカのモロッコと南アフリカでここ数年でブルーベリー栽培がブームとなり、栽培面積が増大しています。北・南アフリカの間のケニアにも約2年前から外国人オーナーの花卉栽培の企業で、ブルベリーの商業栽培が始まっています。
ケニアは赤道直下の国ですが、標高が高く朝晩が冷え込み、リンゴ等の温帯果樹が栽培されている地域もあるので、栽培は可能ではないかと考えていましたが、確証がとれないままでした。
↑9月に先駆者的な農園を視察
今年の7月頃に実際に栽培しているケニアの企業を特定できました。幸運なことに、その企業とKenya Nut社の経営陣がつながりがあったので、テクニカルダイレクターの方に栽培現場を視察する許可をとって頂き、一緒に視察に行きました。その企業は生食用ですが、私たちは全量を加工するために使い競合することはないので、栽培に関する一通りのことを教えて頂きました。
実際にブルベリーを購入して持ち帰り、乾燥加工してみました。将来的な可能性があるという判断を得て、来年度の予算に栽培実験にかかる費用を含めてもらえることになりました。苗を国外から調達することになるので、手元に届くまでには時間がかかりそうです。
ケニア産の希少なブルベリーを栽培する農業プロジェクトが動き出すことは楽しみです!ケニアで育つことは確認できましたが、視察先とは違う地域に栽培するので、栽培してみないと分かりません。今から開始すれば、ケニア国内では3、4番目くらいになると思います。
他にもやりたいことがあるので、タイミングを見極めながら周囲を巻き込んで進めます♪

スタートアップ投資事情とイベント情報

ケニアの商工会の定例会で、ケニアのスタートアップ事情/イベント情報ということでお二人の方の話をお聞きしましたので、簡単に要点を共有します。

Leapfrog Venturesの寺久保さん
アジアでは大企業が参入した後にスタートアップが活発になったが、アフリカではそれとは逆で、スタートアップが経済の発展を牽引する重要な役目を担うという見解をお持ちで、アフリカでテック系スタートアップ200社への投資を実施していき、コミュニティーやデータベースの構築や日本企業とスタートアップとの連携を進めていくとのことでした。
産業×テクノロジーという視点は大事ですね。
12/7に大規模なスタートアップカンファレンスをナイロビで開催されるそうです。
intellecap社のArielleさん
設立間もない起業家を支援するアクセラレーターという業種で、network、capital、knowledgeを提供するインド系企業です。
第6回目のSankalp learning journeyというプログラムとフォーラムが2月後半にナイロビで開催されます。約1,000人が参加し、60%がアフリカからの起業家で、40%が海外からのアーリーインベスターだそうです。
 今回のプレゼン資料は商工会内でデータ共有されています。また、JETROケニア事務所では、来月からアフリカニュースに加えて、スタートアップ情報の配信が始まるそうです!

創業時の自分に言いたい心得

起業したい人へのアドバイスというような大それたことは言えませんが、2014年に創業した頃の自分に心得として言いたいことをあげるとすると、次の4点です。

・強固なビジネスパートナーシップを構築する。
・優秀な人材を確保してチームを形成する。
・分からないことは闇雲にやらず、成果を出している人の話を聞いて、徹底的に検証して実践する。
・できないことはできるようになるまでやり続ける。
幾度の危機を乗り越えて、幸いなことに今日まで続けてこれたので、これからも日々学びながら、納得のするところまでやり続けます!

4年間の日本人起業家が設立したケニア法人数の推移

今回は日本人起業家が設立したケニア法人数の推移に関して書いてみたいと思います。
ケニアで法人登録する起業家、ビジネスをしたいと調査にやってくる個人、日本企業進出のお手伝いをする開発コンサルタント、ビジネスを学びたい大学生インターンが増えてきていると感じています。
私が起業した2014年から昨年までに、日本人起業家がケニアで法人登録した会社数を書き出しました。誤りはあるかもしれないですが、大体こんな感じではないでしょうか。
(日本法人の現地法人として登録された会社は除いています。)
2014  2社
2015    3社
2016  1社
2017  3社
2014~2017年の4年間で計9社で、毎年平均2.25社のペースで設立されています。
暫くはこのペースで増加すると仮定した場合、2018年から2020年の3年間で7社増え、2020年末には2014年以降に日本人起業家が設立した会社の総数は、16社に到達するのではないかと予測します。(単純計算ですが。)
ケニアでの事業運営における成功・失敗事例が毎年蓄積されていくことでより新たに参入される起業家の方にとってより良い環境が整うことや、バックグラウンドや個性の違う人たちが交じり合い、アフリカ社会に有益な産業の発展に貢献していくことを期待しています。
私自身も最善を尽くします。
勢いのある起業家の玉ねぎの流通事業をしている河野さん(写真左)と奥さん(写真右)のお宅訪問したときに玉ねぎポーズで撮影。

マンゴーバリューチェーンのフォーラムに参加して

先週、IGD(Initiative for global development)というワシントンD.Cに本部がある団体とロックフェラー財団が主催するケニアのマンゴーバリューチェーンに関わるプレイヤーが集まる第4回目のフォーラムに招待され参加しました。

マンゴーの輸出業者、加工業者、NGO、研究者、投資会社、テクノロジー企業、欧米のビジネスコンサル会社などから約40人が集まりました。

内容はEUマーケットへのアクセス、最新のテクノロジー、ファイナンスへのアクセスの3本柱で構成され、最後には今後に向けて、ケニアのマンゴー産業がより発展していくための’’コラボレーション’’の重要性を確認し、主催者側は積極的に後押ししていくということで閉会しました。

マンゴー産業に関わる人たちに限定されており、繰り広げられる議論や提供される情報もビジネスに直結することが多く有意義でした。

同じティカに製造拠点をおく、ドライフルーツを製造販売する競合2社とも情報交換をしました。競合の1社はイギリス人夫婦とフィリピン人女性の三人が共同経営している会社で、ケニアの外国人居住者をターゲットにしているだけでは市場規模が小さいので、ケニア人消費者にも積極的にアプローチをして、国内での売上を伸ばしているそうです。彼らの方が年齢もずっと上で、外部組織との良好な関係性を築き、資金や技術面での支援を上手に活用されています。その点は見習いたいです。

参加者の中には、私よりもちょうど10年早くケニアで起業したドイツ人女性もいました。彼女は唐辛子を輸出するビジネスを軌道にのせて、2つ目の事業として、農産物を農家から買い取る企業向けの原料買取を円滑にするためのソフトウエア販売事業をアフリカ6カ国に展開しているとのことでした。

井の中の蛙大海を知らずとならないように、果物産業に携わっているケニアや欧米資本の企業のなかで自分たちがどのポジションに現状いて、どこを目指すのかということをより意識しようと思いました。

ケニアに行ってきました!

どうも、Food for Future Plcの竹重です。

 

さて、先日からちょこちょこご報告させていただいていた通り、エチオピア国内では、新政権による汚職撲滅に伴い、政府の高官の逮捕が相次いでいます。

 

僕が事業予定地として、土地の交渉を進めている南部諸民族州シダマも例に漏れず、投資局長が逮捕されたのが、1ヶ月前になります。

 

エチオピアの新年(9月11日)とも合間って当面動かないだろうとの観測から、ケニアの酪農の視察もかねて2週間ほどケニアに行ってきました。

 

 

佐藤さんからの助言

 

今回のケニア渡航では、アントレアフリカの選考委員も務めるアフリカビジネスの第一人者佐藤さんにもお会いすることができました。

 

現状、土地の収容に苦戦している私ですが、たくさんのアドバイスをいただき、また、佐藤さんが現在進めているプロジェクトサイトまで案内していただきました。

佐藤さんの手がける現場にて

内容については、これからの行動と共に示していけたらなと思っています。

 

どうしても、エチオピアの片田舎で1人黙々と交渉を進めていると視野が狭まってしまいますが、視野を広げて、問題解決に全力を尽くしていきたいなと思います!

 

 

酪農組合

 

今回のケニア滞在でケニアの酪農事業の発展ぶりに隣国エチオピアとの圧倒的な格差を感じました。

酪農組合の集乳所にて

中でも、酪農組合のしっかりとした組織、酪農が産業としてきっちりと根付いていることを実感しました。

 

事業の実現に向けて、小規模農家からどのように生乳を回収しているのかというのは大きなポイントになるのですが、その辺りの品質管理について集乳プロセスに同行してしっかりと学ぶことができました。

こんな感じで近所の人たちが牛乳を売りにやってくる。

仕組みもきっちりとしていて、やっぱり全然違いますね。。。。

 

エチオピアから見るとケニアは20年くらいは先を行っている先進国と行った印象でした。

*ケニアも汚職をはじめ行政機関での手続きについては、まだまだたくさん問題を抱えているようですが。。。

 

 

チーズ工房

 

ケニア国内でもっとも品質の高いチーズを作っていると思われるチーズ工房Brown’s Cheeseにも行ってみました。

おしゃれなチーズ工房

工場見学については、常時一般にもオープンにしているようです。

 

スーパーにも専用の陳列棚を持っていたり、直営店舗をオープンしていたりとケニアでチーズ工房を始めてから40年が経っているようですが、すごいなと、素直に感動。

いろんなチーズを作ってますね!びっくり!!

エチオピアでも彼らに負けないくらいのチーズを作ってみたい。。。

 

まずは、土地の収容をはじめ、目の前の問題に対してもう少し視野を広げて取り組んでいこうと思います!

 

昨日、久々に我が家に戻ってきましたが、こっから気合いを入れ直して、頑張ります!!!!

 

「アフリカの発信」における闘争 // 発信意義

わたしは、仲間とともに、「アフリカの視点で世界を刺激するバイリンガル・メディア」の展開を予定している。これまでも、ブランド事業や、日本版「WIRED」や、Forbes、Be inspiredなどのメディアを通じて、様々なアフリカの視点を紹介する記事を執筆してきた。しかしまだ足りていない。

なぜ、いまアフリカを視点を発信する必要があるのか。

 

「シングル・ストーリーの危険性」

世界的に著名なナイジェリア人作家、チママンダ・アディーチェは、「シングルストーリーの危険性」について指摘する。アフリカに関する報道が、貧困や紛争など「悲劇」に結びついているものにあまりに偏っている現状に対して警告する。「シングルストーリーは、人間の尊厳を奪う」と彼女はいう。アフリカは多くの場合、「(社会)課題」や「課題解決」の文脈で扱われる。アフリカ人の個々のアイデンティティや主体性は背後に押しやられ、「貧困」や「雇用」といった経済社会的な枠組みの中でラベリングされがちだ。

多様な国や文化によって形成されるアフリカに関する英語報道は増えてきているものの、まだアフリカの現状と世界の人々の認識には大きなギャップがある。日本語の文脈においては、さらにギャップは大きい。過去数年、アフリカ系デザイナーとのブランド構築事業を手がける中、日本でもポップアップショップやイベントを開催してきたが、多くの日本人にとってまだまだアフリカは遠く、無関係な存在で、同時代のアフリカに対する情報があまりに乏しいことが明らかだ。アフリカ人にとっても、アフリカ外にとっても「もったいない」かつアンフェアなこの現状をなんとかしたいと思っている。

 

若者が牽引する、枠にとらわれない視点

アフリカ大陸の人口の平均年齢(中央値)は、19.5歳。12.6億人の6割が、25歳以下の若者だ。若者は既成概念にとらわれず、新しいモノ・やり方を生み出すエネルギーに溢れている。外国人などよそ者に対してもオープンなことが多く、クレイジーなアイディアを試したり、「ノリ」で新しい挑戦をしたがる傾向にある。新しい技術やアイディアの導入に対しても抵抗を感じにくい。世界がダイナミックに変化するなかで、アフリカの若者と連携して、未来をつくっていくことに可能性を見出している。

 

アフリカ視点のカルチャーの輸出、ソフトパワー強化

過去数年、南アフリカやケニヤなどに定期的に渡航するなか、特にクリエイターたちの動きに魅了されてきた。クリエイターとは、主に、デザイナーや写真家、シェフなどカルチャー産業に貢献する起業家たちだ。植民地支配、アパルトヘイトを始めとする人種差別、国際援助などのシステムのなかで、アフリカ系の人々はアイデンティティの葛藤を持ち続け、プライドを持てなかった。前述のクリエイティブ系起業家たちが、カルチャーを再構築し、アフリカをグローバルに誇れるブランド(=高付加価値商品)として輸出することは、経済的な繁栄と社会的な安定に貢献しつつある。彼らのようなクリエイティブ起業家のストーリーを輸出することで、アフリカのソフトパワーの強化に寄与したい。

事業モデルとしては、アフリカ進出をすでに果たしている企業もしくは、進出に興味がある企業とのパートナーシップで、彼らの事業展開のストーリーの展開の対価としてのスポンサーシップの獲得を目指す。ウェブ発信については、読者からのサブスクリプションモデルも検討する。

 

 

ケニアでの玉ねぎ事業を始めるまで

こんにちは。ケニアの玉ねぎおじさん河野です。

今回は本事業の意義や選定理由について書いていければと思います。

 

ケニアの農産業市場は3兆円

ケニアの農産業は現時点で約3兆円あると言われており、さらに2030年には10兆円程になる見込みです。

また、生鮮食品の流通においては大手小売り(スーパー、ハイパーマーケット等)が参入してきてはいるものの、依然として路上で小売業を営んでいる人から購買する人がまだ大多数のマーケットです。

ストリートベンダーの様子

ストリートベンダーとの写真

ケニアの生鮮食品市場の課題とは?

・生鮮食品の流通において、中間マージンを大きく取るブローカーが多くいること

・プロ―カーは利幅が大きくとれることもあり、ほとんどが個人で活動しており、組織化されていない​​

・農家やメインの顧客であるストリードベンダーがトラック等への投資ができないため、ブローカーとの交渉では足元を見られて適正価格での取引ができていない

・ブローカーは食料用の倉庫をもっていなく卸売マーケットでのトラックからの売り切りのスタイルが主流なため、農家からの価格の変動を受けやすい

・小売店まで直接配送するサービスがないこと。卸売マーケットまでいかなければ値段も品質もわからない

卸売市場の様子

 

課題をどう解決しているか?

「YasaFi」としては大きく分けて2つの機能があります。

1つ目は倉庫機能です。

常時一定数の買い付けを常に農家から行うことができ、雨季等による価格の変動にも対応できるようになります。また倉庫内で顧客が求めている品質やサイズの選定を行い、品質管理の徹底を行なっています。

自社倉庫1,2階

自社倉庫3,4階

 

2つ目は配送機能です。

通常、ケニアにいるストリートベンダーは、野菜の卸売りマーケットまで毎朝足を運び、野菜を購入しているが、「YasaFi」はドライバーと一緒にローカルマーケットまで行き、赤玉ねぎをストリートベンダーに直接販売しています。毎朝前日に決めたルートでそれぞれのマーケットを回り、赤玉ねぎを量り売りで販売し、マーケットにつくとトラックの周りにストリートベンダーが集まり、一人づつ販売対応を行なっています。

マーケット毎に社内で情報を整理して、適した曜日、時間帯に赤玉ねぎを配送している。この曜日の、この時間にYasaFiの配送トラックが来ると認識させることで、ストリートベンダーが卸売りマーケットや他社から赤玉ねぎを買ってしまうのを防いでいます。それらに加え、SMS (携帯電話のテキストメッセージ) で販売価格についての情報を提供したり、SMSもしくは電話で前もってオーダーを取っています。

玉ねぎを配送のトラックに載せている

量り売りをしている様子

将来的には全ての生鮮食品を扱いたいと思っていますが、まずはケニア内で消費量1,2位を争う赤玉ねぎから事業を開始しました。まずは、赤玉ねぎで市場を獲得し、自社オペレーションを強化したのちに多品目展開も進める予定でこの領域で事業を決定しました。

 

次回は本事業の規模感やどれだけのユーザーに支持をされているかについて、書いていきたいと思います。

社名、サービス名に込めた思い

こんにちは、ケニアの玉ねぎおじさん河野です。

今回はタイトルにあるとおり社名とサービス名に込めて思いを書こうと思います。

 

まずは社名の「AMOEBAX LIMITED」について

1, 社員について

生物のアメーバのように自律的に動け、判断できる人になってほしい。また、自社で働いた後には自分自身で新しく会社や事業を自分自身で立ち上げることのできる人になってほしい。

2, 自社サービスについて

社内で自律的に複数のサービスを運用できる体制にしたい。

3, ロゴについて

日本の国旗をベースにアメーバの細胞分裂をイメージして作成

 

 

現在、自社の1つ目の事業として赤玉ねぎの卸売から始めている「YasaFi」というサービスです。

日本語の野菜「ヤサイ」とケニアの公用語であるスワヒリ語の「ya safi」クリーンな、新鮮なという意味を掛け合わせてネーミングをしました。

 

*本当は「Yasai」で始めようとしたのですが、顧客にたくさんヒアリングしたのですが、上手く伝わらなかったのでやめました。

 

次は「YasaFi」の事業について書いていきたいと思います。

 

 

 

1 2 3 4 5 14