産業用電気の開通

ブリケット試作の為の粉砕機の導入に伴い、産業用電気の申請を開始して以来3ヵ月たち昨日やっと開通しました。12月上旬には開通させる予定で機械を設定してから1ヵ月半経ち、クリスマス前の無料サンプル配布計画もできませんでした。

今回は電気工事がこんなに遅れてしまった理由を私なりに分析・反省してみました。以前のブログにはモザンビークの国営電機会社EDMのDoing Business評価が低いことなどを書き綴りましたが、一番の理由は私の判断ミスだと思います。

今回の産業用電気申請は現在の事務所の大家であるモザンビーク人の名義で行っており、電気技師でもある彼に電気関連作業と同時に申請代理もお願いしていました。その彼との接し方を間違えたことが最大の原因です。

苦労の末に申請書類が揃い、申請費用を代理人に渡したのが11月末。首を長くして待っていたにも関わらず、12月上旬から1月中旬にかけて電気会社からの連絡が全くなく業を煮やしていました。代理人に進捗を聞いても煮え切らないことを言うばかりで、最後には仲介人に約200ドルの賄賂を支払うしか即日繋げる方法はないと言い始めました。

そんな多額を支払う気になれず、申請手順を確認しにEDM支店に行きました。その結果、開通工事は書類提出並びに申請費用支払いから原則7日以内となっていると判明しました。

問い詰められた大家は申請費用を使いこんでしまったので、書類の提出すらしていなかったことが分かりました。EDM仲介人が要求してきた額を2倍にして私達に伝えることで、自身の使い込みを闇に葬り去ろうとしたようです。

大家が握り潰してした申請を引き継いで2週間で電気が開通しました。この際には友人のアドバイスがあり”自分はEDM役員の友人だ”とはったりをかましました。

それまで大家は『外国人の申請だとわかると巨額の賄賂を要求されるから、自分が前面に出てうまく運んでやる』と言い、いかにEDMがひどい機関かを長々と説いていました。それを真に受けて私はEDMに足を運んだこともありませんでした。

アフリカで活躍する事業家金城拓真さんの『「世界」で働く。 アフリカで起業し、50社を経営する僕が大切にしていること』という本を読んだときに”現地人同士でしか開かない扉もあれば、外国人にしか開かない扉もある”という内容の事が書いてありました。

モザンビークに来てからこの言葉の意味を考える機会が度々あります。弊社だと原料買付などは私の存在は完全に隠しています。一方で政府や現地企業の重役と会う機会などがあると、日本人であることが利点になっていると感じます。EDM申請ではこの扉の使い分けを間違ったと思います。

いくら外国人が前面にでると良くないと言われても、私が彼と一緒に前面に出てEDMと繋がり状況をコントロールするべきだったのです。EDMはあくまで国の正式な機関ですし、電気工事の遅れについて責任をとるのは私達自身だからです。

これからは外国人である自分が前面に出るべき場面とそうでない場面を的確に判断して、出るべき場面では相手とキチンと関係構築できる力を身に着けていきたいと思います。

 

 

 

 

南アフリカに行ってきました

4日間で南アフリカの首都プレトリアと隣接するヨハネスブルクに行ってきました。
マプトからは年末の帰省を終えて南アフリカでの仕事に帰っていくモザンビーク人達と一緒に所要12時間の夜行バスに乗りました。

東南部アフリカは計6カ国(モザンビークを含めて)訪れた私達ですが南アフリカは初めてで緊張がありました。特にヨハネスブルグについては地球の歩き方に『日中も徒歩は避けるべき』と書いてあったり、南アフリカ系移民の友達には夜間信号待ちは強盗にあう恐れがあるから無視すると聞いたり危険なイメージを強く持っていました。

プレトリアとヨハネスブルグはGAUTRAINという新幹線のような電車で繋がれた巨大な連合都市のように感じました。GAUTRAINのヨハネスブルグ側の終点PARK駅 からプレトリア側の終点HATFIELD駅に向かう車窓からは街並みが徐々に綺麗になっていくのが分かります。ヨハネスブルグ在住の方の話ではアパルトヘイト前に経済中心地として栄えたPARK駅付近の治安が独立後に悪化し、企業の多くがプレトリア側のROSEBANKやSANDTONに拠点を移動させてきたそうです。

gautrain (Gautrain)

sandton

(SANDTON の Nelson Mandela Square にて。巨大なショッピングモールです。)

今回の南アフリカ訪問には弊社商品のパッケージ発注先を決めるという目的がありました。商品化の際には当社ロゴや宣伝を印刷した米袋(80KG)と着火剤販売用の小型の箱を用意する予定でいます。

何社が探した結果、マプトにはこれら パッケージ印刷(Product Printing)を扱う店がとても少ないのです。米袋印刷は皆無で、箱印刷は1件見つかりましたが一箱 180 Metical(約250円)という価格です。

マプトの企業の大多数はヨハネスブルグ付近の企業に印刷関係を発注するようで、私達が訪れた企業では9割がモザンビーク売上といケースもありました。印刷会社の方は『マプトにはパッケージ印刷を発注するような企業が少ないから、機械を輸入して起業しても採算が合わないんでしょうね』とのこと。周辺サービスの多くを南アフリカに発注する構造のためにマプトでの製造業はコストが高く、企業競争力が減る。スーパーに行くとモザンビークで製造した製品が著しく少なく、輸入品を買う経済的余裕のない庶民の暮らしはなかなか豊かにならないのだと思います。当社はそんなモザンビークに産業を興す波に加わるべくして参入しているのでくじけません。(パッケージは輸入せざるを得ませんが)

そんな南アフリカ来訪で意外だったことを幾つか挙げてみたいと思います。

① 水道水が飲める! ⇒ 南アフリカは世界でも有数の安全に水道水を飲める国だそうです。

② 新幹線のような GAUTRAIN が快適! ⇒ 構内では水を飲むことも禁止されており、とても綺麗。10分毎に規則正しくやってきます。

③ ヨハネスブルグとプレトリアが全然違う! ⇒ 上記の通りですがHATFIELD周辺はアメリカの閑静な郊外にも似た印象を受けました。そして安全です。

④ 早朝6時のスポーツクラブが盛況! ⇒ 私達を泊めてくれた友人も含めて朝6時から出勤前にジムで運動する人で一杯でした。

ちなみに私達の連れていってもらったスポーツクラブはVIRGINグループの経営でした。南アフリカにはVIRGIN航空、VIRGINモバイルも展開しておりVIRGINグループの投資が目立っていました。

南アフリカ滞在は泊めてくれて友人のおかげで予想を超えてとても楽しい時間になりました。ありがとう!

pic-sa pic-sa1

(日本で英語を教えていた友人。現在は日本関連の企業に勤めながらキャリアに磨きをかけています。朝5時に起きてジムに行き、元気よく出勤する明るい彼女には沢山刺激を受けました。)

新商品を作っています

あけましておめでとうございます。最近のモザンビークでは暑い日々が続き、気温が上がりきった時点で雨が降り涼しくなるという天気のサイクルが続いています。クリスマス・イブは嵐のような雨でしたが、クリスマス当日は涼しく過ごしやすい天気でした。年越しは晴天でした。

近いうちに弊社の主力商品ブリケットに加えたラインナップとして、着火剤の販売を始める予定です。本来、ブリケットを販売後に着手するつもりだったのですが産業用電気の開通を待つこと1ヵ月以上経ち、前倒しで開発を始めました。

材料としては木屑粉とパラフィンです。木屑粉は地元の製材所から購入しています。粉状の木屑は養鶏場やセラミック工場が買い取っていくそうで既存価格で買取りました。

試作した着火剤を使ってみたところ、便利!我が家はモザンビークに来てからはガスコンロを買わず毎日炭またはブリケットで調理しているのですが、着火は特に雨の日など面倒なのです。

モザンビーク人のお母さん達は確かにすごく炭に火を熾すのが早いのですが、それでもビニール袋や紙や小枝を集めてきて燃やす作業があります。スタッフの奥さんはフルタイムで働いている美容師なのですが、着火剤をすごく気にいってくれたとそうです。一昔前灯油価格が高騰する前は、着火用に灯油を常備している家も少なくなかったそうです。

比較的製造が簡単なこともあり、全員で形状やパッケージなどアイデアが沢山出てきました。『ターゲットは女性だから素敵な形にしよう』とか『素敵な箱に入れて外資系スーパーに置いてもらおう』とか『超安価なばら売りもあるといいね』とか。そこで各自商品サンプルを持ち寄り、最終製品として採用されるアイデアを募ることになりました。どんな商品サンプルが出て来るのか楽しみです。

 

img_1589

img_1587

(ターゲットが女性なので可愛い形が良いという一部スタッフの案。経常利益と損益分岐点を含めて商品案発表なので各自の案が楽しみです)

工場用地を探しています

現在自社工場建設用地を探しています。土地探しは本格生産の設備を整えるために必要なので遅かれ早かれ着手する予定だったのですが、モザンビーク政府からの運営ライセンスを申請するにあたり生産拠点申請が必要なので前倒しで取り組むことになりました。

弊社の場合は必要面積が1ヘクタール前後と比較的小規模で、工場建物としてはコンクリート土台に屋根と柱があれば、という簡素なものを予定していますが、用地を選ぶにあたり幾つかの方法を検討してきました。

① 政府の投資特区に土地を取得し、自社工場を建設する
② 土地を購入して、自社工場を建設する
③ 土地を借りて、自社工場を建設する
④ 土地と倉庫を借りて、倉庫内部を自社工場として改造する

① モザンビークには Free Trade Zone (FTZ)または Export Processing Zone (EPZ) と呼ばれる経済特区(Industrial Free Zone)が政府政策により設けられています。これら経済特区は国内製品の輸出を奨励する目的で設立されており 入居企業は輸出入に係る税制優遇を享受することができます。入居を希望する企業は経済財務省 の担当機関であるGAZEDA(Special Economic Zone Office)に事業内容をプレゼンして協議を進めることが出来ます。モザンビーク国内市場向けに生産する企業はNon-Free Zoneという、隣接する特区に入居することができます。こちらはCPI (Centro de Promoção de Investimentos)という外国投資奨励機関のもと審議を進めます。来年にはCPIとGAZEDAは統合されて産業貿易省(Ministry of Industry and Trade)の傘下になるそうです。

弊社は JETRO (日本貿易振興機構)モザンビーク支部の方にご紹介頂き、経済特区 Beluluane Industrial Park を訪問することができました。同Parkには Free-zone と Non-Free Zone の両方が設けられておりどちらのZoneでも土地購入(Duat取得)や電気開通工事など諸々の法手続きにおいて支援があります。また、メイン道路や港からのアクセスや24時間体制の監視カメラなどその他のメリットも大きいと感じました。

② 土地購入に関しては事業規模と事業内容により課せられる政府規制を満たすことが前提になります。モザンビークでは土地が余っているように見えますが、海岸沿いや都市中心部の立地は投資目的で買い取られている場合が多いようで予想より難航しています。OLXや口コミで見つけた土地を公共交通機関アクセスと送電インフラへの距離と購入価格と建設許可取得の視点から比較検討しています。しかし、モザンビークでは土地取得手続きが(特に外国人にとっては)難しく長期を要すると言われており慎重に検討しなければいけません。

③ こちらの案も検討中ですが、用地借り上げに関しては情報が少なく、その為か購入に比べると費用が高いと感じています。またマプトの地価高騰傾向と借地に自社工場を建てた場合の所有権利保証等にも不安要素があると感じます。

 
④ こちらは許可申請やインフラの整備にかかる時間を節約し、生産環境をスピーディーに整える際に適していると思います。当社は維持管理費の最小化を優先する必要があり、建物も倉庫以下に簡易なものでも十分に対応可能なことから自社工場建設を検討しています。

現在、マトラ市(マプトの隣市)の郊外に良さそうな土地を見つけて、地主との協議を重ねています。環状道路の周りに低木が茂る未開発地が広がるエリアですが、公共交通機関のアクセスが良く、近隣に小さな工場も建設されています。

img_1591

img_1604

(検討中の用地。周りに何もないけど道路に近いのがポイントです。)

地主さんはその地域一帯の土地を所有する古い家系です。最初にお会いした時はカシューの果物で造る伝統ワインを試飲させてくれたりと第一印象も友達になりたいくらい素敵な方でした。これまでの人生でこんなに土地探しに心を砕いたことは初めてですが、地主さんとの交渉成功を願ってやみません。

新しい仲間が加わりました

12月になってから2人目のモザンビーク人フルタイム職員を雇いました。立上げから一緒のアイレスさんはとても社交的な性格で、ファイナンス系の学位を取得中なので販売が適任と考え始めていたところです。

新しく入ってもらったスタッフはロベルトさんという名前で今後生産部門を担う人材にと考えています。ロベルトさんは専門学校で機械保守を勉強し、これまではペンキ塗りの仕事などをしてきました。

採用においては各自の適正や能力も尊重しますが、『信頼できる人』であるということを大切にしました。立上げメンバーだからこそ大切な要素かもしれません。ロベルトは会社の登記を手伝ってくれている専門家から紹介されましたが、彼の友達なら信頼できると考えさせられる判断材料が幾つかありました。

会ってみるとロベルトは謙虚で真面目で穏やかな人柄でした。生産部門はチームを率いる能力も求められるので、ロベルトさんが所属する教会で得ている管理ポジション等も含めて重点的に評価しました。最終面談には社員全員(3人ですが)で臨み、全員の意見を聞き、採用を決定しました。

img_1576

(実際に4人パートスタッフを率いる試験生産では、丁寧かつ全体を考えた指導をしてくれてチームをうまくまとめてくれました。)

そしてVerde Africa のチームが4人になったのですが、『科学反応』とも思えるような社内雰囲気の変化がありました。議論の活性化、アイレスさんのやる気、社内の笑いなどです。個性を考えるうえでこれまでの自分にはなかった視点です。

img_1578

img_1577

(就業時間後にマンゴーを採るのが最近のお楽しみです。木に登ったり石を投げたり方法はそれぞれ)

12月23日の金曜日はクリスマスと年末を控えた金曜日ということで初めて全社飲み会をしました。事務所の近くのJUST BARという豚肉BBQとドラフトビールが美味しい店で皆で飲み明かしました。40度越えの猛暑日だったのですが、日が暮れた後は風も気持ちよく、ほろ酔いで饒舌になっているスタッフ達を見ながら幸せを感じました。

img_1615

(Carne de Porco 豚肉BBQが美味しい近所のバーで)

小さいけれど良いチームに巡り合えたことを大切にしつつ、彼らがVerde Africa での仕事に夢を持てるように、彼らの結婚や子育てなど今後のより良い人生を見守る存在になれるように頑張りたいと想いを新たにしました。

法人登記が完了しました

今週やっと法人登記が完了しました。
当社 Verde Africa Lda.がモザンビークの法律のもとで株式会社として登録されました。モザンビークでは企業が活動を開始できるようになるまでに幾つかのステップがあります。

1、企業名を確保する
2、企業の定款を作成し、公証役場での承認を受ける。
3、定款とその他の必要書類を法人登録機関に提出し、登記する。
4、定款を政府のウェブ・サイト(Boletim da Republica)で公開する
5、納税番号(NUIT)を取得する
6、政府の該当省庁より営業ライセンス(ALVARA)を発行してもらう
7、活動の開始を申請する

現在当社は4番目のステップまでを完了しており商業活動を開始できるようになるには幾つかの手続きが残されています。モザンビークでは外国人1名に対して10人の現地スタッフを雇用しなければならないと定められてい以外は、特に企業の資本金や取締役の国籍などに関する規制はありません。

このように規制があまり詳細でないうえでの容易さがある一方で、該当機関にによるマニュアルの個別対応であるが故の複雑さもあります。当社の場合は生産ライセンスです。一般的な販売活動を許可する商業ライセンスはBAU(Balcão de Atendimento Único)という産業省直下の機関で比較的簡単に取得できますが、生産ライセンスはエネルギー省でに事業内容を説明したうえで提示される工場建設規制に沿って用地特定とライセンス申請を進めなければなりません。

このような背景があり、まずは商業ライセンスを取得してから現地企業との連携も含めて生産ライセンスの取得方法を検討していく計画でいます。なにはともあれ、Verde Africa Lda.の登記が晴れて完了してとても嬉しいです!

Moageira との暮らし

最近自宅に蚊が大量(本当に大量に)発生して困っています。日中の温度の高さと豊富な庭木が原因っぽいです。モザンビーク人の友人に聞くと住宅に殺蚊スプレーをまきにくるサービスがあるそうなので緊急に手配しようと思っているところです。

ブリケット生産の為に Moageira を買いました。 Moageira とはポルトガル語で”製粉機”の事です。アフリカの田舎では白トウモロコシ(メイズ)を挽いて主食のシマという食べ物を作るための粉を作るため、公共交通機関が通っていない村にも大体一台は置いてある機械です。

IMG_1484

私達はそんな Moageira を形成炭製造の為に原料を粉砕する為に使うべく購入しました。アフリカでもっとも一般的な機械の一つなのできっと見つかるだろうと思っていたところマプト市に(私達が見つけられた限りは)2件しかとり扱っている会社がありませんでした。TECAPというモザンビークでは老舗の農業機器企業とAfritoolという2社で私達は議論の末、TECAPから購入しました。これらの店は文字通り炎天下のマプト市を『Eu quero comprar uma Moageira (製粉機が買いたいです)』と聞きながら彷徨った結果やっと見つけることが出来ました。

IMG_1512

(Moageira のメンテナンス方法を教わる当社社員達)

購入してからも一筋縄ではいきません。Moageira は産業用の電源(3 phase)で稼働するので、自宅兼事務所兼一時的な工場である我が家の電気契約を変更しなければなりません。モザンビークでは電気関連サービスはEDM(Electricidade de Mozambique) という国営企業が担っています。

私達の住むマプト市郊外では停電は非常に少なく、週に1回数時間あるかないかとい程度です。これは近隣諸国に住んでいた私にとっては感動の安定感です。しかし、初期サービス提供の面ではEDMはなかなか手強い相手でした。

規制を始めとしたビジネス環境についての世界銀行のデータベース Doing Business によるとモザンビークは総合ランキングでは190ヵ国中137位(2017 Doing Business Mozambique )とまずまずの順位ですが、『電気の開通』という項目だけを見てみると190ヵ国中168位とかなり順位が下がります。そして、やはりEDMとのやり取りは大変でした。

家庭用から産業用へ変更する理由を嘆願し、精査する為に地方警察署と居住区監督が現場を視察しなければいけない。産業用の初期サービスはMaracuene というマプトから80KM離れた郊外のオフィスに出向かなければいけない。EDM職員がプロジェクト概要を作成(私達の書類は計7枚)したうえで内部承認される必要があるので作業が早く進むように心づけをしなければいけない。機械の設置場所や環境などもEDMからの指示が遵守されているかどうか職員の現場視察がある。などなど…

対応してくれた大家兼電気工事屋さんも大変だったと思います。こんなストレスもあとわずか。来週半ばには産業用電気が開通して、Moageira が動き始めるはずです。今、Moageira は我が家の廊下の中央にデーンと置いてあります。

そして稼働後はクリスマスに向けてブリケットのサンプル製造と配布の開始です。詳しくはまた次回。

IMG_1542

 

 

製品試作

ブリケットの試作を進めています。

これまでブリケットの原料となる炭屑を町の炭売場やゴミ捨て場から集めてきましたが、現在はそれらを使ってブリケット(形成炭)を試作中です。

行程としては ①Crush ②Mix ③Compress ④Dry となります。本格生産体制ではすべての行程に機械を導入しますが、現在は少量生産を企業登記や工場建設許可の取得と平行して実施し、顧客ターゲット層から少しでも多くのフィードバックをもらうことに初期目標と定めています。

試作したブリケットを同量の木炭と燃やして比較してみたところ、まずまずの出来具合です。

IMG_0599

火力と燃焼持続時間を木炭と比較してみましたが、熱量と火の回りは木炭より優れているようです。一方で燃料持続時間は木炭より短くまだまだ改善すべき点ばかりです。

IMG_0601

(2時間後、当社のブリケットはほぼ燃え尽きてしまいました)

一番改善しないといけないのは圧縮度合です。初期の試作ではCompress の部分だけはウガンダから持ってきた機械を使いましたが、他はすべて手作業でした。結果、炭屑が粉砕されていないと圧縮ができず燃えている最中に動かすとボロボロと崩れてしまうブリケットしか作れないことが分かりました。これでは試作品としても扱えないので…粉砕機を現地で購入することになりました。

とはいってもマプトには粉砕機は売っていないので、メイズやキャッサバを挽いて粉にする製粉機で代用します。製粉機はどんなアフリカの田舎の村に行っても必ず一台はある機械なので問題なく見つかるはずとタカをくくっていたところ、町中を製粉機を探してさまようことになりました。

(続く)

 

 

 

現地スタッフの方が育つということ

モザンビーク南部では1週間ほど雨が降り続いています。
晴天の昼間に比べると太陽の出ない雨天の日は寒く、厚手のパーカーなど必要な気温です。

今週は当社の初給料日です。とはいっても給料をもらえるのは1人のみ。
当社には現在1人だけモザンビーク人のフルタイム・スタッフがいます。
まだ始めたばかりの会社ですが、ポルトガル語の壁もありこの現地スタッフの方の存在が圧倒的に欠かせません。

IMG_1521

アイレスさんというこの現地スタッフの方には2年ほど前から実施していた現地プレ調査の際からお世話になっています。
彼はJICA(日本国際協力機構)青年・シニア海外協力隊がモザンビーク赴任時に受講するポルトガル語強化講座で働いてきました。
アイレスさんは年間2~3ヵ月弱しかこの職に従事しておらず、職に就くために夜間大学に通ってきました。

彼は英語も話すことができ、、日本的価値基準も理解してくれる優秀な人です。
私達は彼にこれまでの短期契約業務や大学に通学する自由のある条件をオファーして当社に入ってもらいました。
一番の決め手になったのは『信頼できる』ことです。
新しい国で自分達の命運を懸けた事業を立ち上げようとしている私達にとってこれはなにより大切なことだと考えています。

IMG_1517

アイレスさんには今後Verde Africaの取締役レベルに会社と一緒に成長していって欲しいというのが私達の願いです。
現在、登記中の法人にも株主(0.5%)として入ってもらいました。無料ストックオプションです!
(これにはモザンビーク労働法に企業における外国人1人につき一定数の現地人雇用が義務付けられているという背景もありますが。)

アイレスさんと家族の暮らしがより良くなるように、アイレスさんの今後キャリアが花開くように私達も頑張りたいと思います。

モザンビークの食べ物

私達のビジネスは調理エネルギーに焦点を絞っているので、現地の食文化とは密接に関係しています。
モザンビークに住み始めて一ヵ月になりますが、食事がとても美味しい国だと思います。
そして、ブリケット(形成炭)を売り出せる手ごたえも十分に感じています。

【朝食】
モザンビークではフランスパンに似たものが人気で、路上ではこのようなパンを売っているお母さんが沢山います。
パンには卵、チーズ、ハム、バジア(豆のコロッケのような食べ物)などから好みのものを挟んで食べます。
豆やマカロニなどの煮込みスープを食べる場合もあります。
パン屋さんも多くの木炭・薪を使うので、営業リストに入っています!

【朝食・夕食】
主食は米またはメイズ粉で作ったシマのどちらかが一般的です。
マプト市では安食堂でも米を食べている割合が7割くらいでしょうか。
私がモザンビーク人の大好きな食べ物を3つ挙げるとしたら…

① Frango Assado ⇒ 鳥のBBQ、ニンニクやショウガや化学調味料で味付けしてあって美味しいです(笑)
② Feijoada ⇒ 豆の煮込み、豚足や鶏足など安価な肉と一緒に煮込んであります。
③ Cariu Ameindoim ⇒ ココナッツ粉とピーナッツ粉を混ぜたシチューで肉や魚を煮込んだ料理です。

この3つの料理どれもモザンビーク人の皆さんは口を揃えて『炭じゃなければ料理できない』と言います。
Frango Assado はバーベキューなので、『炭じゃなければ美味しくできない。当たり前でしょ』という感じです。
Feijoada と Cariu Amendoim はどちらも強い火力で長時間煮込まなければいけないので、
『ガスを使ってたらお金がかかってしょうがない、炭じゃなきゃだめだ』と言います。
特にCariu Amendoim は手間も時間もかかるので一般家庭では週末に調理するそうです。どの食堂にもほぼ必ず置いてある人気料理です。
このような話を聞いていると愛すべき郷土料理だからこそ調理エネルギーにもこだわりがあるのだと感じます。

IMG_1439

(右 Feijoada、左 Cariu Amendoim どちらも1食100円程度です)
一方で誰もが口をそろえて木炭の価格が急激に上昇していると言います。
当社聞取り調査によると一年前に比べると17%程度価格上昇している様子です。(消費者物価指数の上昇率も25%と非常に高いのですが…)

炭じゃなければ作れない郷土料理があるけど、価格は上昇している。
そんな現状にそっと寄り添う商品を届けたいと思う日々です。

1 4 5 6 7