突然の首相辞任

どうも、Food for Future Plcの竹重です。

 

先ほど、突然エチオピアの首相が辞任したとのニュースが入ってきました。

 

ハイレマリアム首相は、前首相メレス首相が病死した際に副首相を勤めていた人物で、僕の事業予定地である南部諸民族州出身ということもあり親近感を覚えていたのですが、残念です。

 

ビジネスへの影響は??

 

ここ数日、首都アディスアベバを囲むオロミア州で道路封鎖などを伴う、反政府運動が活発化しているという情報を得ていましたが、こうした一部民族による反政府運動が今回の辞任劇の一つと考えられているようです。

今日も平和なアディスと思いきや、突然のニュースにびっくりです。

ここで、心配されるのが、ビジネスへの影響ですが、現地の友人の多くが語るところによるとポジティブな影響があるだろうとのこと。

 

あくまで、周辺の友人の意見なので、実際のところは分かりませんが、メレス前首相の後を引き継いだハイレマリアム首相は政権運営については、実行力に常に疑問符がつきまとっていたとのこと。

 

今後の動向。。

 

メレス前首相と比べると実行力がなく、首都アディスアベバの過密化に伴う隣接州オロミア州へのアディスアベバ拡大計画などで、オロミア州から強い反発を受けたりと近年は、政権運営を思うようにできていなかったようですね。

 

新政権がどうなるのかはしばらく様子を伺っていく必要がありますが、現地の友人談によると、基本的には、次の首相ポストにはより実行力のある人がつくだろうとのことで、政府の海外投資の方針もよくなることはあっても悪くなることはないだろうとの楽観的な意見が聞こえてきます。

 

一方で、昨年末に行われたエチオピアの通貨ブルの切り下げに伴い、エチオピアの外貨不足は以前よりも深刻な状況に陥っている印象を受ける昨今ですが、政治の不安定が外貨問題に与える影響はネガティブな気もしていて、新首相の任命までのプロセスが今後どう進むかは、とても重要な課題であると感じています。

 

首相辞任の一報が入ってきたところで、これからの行方については、現状不透明ですが、しばらくは、政治の動向にも注視せざるを得ない状況が続きそうです。

 

昨日の南アのズマ大統領の辞任に続きエチオピアの首相辞任とアフリカ大陸では、政治の転換期がきているのかなと感じたお話です。

移転騒動~立地とコンセプトの関係~

キガリからこんにちは!アジアンキッチンの唐渡です。

明日はバレンタインデー。さっき7歳の息子が寝る前に「チョコもらえるかな」「ガールフレンド今いないからなぁ」「のび太は」「パーティにプリングルス持っていきたい」「チョコは禁止」といろいろ言っていました。あんまりちゃんと聞いてませんでしたが(ほんと後から反省)、微笑ましいですね。

 

移転騒動

実は、年明けにちょっとした騒動が。それは移転騒動。

アジキチはメイン通りに面した立地なのですが、その通りの拡張工事が半年後に始まる、と突然「市役所の人」に告げられ、新しい土地探しに奔走していました。

いろいろな物件を見ました。

ここなら今よりももっとクイックなテイクアウトメインの店だなぁ、とか、ここなら落ち着いた一軒家で眺めもいいから夜の単価を上げて今とは違うコンセプトの店になるなぁなどなど。

ワクワク思いを巡らせる一方で、もう一回内装一からやるんかい…というヘビーな気持ちにもなりました。

本当に内装工事大変でしたから。大家と大揉めしましたし。いまだ揉めてますし。

 

アジキチの内装

実際の内装工事は超大変なんですが、設計についてはとっても強力な助っ人の方々がおられまして、この機会にご紹介!

①立上げ期のインターン生が、たまたま運よく美大卒の男の子だった

もう、内装全部お願いしました。立上げ期の混乱を言い訳にしますが、出した指示は「内装よろしく」です。

例えばこのおしゃれな鏡は彼のデザインです。

今は野菜や花でにぎわうようになりました

 

②そして一貫してデザインを支えてくださっているのはこちらの会社

株式会社ストリーム

代表の見留さんや藤井さんにはとってもお世話になっています。

トータルに空間設計を担う会社さんなので、アジキチのコンセプトやターゲット層などを細かくお伝えし、「アジキチらしい」空間を見事に演出していただきました。

この丸看板は日本から空輸!(運んでいただきました)

東京の事務所で藤井さんが夜な夜なデザインしてくださったシール

 

結局

散々移転の心構えをした挙句、念のため市役所に再度確認に行くと、

「は?そんな計画ありませんけど?」

との回答。

どうありえないかをいろんな角度から説明してもらいました。

確かにすぐにはありえなそうです。

(って言ってやっぱり立ち退きになるとかもう驚きません)

というわけでただの空回り騒動に終わったのですが、

アジアンキッチンは空港までのメイン通りに面した店で、地の利を生かし、また通りがうるさく席数も少ない、という面も作用して、「クイック」「便利」が大きな競争優位性になってることを再確認したのでした。

その便利さに加えて、手前みそですが美味しさだったり、気持ちのいい接客だったり、カジュアルだけど居心地の良さが設計された内装だったりで、バランスのとれたお店になってきているのではないかと思っております。本当に関係各所の皆様のご協力のおかげです。

全然コンセプトの違う二号店を出してみるのも楽しそうです。

が、まだまだ一号店で伸ばせる面がありますね…売上最大化、やりきります。

では!今回はサクッと明るくお届けしました!現場からは以上です。

ギニアからクラウドファンデイングに挑戦しております!

ジャンベ界の伝説とも言われるギニアを代表するジャンベ奏者のファムドゥ コナテさんによるジャンベレッスンの時間

 

ギニア、コナクリからこんにちは。イヌワリアフリカ代表 バー由美子です。

ただいま開催真っ最中のギニアツアー、何しろここはギニア!なので問題無しとは言えませんが、お陰様でなんとか快調に過ぎております。

 

いきなりクラウドファンデイングに挑戦中です!

 

さて、そんな中、わたくしはいきなりCAMPFIREさんでクラウドファンデイングに挑戦しております。

 

CAMPFIRE クラウドファンデイングページ

CAMPFIRE クラウドファンデイング挑戦ページ

 

https://camp-fire.jp/projects/view/61814

 

私どもはギニアツアー期間中の今度の土曜日の17日に伝統音楽フェスティバルを企画しておりまして、主にそのフェスティバル出演者へより良い報酬を渡すために挑戦したクラウドファンデイングです。

フェスティバルを企画した当初は、シンプルに国際交流とギニアの魅力を音楽とダンスを通し多くの人に見てもらって皆んなで繋がりたいという思いで企画し、出演者への報酬はギニアで普通に渡される友情出演的な料金を考えておりましたが、いろいろと思うことがあり彼らにより多くの報酬を渡す事が出来るよう挑戦を決めました。

しかしいきなり決めたもので、準備もなにもせずに2日ほどでまとめて速攻のチャレンジとなり、
ギニアツアーの開催とも重なり、告知もままならずなかなかご支援を集める事が難しく難航を極め、
とうとう本日チャレンジ期間が残りあと2日を切りました!!

難航を極めてますが、それでも10名の方がご支援下さっていまして、本当に有難い事です。

 

 

開催するのは、こちらのフェスティバルです!

ジャンベとダンスでギニアの魅力を伝え、繋がるキッカケ作りと、ギニア人アーティストに、より多くの報酬を渡す事を目的としたギニアの大切な伝統音楽文化継承の保護にもつながるフェスティバルです。

〓〓スペクタクル ” La Voix de Guinee “〓〓 〓〓
日程:2018年2月17日(土曜)
場所 : シンバヤ コナクリ / ジャンベフォラ ファムドゥ コナテ邸
時間:16:00

入場料無料 どなたでも大歓迎

【出演グループ】
スペシャルゲスト
Ballet National Djoliba
ギニア国立舞踊団 バレエナショナルジョリバ
▪️Groupe Percussion de Balafone 《 DJELIDENY 》
バラフォンパーカッショングループ 《ジェリデニ》
▪️BANZAI Percussion バンザイパーカッション
▪️La Voix de Guinée ラ ヴォア デ ギネー / スペシャルゲスト・フォデ コナテ

 

あと2日!どんなミラクルが起きるか?諦めずに告知を頑張らねばです!

 

イヌワリアフリカのギニアツアー2018専用 HP

Inuwali Africa 事業&サービス  

Inuwali Africa イヌワリアフリカ HP  

Inuwali Africa イヌワリアフリカ ネットショップ

 

イヌワリアフリカ 代表 バー由美子                             Yumiko Bah / Inuwali Africa  Président

ツアーで島に遊びに行った食事時・ 揚げただけのシンプルな美味しさの獲りたて魚がとても美味しかったです

ザンビアソーラー開発舞台裏

100MWソーラーの入札前MTGが先週ザンビアで行われました。

KfW(ドイツ開発銀行)主導のプログラムで、エネルギー省大臣、ドイツ大使、海外からのIPPなど多くの関係者が一堂に会すMTGとなりました。

日本のIPPの方も是非参加して頂けたら幸いです。こちらが当日の映像です。


今回のMTG5つのセッションに分かれており、その内の1つのセッションでやや驚くことがあったので書きたいと思います。

それは著名な外国機関の方々のセッションだったのですが、その際登壇者の一人が「IPPはうちに話を通さないといけない」とややふんぞり返りながら全員の前で述べていたのです。

その方は恰幅はいいのですが、腹に力が入っておらず、こけおどしのようにしか見えませんでした。

そこからは本当にIPPに何か問題が起こった時、この外国機関の人がタフな交渉事を行えるのか強く疑問に感じました。

一方でその後のザンビアのステークホルダーのセッションには知り合いが多く登壇していた事もありますが、皆侍のような姿勢でセッションに臨んでおりました。


以下、テクニカルですがIPPにとってのベストな戦略はマルチステークホルダーアプローチで、キーとなるのがローカルのステークホルダー(リーガル・ファイナンシャルアドバイザーなど。現地政府等とアクティブなコンタクトをとっている。)を巻き込むことだと思います。

KfW
の本プログラム担当者で民間出身のWill Pearson氏も同様の主旨の発言を繰り返しています。恐らくそれがキーとなるリスク緩和策で、例えばIPPがオフテイカーとのPPAでタフな折衝を迫られる際、ローカルのアドバイザーがいると現地政府も緊張感を持たざるを得ないでしょう。現地政府もローカルのアドバイザーと持ちつ持たれつで自然と関係性がある為です。

最終的な解としてはローカル・インターナショナル巻き込んだ開発だと思いますが、それが現地を無視した世界選抜のようなSPVであれば現地政府は尊敬や畏怖の念をIPPに感じ辛いかもしれません。結果、交渉事は難航するでしょう。

人と人との純粋な関係性はお金や権威に勝ると考えます。

VERDE AFRICAインターン日記 ⑥ 在庫管理

こんにちは、Verde Africaインターンの久保劍将です。8月半ばから始まったモザンビークでの生活が、いよいよ残り1ヶ月程となりました。この残りの期間は、自分が抜けた後に、モザンビーク人のスタッフのみで生産量を把握し、それに伴うボーナスの仕組みがスムーズに回っていくように、先々週より引き継ぎを始めました。その他の業務も含めて、それ自体は多くありませんし、難しいことではないのですが、スタッフ1人1人に責任感を持ってもらいたく、少しずつ分配するようにしました。約半年間一緒に働いてみて、自分自身の感じているスタッフそれぞれの性格を踏まえて合いそうなものをお願いしたのですが、いざ始めてみると、いくら難しいことではないとはいえ、スタッフによっては普段やってこなかったことを新しくやり始めることが難しいのだと感じています。

 

例えば、スタッフに引き継ぐ業務の1つに在庫管理表の記入があります。現在、弊社では3つのサイズ(1kg, 4.5kg, 40kg)を販売しています。1kg, 4.5kgのブリケットは、黒いプラスチック製の袋に入れており、40kgのブリケットは、小麦粉等に使われるサックを使用しています。

 

(左から順に 40kg、4.5kg。)

 

小さいサイズの2つは、プラスチックの耐久性に問題があり、基本的には袋詰めをした後、すぐに販売するようにしているため、在庫は多くありません。40kgのサックに関しては、生産現場内に現在40個前後保管されており、それのみに関して在庫管理表を使用しています。その用紙を一目見て、どれくらいの在庫が今あるのか分かれば良いので、記入欄は少なく、非常に簡易的なものです。

 

 

この記入作業の内、商品の入庫に関しては生産スタッフに、出庫に関しては販売スタッフにお願いしたのですが、どちらのスタッフもどうしても記入を忘れてしまうことがあります。とりわけ販売スタッフは、朝一で販売用の商品を車に載せ、すぐに販売先へと向かうため、朝の時間は多くありません。そのためか新しい記入といった細々した作業を忘れてしまいがちなのだと思います。今週より必ず皆が通る生産現場の入り口に在庫管理表を設置してみました。実際の効果としては、正直なところ大きくなく、言わないとか書かない日が多くあります。残りの1ヶ月、スタッフが1人で行うようになるまで、地道にしつこく言っていこうと思います(約2週間業務をお休みするので、その間はメッセージを通して行います)。

(在庫管理表を設置した生産現場の入り口。)

 

 

ウガンダとルワンダの違い

先週、2年半ぶりにルワンダを訪れました。

ルワンダは今回の渡航で4-5回目の訪問です。
ウガンダとルワンダは隣通しで、首都カンパラから首都キガリまでは500-600キロの道のり。陸路移動でも10時間程度となります。

ウガンダも内陸国ですが、ルワンダはさらに奥となるため、多くのものがウガンダから運ばれており、ローカルマーケットなどでは、ウガンダから入ってきた商品を多くみかけます。

ルワンダは『アフリカの奇跡』と呼ばれ、首都キガリの整理された綺麗な光景、汚職の撲滅など様々な点で隣国とは異なります。

このような違いは、様々な方がブログや記事で紹介しているため、今回は私が気になったマニアックな違いを少し紹介致します。

1.バイクのシェアが大きく異なる。

バイクタクシー(ウガンダではBoda、ルワンダではMoto)自体の違いは、有名で多くの方がブログなどでも紹介しているので、今回はバイクの種類に絞って紹介します。

ウガンダに限らず、バイクタクシーの多い国では、インドのBajajが圧倒的な強さを誇っています。ウガンダ市場でのシェア(バイクタクシー)は90%以上と言われています。その他、同性能のバイクを各社が投入し市場シェアを取ろうと画策していますが、Bajajには遠く及びません。

ルワンダは、Bajajはほとんど参入できておらず、同じくインド企業のTVSのバイクが圧倒的なシェアを誇っています。

今回、街中を歩いていてバイクタクシーに限れば、数百台見た中で、1-2台以外は全てTVSでした。

ウガンダでのTVSのシェアは3-5%程度といったところでしょうか。

また、ウガンダで走っている(販売している)TVSとは異なるモデルも多くみかけました。

この市場の違いについては、様々な憶測が出来ますが、確たる理由は掴めていません。

(皆様の中でご存知の方がいたら、教えてください。)

 

2.生乳の流通

ウガンダの首都カンパラでは、近年の発展に伴い、パックされたフレッシュ生乳がスーパーだけでなくキオスクでも一般的に販売されるようになりました。

パックされた牛乳には二種類あります。

一つはフレッシュな生乳。日本のいわゆる牛乳だと思います。賞味期限が4-5日のもの。要冷蔵保存です。

もう一つはロングライフの牛乳。こちらは、賞味期限が半年程度。常温保存可能なものです。フレッシュ生乳の倍以上の値段となります。

カンパラでは、電気の普及やキオスクでの保冷設備の普及に伴い、パックされたフレッシュ生乳が主流となっています。

※ちなみに、カンパラでも、スーパーやキオスクでパックされた牛乳を購入する以外に、ミルクマンから購入する方法、ミルクスタンドと呼ばれるミルク屋さんから購入する方法は、今でも一般的です。

地方都市や田舎では、ほんの一部の地域を除き、パックされたフレッシュ牛乳は売っておらず、多くはミルクマンやミルクスタンドから購入したり、飼っている牛から得ています。ロングライフは町によっては、中心地で売っていますが、マイナーな存在です。

 

今回、キガリにいって新たに発見したのは、首都キガリでもパックされたフレッシュ牛乳がない事でした。大小、様々なスーパーに行き、在住の方にも聞きましたが、スーパーやキオスクでパックされたフレッシュ牛乳は置いていないそうです。

代わりに、ルワンダ産のロングライフの牛乳は置いていました。また、ミルクゾーンと呼ばれるミルクスタンドで購入するのが一般的なようです。

この違いには、今後の可能性を秘めていると感じます。

 

他にも、地方流通のパターンや卸売街の仕組みなど、両都市での違いを見る事ができ、その理由を探るだけでワクワクします。理由を探る中で、色々と興味深い発見をする事もできました。

 

 

 

 

事業予定地レポート!

今回は、事業予定地ググマ村についてです。

 

基本情報

 

まずは少しだけ、ググマ村についてご紹介していきたいと思います。

 

ググマ村は南部諸民族州の東端に位置する小さな村です。

赤がググマ
点線が州境

 

少しわかりずらいですが、赤いピンがググマ点線が州境です。

 

現地住人情報によると、約500世帯の家々からなる集落です。

 

なんと!内半数の250世帯が農業を生業としており、牛を買っています。

 

今回の調査で明らかになりましたが、1世帯あたりの住人の数というのは、想像通りかなり大規模で、中には15人の家族と暮らしているなんて方々もいました。

 

南部諸民族州の州都であるアワサからは直線距離で25kmkくらいでしょうか。

 

山の頂上に位置するググマまでは、道中舗装されていない急な坂道もあり、4WDの車がないとぐるっと回り込んでいかなければなりません。

 

標高はなんとアディスアベバよりも高く2700m!!(地元長野の浅間山山頂よりも高い!!笑)

 

冷涼な気候が牛の飼育に最適な場所なんですね。

 

現地農家に密着!

 

さて、今回のググマ滞在の主な目的は乾季(雨がほとんど降らない)の牛のマネジメントがどうなっているのかという点と、乾季の乳量の確認でした。

 

ググマ村にはホテルがない為、到着後まずは宿探し!

快く泊めてくれた農家の息子

 

現地の農家さんの家に泊めてもらえるように交渉を行います。。。

 

 

しかし、ここで問題が、ググマ村の中心地であればアムハラ語もぼちぼち通じたのですが、少し中心地を外れると。。。

 

シダマ語しか通じない。。

 

ただでさえ、アムハラ語もままならない僕ですが、シダマ語、、、、

 

完全なる未知の領域です。

 

しかーし、エチオピアの田舎に暮らす方々はなんとも純朴で人がいい!

 

身振り手振りで説明をしていると、快く泊めてくれるという人が現れました。

 

基本的に土壁造りの彼らの住居ですが、高い標高のせいもあってか、朝方めちゃくちゃ寒いです。

 

寝袋を持っていきましたが、服をしっかり着た状態で寝袋に入って寝ても朝には寒さで目が覚めてしまいます。

ノスタルジー長屋

 

気温、おそらく5度くらいだったのでは。。。

 

現地の方々の生活を知る上では、彼らと共に過ごすのが一番ですね。

 

なおかつ、多くの方々が親近感を抱いてくれるので、一石二鳥です。

 

食!

 

この地域の集落では、基本的に動物性タンパク質は貴重なようで、あまり肉を食べる機会はありませんでした。

 

屠畜場が近場になかったりするせいもあるかもしれませんね。

伝統食コチョ

 

で、もっぱら食べていたのが、コチョです。

 

バナナの木に似た木からデンプンを取り出してバターと混ぜて調理したもののようですね。

 

モサモサして食べにくいですが、現地の方々と仲良くなる上で、一緒に食事を取ることは非常に重要なことですね。

 

衛生面とか、そんなの関係ありません!

 

 

気持ちがあればお腹も痛くなりません!!

フレッシュミルク

 

搾りたての牛乳も一緒にいただきましたが、日本の牛乳とは異なり、乳脂肪分が低めであっさりして香りも豊かです。

 

その他、インジェラに色々な具を乗っけた定番料理バイヤネットなど美味しくいただきました。

 

牛!!!

 

前回、雨季に訪れた時よりは全体的に牛が痩せている。。。

 

 

日差しが強すぎて青草もまばらになっているためですね。。。。

農家の庭先にて

 

意外と、強すぎる日差しから牧草を守る意味でもソーラーシェアリングなんかうまいことワークするのかもな、なんて思いました。

 

乳量

 

雨季に来た時には、1頭あたり8リットル/日くらい搾乳できているとのことでしたが、乾季にはざっくり半分まで乳量が落ちているようで、約半分の4リットル/日くらいとのことでした。

 

中には麓の村からホルスタインとのクロスブリードの牛を仕入れて来ていて乳量が乾季でも14リットル/日なんて人もいましたが、これは放牧ではなく小さな牛舎の中で、コチョの原料担っているバナナの木に似た木の葉っぱなどを食べさせているとのこと。

 

管理次第で乳量は増やせるようです。

 

今回、約50軒の農家さんにインタビューしましたが、乳量を増やすための管理手法やクロスブリードなどに関しては、かなり高い関心を抱いているものの、マーケットへのアクセスがないことがネックだとのことでした。

 

酪農組合

 

ググマには実は、小さな酪農組合が存在しています。

酪農組合か工場(外観)

 

SNV(国際開発機関)の支援によりバターチャーンと冷凍庫を保有して、牛乳からバターを作ったりしています。

 

1日の製造キャパは60リットル程度とのことで、組合員は105世帯ほどいるようですが、加工場の近隣の住民しか、生乳を卸すことができていない状況です。

 

生乳の現金化のニーズはやはりかなり高く、早く工場立ててよー。。って言われ続けました。

会議にも参加してみました!

 

105世帯で平均経産牛が3頭とした時に1日あたりの乳量は乾季でも1200リットル超と相応の乳量がありますが、実際には、この組合に加盟していない農家さんも多数おり、また、ググマの周辺の3つの村まで含めると少なく見積もってこの5倍程度の乳量が確保できる地域と言うことがわかりました。

 

酪農組合でも、製品の現金化については頭痛のタネらしく、今回訪れた際にもどうやって市場にアクセスするか会議が行われていましたね。

 

飛び入りで参加させてもらいましたが、僕が工場を作って近隣の大都市まで売りに行ってくれれば問題解決だ!との結論にいたり、皆さんの期待をビシビシ感じましたね。。。笑

 

まとめ

 

今回の滞在はとっても有意義なものになりました。

 

乾季と雨季での生乳の生産量の違いや彼らの暮らしぶり、どのように牛を管理しているのかなどなど学びも多く、1日も早く工場を設置して製造活動にフォーカスできるようにとのモチベーションが高まりましたね!!!

 

よっし、やるぞ!!!!

ギニアツアー用の食材の買い出しに!

マルシェにある食材専門ブティック。お店の入り口には大きなタライに入った数種類のお米が並んでいます。後ろの袋は米袋です。

 

ギニア、コナクリからこんにちは。イヌワリアフリカ代表 バー由美子です。

 

明日から始まるイヌワリアフリカ主催のギニアツアーのお客様やスタッフの食事を調理するのに必要な食材を揃える為に、昨日は朝からお料理を作ってくれるスタッフのシーレと共に、大きなマルシェに出かけました。

 

 

袋に入っているのはマカロニとクスクス

 

こちらのお店で購入したもの

 

こちらは料理用オイル ギニア料理はオイルをふんだんに使うのでこんな沢山のオイルもきっとすぐなくなってしまいます。

 

ギニア料理に欠かせない固形ブイヨンもまとめ買い。多分1週間分くらい。

 

お米の50kg袋、ジャガイモや玉ねぎが入った大きな袋、箱入りスパゲッティ、箱入りトマトペースト缶、マスタード、マヨネーズ、インスタントコーヒー、お砂糖、ミルク、チーズなどの食材から、ギニアの健康茶ケンケリバを煮出す為の鍋、タライ、大人数がみんなで一緒に食べる用の大きなお皿、バケツ等々ブティックを何軒もハシゴしていっぱい買い込みました。

 

ついに明日から始まるギニアツアー、今夜もお客様がコナクリ空港に到着予定です。
お客様に ”来て良かった” と思っていただけるツアーにする事ができますように努めたいと思います。

 

イヌワリアフリカのギニアツアー2018専用 HP

Inuwali Africa 事業&サービス  

Inuwali Africa イヌワリアフリカ HP  

Inuwali Africa イヌワリアフリカ ネットショップ

イヌワリアフリカ 代表 バー由美子                             Yumiko Bah / Inuwali Africa  Président

 

 

 

 

準備が着々と・・

ギニアの一般家庭で使用されているホウキ、プラステイックのバケツやアクセサリーを歩きながら売る女の子たち。 コナクリにはこうした子供の売り子さんも沢山います。

 

ギニア、コナクリからこんにちは。イヌワリアフリカ代表 バー由美子です。

今日は前記事に書いた、イヌワリアフリカ主催のギニアツアーでお客様に宿泊していただく建物の網戸付けなどをしている作業時の様子をご紹介します。

 

この建物の窓全てに網戸を付けます。

窓を外して枠の四方を図る

建物の中のトイレから流す水が通る配管を新しく交換しセメントで埋める作業

 

マラリア対策を万全にしたいので、窓から蚊が入らないように網を付けることにしたのですが
、思っていたよりも随分経費がかかってしまいビックリでした。

でも、はやりマラリア防止には蚊に刺されないことが第一なので、お部屋に網戸は絶対に必要な物というのは、自分がギニアで暮らしているからこそ分かること。
当たり前ですが、お部屋に蚊が入るか入らないかって、網戸があるとないでは相当違うんです。

夜電気がついていると、ゴキブリも飛んできたりもするので、ご注意!
網戸が無かったら窓を閉めるしかありません。そうすると暑くて眠れません。

お客様、そして自分自身が元気でいる為にも、やっぱりこれは大切!
多少経費がかかっても、後々ここを利用される他の方々の為にもなるし、ずっと使えるものだから良しと考えます。

 

こちらも夫の幼馴染的存在のカディさん ご家族の食事の調理中

 

昨日全ての作業が無事に終わりました。
お家の方が建物内を綺麗に掃除をしてくれたそうで、これからまずは1週間分の食料の買い出しです。

他にも準備することをなにか忘れていないと良いのですが、、私は結構うっかり者なのでしっかりしなければです。

みんなで過ごせるこのお家を貸してもらえたことに本当に感謝しています。

 

イヌワリアフリカのギニアツアー2018専用 HP

Inuwali Africa 事業&サービス  

Inuwali Africa イヌワリアフリカ HP  

Inuwali Africa イヌワリアフリカ ネットショップ

イヌワリアフリカ 代表 バー由美子                             Yumiko Bah / Inuwali Africa  Président

地道な仕組み作り

1月に一通りのフード・セーフティ・マネジメント・システムとHACCPに関する書類作成が終わりました。必要な記録の付け方等のトレーニングを実施して、現場で運用していきます。また、製造場所をお借りしている食品会社の人事部の方の指導のもとで、全社員のJob description(職務内容を記載した書類)の見直しと、会社の年間計画に基づいて其々に各自の目標を設定してもらうためのPerformance Profile & Key Results Area シートを作成してもらっています。自分の仕事として責任感をもってもらうための仕組みづくりを続けていきます。

現在、昨年大学を出たばかりの社員が3名います。職務経験のない若者たちにビジネスマナーも含めて、イチから教えていくのは骨の折れる道のりです。厳しさと優しさの両方を使い分けながら忍耐強くやってます。正直なところ、支払う給料は2〜10倍になっても、早い時点で食品加工の現場で働いたことのある経験者を起用して安定生産・拡大に挑みたいです。経験・意欲のある方に働いて頂けるように財政面で体力をつけていきたいと思います。

社員や周りの協力者の方々への感謝の気持ちを事業の成果でお返ししていけるようにこれからも邁進していきます。

1 2 3 40