都会にいるうちに。。

どうも、Food for Future Plcの竹重です。

 

週末には、再度エチオピアの地方に戻る予定です。

ということで、ネット環境があるうちに、もう少し近況報告を。。

 

土地の件

土地の件について、トレースし続ける毎日ですが、現在シダマゾーンオフィスの方々がマルガワレダで、実施ずみの住民合意について再度確認しているとのことです。

 

なぜ、再度の確認を行なっているのかというと、事業予定地のあるマルガワレダですが、こちらで土地の取得手続きを行なっているのをどこかの誰かが聞きつけて、シダマゾーンオフィスに反対だー!ってな感じで連絡を入れてきたとのこと。

 

審議のほどは不明ですが、そんなこともあるんですね。。。。

 

実際には、土地をお借りしようとしているググマ村の方々にもカタナ村の方々にも説明をしつつ、収入が得られるようになるのであればと比較的、歓迎ムードを受けているので、やや違和感はあるのですが、、、

 

現地での暮らしについて

まぁ、土地の件は地方行政とも連携してうまく進めていく他ない状況ではありますので、そちらはよしとして。。。

 

今回、日本に一時帰国している際に、ググマ村・カタナ村で生活するための便利アイテムを五千円ほどで調達してきました。

以前にもご紹介させていただいた気もしますが、事業予定地のググマ村・カタナ村にはホテルというものがありません。

 

村の中には、〇〇ホテルと記載されたレストランがありますが、一般にイメージするホテル(宿泊施設を伴うもの)ではなく、エチオピア国内には、〇〇ホテルという名前のレストランがちょこちょこあります。

 

というわけで、ホテルがないので、事業予定地に滞在する際には農家の方々の家にお世話になっています。

 

時には、彼らのベッドをお借りして農家の方々と添い寝をしていたりするのですが、彼らのベッドをデカイ体でお邪魔するのも申し訳ないという思いは以前からありました。

 

そこで、今回日本で調達したアイテムの登場です。

 

まずはテントー!!

 

お買い得テント!

 

世界のamazonで1980円で購入したお一人様テントです。

これを農家さんの家の庭先に張らせていただければ彼らの生活をあまり妨げずにすむかなーと、また、単純に事業準備中の日本人が田舎でテントに泊まっていたら面白がってもらえそうだなという中での取り組みです。

 

宿泊費も節約できて現地の方々と仲良くなりつつ、面白がってもらえたら一石三鳥くらいになるのかなと思っています。

 

続いて、テントだけでは腰痛くなっちゃうよということで、キャンプ用のエアマット!!

 

お買い得マット!

 

こちらも世界のamazonで1873円で購入。

 

これに加えて、以前友人からもらった寝袋があれば、田舎に泊まろうセットの完成です。

農家の方々としっかりと交流しつつ良好な関係を築くことが僕の事業には不可欠!

みんなに盛大に面白がってもらおうと思っています!

 

テントとマットの使用感、住み心地は乞うご期待です!

(安いのを買ったので、耐久性に不安はありますが、住居兼コミニュティハウスを建てるまでの辛抱ですね。)

雨季なので、雨音でねれなそうなのが気がかりですが、まぁなんとかなるでしょう!

では、また次回。

実務面から見るエチオピア地方行政

どうも竹重です。

 

一昨日までエチオピアの地方農村部にいってきました。

いろいろありましたが、今回は、エチオピアの地方行政について少し考察をしてみます。

意思決定と実務の部分にギャップがあるのか?

引き続き土地の契約を進めております。

事業予定地ググマ村・カタナ村のあるマルガワレダの地方行政が土地契約の手続きを進めてくれています。

地方オフィス横の塩コーヒー
何倍飲んだことか。。

前回からの進捗はというと、マルガワレダ政府によって周辺住民説明会が開かれ約90%の住民が納得してくれたとのことです。

ついては、具体的な契約書の作成、地方行政内での決済手続きをすすめてくれています。

 

日本への1ヶ月の一時帰国もあり、その間に準備を進めておくといっていましたが、実際には住民説明会の手続きに1ヶ月ほどの期間を費やしてしまったようです。

 

まぁ、住民の合意形成は土地収容の最重要課題ということで、感謝感謝です。

 

さて、では、住民説明会も終わり契約手続きが完了できるかと思っていたのですが・・・

 

そこはエチオピア、かつ、これまで外国投資家を受け入れたことがない地域というのもあり、手続きにもたついてしまっています。

 

トップの意思決定は非常にスピーディーだったのですが、その後の事務面にまぁ時間がかかります。

意思決定と事務面のギャップというのはこれまでも直面してきた課題ですが、明確な改善案というのが正直見つけられていない部分でもあります。

 

各手続きについて、起業家の知人などからも情報を集めて、こちらでも事務フローを把握する努力はしているのですが、行政の内部で具体的な手続きがどのように行われているのか細部まで確認するのは、役所の中によっぽどのパイプでもない限り確認できないところだったりします。

 

事務方の役人さんをフォローせよ!

そんなこんなで、事務面のフォローと事務方の役人さんと仲良くなって、手続きを最優先で進めていただく取り組みを行ってきました。

 

とにかくコーヒー、ご飯を一緒に共にする。

そして、へそを曲げられないように、時にプッシュし、時にいたわる。。。

オフィスの停電により、
床屋の電気を借りて
書類のプリント。

どうやったら、スピーディーに進めてもらえるのか日々格闘中です。

 

最終、役所のハンコがなければ進められない弱さ。。。

 

毎日最低2回は連絡をとり、なんとかしてくれーっと問い合わせますが、なにぶん初めての外国投資家との土地の契約、わからないことを後回しにしがちな行政の中では、トレースをしっかりしないとわからない事務面をお役所内で放置してしまう癖があるんですね。

 

こちらからも、あそこの地方政府に聞いてみたらと時にアドバイス的なことをしてみたり、あれやこれやとやっているうちに大分仲良く慣れました。

 

最近では、僕のトレースがよっぽど鬱陶しいのか進捗があると時に行政サイドから電話がかかってくることもあり少し感動しています。

 

長期的に見ると、こちらの地方行政とは長い目での付き合いも必要になるので、この期にしっかりと仲良くなっておけるのは、いいことかもしれませんと無理やりポジティブに捉えています。

 

とはいえ。

とはいえ、なんだかんだスピーディーに進めていかなければならないので、引き続きトレースの日々。

できる限り現地に足を運んで、なぜ進まないのか?、何に時間がかかっているのかなどを彼らに問いかけることで、問題認識のお手伝いなどもしつつ、グイグイ行きます。

 

そして、現地住民の合意が得られているということなので、土地の契約が終わる前提で、事業予定地に伝統的住居兼コミニュティハウスの建設を進めるべく、地域住民とのお話も進め始めました。

 

土地の契約終わらないようだったら住民の方々も比較的ウェルカムだし、先行して建設初めてしまうよ。。

頑張ろうお役人さーん!!

 

クラウドファンディングもまだまだ実施中です!

応援よろしくお願いいたします!

【エチオピア】ググマ村とカタナ村で200世帯の酪農家と稼げる仕組みを創りたい!

 

 

嬉しい節目となる7月

4、5、6月と変化の渦のなかにいました。6月末に理想的なかたちで収束して、安堵を感じています。

4月頃から加工所の移転、製造規模の拡大に伴い、資金の工面や製造現場の監督など私自身が負った重責で押しつぶれそうになっていました。株主になって頂いているKenya Nut Companyと最適な事業の進め方を協議をするなかで、日々の製造のオペレーション、原料の調達と支払い、製造スタッフの雇用というこれまで私が80%以上の労力を費やしてきた部分を全部ごっそりと請け負ってもらうことになりました。私は商品開発や今後の果物加工事業発展のためにやるべきことに集中していくことになります。

常識にとらわれない柔軟な発想で、最適な方法を提案して下さったKenya Nut Companyのトップの判断に感謝し、ケニアの果物加工の発展に少しでも貢献していけるように努力していきたいと思います。マカダミア産業がケニアの経済の柱のひとつに大きく育ったように、30、40年後に果物加工がケニアの産業として今の何十倍、何百倍も発展している可能性に賭けるという思いがより強くなりました。ケニアの果物加工に関わる会社が競りながら、いいシナジーを産みだしていくことを期待しています。

仕事面での変化だけでなく、6月末に生活拠点はティカからナイロビに移しました。ケニアでの事業創出に意欲のある他の日本人2人とシェアしながら、楽しくやってます。

一時帰国!

ルワンダのキガリからこんにちは、アジアンキッチンの唐渡@一時帰国中です。

ご無沙汰してしまいました。

2015年にルワンダに移住してからもうすぐ丸3年、その中で初めて二週間以上の一時帰国。

結構ゆっくりできるかと思いきや、久々の日本の湿気に体調・PCともどもやられておりました。。

 

日本に帰って「ルワンダから来た」と言うと、

「また暑いところから来たねぇ」とほぼ100%言われるのですが、

いえ、日本の方がよーっぽど暑いです!!

そしてこの湿気。

ルワンダの方が100倍快適です…高地ロス。。

そのせいか、急性出血性結膜炎とやらにかかり、顔面が左半分お岩さんのようになり熱まで出る、という事態に・・・

幸いだったのが、例のイベントの後の発症だったことです!!

 

ここで、例のイベントを遅ればせながらご報告。

河野外務大臣からのビデオメッセージ!

 

普段支援してくださっている投資家のみなさんへの中間報告、というのが発端ではありましたが、

渋澤さんとNewspickさんが素敵な企画に仕上げてくださり、

リスナーの方はどうやら「アフリカでのビジネスに興味がある」方が大半な模様。

 

ということで、投資家向けというよりは、

有料の中お越しくださっている皆様に、少しでも「リアル」に近い情報をお届けできれば、と、ルワンダでのビジネス環境をありのままお伝えしました。

少しでも情報がお役に立っていれば幸いです。

来てくださった皆様、改めて、ありがとうございました。

 

講演の後もネットワーキングに花が咲き、とても有意義な時間となりました。

渋澤さん、改めて、企画&当日のファシリテーション、ありがとうございました!!

 

その他、東京に帰ってきた時の大事な仕事といえば、

アジアンキッチンの内装プロデュースをお願いしているデザイン事務所との打ち合わせ。

イラレとフォトショでイメージがどんどんカンプとなり、

A案B案検討して、

サンプルも依頼したらすぐ届く。

素晴らしいビジネス環境!!

この大量のディスプレイ資材をルワンダまで息子も動員して運び込みます!

 

PCの故障により少し淡泊なブログになってしまいましたが、また次回!

(タッチパッドが完全に反応しない&マウスの接触が超悪い…これ直るのかしら)

突っ走ったり止まりすぎたりの1ヶ月半を過ごしていました。

井戸の水を汲む村人たち。井戸の周りにいるのはどこの村でもほとんどが若い女の子たちでした。

 

こんにちは。西アフリカ・ギニア、コナクリからイヌワリアフリカ代表バー由美子です。

前記事を投稿させて頂いてから、猛烈に記事をバンバン書かせて頂こうと意気込んでいたのに、いろいろありまして、実際は随分と日が経ってしまいました。
そんな1ヶ月半も一体どうしていたのか?を本日は書かせて頂きます。

 

1週間に渡る遠く遠くの村への調査の旅

まず、全記事を投稿しました直後、ラマダンが始まった始まった翌日の5月16日から私たちの暮らす首都コナクリから車で全部合わせると片道20時間位以上のとある村までの1週間の旅に出ました。
企業様からの依頼を頂いたギニア国内の調査の旅でした。

旅をしていると、地域ごと、民族ごとに家の藁葺き屋根のスタイルの違いが見れてとても面白いです。

旅に出た初日は17時間以上ノンストップで進み、真夜中に崖っぷちの道でいきなりすごい雷と大雨になったのを川切りに、思っていた以上に過酷な旅路となり無事に帰れるのかしら?とかなり不安になりました。旅の出発とともにタイミング悪くちょうど雨季に入ってしまいました。

山の上で車が通れない道しかなくて、ある時はバイクで、ある時はまさかの舟で渡ったりと驚きの連続の旅路でしたが、この旅で得たものは本当に大きく、そしてギニアの豊かさをしみじみ感じることができた旅でした。

川で鍋やお皿を洗ったり、お洗濯をする村人たち

ギニアには素晴らしい自然、土地、作物、資源、植物、水、人、様々な生き物、それぞれの民族に伝わる昔ながらの豊かな伝統文化が残っている、ギニアには何でも揃っているじゃないか!と実感できる旅でした。
あまりのこのギニアの豊かさを見て、コナクリに帰る途中には、この全てをうまく活用することができたら、この貧しさの問題を解決出来るはず、その方法はなんだろう?とずっと考えていました。

この時期はちょうどマンゴーの季節だったのでどの土地に行ってもマンゴーが至る処で売っていました。こちらの売店にはもう何でも揃っていました。

 

通訳同行ガイドの依頼をいただき

村からコナクリへ戻った後は、ギニア訪問をされていた方の通訳同行ガイドとして、数日間コナクリを御案内させて頂きました。こうしてガイドをさせて頂くたびに自分にも必ず新しい発見があるので、とても刺激になります。同行させて頂くことで、私も良い時間を頂くことが出来ました。
有難いことです。

探検しに行き偶然見つけたビーチにて。コナクリにもびっくりするほどの絶景ビーチがあるんですよ。

食事中にマンゴーを売りに来た子供達

 

製品作りも忘れていません!

イヌワリアフリカの製品作りも忘れてはいません。
いつも製作をお願いしているこちらのアトリエのこのお兄さんもイヌワリアフリカの専属テーラーさん、アトリエに寄った際に写真を撮らせてもらいました。

イヌワリアフリカのアパレルを仕立ててもらっているテーラーさん。こちらのアトリエでは、ろうあ者の皆さんがお仕事をされています。皆さんとても腕の良い職人さんです。

 

こちらで製作してもらったイヌワリアフリカの新商品の一部

 

こちらは女の子たちが縫製修行をしながら働くアトリエ。こちらでは、主にイヌワリアフリカの商品のアフリカンドレスを製作してもらっています。

 

旅の疲れが出たのかフラフラで布屋さん巡り

通訳ガイドのお仕事が終了し、ホッと一息する間も無く、日本のお客様からご注文頂いている大量の
アフリカンプリント布を探すためにギニアで一番大きな問屋街のマルシェ巡りを数日間続け、旅の疲れが出たのか猛烈なアツさのために熱中症になったのかフラフラになりながらの布探しの数日間でした。

 

この巨大マルシェには布屋さんが所々に2百件以上ひしめき合っています。

お店の中で自撮り中のお店のお姉さん笑

 

マラリア発症で2週間ダウン

熱が出て寒気がすると思って薬を飲んだら熱は下がったので、熱中症と思い込んでいたので病院には行かず2日位寝込んでいましたが、ついに吐き気がしたのでこれはマラリアかも。。と思い病院に行ってみたらマラリアではないとドクターに言われました。

しかし私は既にマラリアには2回かかっていて、動物の勘なのか、マラリア特有の汗の匂いも感じたのでドクターに血液検査を念のためにしてくださいとお願いしました。
翌日の金曜日、フラフラしながら検査結果を聞きに行くと、検査結果は来週月曜にならないとわからないと看護婦さんが言うので、「それじゃ死にますよ」と食い下がると、じゃちょっと待って下さいと言い残し去って行きました。
その後診察室に呼ばれ、ドクターがバツが悪そうに「やはりマラリアでした」と言いました。

悲しいかな、マラリアの症状というのが自分でわかる様になってしまった様です。
今までの私の場合は、まず高熱が出る、体の節々が痛い、寒気、頭が強烈に痛い、目の玉が痛い、吐く、という症状が出たらもうマラリアです。

その来週の月曜まで検査結果を何もしないで待ってたら本当に死んでたかもしれません。
その病院は料金もけっこう高いし血液検査だけでも一般庶民の1,2ヶ月の収入を越すくらい高いのに、それでもこの対応ですからびっくりしてしまいました。

処方してもらったマラリアの薬を飲んだらだいぶ良くなり助かりましたが、とにかくマラリアは目が痛くなるのと、半端ない頭痛が続くために、パソコン画面を見ていると目と頭が痛くなりパソコンでの仕事が全く出来ずにとても困りました。

 

こちらは病院で処方してもらったマラリアの薬です。この他に3種類の薬を飲みました。そのあたりもあたらめて別記事でご紹介しようと思います。

 

フラフラになりながら空港まで荷物の輸送手配に

マラリアは完治していませんでしたが、出来るだけ早くやらねばならなかったのが日本からご注文を下さったお客様方にお送りする品々の輸送手配です。
立っているのもままならずフラフラでしたが、ご注文いただいた品々のお届け先を記入しパッキングし荷物を一つづつまとめ、徹夜で連日荷造りをしました。

コナクリ空港からこうして輸送手配完了しました!この後先月23日に無事日本に到着したそうです。
お客様方にお待ち頂いているのでやっとギニアからこうして送ることが出来て本当にホッとしました!

 

運送会社の梱包係員が最後に梱包してくれているところ

こちらに日本のお客様からご注文頂いたアフリカ布、シアバター、アフリカンプリントで作った服などがいっぱい入っています。

 

マラリア完治後に今度はパソコンが!

日本への荷物輸送の後は、頭痛、目の痛みがだいぶ治まってきたので、溜まりに溜まっていたパソコンの仕事がやっと出来るぞと意気込んでパソコンを開くと、カーソルが動かないという事態に!

 

ギニアとは思えない店内です。Mac関係やi Phone その他今どきの家電が販売されています。あまり知られてはいませんが、密かに修理も行っているお店です。

 

すぐにパソコン修理屋さんに持って行くと数時間で直してくれたのでホッとしたのもつかの間、翌日にまた同じ症状が現れました。そんなことを繰り返しながら約1週間が過ぎました。
ギニアで暮らしながら仕事をする上で、パソコンがなかったらもう致命傷です。
もしデータが消えたら?完全に壊れたらどうする?と不安な日々を過ごしましたが、最後の最後に修理屋さんのお兄さんがしっかりと直してくれました。
この1週間は不安でたまらない日々を過ごしていました。本当に感謝です。

 

またまた今度はご注文頂いた楽器商品を輸送

業者様からご依頼頂き製作をさせて頂いたジャンベとジャンベ用の皮を日本へ輸送致しました。

ギニアで活動する上で、外国からこのようにまとまった数の卸売のご注文を頂くことが出来るのは、本当に有難いことだと思います。
一つ一つの工程でそれぞれの職人たちが手作業だけで作り上げた心のこもった楽器がどのようなお客様の元へ届くことになるのだろうと考えるとワクワクします。

 

輸送直前に再度ジャンベとジャンベ用の皮を太陽に干し、皮を一枚ずつブラッシングする様子

 

そして只今引っ越し作業中です

前々から現在住んでいる自宅件、事務所の引っ越しが決まっておりましたが、やっとその新居が引き渡されたので、早速新居の中チェックに行くと、よく見たらけっこう古くて修理が必要でした。
まずはペンキ塗りから始まり、網戸屋さん、電気屋さん、水道屋さん、と勢揃いでリフォームを開始いたしました。
明日は新居に大きな荷物を運び込む予定です。
引っ越しといっても、隣の家なので楽チンです。

普通は引っ越しの場合は大家さんに敷金を1年分くらい(大家さんによってだいぶ変わります)
支払うのがギニア式ですが、現在の家と引っ越し先の隣の家も同じ大家さんの持ち家で、その大家さんがとっても良い方で、敷金を改めて支払う必要がないと言ってくださり、とても助かりました。
賃貸の場合、借り人には全く人権がない位大家さんはやりたい放題が多いギニアで、この大家さんは神様みたいです。

 

長くなりましたが、最後までお読み下さり、どうもありがとうございます。
空白の1ヶ月半、このように過ごしておりました。

 

そして、こうした日々を過ごしながらまた改めて思うのは、
「今までギニアで活動を続けて来た一つ一つのことが、パズルを組み立てるようにちょっとずつ大きな一つの塊になりつつあるような気がする」ということです。

 

今回の旅や、引っ越すことになり、痛感したこと、気がついたことなどもこれから書かせて頂くつもりです。引き続き宜しくお願い致します。

 

 イヌワリアフリカ 代表 バー由美子 

現地ニーズに沿ったサービス開発とは?

グローバルに展開されるオンラインサービスが増える中で、その土地その土地の環境にあったカスタマイズが重要というのは、以前から言われている事です。

 

特にウガンダのような国では、先進国とは大きく異なる条件があります。
電気が不安定で停電が多い。清潔な水を常備するのは困難。公共交通機関がない。天候に大きく左右される交通インフラ。低速かつ不安定なインターネット回線。一般家庭でも警備員による治安確保が必要。などなど

 

弊社の宅配事業で言えば、住所システムがない。正確な地図がない。現金以外の決済がほとんど使えないため現金代引きが主流。などでしょうか。

 

これらは、こちらに居住すれば、見えやすく、人にも説明しやすい条件です。今回話したいのは、そういう分かりやすい例ではなく、もう少し見えにくい例。

Read more

SNSへの課税、時代に逆行

私の住むウガンダで、時代に逆行する愚策が実施されました。。。

 

New Tax on Over-The-Top (OTT) services in Uganda will take effect on 1st July 2018

本日朝(2018年7月1日)よりSocial Media Taxというものが導入され、お金を払わないと、Facebook, Whatsapp, Twitter, SnapChat, Instagram, Skype, LinkedINなどのソーシャルネットワークサービスにアクセスする事が出来ません。
今朝になり突然ネットが使えなくなり、友人に連絡貰うまで原因不明でした。。(厳密にいうと、FacebookやインスタなどのSNSサービス)

Read more

日本一時帰国まとめ

どうも、Food for Future Plcの竹重です。

 

本日、エチオピアに戻ってまいりました。

1ヶ月間バタバタとしておりましたが、日本で何をしていたのかを少しまとめてみたいと思います。

 

メインミッション:機材調達

さて、今回の日本滞在のメインミッションは機材の調達でした。

こちらについては、随時情報をお待ちしておりますが、基本的に廃農した農家さんや機材を持っているものの使っていない乳製品加工事業者からの調達をすべく、方々駆けずり回ってみました。

結果として、いくつかの設備調達を完了、さらにいくつか先方の都合待ちという状況で、最低限の調達はできたのかなと思っています。

 

エチオピアで新規事業を行う際には、最初の設備輸入時に免税措置が取れるので、資金的な余力がある範囲内では、追加の購入も検討中なので、情報をいただけるとありがたいです!

 

*乳製品の加工設備以外にも、トヨタ社製の左ハンドルピックアップトラックをお持ちの方も情報をいただけるとありがたいです!!

 

水面下で準備中

さて、メインミッションにも絡む上にメインミッションと同様に時間をかけてただいま準備中の案件が一つ。こちらについては時がきたタイミングで改めてご報告させていただきます。

 

クラウドファンディング

campfireでクラウドファンディング実施中!
ご支援よろしくお願いいたします!!

クラウドファンディング を新たに立ち上げました。

実は、クラウドファンディングは今回で2回目ですが、1回目は、エチオピアに滞在中にリモートで準備したものでしたが、今回はCampfireの担当者の方とも相談しつつじっくりと準備をしてみました。

まだ、ご覧になっていない方は以下ご一読いただき、共感いただけましたら、ご支援を賜われると幸いです!!!

 

https://camp-fire.jp/projects/view/79627

アントレ×NewsPicks報告会

オシャレな会場。
ドッキドキでしたね。。

たまたまアントレアフリカにご支援をいただいている仲間、唐渡さん、有坂さん、仲本さんが同じタイミングで日本にいるということから、急遽報告会をしましょうという話になっていたのですが、事務局の渋澤さんのはからいで、うちうちの報告会のはずが思わぬ大きなイベントになってしまいました。

 

オシャレと無縁の僕にとっては、会場の六本木のオシャレ感にもかなり飲まれてしまいドギマギしてしまいましたが、これまでお会いできていなかったアントレアフリカの支援先の方々とお会いできたのはすごくいい刺激になりました!

 

アフリカ関係の人にとにかく会ってみた。

さて、先日もご報告した通り、ようやく法人の設立も完了したところなので、今回の日本滞在では、アフリカ関連の方々にとにかく会ってみました。

 

アフリカと言っても国によって状況はさまざまですが、みなさんがどのような形で新天地に乗り出しているのかを聞くことは、単純に僕自身のモチベーションの向上にもつながりましたし、勉強になるお話もたくさん聞けて、色々とアフリカで挑戦する方々から参考にしたいお話も伺えたので、エチオピアでさらにチャレンジ精神目一杯でやっていこうと思っています!!

 

さて、それでは、また次回。

 

再度になりますが、クラウドファンディング実施中です。

まずはご一読いただけるとありがたいです!!

 

以下リンク。

https://camp-fire.jp/projects/view/79627

クロテンと業務改善

2016年7月から宅配サービスを開始しておりますが、先月(5月)に初めて黒字化(単月)する事ができました。

4月中旬から注文が拡大しており、5月は一か月を通して繁忙期となりました。

商売である以上、黒字は当たり前とはいえ、我々が手掛けるのはウガンダ人向けのサービス。日本と比べてずっと購買力が低いウガンダ。思った以上に時間がかかります。

 

とはいえ、社長である私の人件費(生活費)までは、カバーできていませんし、運営費をカバーしているだけで、これまでの投資の回収にはまだまだ長い道のりがありますし、
5月は営業活動や投資活動を控えていた事もあり、その費用が少なかったのも要因の一つです。

 

幸いにも6月に入ってからも需要は衰えず、大きく伸びていませんが、5月と同水準かそれを超える当たりの宅配数となっています。

 

 

 

 

Read more

1 2 3 4 46