TICAD6で感じた3つの溝(ギャップ)

Ms. Akie Abe

(英語のあと日本語)

So TICAD VI, multi-lateral conference between Japan and African countries just completed. As a participant of the official side event, Japan Fair expo organized by JETRO, we were generally excited to showcase our work as the only design company along with other 100 (mostly-established) Japanese companies. I also participated in another side event, the business conference that took place in the same venue. As a non-delegate person who were obviously out of the official diplomatic conversation and MoUs, I just want to share 3 points from my experience and observations through my eyes:

  1. Different definitions of Africa’s future
  2. Africa’s ownership versus Japan’s leadership
  3. Elitism, exclusivity, and entrepreneurship

First, it seemed that there was quite a huge gap between people who are already been involved in African businesses and those who are here for the first time regarding how they see the market here. This could just be obvious, but also showed that how there was a gap between the information you get inside and outside Africa. What was distinctive was that the former group of people has a commitment in African right in a specific field or industry as opposed to the latter talks about Africa’s broad opportunities… For us, we still see creative sectors are our opportunities and related industries that we want to research more are textile/garment industries that no one seemed to be talking about. We focus on creative sectors because that where 0 to 1 innovation happens, and this leads to the competitiveness of the economy.

Second, I felt that the challenge moving forward for foreign (Japanese) companies including ours to do business in the continent would be how we balance African ownership versus Japanese leadership. I kept hearing the word partnership here and there, but how does that look like for each business? For us, Africa’s perspective has to be the forefront. That is why it is important for me to position myself as a bridge between Africa and the rest of the world (not necessarily just Japan), and to leverage skills, ideas, and creativity of Africans. At the booth, I generally tried to have dialogues led by Africans and let Africans talk amongst each other.

Third, just as I feel at any kinds of large events with lots of VIPs, I felt the entire thing was about a reunion of elites, which was not necessarily a bad thing, but I sometimes felt something was missing. Unfortunately, I didn’t get to see entrepreneurs inside the red taped zones. Some of the most creative, entrepreneurial, and talented people were the ones I met at the Massai Market zone where vendors were sort of pushed away outside the exhibitor pavilion. I understand the security concerns, but I really think that they should have been inside the pavilion…

Putting all the negatives and challenges aside, we were glad that TICAD VI was actually held in the African continent, and we definitely feel really positive about setting up a Nairobi office soon!!!


TICAD6が閉幕しました。ジェトロ主催のJapan Fairの出展企業として、100社(多くは大企業)の会社とともに、唯一のデザイン会社として我々のコンセプト・プロダクトを紹介できたのは非常に有意義な経験でした。また、同時に開催されていたビジネス会議の一部にも参加することができました。もちろん本会議に参加していた代表団ではないのですが、その場にいた1参加者として私なりの経験や考察に基づいたことを3つ共有します。

  1. アフリカの未来に関する異なる定義
  2. アフリカのオーナーシップと日本のリーダーシップ
  3. エリート、特権、起業

まず1つ目に感じたのは、すでにアフリカでビジネスを始めている人と、これからという人の、アフリカの市場に対する温度差の違いです。もちろんこれは当然のことですが、アフリカ内外で得られるインサイトや情報量の差を表している結果だと思います。一番明確な点は、前者は特定の機会についてのコミットメントがあるというところで、後者は、まだ漠然としたアフリカの市場機会(人口が多いー>消費拡大など)についての話をしている感じがあります。我々はやはりクリエイティブセクターとそれに関連したテキスタイル・縫製工場(今回このセクターは見かけなかった)に可能性があると感じています。後者に関しては、もうちょっとリサーチが必要ですが。なぜクリエイティブセクターを重視するかというと、0->1の付加価値こそが、産業の中長期的な競争力につながるからです。

2つ目が、今後、私たちを含め、外国(日本)企業にとって、アフリカのオーナーシップと日本のリーダーシップのバランスをどうとっていくのかというのが課題になるだろうというところです。パートナーシップという言葉が連日、様々な箇所で連呼されていましたが、それぞれのビジネスにとってはどのような姿のパートナーシップがあり得るのか。我々は、アフリカ(人)の視点を、いかに前面に押し出すかということを非常に重要視しています。だからこそ、私自身の立場は、アフリカと世界(日本に限らず)の橋渡しになるべきであり、アフリカ人のスキル、考え方、創造性をいかに引き出すかを大事にしています。今回の出展でも、アフリカ人に会話をリードしてもらうように勤め、アフリカ人たち同士でも対話してもらえるように努めました。

3つ目。こういった首脳陣が集まるような大会議ではよくあることかもしれませんが、やはりこういったイベントはなんとなくエリートの同窓会のようにもなってしまいます。もちろん必ずしも悪いことではないのですが、何か欠けているような違和感もあります。残念ながら、セキュリティーゾーンの中で、現地の起業家に会う機会がありませんでした。実際、KICC内で、もっともクリエイティブで、才能があって、起業家精神があった人たちは、マサイマーケットにいた人たちかもしれません。しかし、マサイマーケットは、他の展示パビリオンのスペースから離れた、端のほうに追いやられていました。セキュリティーが懸念されたことは分かりますが、彼らがパビリオンの中にいたらもっと様々なインタラクションがあったかと思うと残念です。

少しネガティブな見解が多くなってしまいましたが、全体としては、そもそもTICAD VIがアフリカ開催されたことは非常に有意義だったと思います。我々としても、今回協力してくれたABEイニシアティブで留学中のMBA生などとも連携して、ナイロビオフィスを設置する準備を進めていきたいと強く感じました!

 

 

デザイナー、Mpho [ムポ]

mpho

(英語のあと日本語)

Mpho Muendane, a U.S-born Mozambican-Zambian-Tanzanian-South African, is the Creative Director of Maki & Mpho and an award-winning textile designer.  She was born to refugee parents in Manchester, NH and when she was 13 she moved to South Africa with her family.  She recently returned to the U.S. as a newly appointed adjunct lecturer in Fashion and Sustainability at Southern New Hampshire University.

Her role as an artist is whereby African arts have equal importance to non-African arts on a global spectrum. And her approach to this is by means of hybrid modernity and that is not to create or recreate primitive arts and design but to infuse contemporary culture with the presence and the past.

She believes that building a globally-successful brand and business with her textile arts can inspire other Africans to be creative, to be entrepreneurial, to be motivated and most importantly to be proud of their own heritage. She also hopes to inspire non-Africans: She wants to excite and surprise Africans and non-Africans around the world through her bold and vibrant designs, which are reflective of Africa’s rich and diverse culture.

Our brand strives to become a role model of the African renaissance and the driver of the empowerment of creators and entrepreneurs in the African continents.


Maki & MphoのCreative Directorであるムポは、モザンビーク、ザンビア、タンザニア、南アフリカのクオーターで、様々な受賞経験をもつテキスタイルデザイナーです。アパルトヘイト時代、南アフリカからの難民として渡米した両親のもと米国で生まれ、13歳で南アフリカに家族で帰国後、現地でデザインやテキスタイル技術のマスターコースを卒業。グラフィックデザイナーとしての勤務経験、テキスタイルデザイナーとしての実務経験や受賞経験をもち、2013年に、米国南ニューハンプシャー大学での非常勤講師として教鞭をとり、それ以降、米国東海岸を拠点としています。

アーティストとしてのムポの役割は、アフリカのアートを世界のアートの舞台と同列のものとすることです。そのためのアプローチは、ハイブリッドモダニティです。プリミティブアートを創造したり、再創造したりするのではなく、現在と過去を俯瞰した現代のカルチャーやライフスタイルを取り込んだ、新たな作品をつくることです。

ムポは、自身のテキスタイルデザインで、グローバルに成功するブランドをつくることは他のアフリカ人がもっとクリエイティブになり、起業家精神をもち、志高く、そして自身のカルチャーに対して誇りに思えるように、インスパイアすることだと考えます。また、アフリカ人以外の世界の人々へも、彼女の力強く、鮮やかなデザインに込められたアフリカの豊かで多様な文化を通じて、わくわくや驚きを届けます。

私たちのブランドは、アフリカンルネサンスのロールモデルを目指し、アフリカのクリエイターや起業家のエンパワーメントの活力になりたいと考えています!

中国で感じたアフリカの未来

FullSizeRender (6)

(英語のあと日本語)

I was in Shanghai recently. It was a brief visit just to get some market vibes, but I really felt the energy that I wouldn’t get in Tokyo. Those vibes and energy reminded me how I got interested in understanding more about Africa’s development: Observing China’s change back in 2006-07 when I lived in Shanghai was one of factors why.

I was working in Shanghai as a consultant. It was my first time traveling to China. That time was right before Olympics and Expo so Shanghai was in the middle of fast changes. I would walk down the streets every morning to my client’s office experiencing the street vibes, scrap and build cycles of shops, new buildings emerging, and new subway lines being contracted at a quick pace. And most importantly, I felt the energy from the people – that hustling energy.

And almost after 10 years, I just saw Shanghai again. While China’s growth rate went down, I still felt the similar vibes and energy, but there are also many signs of prosperities and the peacefulness that comes from the successful economic development.

Then I thought of Nairobi. Nairobi and other African cities will continue to change and become more prosperous. People there and their energy can drive change. I shall be one of the witnesses.


先日上海に行ってきました。最近の上海がどうなっているのかを短時間で見てきたという感じですが、東京などでは感じることのないエネルギーを感じました。こういったうねりやエネルギーを感じることで、アフリカの開発についても関心をもったきっかけを思い出しました。私は2006年から07年まで上海に住んでいて、その時に目撃した中国の変化というものが一つの要素になっています。

上海ではコンサルタントとして働いていて、その時が中国初渡航だったのですが、ちょうどオリンピックやEXPO前のタイミングだったので、日々のものすごいスピードでの変化が感じられました。オフィスまで歩いていく道すがら、ストリートのエネルギーを感じ、スクラップビルドを繰り替えす商店を通り過ぎ、次々と完成していくハイライズを目撃し、急激に拡張していく地下鉄の路線を目の当たりにしました。でも最も強く感じたのが、そこに行き交う人々の勢いのあるエネルギーでした。

約10年後に改めてみた上海。中国の成長率が鈍化していることが言われていますが、やはり同様のエネルギーを感じました。一方、反映や経済成長からくる平和的な安定というのもの感じました。

その様子を見ながら、ナイロビのことを思いました.ナイロビや同様のアフリカの都市も今後もっと変化していき、もっと豊かになっていきます。そこにいる人々とそのエネルギーが変化を起こすのです。その様子をじっくりと目撃していきたいと思っています!

ケニアTICAD6 ジャパンフェアに出ます!

TICAD VI Japan Fair

(英語のあと日本語)

In 2 weeks, one of the most anticipated events that signify the relationship between Japan and African countries begins: TICAD VI – The Sixth Tokyo International Conference on African Development (TICAD VI) Summit will be held at Kenyatta International Convention Center in Nairobi, Kenya on 27th -28th August 2016.

And during TICAD VI, JETRO is organizing a Japan Fair (trade expo) as an official side event that takes place at the same venue where 100 Japanese companies are participating to showcase their products and services to government officials, industry professionals, and media of Japan and African countries.

While many companies are large and established companies, we also decide to take this opportunity to join the Japan Fair together with a Hyogo-based design company. It is exciting because this TICAD is the one that will happen in the African continent for the first time. I always love the opportunity like this – I also went to the World Cup in South Africa the first World Cup held in the African continent. It is also important for us to be present at the event because we believe that establishing strong creative economy can also contribute to many African countries to prosper and build competitiveness. Africa’s creativity can strengthen Africa’s nation branding as well. We are really excited for the opportunity to build a new kind of diplomatic relationship with Africans at the event!


あと2週間で、日本とアフリカ各国の関係を物語る上でとても期待されているイベントである、TICAD VI、第6回日本アフリカ開発会議が、8/27-28の期間ケニヤのナイロビのケニヤッタ国際会議場で開催されます。

そして、会期中はジェトロ主催のジャパンフェア(展示会)がオフィシャルサイドイベントとして開催され、日本企業約100社が参加して、日本とアフリカの政府関係者、経済界の要人、メディア関係者などに、プロダクトやサービスをPRします。

参加企業の多くが大企業ですが、私の会社Maki & Mphoも兵庫県ベースのデザイン会社シーラカンス食堂と共同で出展することにしました。今回はTICADが初めてのアフリカ開催ということもあり非常に楽しみです。初のアフリカ開催というのは、ちょっとワクワクします!(私は初のアフリカ開催だったワールドカップの南アフリカ大会にもいきました。)加えて、こういうイベントへの参加は結構重要視している理由があります。それはクリエイティブエコノミーの強化も、アフリカの経済繁栄と競争力の強化につながるものだと信じているからです。アフリカの創造性は、アフリカの国のブランディングの強化にも影響します。TICADのジャパンフェアでどんな新たな外交的関係が構築できるか、非常に楽しみです。
※昨日配信のリリースはこちら

東北でアフリカについて考えた

Print

(英語のあと日本語)

I was in Miyagi and Iwate for the first time after the 2011 Tohoku Earthquake and Tsunami. It was completely a private trip that I had to take due my family’s plan, but I had this weird feeling that “I have to DO SOMETHING.”

I always have a self-conflicting moment wherever I have this feeling. A philanthropic and altruistic self is on this suddenly-emerging unknown mission to “help” people who are still recovering from various challenges aftermath the earthquake. On the other hand, rather sarcastic and practical self is hating my other self “trying to help.”

I am quite familiar with this feeling. Since I began to be aware of the professional field of international development (probably in high school), I’ve always had this feeling that I want to do something to address challenges in less developed countries especially when the motif of action comes out of sympathy. And I do not like it because sympathy does not last. Sympathy is not sustainable.

One thing that I am absolutely confident about my business Maki & Mpho is that this will sustain at least so long as founders live. It will sustain not because of our business model, because such thing will change, but because our premise is about creating more happiness rather than mitigating sadness or misery.

We focus on creativity and multiply that positive energy to bring social, economic, and cultural prosperity. We focus on entrepreneurs who already see the positive side of things because we believe that is more effective and efficient. We want to create a model that is similar to what Endeavor does: They focus on high-impacting entrepreneurs who are already making a difference to multiply the impact.

I personally focus on and work with African creators and innovators to share more positive stories from the African continent. I focus on the positive side not because I don’t see any problems but I believe that positive stories can bring a virtuous cycle to attract more people, capital, and other resources to the African continent.


東北の地震のあと初めて宮城県と岩手県にいきました。家族の都合という完全プライベートな旅でしたが、「何かしなくては」というなんとも言えない感覚がありました。

この感覚があるとき、私はいつもジレンマと感じています。フィランソロピー的で利他的な自分は、地震のあとまだ様々な課題をかかえる人々を「サポート」したいという具体性のないミッションを抱えています。一方、サーカスティックで現実主義的な自分は、そういう感情をもつ自分に嫌悪感をもっています。

この感覚は今にはじまったものではなく、おそらく高校生ぐらいのときに国際関係や国際開発といったプロフェッショナル領域を意識し始めたころから感じています。いわゆる開発途上国の課題に対して何かをしたいと思つときの感覚です。それが同情のようなものにつき動かされているときとくに。同情というモチベーションは好きではありません。同情には継続性がありません。

今取り組んでいるMaki & Mphoのビジネスに関して、一つ確信をもっていえるのは、我々創業者が生き続ける限り継続性があるということです。ビジネスモデルなどは変化に対応していくので、それは本質でなく、アフリカビジネスにおける前提的なコンセプトが、それを可能にすると考えています。つまり、私たちは悲しみや困難の解決ではなく、幸福感の増大に焦点をおいていることが重要なのです。

クリエイティビティに焦点をあてて、それを増大することで、経済、社会、文化的な繁栄を導くーすでに物事のプラスの側面を見ることができている起業家に焦点をあてるのも、その方が効果的で効率的だと思うからです。エンデバーという、起業家支援団体は、すでに成果をあげている「ハイインパクト起業家」に焦点をあてることで、社会をよりよくしようというモデルを確立していますが、私たちもそういったモデルをつくりたいと考えています。

私自身の役割は、アフリカのクリエイターやイノベーターに焦点をあてて協業することで、アフリカからもっとポジティブな物語を発信していくことです。ポジティブな面に焦点をあてるのは、課題が見えていないわけではなく、ポジティブな物語こそが、アフリカが人や資金などのリソースをもっと惹き付ける鍵になると考えています。

「蛙飛び」イノベーション

Leapfrog...

(英語のあとに日本語)

I believe that the bright future of the African continent is summarized into one word: Leapfrog. It is not just The Economist that talked about Africa as “The leapfrog continent“: I came across a number of examples where African innovators do leapfrog when I was researching emerging market businesses in the grad school in the US.

The leading example is the mobile phone technology. According to GSMA Intelligence, the unique mobile penetration rate in African as of 2015 is 46% and is expected to grow by 54% by 2020. You may think that the rate could be higher, but the power of mobile phones is beyond communication: Mobile phone technology is delivering financial inclusion to the unbanked populations in 42 countries in Africa via 157 service providers as of June 2016 according to the same source. This means that some Africans can go directly from cash transaction to mobile money by leveraging the latest and affordable technology.

Leapfrogging, I believe, can apply to Africa’s creative class as well. By leveraging the latest and affordable technologies such as digital printing, social media, and internet (yeap, no more capital I), Africans can realize their creative ideas without much infrastructure or can easily access to infrastructure elsewhere.

Africa may still luck key infrastructures to address basic human needs, but by means of leapfrogging, I believe that Africans can rather quickly build globally-competitive businesses. And that’s what I’m trying to realize with Mpho and fellow African creators, and that’s why it is absolutely crucial for us to create an African business that is born global.


アフリカの明るい未来を表現するキーワード。それは「リープフロッグ:蛙飛び的イノベーション」だと私は思います。イギリスの経済誌エコノミストも、アフリカ大陸を「リープフロッグ大陸」と表現していましたが、私が米国の大学院で新興国ビジネスの勉強をしている時も、アフリカのイノベーター達のリープフロッグの例によく遭遇しました。

一番の典型例はモバイルの技術です。(世界のモバイル関連のデータインテリジェンスを扱う)GSMAインテリジェンスによると、モバイル普及率(よくアフリカ人は複数の携帯を持っていたりもしますが、ユニークユーザーベースで)は2015年時点で46%、2020年には54%になるという予測です。もっと高い率でもいいような気もするかもしれませんが、モバイルの力は通信に留まりません。同じGSMAによると、モバイルの技術によってアフリカの42カ国、157のサービスプロバイダーが、銀行口座を持っていない層に対して、ファイナンシャルサービスを提供しているとのことです。つまり、最新の、低コストの技術を活用することで、キャッシュからいきなりモバイルマネーにリープフロッグできてしまうアフリカ人がいるっていうことです。

リープフロッグの考え方は、アフリカのクリエイティブクラスにも当てはまります。デジタル印刷やソーシャルメディア、インターネットを活用することで、インフラが整備されていなくても自分のアイディアが表現できたり、他の地域のインフラに簡単にアクセスできるのです。

アフリカはまだ基本的なヒューマンニーズに対するインフラが足りていないかもしれません。しかし、リープフロッグによって、アフリカ人は世界に通用するビジネスを、比較的クイックに構築できると思います。そしてそれこそ、私がムポや他のアフリカ人クリエイターと共に実現しようとしていることであり、私たちの「アフリカ」ビジネスは、絶対に始めからグローバルなスコープと活動領域をもっているべきだと思っています。

 

アフリカンルネサンス!!

IMG_3742(英語のあとに日本語)

The African Renaissance: It is time for Africans to take ownership of their own culture and bring it to the global audience.

This is the fundamental philosophy of my business partner, Mpho Muendane. Often portrayed as the last frontier, some people see the African continent as the place where things are lacking. But it is not necessarily true.

Africa is about abundance. It is about richness. That’s what Mpho wants to show to the world using her artwork. And more importantly, it is not just her who wants to do that – there are many creators who are expressing their voices to show the world the richness and diversity of the African culture.

Here’s a website where you can browse some of them! Enjoy!!!
http://africandigitalart.com/


アフリカン・ルネサンス:アフリカ人が、自分たちで自身の文化を世界の人々に届ける。

これは、私のビジネスパートナーである南アフリカ・モザンビーク系アフリカ人のムポ・ムエンダネのクリエーションの根幹にある哲学思想です。アフリカは「最後のフロンティア」として描かれることも多く、アフリカ大陸というと何かが不足しているといった文脈で語られることもあります。しかし、必ずしもそうではない。

アフリカにはすべてが溢れています。豊かさがあります。そういったものをムポは自身のアートを通じて表現しています。そして、さらに重要なことは、ムポだけでなく、多くのクリエイターたちが、世界にアフリカ文化の豊さと多様性を発信すべく、声をあげています。

たとえばこのウェブサイトをみてみてください!アフリカ人発のデジタルアートのキュレーションサイトです。とってもワクワクします!
http://africandigitalart.com/

アフリカの矛盾…からの爽やかな未来!

Textile Afrika_Maki & Mpho

(英語のあとに日本語)
So let me start with WHY I do what I do.
I want to help people see Africa differently.

In order to do so, I focus on creators who can tell the stories of Africa’s modernity and its diverse culture using their creativity, art, design, and other forms of expression.

Together with African creators, I build a globally-competitive design brand that champions Africa’s creative talents and inspires the global audience.

I don’t help Africans. Africans don’t need help.
The world needs help from Africa to get inspired, educated, and excited.

Our company, Maki & Mpho, is just another catalyst, amongst others, to make it happen.
Let’s work together to make it happen!


私を突き動かすものはなにか。それは世界にもっと違う目でアフリカを見てほしいという想い。

そのために私が着目するのはクリエイターたちです。彼らこそが創造性、アート、デザインなどあらゆる表現方法で、アフリカのモダニティや多様なカルチャーを発信できる存在だからです。

クリエイターたちとともに、私はアフリカのクリエイティブな才能を発信し、人々をインスパイアするような、世界に通用するデザインブランドを創ります。

私はアフリカ人を援助しようとは思っていません。アフリカ人は私の助けを必要とはしていない。
世界がアフリカを、つまり新たなインスピレーション、知的好奇心、ワクワクを必要としています。

私たちMaki & Mphoは、そういった未来の実現のための、いちプレーヤーにすぎませんが、皆様ぜひ一緒に、アフリカ、日本、そして世界のわくわくするような未来を実現していきましょう!

 

 

1 3 4 5