ウガンダ北部に来て農業を考える

IMG_2751

 

今日は別件でウガンダ北部の都市リラに来ています。

ここは2006年までジョゼフ・コニー率いる「神の抵抗軍(LRA)」と政府軍との間で、約20年にもわたる内戦が行われていた場所です。幼い子どもたちを誘拐し、暴力と支配により兵士に仕立て上げ戦闘に参加させた、いわゆる「子ども兵」で有名になった内戦でもあります。

 

2006年に停戦合意が締結されると間もなく様々な援助機関が入り、国内避難民の帰還・定住支援やインフラ再構築などが行われ、最近ではそこで暮らす住民の生活・収入向上にフォーカスした支援活動が行われています(ウガンダ国内の他の地域と比べても、圧倒的に生活レベルが低いです)。住民の収入向上のために何をすべきかということですが、住民の90%が農業従事者であることを鑑みたら、農業支援が有効であると考えられ、多くの援助機関やNGOが各種事業を行っています。

 

私も農業支援に関わってきた端くれとして感じた、この地の農業の課題の一つに、様々なアクターは存在するけれど、互いにきちんとリンクしておらず、必要な知識・モノ・カネ・人材が流れていないということが挙げらるのではないかと思っています。

 

例えば農業省直轄の農業研究機関はあり、そこで改良種子や肥料などの研究はされていますが、そこで得られた知識や研究結果が農家にまで普及されていなかったり、ローカル企業で種子や肥料を販売する企業はありますが、農家のニーズに基づいたものを提供できていなかったり(例えば農家はまとまった現金がないので、ローカル企業が販売するようなサック単位での購入は難しく、1kg, 2kgの小口パッケージ化が必要)、農地で病気が発生しても誰に対応を聞けばいいか分からずそのまま放置していたら、そのシーズンの収量が少なくなってしまったり、品質の高い農産加工品を購入したいというバイヤーはいるのに農家がそのことを知らなかったり。とにかく挙げたらきりがありませんが、細かいことでも実はクリティカルなことだったりするんです。

 

まずはどんなアクターがいるのかを把握し、彼らが本来どう繋がり合うべきかを考え、しかしなぜそうならないのか課題を一つ一つ抽出・解決し(必要があればリソースを投じ)、アクター間をコーディネートしていく、北部の農業振興に関わる援助機関に求められることの一つかと思います。

 

最近の動きとして面白いのは、それら問題の解決にtechnologyが使われ始めていること。ケニアだと結構盛んなイメージですがここウガンダでも、例えば農作業やってて分からないことが生じるとSMSを通じて質問投げて、少しすると答えが返ってくるといったe-extensionシステムが導入されたり、市場での穀物価格をSMSで毎週知らせるサービスがあったり、面白い展開が生まれつつあります。

 

Chizu

私たちのものづくりPart1- 完成度を高めるために-

RICCI EVERYDAYでは、カラフルでプレイフルなアフリカン・プリントを使用し、旅先で便利なバッグやアイテムをデザイン・製作しています。カンパラ市内に直営工房を構え、日々5人の女性たちが工房に通い、ハンドメイドしています。

お店で立っててよく言われるのは、「ちゃんとした商品になっている!」ということ笑。アフリカで作られたものだと期待値も低いのかもしれませんが汗、うちではまずテーラーとして高い技術力を有した人を採用しています。その人が仕上げるものは完成度で言えば、75%。すでにかなり高いです。もともとテーラリングの学校で働いていた人が主要メンバーなので、技術的には申し分なし。ただ残りの25%は何かというと、例えばバッグのサイズが1cm違うとか、まっすぐ縫えていないとか、ボタンがちゃんとはまらないとか、シミがあるとか、日本のマーケットの基準に照らし合わせた部分です。そういったところをまずスタッフが検品し、次に私が検品し、二度の検品を経る中で指摘していきます。

ただこういう細かいところを彼女たちに理解してもらうのも、また一工夫が必要です。ウガンダ人の特性として怒られるのを嫌がる(特に人前で)ため、失敗を責めるのではなく、「今度はもっとこういう風にしてほしい、そうしたらお客様に喜ばれる」とか「二度同じミスをしないように気をつけて」となるべく建設的に、相手のモチベーションを下げないように伝えることが重要だと学びました。彼女たちも職人魂があるのでしょう。伝えたらすぐに「やり直す」と言って黙々と直してくれます。

こういったプロセスを経て、完成度が100%に程近くなっていき、製品が店頭に並べられるようになります。

彼女たちには店頭や展示会でのお客様の反応を逐一フィードバックするようにしています。そうすると、「忙しくなるね!」「頑張らなきゃ!」とみんなの士気が高まります。そしてまた高いレベルのものが生み出されるという、いい循環ができてくるのです。

 

最後にそんな工房の風景を写真でお届けしますね!

ちなみにうちのスタッフの紹介は以下リンクよりご覧下さいませ。

http://www.riccieveryday.com/artisans

NR8H1420 のコピー

バッグの検品を行うStella

 

Chizu

従業員に言われて嬉しかった事

本日、スタッフ(宅配事業で雇っているバイクドライバーの一人)に言われて嬉しかった事をシェアさせてください。

1か月ほど半前に入社してくれたバイクのドライバーJさん。
最近、色々とアレンジが必要な宅配注文が増えてきており、小さなミスが増えてきておりました。その度に、ミスについて指摘し、ミスの根本原因を時間をかけて一緒に発見させ、その改善策を自分から導くようにトレーニングをしてきました。

時に就業時間を終えて3時間以上も残業をし、私にクドクド詰められながらの反省会が続いていました。
彼からは『もう、自分では解決策は分からないから、これをやれ!と命令してくれ。』と言われ、
『嫌だ。その方が楽なのは分かる。でも、それでは自分が成長しない。それでは新しい問題が起きた時に自分で対処できない。うちの会社にはLabor(労働者)は要らない。うちに必要なのはProfessionalだけだ!』と言い、あくまで自分が当事者であり、責任をもって対処するように伝えてきました。

私が、人材育成のトレーナーで経験した事を元に、基本的にどんなスタッフに指示を出す時もレビューをする時も、単なる作業指示はしないようにしています。目的を伝え、自分で考え相談指せるようにしています。その上で、失敗したら、自分の責任としてできるだけ尻拭いをさせ、原因を追究させ、改善策を策定できるように導くようにしています。(もちろん、時間のない時は疲れている時はこの限りではありません。。)

そのため、スタッフによっては、当然『いい加減にしてくれ!』と嫌気の指す方もいます。これまでそれが原因で辞めてしまった方もおりました。
これが原因で、そこで辞めてもらっては困るので、さじ加減の調整はしますが、基本的には上記のスタンスで説明しています。

最近、彼へのレビューが多いので、そろそろ嫌気がさしてきた頃かな?と心配していたのですが、どうやら、違ったようです。

本日、営業先へ一緒にいき、応接室で待っている時の事。突然彼から
『Junには感謝をしている。これまでの上司は、そんなに色々と教えてくれなかった。教える事に時間をかけてくれなかった。あなたは、私を成長させようとしてくれているのが分かる。これまで、ミスをした時にそんなに質問を投げかけてくれる人はいなかった。ありがとう。』

というような言葉を貰いました。
これ以上厳しくしたら辞めちゃうかな?と心配していた矢先だったので、とても嬉しかったです。

これで喜んでいた矢先、来月あたりに『やっぱり辞めます。』とか言われないように、精進したいと思います 笑

 

言語から見る東アフリカ (1)ウガンダ

これから数回にわけて、言語の違いから見る東アフリカ諸国の政治・文化・経済について書きたいと思います。私はこれらの専門家ではないため、専門の方から見たら、突っ込みどころがあるかもしれませんが、各国でビジネスや調査をする中で、私なりに感じた違いをお伝えできたらと思います。
第一回目は私の事業拠点であるウガンダ。

ウガンダの公用語は、英語とルガンダ(ガンダ語)になります。ルガンダは、主に首都カンパラのあるセントラルと呼ばれる地域で使われる言葉です。元々、首都カンパラを含むセントラル地域を統治していた(している?)ブガンダ王国で使われていた言葉です。

ただし、このルガンダ。ウガンダ全国隅々で使える言葉ではありません。元々いくつかの王国から成り立つウガンダでは、地域により話されている言語が異なります。アチョリやニャンコレなど、地域により日常会話に使われる言葉は異なります。
全国の小学校でルガンダの勉強はするようですが、地方にいけば、ルガンダが使える人はぐっと減るようです。
以前に、中西部出身(Fort portal)の政府の役人、北部出身(Kitgum)のエンジニアと3人でカンパラ郊外の出張に行った際に、道に迷った事があります。

道端のおばちゃんに、私が調子にのってルガンダ語で聞いたところ、当然ルガンダ語で返答が帰ってきました。その際に、二人に尋ねたところ、『いや、私たちもあんまり分かってない 苦笑』と言われました。

首都カンパラでさえ、教育を受けた人でなければ、英語を理解したり、流暢に話せません。(逆にいえば、高校くらいまで出ていれば、英語でのコミュニケーション、読み書きは全く問題ない。)
もう一つの公用語であるルガンダでも、全国で通じる言葉ではないようです。。

日本のような単一言語の国にいると不思議ですが、ウガンダでは国民の多くが理解できる言語はないようです。
このことが、政治上、経済活動上に不利なのは言うまでもありません。。

※ちなみに、お隣ケニアも多くの民族・言語がありますが、スワヒリ語という共通語があり、全国津々浦々、スワヒリ語で概ねコミュニケーションが取れます。

Kampala

布を調達しにローカルマーケットへ

IMG_3688

 

今日は資材調達をしにローカルマーケットに。バッグ一つ作るにも、布(表地と裏地)、芯材、牛革、ジッパー、金具など様々な資材が必要になります。私たちはそれらをなるべくローカルマーケットで調達するようにし、持続可能なものづくりができるよう心掛けています。そんなわけで月に1-2回ローカルマーケットに行き、それらをまとめて調達する必要があるのですが、今日は資材調達の中でも、とびっきり楽しい布選びについて書きたいと思います。

カンパラ市内で最大規模のオウィノマーケットの横に、アフリカン・プリントのマーケットが広がっています。そこを訪問し、自分好みの布をセレクトするわけですが、これが至難の技!とにかくたくさんのお店が軒を連ねていますし、どのお店に入ろうかまず迷います。しかもお店の中をよくよく見てみると微妙に置いてある柄の種類が違うので、本当は全部のお店を回りたいところですが、そんなことしてたらいくら時間があっても足りません。そこで私はお気に入りのお店を3-4軒、気分が変われば別のところを覗くようにしています。

そしてお店に入ってからもまた大変!天井まで積み上がった布の山の中から、自分の好きな柄を探すわけです。。。積み重なった布からは、柄はほんの一部しか見ることができません。なので、直感的に可愛いかも!?と思ったものは全て引っ張りだして広げて見てみます。イメージしていたものと違っていたらそれを戻して、また別のものを引っ張り出します。そんなことを続けていると、店番のおばちゃんからは変な目で見られがちですが、何度か通うと顔馴染みになり、長居しても怒られません。

そんな作業を繰り返しながら、私はいつも6 yard (約5.5m)の布を20柄くらい買い付けます。1回の買付の量はそんなに多くはないですが、だいたいマーケットの布の在庫は1か月くらいでガラリと入れ替わるので、次回訪問した際に別の柄を仕入れ、なるべくたくさんの柄でバッグを作るようにしています。

ちなみに百貨店などで催事をする際には、常時50種類以上の柄のバッグからお選びいただけるようにしています。これは私と同じように、たくさんの布の中から自分のお気に入りの一つを見つける喜びと選ぶ楽しみを、お客様に擬似的に体験してもらえたらと思い、時空を超えて再現しているんです。

こういった仕掛けが功を奏し、時にはお客様を惑わせながら笑、お買い物の時間を楽しんでいただいています。

 

Chizu

ウガンダの人材採用 (3)スローライフの最先端を行く国民性

これまで、東アフリカを中心に、ウガンダ以外では、ケニア、タンザニア、エチオピア、ルワンダ、マラウイなどで仕事をしてきましたが、ウガンダ人の大きな特徴に、スローライフがあるかと思います。

”ハングリー精神”と”タフネス”

ウガンダに来て、”ハングリー精神”と”タフネス”は大きく違うのだと認識させられました。
ウガンダも貧困国なので、収入が少なく、我々からすると大変な生活をしている人は多くいます。まぁ、タフだなーといつも感心します。それは他の国でも同じ。

ただ、そういう環境にいると、特に若者などから『俺は、xxで頑張って、この環境を変えて、Bigになるんだ!』とか『私はこの村の貧しい状況を変えたい。そのためにこの活動をしているんだ!』という大きな夢を持った人に出会い、彼らは死にもの狂いで寝る間も惜しんで頑張ります。そういう姿をみて、結構勇気づけられる事もありました。

例えば、もう6年来のケニア人の友人(サンブル族というマサイ族に近いユニークな民族)などは、出会った当時は、オーナーから乗用車を借りて運転するタクシー運転手でした。

Read more

充実した日本出張でした

IMG_6218

激動の日本出張も終わり、ウガンダの我が家に戻ってきました。愛娘のヒメに会えたのが何よりも嬉しい!彼女から「何で私を残して日本に行ったんだ」と散々の言われようでしたが一通り文句を聞き、お土産のホネを渡したら、飛び跳ねて喜んでおりました。よかったよかった。そして私は今、膨大な引っ越し荷物を目の前に、呆然と立ち尽くしています。。。(日本出張直前に新居に移り、荷ほどきをせず、そのまま出国してしまったのです)週末を挟むので、気長に片付け作業を行いたいと思います。

 

さて日本出張はとても充実したものとなり、来年以降の種まきもできたかなと思います。

展示会出展、メディア取材、トークイベント参加、商談。合間に旧友たちとゴハンしたり、情報交換したり、温泉に浸かったり、、、朝から晩までバタバタ動いていましたが、おかげさまで濃い時間を過ごすことができました。来春にはこれまでお取引のなかった百貨店さんで、うちの製品をご覧いただく機会が持てるかな!販売を通じて、うちのブランドやウガンダの魅力が伝わるといいなと思います。

また取材やトークイベントへの参加を通じて、事業展開や今後目指すべき方向性、経営者(の端くれ)として大切にしていること等を考えるいい機会となりました。こういうことって頭の中でモヤモヤ考えるより、人と話して引き出してもらいながら言葉にしていくという作業の方が効果的ですね。頭の中がすっきり整理されたように思います。そこでの気づきや学びを心に留めながら、前進あるのみかなーと。

引っ越しの荷物も山積み、仕事のタスクも山積みで、既に・・・という感じですが、スピード感を持って、一つひとつ対処していきたいと思います。。。

 

Chizu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウガンダの人材採用 (2)起業家の多いウガンダ

前回は人材採用の手段や面接で起こった事などをシェアしました。

今回は、ここ数年の実体験から感じるウガンダ人の人生や仕事に対する価値観について述べたいと思います。

起業家がとても多いウガンダ

人口に占める起業家の割合が世界でも有数に多いウガンダ。色々なレポートがありますが、例えばこの記事では、起業家の占める割合が28%。二位のタイの16%を抑えて断トツの一位です。

起業家が多いというと皆さんどんなイメージを持ちますか?日本では、ハングリー精神と熱い想いをもって世の中にインパクトを出すべく、学生であれば大企業の内定を蹴ってまで起業し、若手社会人であれば輝くキャリアを飛び出して起業する。そんなイメージではないでしょうか?

では、ウガンダの起業家とはどんな人達でしょうか?
私の周りにも多くの起業家がいますが、上記のイメージとは大きくかけ離れています。

Read more

東京インターナショナルギフトショーに出展しています

IMG_7408

ただいま日本に帰国し、東京ビッグサイトで行われている「東京インターナショナルギフトショー」に出展しています。こちらは公式発表によると来場者数20万人、出展ブランド2,500と、日本最大規模の雑貨・ギフト・アパレルの展示会と言われています。

時間がある時に、パーっと会場内を見て回ったところ、アフリカンプリントを使用した靴やバッグなどもちらほら見られ、バイヤーさんと話していても、「最近アフリカンプリントきてますよね〜」との発言が出てきたり、少しずつその魅力も浸透しつつあるのかなと肌感覚で感じています。

とはいえ、超独特な柄&原色使いが特徴なアフリカンプリントなので、当ブランドとしては、どうやったら日本の方が生活やファッションの中に取り入れやすくなるかを、これまでの経験を通じてバイヤーさんにご紹介しています。

来年SSもまたRICCI EVERYDAYのアイテムが広がっていくといいなーと期待しつつ、最終日の今日も頑張ります!

若干脱線しますが、最大規模の展示会ともなると、出展するブランドや会社さんも様々で。。。

隣のカジュアルリュックのメーカーさんを覗いてみたら、リテール価格3,000円で掛率45%とかで交渉されているのを耳にし。。。実際の作り手にはいったいどれくらいのお金がいくのだろうか、どんだけ大量に作ったらそんなプライシングになるんだろうかと、ファッション業界の現実を目にした気持ちに。。。

一方で、ハンドメイドやストーリー性のあるもの、デザインにエッジの効いているものなど、個性がキラリと光るブランドもたくさん出展していて、これからの世界はどちらが主流になっていくのかなーと、過渡期に今自分たちがいることを実感しながら、ぼやぼや考えた次第です。。。

 

Chizu

 

 

 

 

日本出張!展示会に出展!

TICAD6が終わって一息ついたところで(実際はウガンダ中を駆け回った後で)、日本へ出張です!

今回は来シーズンSS17の新製品のお披露目をするため展示会に出展したり、日本のメディアからの取材を受けたりと、予定もぎっしり詰まっています。

来年以降の新しい挑戦の前哨戦と言ってもいい今回の出張。

いい結果が得られるように頑張ります。

また私がいない間、ウガンダの工房やFlagship Storeを任せていける仲間がいることも本当に有難い限りです。彼女たちがいなかったら、私はこうやって自由に動くことはできないので。

彼女たちの頑張りに応えられるように、しっかり商談をまとめてきたいと思います。

 

ところで日本出張前日というのは、どうしてこんなにも忙しくなるのかと毎回思うのですが、今回は今までで最も多忙な日でした。。。

だいたい車の渋滞や相手方の遅刻・無断キャンセルなどで、仕事が進まないこと多々なウガンダですが、昨日は1日で9件のアポを完了することができました。信じられない!奇跡!(こんな予定を組む私も私ですが)

そんなわけでそろそろ搭乗です。美味しい和食が待ちきれない!

 

Chizu

1 10 11 12 13