(物流)商売において付加価値をつけるとは

先日の一時帰国の際に、知人のご厚意で日本の物流を支える倉庫見学をしてきました。

倉庫業の付加価値を目の当たりにする中で、商売の基本を再確認する事ができ、ウガンダの物流において足りない事、自分達が価値を出すべき事がより明確になった気がします。

再確認させられた商売の基本とは、『人が面倒だとおもう仕事、やりたくない仕事を引き受ける』という事。

倉庫とは、物流の五大機能(輸送、保管、荷役、梱包、流通加工)のうち、保管を行うところだと思っていましたが、実際は、多岐にわたる業務を行い、サプライチェーンの中で上流のサプライヤー、下流の卸・小売業者・消費者の間にはいって様々な付加価値をつけています。

 

例えば、

・段ボールで運ばれたバルクの商品をばらして、一つずつにシール貼りをしたり
・ケースや中身など非常に細かいレベルで検品したり
・別々の段ボールで運ばれた商品をピックしてチラシなどをいれて、一つの袋にパッキング。キャンペーンのパッケージを作ったり。

倉庫業ってここまで何でもやるんかい!!という気づきでした。
確かに、サプライチェーンにおいて、拠点と輸送しかなくて、輸送中に通過する拠点をなるべく少なくしたいとなると、本来はメーカーや卸、小売りがやっていた作業を倉庫で引き取るのは大きな付加価値になります。

 

(左は東京湾に浮かぶ物流拠点の道路。右はウガンダの地方物流の拠点となる通り)

 

昨年、本格的にバイク便事業を始める際に、なぜ、これだけバイク便があり、グローバル大手も参入する中で、宅配のニーズが満たされないのだろう?と考えていました。

ウガンダで宅配事業をする中で、DHLやAramexなど大手が国内宅配を始めてもなお、潜在的な宅配ニーズは満たされていません。配送という機能はあっても分断されています。

我々の意義は、単なるバイク便配送会社として配送を担うだけではく、そのサプライチェーンをスムーズに流すために存在するのだと実感しています。

最近の例でいうと、

・住所システムの無い国だからこそ、会社名から住所を見つけて届けたり
・海外からの通販のラベルを貼ったり
・通販のコールセンターの代わりを務めたり
などしています。

 

都市宅配、地方宅配、近隣国への宅配、輸出など、モノの流れ、情報の流れの中で、お客さんの潜在ニーズと向き合う中で、やるべき事が明確になっていきます。

 

 

インターン第3号がウガンダ北部グルにてトレーニングに参加

RICCI EVERYDAYでは、不定期で学生インターンを受け入れていますが、10月半ばから新しいインターンが来ています!第3号はマイマイです。マイマイは、先日協働を発表した認定NPO法人テラ・ルネッサンスさんでもインターンをしており、両団体の架け橋のような役割を果たしてくれています。明るく、ハキハキと元気なマイマイは、すぐに工房メンバーとも打ち解けていました。そんなマイマイから初めてのポストです。どうぞご覧ください!

 

**********

皆さま、こんにちは。

先週からRICCI EVERYDAY(以下RE)でインターンとしてお世話になっています、 同志社大学3回生のマイマイと申します!

REでインターンを開始したのは先週からですが、ウガンダにはもう2ヶ月ほど滞在していまして、その前はグルというウガンダ北部の町でNGOや開発コンサルタントのお仕事を経験させていただいていました。

REでは、主にSNSマーケティングを行っているのですが、なかなか難しい!毎日悩みながら頑張っています。Instragramにも”Workshop Diary”ということで投稿していますので、ぜひご覧くださいね!

Instagram @riccieveryday

 

最近はというと、先日プレスリリースした、京都のNPO法人テラ・ルネッサンスとの協働事業のトレーニングに参加してきました。

始まったばかりのこの協働プロジェクトは、テラ・ルネッサンスが自立支援をしている元子ども兵の方たち(洋裁の訓練を受けています!)に、REの商品を作ってもらおうというもの。

毎月、REの職人さんのスーザンが、ウガンダ北部グルという町にあるテラ・ルネッサンスの事務所を訪問し、質の高い商品を作れるようにするためトレーニングを行っています。

 

 

REのベテランテイラー、スーザンがひとつひとつの工程を丁寧に指導。

幅は均等に、縫い目はまっすぐ、チャックはしっかりと縫うなど、、、質の高い商品を作るためにビシバシ指導していました。

こうやってトレーニングを重ねることで、REの質の高いバッグができるのだなと思うと職人さんたちは本当にすごい、、、! 私が作ったらこうはなりません、、、。

丸1日と半日のトレーニングを終え(今回が3回目のトレーニングです)、最初と比べると見違えるように品質も良くなり、スーザンも大喜び。着実に技術が向上して行っているのがわかりました。

 

みんなが作った商品が皆さまのもとに届くまで、しばしお待ち下さい!

********

 

現地スタッフだけでのオペレーション成功!

起業以来、特にバイク便事業を始めて13か月。

やっと現地スタッフに、宅配オペレーション、運営、お金の管理、営業問合せ対応を任せられる体制が整いました。

これまで、数日でも数週間でも、オフィスを空ける際は、ボランティアインターン(日本人)にモニタリングをお願いしていました。

今年の5月に、2年半ぶりに2週間に日本に出張した際に、インターンがいたにも関わらず、オフィスからドライバーの年収以上の商品が消えました。(後日、内部のドライバーの犯行と判明)

2年半、日本に戻れなかった理由の一つは、自分がいなければ、営業だけでなくオペレーションがストップする、トラブルがあった際に対処できない。という理由でした。

今回、初めて日本人インターンもいない中、3週間の日本出張。

現地スタッフだけで良く回してくれました。大きな問題もなく、小さな問題は自分達で対処し、適宜報告してくれました。

やっと、ここまでの体制を築く事ができました。

昨年、振り返ってみると、ウガンダ国外に出なかった事はもちろん、

カンパラ市内から外に出たのが2回だけ。

それだけ需要の確保と現地オペレーションの安定に力を入れていた事になります。

今年に入って徐々に体制を整えていきました。

最初は一日オフィスを空けてみる。

数日の国外出張。

数週間の国外出張。

間に、従業員の持ち逃げなどのトラブルがありその都度、皆で話し合い、体制を変えて臨みました。

(現金代引きをしているため、常にお金の誘惑がある)

今回、現地スタッフだけで回る体制が整ったので、私自身がもっと自由に動き回れます!

新サービスの立案、調査、営業。

新規事業の仕組化。

国内外へのネットワーキング。

ここから第二ステージに入ると確信しています!

(※注:写真は今年前半のもの。ドライバーは多くが辞めて入れ替わっており、人も増えてます)

アフリカの食事 〜ウガンダ編〜

海外現地のことを理解するには、まずは食から。
何を食べているかで、現地の方々の暮らしや農業事情、加工食品などの産業の発展具合など、いろいろなものが見えてきます。
 
2回目の今回は、7つの丘から成る美しい国、ウガンダから。
ウガンダは、美しい湖や丘、(アフリカにしては珍しい)豊かな緑などから「アフリカの真珠」と評されます。
また、首都であるカンパラは赤道直下ではあるものの標高が1,200メートルあるため、年間を通して平均気温が21度、年間降水量は約1,050ミリと、非常に快適。
その治安の良さもあって、過去に「訪れてみたい国ランキング」で、世界一位に輝いたことがあります。
※Lonely Planet社、2012年度調査結果
 
ホテルから見た朝の風景。

 
ウガンダはフルーツ天国であることは以前ご紹介しました。
http://entre-africa.jp/yo_murofushi/4134.html
 
今回は伝統的な食事などについて、その一端をご紹介。
 
こちら、ウガンダの伝統的な食事を提供してくれるレストランにて。

 
カンパラのショッピングモール「フォレストモール」の最上階にあります。
 
ウガンダの伝統的な食事を食べたい、と現地の友達に案内してもらい、こちらのレストランでビュッフェ形式のランチを頂きました。
こちら、伝統的な食事で構成された、ちょっと豪華なランチ。

 
これ全部で大体1,000円。
少し良いレストランのランチでこれくらい。
街中の庶民派レストランでは500円未満でランチが食べられます。
 
まずは主食からご紹介。
左側のお皿は淡水魚、ティラピアの煮物。
 
ティラピアとナイルパーチは共に淡水魚で、現地ではよく食べられています。
頭側としっぽ側が選べますが、僕は頭側をチョイス。
味は淡白な白身で、美味しいです。
川魚なのでどうしても泥臭さはあるのですが、僕は全く気になりませんでした。
 
右側のお皿は、穀物類の盛りあわせ。
そのいくつかをご紹介すると、、
・マトケ:甘くない調理用バナナを蒸してマッシュしたもの
・ポショ:とうもろこし粉を湯で練ったもの
・ルモンデ、ムゴヨ:いずれもさつまいも
・その他イモ類:ヤム芋、キャッサバ
・カボチャ(黄色いやつ)

 
「ジーナッツ」というをピーナッツの粉をベースに作ったソースをかけて頂きます。
 
食堂では、主食を複数選び、おかずは1種を選びます。
お店の人に「今日は何がある?」と尋ねると、「マトケ、ポショ、ライス、ポテト・・・」などの主食系メニューを紹介され、そこから1~3品くらいを選びます。
次におかずを尋ねると、「ビーフ」とか「ゴート」とか「フィッシュ」のような答えが返ってきて、そこから1つを選んだら注文完了。
 
ウガンダのビジネスパートナーのPaul君。

 
トコロ変わってこちらは屋台で売られているチキン。


 
その場で焼いて、炒めたタマネギなどと一緒にセットで包んでくれます。
大体300円くらい。
 
屋台で50円で買った美味しいマンゴー(手前)と一緒に頂きました。

 
最後に、ショッピングモールで食べたファストフード。

 
こちら「Mr.Tasty」は現地でよく見かけるファストフード店。
メニューはKFCに似ていますが価格がもっと安く、マック的な位置づけ。
 
こんな感じのハンバーガー+ポテト+水のセットで大体300〜400円くらい。

 
こればっかり食べているとすぐに飽きるので、ご注意。特にポテト(日本人には少し量が多め)。
フレッシュなグリーンサラダなどは外食だと以外と食べられないので、自宅などで食べるなど、工夫して野菜を接種する必要があります。
 
以上、ウガンダの(超簡易)食レポートでした。
次回はタンザニア編をお届け致します。

Cannot get other user media. API shut down by Instagram. Sorry. Display only your media.

第9回コモンズ投信主催の社会起業家フォーラムに登壇しました

先日、コモンズ投信主催の第9回社会起業家フォーラムに登壇させていただきました!

自分の”存在意義”について、プレゼン資料も何もなく、7分間話すという、人生初の体験。。。結果時間オーバーだし、極度の緊張で自分が何を話していたか記憶をなくすしで、散々な結果でしたが涙、今後に向けてきちんとトレーニングをしなくてはいけないことを自覚できたのは良かったかなと。

それ以上に、他の人が向き合っている社会課題について、触りだけではあるのですが現場に一番近い人から話を聞けたのは、すごくいい経験でした。と同時に、いつの間にか自分の視野が狭まっていたことに、ハッと気付かされました。ウガンダのジェンダーや開発課題、ビジネス周りのことであれば、ある程度は把握していますが、日本や他の第三国の抱える課題について、目を向ける余裕が持てていなかったなぁと反省。

社会課題は、同じ根本的な原因から異なる形で顕在化することもあるし、原因は異なるにしても複雑に絡み合っていたりすることもあります。本質的な解決策を見出すには、一つのことだけに注視しすぎず、全体を俯瞰する姿勢も取り入れていかないといけないなと。

そういう意味で、毎年約10人の方のそれぞれが向き合う社会課題を、一気に知ることができるこのフォーラムは、社会を俯瞰的に捉えようとする上で、とてもいい機会な気がします。

来年、興味のある人はぜひ参加してみてくださいね!

Chizu

LunchTrip ウガンダ便のガイドを務めました

皆さんはLunchTripをご存じでしょうか。

”美味しい笑顔が世界を好きになる直行便。” 都内の異国レストランや大使館を巡り、美味しいランチを食べながら、異文化理解するという取り組みで、かれこれ10年前から続いているイベントです。かつて、そこに池上彰さんが来たり、現地大使館を巻き込んだりと、開催方法も非常にユニーク。

そんなLunchTripで、今回私はウガンダ直行便の”ガイド”を務めさせていただき、ウガンダの最近のホットなニュースや、食のこと、ファッションのこと、そして自分の取組みについて、お話させていただきました(面白いことに、LunchTripでは、スタッフのことを”クルー”、イベント参加者を”パッセンジャーズ”、スピーカーを”ガイド”と呼びます。そして会のMCも、まるでフライトアテンダントのように、”Welcome on board”からスタートし、ちょこちょこそれっぽい台詞が登場します笑)。

イベントのハイライトは、似てるようで似てない、より美味しい(?!)ウガンダ料理を食べたり、旅行好きの参加者と共にトラベルグッズを考えるワークショップを実施したり、盛りだくさんな2時間でした。

こんなに長くこの取組みが続くのも、ひとえにクルーたちのコミットメントの高さと(本気で企画から頑張ってる!)、アミちゃんのコミュニティ・マネジメントによるものではないかと。今回一緒にイベントをやって、非常に勉強になりました!

ちなみにアミちゃんは、大学時代からの友人。あの頃はお互いまったくこんな形で再び繋がるとは微塵も思っていなかったけど、人生というのは本当に面白いなー。今回、お声がけいただいてありがとう!

Chizu

ウガンダにジャノメミシン? 〜日本で不要となった産業用機械は海を渡る〜

ウガンダはカンパラの中央マーケット(Central Business District)にある「ナカセロ(Nakasero)」マーケットでの発見をご紹介。
 
ナカセロマーケットは、商売人とそれを品定めしている人で賑わっています。

 
活気があり、「仕入れて売る!」という商売の原形を感じることが出来ます。
そんなナカセロマーケットを歩いていると、面白いものを発見。
 
日本で有名な、「ジャノメミシン」

 
他にも、三菱製のものや、ブラザー工業製のものが、商品として販売されていました。

 

 

 
 
販売している店のオーナーに聴いてみると、これらは日本の中古品を仕入れて再販しているもの、とのこと。
日本の工業用中古ミシンが、遠くアフリカはウガンダまで来て、再販されているのです。
 
これらのミシンを買うのはだれでしょう?
これも聴いてみると、
 
「周辺の縫製業者が顧客だよ〜」
 
とのこと。
 
あたりを見渡せば、商業ビル施設内にはいくつかの縫製業者が。
お店で服を塗っているには、主に女性。
 
ウガンダでは、こういった昔ながらの縫製業が主要な産業となっている様です。
(RICCI EVERYDAYの仲元千津さんの事業も現地で縫製されていますよね)
 
 
工業の進化によって日本で不要となった産業用機械が、アフリカで活躍している事例として、ご紹介しました。
ウガンダ政府もアフリカ他国同様、自国の産業化を進めていますが、産業用機械が不足している様です。
このため、日本で使用された中古の産業用機械(印刷機、食品加工関連、など)の需要は高いと想定されます。
 
ここの繋ぎ役、つまりプラットフォームは、まだ出来上がっていません。
事業化出来るチャンスがあり、日本とアフリカの双方にとって利のある取り組みになる可能性があります。
 
この未整備領域に挑戦したい。
そんな想いを持っております。(準備もしてます。)
 
Cannot get other user media. API shut down by Instagram. Sorry. Display only your media.

ウガンダにおける低温物流(4)

コールドチェーンの必要性の三つ目の理由です。

保健衛生においても、コールドチェーンは非常に重要な役割を担います。

3.食の安全性の向上
食品輸送においても、コールドチェーンの未整備は食の安全性にも影響を与えます。

ウガンダで、食関係の疾患は年々増加しており、2015年時点で、年間130万人以上のウガンダ人が食関連の病気にかかっているとの事です。これは、治療が必要な全疾患の14%に当たるものです。

 
弊社でも、先月、牛乳の輸送時の保管状態が悪いものを飲用し、従業員がお腹を壊し寝込んだことがあります。

私自身も、2年ほど前に、賞味期限内のヨーグルトをキオスクで購入したところ、蓋を開けたらヨーグルトが暴発したことがあります。内部で発酵が進み腐敗していたようです。

同様に、賞味期限内の牛乳をかったら、ヨーグルトのように発酵されており酸っぱい味がする。という経験もしています。

 

 

4.ワクチン・血液の輸送
コールドチェーンの対象は食品だけではありません。医薬品も大きな品目の一つです。
複数の医薬品卸企業と話していますが、『高価なワクチンや血液サンプルは主要地方都市への配送はお金をかければ可能だが、安価な薬や物流が不便な地域・需要が小さい地域への配送は出来ていない』現状があります。

ワクチンや血液サンプルはヨーロッパからの輸入品であり、非常に高価な事から破損や廃棄は少ないですが、そのため、限られた地域にしか配送できません。
一定の温度を長時間保つ事で、アクセスできる地域がぐっと広がります。

(ウガンダ最大手の医療検査機関。各種サンプルや薬などを市内配送するバイク)

 

NHK WORLD “RISING”にRICCI EVERYDAYが登場です

NHK WORLDの”RISING”で、RICCI EVERYDAYの活動内容をまとめた、約30分にも及ぶドキュメンタリーが公開されています(英語放送です)。

今回の撮影では、新しい工房でのものづくりの様子や、初期メンバーであるSusanやGraceの自宅訪問の様子、新作の革バッグができるまでの背景や、新規事業で始めたテラ・ルネッサンスとの協働事業の様子など、本当に幅広く取材していただきました。

それに伴い、Bereeseraの吉野あかねさんや、認定NPO法人の小川さん、鈴鹿さんには、大変お世話になりました。この場を借りて、御礼申し上げます。

本日より27日まで、以下リンクにアクセスいただければ、いつでも番組をご覧いただけます。
ぜひこの機会、RICCI EVERYDAYのものづくりの様子を覗いてみてくださいませ!

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/rising/201710040600/

Chizu

 

ウガンダにおける低温物流(3)

コールドチェーンの必要性の二つ目の理由です。

 

2.コールドチェーンが格差の小さい平等な経済成長を支える基盤になる

 

ウガンダは言わずと知れた農業大国です。兼業農家を含めると全人口の85%程度が農業に従事し、輸出の85%程度が農産物から稼ぎ出されています。

 

まず、生産地から消費地への40%に上る食糧廃棄を改善することは、それ自体が生産性の向上につながり、生産者の収入向上につながるだけでなく、消費者としての消費者物価を抑える事に繋がります。

 

例えば、ウガンダの乳業製品の場合、生産量のおよそ25%、生乳価値で2万3000ドルが廃棄されていると言われています。
これがチーズ、バター、ヨーグルトと加工品になれば、その価値は2~5倍になります。

(業界2位のJesa milk。カンパラ市内のキオスクや小規模スーパーへの生乳の配送は、天日にさらしたまま運ばれる。Fresh Milk(生乳)の賞味期限は4日程度だが、直射日光を浴びて配送されるため、賞味期限内であっても腐ったまま消費者に届く事になる。)

 

同じく、ヴィクトリア湖で漁獲される魚。輸出品目の2~3位のウガンダを代表する品であり、現地でも広く食べられています。
こちらは、年々漁獲量が減っていますが、22万トンもの廃棄が出ているとも言われています。

 

 

 

生産した食料が廃棄される事自体での損失も大きいですし、その損失は、バリューチェーンに関わる、生産者、ブローカー、卸業者、食料加工業者、流通、そして地元の消費者が被っています。

 

次回は、保健衛生、医療、食の安全性からみるコールドチェーンの必要性について述べます。

 

 

1 2 3 4 5 12