コストの見直し

JUJUBODYの大山です。

おかげさまで、一度に輸入するモリンガの量が増えてきました。

私を信頼し、支払いより先に、モリンガを引き渡してくれる農園に、少し、貢献できるようになってきたかなと嬉しく思います。

アジアマーケットに関しては、exclusivity も、もらうようになりました。

ガーナのチームには、いつも荷物の受け渡し、輸出手続きをお願いしてきたのですが、その作業自体が丸半日作業になっています。

日本だったら、運送会社にお願いしてそれで終わりですが、そんな体系だったシステムは、ガーナにはありません。

これまで、会社のピックアップトラックで積める量でしたが、量が多くなったので、トラックをレンタルして対応するようになりました。

当然、コストも増えます。

量が増えれば、仕入れ代に関してはボリュームディスカウントがあるのではないかと思うでしょうが、ボリュームディスカウントはなく、インフレもあり、値上げを受け入れており、当初よりも仕入れコストは増えています。

輸送費やこれらのコスト削減の方法がないか、見直すタイミングになってきました。

船での輸送も、品質的には問題ないようですが、何と言っても、時間が読めないのが難しいところです。

1、2週間ではなく、1、2ヶ月単位で当初予定より遅れることもあるので、となると、生産スケジュールに大きな影響が出ます。

アフリカとのやり取りは、物流手段の選択肢が少ないというのも、アジアとは違う弱点です。

だからこそ、なかなか他社ができないので、独自性と優位性が保てるということもありますが。

日本で提供する商品は、もっと広く気軽に食べてもらえるように、生産効率を上げて値下げしたいなという密かな願望もあったのですが、インフレが当たり前のガーナとデフレの続く日本のギャップに、それもまだ難しそうです。

日本とガーナ、比べると、安いのは人件費ぐらいで、サービスに至っては、日本の方が安いということもありえます。

久しぶりに、エクセルを開いて計算し直さなくては・・・と、ちょっと腰が重くなる夜です。