自粛期間中に夢が広がる

JUJUBODYの大山です。

JUJUBODYの仕事とは別に、元々ガーナに行ったきっかけでもある現地法人MindNET Technologies Ltd.の活動についてお話します。

現地法人では、New Energy のプロジェクトに携わっていますが、その活動と並行して、アクラから1時間ほどのAburi Botanical Garden から車で10分ぐらいの村、Pokrum に12エーカーの土地を保有しています。


東京ドーム1個分ぐらい

人口が増え、街が拡大しているアクラでは、土地の価格が上昇しています。

10年前、数百万円で購入したプロットが、数千万円に上昇しているということがあちこちで起きています。

あくせく色々トライしたけど、大人しく土地買って置いていたら良かったんじゃないか・・・という本末転倒な話になり、事業利益でキャッシュがあった時に、まだ安いけれどもこれからの値上がりが期待できそうな場所に、将来への投資として土地を購入することにしたのです。

ただ、この土地、新しく舗装された道路に隣接していて、狙う人が多いようで、不法侵入に悩まされてきました。

中には、ブルドーザーを勝手に入れたり、家を立てようとする人も。

これだけ広いと柵を立てるだけで何百万になります。

そこで、少しずつ農業を始めて、土地を開拓するようになりました。

柵の代わりに、ココナッツの木などで境界を引けたらいいな。

自社で栽培してうまくいったのは、ピーマンときゅうり

また、ここで農作物を栽培したいという人と契約をして、収益をシェアするような取り組みも始める予定です。

コーヒー(最近、ガーナでも栽培が始まりました)や、パイナップルを有機栽培したいという人たちがいるそう。

小高い土地で、霧がかっていることが多く、降水量が多いので、コーヒーも合うかも?

渋滞がひどく、家とこの農園との往復に時間がかかり効率が悪く大変だということで、週数日泊まって活動できるように拠点となるファームハウスを作りたいという夢も出てきました。

使わない時には、貸し出して、都会暮らしの人に農園ライフを体験してもらう施設にしたいとも考えています。

こんなイメージ。プールは維持費がかかるのでなしですが。

私は、ここにモリンガやアロエなど植えて、石鹸作りの工房なんか作れたら良いなとか。

建設費用は1千万円ぐらい。

来年、建設開始できるようにしたいなぁ。

自粛期間中に、将来への夢が膨らみます。