日本AFRICA起業イニシアチブから支援してもらえたら、どうする?③

石鹸の生産者に、わざわざ日本から会いに行っても、

約束していた日には連絡がつかなかったり、

午前中に確認していたのに、午後行ったらいなかったり・・・

典型的といえば、典型的なガーナ人の行動パターンなのですが、

他の生産者はみんなプロフェッショナルで、そんなことはないのです。

彼女の場合は、最初から危うかったのですが、クオリティは、他の生産者に比べて、ピカイチ。

石鹸作りには妥協なく、

「私は、天然素材しか使わないわよ。

石けんフレークなんて使わないし、あんな混ぜ物ばっかのニセモノは作んないわよ」

という感じだったので、まあ、どうにかガーナのスタッフのサポートもあり、続けてきたのです。

しかし、昨年は、

「工房が手狭になったから、テマに新しい工房を建てているのよ」

と言ってたのに、今年は、

「ああ、やめたの。

もう、輸出も全部やめたし。あんたのことだけよ。

いろいろ面倒くさいことばっかり言って、みんな私を煩わせるから。

ストレスになるから、やめたのよ。

そんなのなくても、生活できるし。お金なんかどうだっていいのよ」

・・・・・ほう。

海外バイヤーは、まるで、彼女にとって、ハラスメントをするストーカーらしい(笑)

石鹸に使う原材料を変えても良いのだけれども、使われている原材料は全部表示しなくてはならないため、変えるのは、事前に教えてもらわないと、表示義務違反になって、違法になること。

そのラベルの修正には、お金がかかること。(以前、見事にやられた)

その重要性を問いても、

「こういうのが面倒なのよ。だからやめたのよ。

みんな、私のレシピを盗むのよ。だから、秘密よ。

作るから、それ、そのまま持っていきなさいよ」

輸入許可を取るのに、必要書類があり、それがないと日本に持ち込めないことを何度説いても、

同じことの繰り返し。

もうダメだなと思った数週間後には、

「何でも書くわよ。協力するわ。で、注文は?」

と変化。

おそらく、現金がなくなったのではないか?と思う(笑)

でも、輸出関係の書類を彼女自身が用意できないので、

ガーナのスタッフが、面会してヒラリングをして、それを文書に起こし、

内容を確認してもらい、署名をしてもらうというサポートをしている。

日本だったら、メールを送って、戻ってくるだけですむ事務に、

何十時間もフォローアップに費やしてくれていた。

また、一つの石鹸を新たに輸入するのには、衛生検査に、10万近くかかる。

今後も継続することを前提の投資なのに、

「もう、こんな面倒なのできないわ。これが最後ね」

と、また、コロッと態度が変わる。

彼女を扱うのがうまいカールでさえ、

「もう、限界だと思う・・・」

と、とうとうサジを投げるに至ったのです・・・