サバ缶は、ガーナでも人気!

JUJUBODYの大山です。

今年の日本を代表する一皿は、サバ缶だそうですね。

サバ缶といえば、ガーナですよ!

ガーナでは、日常生活にサバのトマト煮の缶が欠かせません。

私もガーナ料理を作るときには、よく使います。

サバ缶。

色々なブランドがありますが、なんといっても、絶妙な甘さと深みがあって、美味しいのが、

ゲイシャ缶です。

他の後出のサバのトマト煮よりちょっとお高いですが、一番美味しいと思うし、

ガーナ人にも人気があります。

これ、日本のメーカーのものなんですよね。

日本では、残念ながら売っていないようだけど。

詳しくは、こちらの日経ビジネスの記事をご覧下さい。

アフリカが愛する「ゲイシャ」の味

ガーナでは、出汁の味が効いた食べ物が多く、クサヤみたいなものもあるので、

欧米人には、受け入れられない、ちょっと魚臭いものとかも、受け入れられると思います。

年々消費が下落している日本の水産業界は、ぜひ、アフリカに目線を向けてもらいたいなぁ・・・

お煎餅の味も、ガーナ人好み!

ゲイシャ缶以来、ほとんど日本の食品は入ってきていないので、何か新しく紹介できるといいなとひそかに思っています。