最悪な悪夢は、いずれチャンスにも成りえる

JUJUBODYの大山です。

いつものことと言ったら、いつものことですが、

ガーナのMindNETのビジネスで、トラブルが絶えません。

購入した土地で灌漑設備を引いて農業を始めたものの、水源が枯渇し、本収穫が全滅。投資した資金が予定通りに回収できないとか。

コンサル先のクライアント案件で、横領者が見つかり、逮捕するとか。

(こういうのも、警察が自発的に動いてくれるわけではないので、逮捕させるように動くという労力がハンパない)

他のコンサル先でも、守秘義務があるので、今は全容を語れないけれども、ポシャったら話せる、一つの本になりそうなドロドロなドラマが発生しています。

(他人事としては、非常に面白い話ですが、関係者としては、悪夢)

昨年前半までは、日本のJUJUBODY事業より、よっぽど調子いいんじゃない?と思っていたのですが、悪いことは重なるもので、あっという間に、キャッシュ詰まりに。

カールがアイゼンハワーフェローシップで不在中、今のメンバーでは、現状維持はできるけれども、進捗させることや、新たな案件を取ってくることができず、彼がマネージャーであり、プレーヤーであることの限界を感じます。

このままでは、せっかくアイゼンハワーフェローシップで得たネットワークや知見を活かして自社プロジェクトを立ち上げるチャンスを失ってしまうので、もう損失(本来、受け取るはずの数百万円の報酬がパーになる)があっても諦めた方が良いのではないかと言ったのですが、本人は、これまで時間や労力を投資した分、そう簡単に割り切れないこともあり、とても難しい状況です。

あまりに忙しすぎて、次から次に電話がかかり、ミーティングに飛んでいるので、彼とはろくにコミュニケーションも成り立たないのだけれども、お互いに一つ意見が一致したことがあります。

最悪の出来事は、やがて、最高のチャンスにもなりえる

ということです。

これまでの経験上、その時には、どうしたら良いかわからない、抜け出せない、解決策が見つからないように思える悪夢のような最悪な出来事が、実は、のちに振り返ってみると、チャンスになってきたということを確認しました。

私が、がんを患い、日本に帰国した時も、そう。

モリンガパウダーが輸入する度に、衛生基準に満たなかった時も、そう。

だから、大丈夫、なんとかなる。

と、言い聞かせて、出口の見えない道を歩むしかない。