Tapas始めました♪

ルワンダはキガリからこんにちは、アジアンキッチンの唐渡です!

一番の閑散期一月

さて一月は毎年、売上が一番落ちます。

お客さんの7割を占める外国人が上旬はいないこと、またキガリにいるお客さんでも、12月のクリスマス出費の後に財布の紐が固くなることが理由です。だいたいどのレストランでもこんな感じのようです。

前年同月よりは売上は伸びていますが、目標として設定している毎月売上昨対〇%については1月は未達…2月巻き返さねば。

閑散期ということは、オペレーション以外にも余裕が出てくるので新しいことにトライできる…訳でも実際ないんですよね。相変わらずトラブルシューティングに追われる日々です。

ディナータイムの売上向上施策

そうは言っても、何か新しいことを続けないと飽きられてしまうのがこのキガリマーケット。この冬新しく、“Tapas Set”をリリースしました。

たまにはアジキチメニューを詳細にご紹介してみたいと思います。

Tapas Set @ Asian Kitchen

ランチのイメージが強いアジキチですが、ディナータイムの客数・客単向上施策として、二人で食べるコース料理のようなイメージでタパスをご用意しました。

  • 揚げナスのチリソース和え
  • タイ風トマトサラダ
  • ガパオコロッケ
  • チキンサテー
  • 豆腐のマッサマン煮込み
  • 牛肉のレッドカレー炒め

以上6品を一度に味わえます。

日本語で書く機会ないんですが、こうやって書いてみるとますます美味しそうですね。手前味噌ですが。

一番人気はチキンサテー。みんな好きな味です。

ポイントは、いつもとは違うシーンでの利用方法を提案することで、来店頻度を上げてもらう&新規顧客を取り込むこと。

そして、利益率の高いカクテルメニューを合わせてご注文いただいて客単をアップさせること。

また、お客様にとっては新しいながら、 実は既存の食材・仕込みの横展開でできることもオペレーション上重要です。

一押しはモヒート

下旬になってから、お客さんが戻ってきたのもあり、タパス、売れ行きは上々です。

キガリにお越しの際は、空港までの道でサクランチももちろんですが、是非是非、ゆっくりディナーでTapasもお楽しみください★