とあるポジションの撤廃①

ルワンダはキガリよりこんにちは、アジアンキッチンの唐渡です。

やーーーーーっと長かった息子の夏休みが終わりました。
また、先日から世界一周中の元同期がルワンダ入り、今日も夫婦で息子と遠出してくれました。本当にありがたい!!
行くねって言って本当に来てくれる人が多い元同期、嬉しい限りです。

朋あり遠方より来る

さて、今回はここ数カ月で一番大きな人員体制の変更について。
ごおgぇホンヤクコンニャクにかけられて読まれる可能性も考慮して、ところどころふわっとした表現になりますが、ご容赦ください。
(日本語ってほんとコンビニエンス。これが仏語から英語だと、ごおgぇにかけられればかなりの精度で内容把握されちゃいますから)

実は、ここ2年ほど長を務めてくれていた甲君が数カ月前、アジキチからゴーンしました。(カルロスさんではない)

理由

端的には、業務を遂行してもらうことが信頼面でもパフォーマンスとしても難しくなったためです。

起きたこと

私が数カ月キガリを出産で離れていた間、スタッフ一人ひとりと個別のやりとりをするのは非効率なので、基本的にコミュニケーションラインは、甲君を中間に置き、私はやりとりを彼とに絞り、彼からその他へ下ろす、彼がその他から吸い上げる、という形をとっていました。

私の不在時に、
①割と核であるスタッフが複数辞める
②物が壊れたり、マニュアルから外れたことが起きる(戻ってから判明
③全体的に塩味が濃くなる(まぁこれはここでは置いておきます)

戻ってから、詳しく聞き取り調査を始めたところ、甲君から私への報告内容と、その他スタッフの言い分が、ほぼ全ての事象において食い違っていました

また、去ったスタッフはみな、「おとなしく従順で甲君と親密」というよりは、その逆。
アジキチでは、基本的に留学や地方へ嫁ぐなどポジティブな理由以外で辞める人はまれなので、まぁ明らかにサムシングロングだなと。

彼の子飼い以外が粛清される中、ネガティブな事実やミスがどんどん隠蔽される流れになっていました。
業務に支障が出ます。

また、そうして独壇場を作り上げた甲君はアロガントになり始め、私とのコミュニケーションでもおや?となることが散見、信頼関係が揺らぐ。

きっかけ

そんな中、彼が「サラリーあっぷ!じゃなきゃ働きません!」と、コントラクト更新のタイミングでかなり強気にネゴってきました。

チャンス到来です。

「うんうん、もっと欲しいよね(実際は既に業界最高水準)、でも、ごめん、今の会社の状況では厳しい、かたじけない、あなたは他でもっと輝ける!いえすゆーきゃん!

当人は明らかにそんなつもりじゃ、とうろたえていましたが、いえすゆーきゃん!で押し切る

特に日本人に人気のタイ風焼きそば挟みます

ポイント

ポイントは、蚕はしないということです。(漢字って便利)
蚕すると、たいてい裁判沙汰になって、大損はしても得はしません
なので、蚕は避ける
文字があれなんですが、こちら大変重要なTIPSです。

消えた現金、使途不明小口現金なども、まぁ、状況的には明らかなのですが、追求しない。
論点をそこに持っていかない
あくまでも、もっと輝ける場所へ、いえすゆーきゃん、なのです。

また言い換えると相手にとっては「不審な点に触れずに逃がしてくれるチャンス」なので、
相手もすっと引くのです。
この絶妙な攻防線。

基本は、不正は仕組で防げてない時点で管理側の責任ですし、
こういうのはサンクコストなのでさくっと切り替えることが大切です。

いやー、そうは言っても、かなり手塩に掛けてきたわけですけどね…
ここ一年、だいぶオクサマの影がちらつきまくっていたので、それもあるのでしょうね…そちらもだいぶ援助したんだけどな… 。。
まぁでも。。
ありがとう。いい思い出です。(太田胃散風)

さー明日からどうしよ。ってことで続く。