【発表】第三回 日本アフリカ起業支援イニシアチブ

本日、第三回 日本アフリカ起業支援イニシアチブの発表会を東京証券会館で開催いたしました。

冒頭に黒川清選考委員会委員長およびアフリカ通の国会議員として知られている三原朝彦衆議院議員からご挨拶をいただきました。

今年の選考委員会の討議において各委員の全員の口からこぼれたのは「難しい」でした。例年以上に、7名の最終候補の全員が人格、志、事業展開において支援に値したからです。

一方、選考委員会の選定基準として、起業家が取り組んでいる事業の進展度合いではなく、これから三年間の日本アフリカ起業支援イニシアチブの支援を通じて、最も次のステージへと羽ばたくことができる可能性が高いと判断した起業家に軍配が上がりました。

第三回日本アフリカ起業支援イニシアチブの支援先は下記の三名に決定したことを、会費を通じて支援金の財源をご提供いただくアフリカ起業支援コンソーシアムの会員へご報告しました。

中須俊治さん【トーゴ】:『トーゴ共和国を舞台に「アフリカ×京都」のモノづくりで、みんなが笑って過ごせる世界をつくります!』

石本満生さん【ガーナ】:『より多くの雇用を創出していくと共に、継続・拡大していける様にスタッフと力を合わせて頑張って参ります。』

大山知春さん【ガーナ】:『多くの方にガーナのモリンガの素晴らしさを伝え、JUJUBODYを通して、アフリカの豊かな生活を届けていきたいと思います。』

おめでとうございます!

大山さんは帰国中だったので、会場で直接メッセージをお送りすることができて、

石本さんと中須さんはインターネット経由でご挨拶をいただきました。

お三方の共通点があるとすれば、それは、以前アフリカに訪れた時に、この国、この大陸でアフリカ人と共に暮らし、生活水準を高めることへの共創の強烈な心のスイッチが入ったことだと感じました。

是非、お三方のこれからの活動を本サイトを通じて応援してください!