チアシード 栽培奮闘記

jambo!

ここのところめっきり暖かくなってきたナイロビ。
日中は汗ばむ程の陽気です。

他のChallengerの方のブログ、大変興味深くみんな凄いな~と思いながら拝見していますが、
私はと言えば、相変わらず地道に(地味に?)農業しております。
(隠居したご老人レベルの目立たなさ…)

今日も元気に畑に繰り出します!

Chia 第一世代

最初の投稿で、軽くスーパーフードのことに触れました。
日本でもよく耳にするスーパーフードですが、あまり馴染みのない方もいらっしゃるかと思います。

「スーパーフード」とは、

栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること。
あるいは、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品であること。
料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせもつ。

と、日本スーパーフード協会さんは定義付けています。

要は、「めっちゃ健康に良い食べ物」ってことですね!

始まりは1980年代のアメリカ・カナダで、2000年頃からアメリカで広まってきたようです。
最近ではハリウッドセレブたちが発信源になっていますね。

チアシード

チアシード

現在メインに育てている(とは言ってもまだ試験栽培ですが)のが、このチアシード。
私は毎朝、ヨーグルトに入れて食べています。

以前の投稿で紹介した苗が、下記の写真のように茂ってきました!

成長したチア

成長したチア

実は一度全滅しかけたのですが(恐らく追肥過多…)、数本は見事に復活してわさわさしています。

あんなに小さな種(ごまより小さい)から、こんなに立派に成長するなんて感慨深いです。
この第一世代のチアたち、来月には収穫できるかもしれません。

Chia 第二世代

1回目のチアが全滅しかけた時に、次のチアを植え始めました。
今回は、より栄養価が高いと言われている“White Chia”です。
(第二世代と言っても第一世代の子孫ではありません。)

チアの発芽は水を張ったトレイなどで行います。
2日で根っこが出てきて、1週間足らず芽が出ます。
意外と簡単なので、ご家庭でもぜひ(^^)

ChiaSeeds水に浸けて1日目

水に浸けて1日目 蛙の卵のようなブヨブヨが種の周りに出てきます

Chia seeds約1週間後 発芽

約1週間後 発芽

少々分かりづらいかもしれませんが、ご了承ください(汗)

毎日たっぷりの水をあげないと、すぐに枯れてしまいます。
(一度枯らしてしまった経験あり…)

そして1ヶ月半経ち10数cmに育った苗を畑に移し替えます。

Chiaの畑準備

畝を耕し中

以前ご紹介した“Zero to Conservation Farming”(耕さない農法)はまだこの畑では実戦できません…
もう少し広いところに移ったら挑戦します。

移植後のChia

無事移植完了!

前回の失敗を教訓に、無事に移植も済み、あとはしっかり育ってくれるよう愛情を注ぐだけです。
親の心境です。

これから暑い時期になってくるので、畑作業も体力勝負になってくるでしょう。
体力だけはある方なので、めげずに立派なチアを育てていきます!
山口遥