新たな体制へ

1月から進めてきた新体制がやっと整ってきました。

宅配事業を始めた2016年から昨年末までは、宅配オペレーターとドライバーだけの体制でサービスを提供していました。

営業マンなどは一時的に雇う事はあっても、中々専任を育てる事が難しい状況でした。

今年に入り、新たな宅配サービスを作るべく、チームの拡大を行ってきました。

Business Development

新たな宅配サービスを作るチーム、Business Developmentは、
大きくビジネスサイドとITサイドで雇用し、
ビジネスサイドは現在3名のスタッフが、新規事業開拓を行っています。

マーケット調査から、トライアルサービスの開発、宅配オペレーションの設計、トライアルの実施、各種営業活動、マーケティング活動などをしています。

また、新たなにスマホのアプリケーション等を開発しており、2-3名のアプリケーション開発エンジニアとUI/UXデザイナーが参画しています。

ビジネスサイドとITサイドの両方を束ねる人材として、5月よりイギリスからイギリス人を採用しました。

これまで、社長の私以外は全員ウガンダ人・ケニア人のチームだったところ、初めてアフリカ域外の人材が参画しました。

当然、現地人と比べて給与水準は4-30倍になります。
末端のスタッフと比較して30倍程度。
マネジャークラスと比較しても4-7倍の差があります。

外国人の採用は、大きな負担になる事は確かですが、新規事業開発のリードとして、チームをまとめ上げ、一気に事業化へ持っていくスピード感、マネジメント能力などを期待しています。

加えて、既存サービスの営業チームも常設し、既存顧客のフォローだけでなく、新規営業も積極的に進めています。

Operation & Administration

また、既存の宅配オペレーションチームも拡張しています。

オペレーターの増強とともに、Administrator(アドミニストレーター)を採用しました。

これまで、各スタッフが分担していた各種総務的な仕事についても、スタッフが急増している事から、専業のスタッフを雇い、支えてもらう事にしました。

現時点で

・Operation & Administration

・Sales

・Business Development

の三本柱が整いました。

今年末にかけて、まだまだスタッフは増える予定ですが、上記の三本柱をベースに拡張していく予定です。