品質管理への挑戦

過去2週間、お得意さんからのクレームが相次いで参っている。

大部分は当社製品を半年以上続けて、週1-2回の頻度で買ってくれる大切なお客さんだ。レストランや食堂で米を炊いたり鶏を焼いたりする時に使っている。

当社のブリケットで豚肉を焼いているところ。

クレームの内容は炭の火力がいつもより弱く、灰が多いというものだ。火力が弱いので使用量が増えて、経費がかさむと言われたケースもある。

Verde Africaを始めて以来、お客さんからのコメントを直接聞くことを大切にしてきたが、ブリケットの品質管理には主に4つの要素があると思う。

  1. 密度 ⇒ 形成機と破砕機の保守状態で商品の圧縮度合いが決まる。主に機械メンテナンスが原因だ。密度が低いと、ブリケットが通常より早くなくなってしまう。
  2. バインダー ⇒ ブリケットを形成する際に原料のつなぎとして、炭粉にどろどろのキャッサバ粉溶液を加える。これを入れすぎると、煙が増えて製造原価も高騰する。
  3. 乾燥 ⇒ ブリケットは7日間の天日乾燥後に袋詰めする。雨や朝露や湿気など季節による天候の変化に影響される。乾燥しきっていないブリケットは着火が悪く、火力も弱い。
  4. 原料 ⇒ 現在の主な原料は木炭屑だ。町の木炭商から細かく砕けて販売できない屑を購入している。通常ゴミとして捨てるものを購入しているので、いくらかは砂が入ってしまうが、製造コストを考えて選別の工程は設けていない。不純物が多いと、火力が弱く灰が多いブリケットになる。

このようにまとめてみると、過去2年半の生々しい思い出が蘇ってきて懐かしいくらいだ。今回の原因は原料だ。原料に含まれる砂の量が過去3週間で急に増えていたのだ。お客さんに指摘されるまで、変化に気づけなかったことが悔やまれる。

今年1月の末に原料調達担当のスタッフが急に退職した。政府省庁で仕事が見つかったので即日辞めたいとのことだった。急いで新しいスタッフを雇ったが、彼は真面目が取り柄のタイプでとにかく要領が悪い。過去1ヶ月ほど原料調達における効率(量や時間など)を集中的に指導したことも、今回の品質問題と関係しているのだろう。

起業する時に『ものづくり』に憧れてブリケットに決めた部分も大きい。製造業では品質管理は終わりなき挑戦だと思う。

原料に関しては特に大事なことだから、誰か一人に責任を押し付けるのではなく、チェック&バランス機能が働くような仕組みを社内に作っていきたい。管理と生産と原料調達の3者がそれぞれに原料状態をチェックして、それを全体に可視化するのだ。

改善には実行あるのみ。今はクレームを伝えてくれたお客さん訪問と製品の交換に奔走している。この経験がいつかVerde Africaの財産になることを信じつつ、問題解決と繰り返さないための仕組み作りに励んでいきたい。

形成機から出てくるブリケットを並べるスタッフ。