尊敬するガーナ人女性起業家との出会い

みなさんこんにちわ!ガーナ発kawaiiコスメの相川香菜です。

今回は前々回の出張でご紹介により出会い、8月から9月にかけて協同(というよりほぼ一方的に私がホームステイしてるだけ。。)でついて回っていた尊敬するガーナ人女性起業家の方を紹介させていただきたいと思います。

写真の中のチェックシャツの女性がオーガニック農場をガーナ国内に3つ持ち、20年以上に渡ってオーガニックティーやジャムの生産販売を行なっているジョージナさんという40代のガーナ人女性起業家です。

(写真:農場にて作物を採取中)

ガーナでは現在の日本の低金利とはほぼ真逆の状態で、詳しい利率は銀行によっても違いまずが、10%返済利子なんていうことはザラだそう。そんな中彼女はスモールビジネスからコツコツと事業を拡大し、いまではヨーロッパ諸国にも商品を輸入するまでに事業を発展させた女性です。

彼女の尊敬するところは、起業家として事業を成功させていることだけではなく、明確なvisionとpassionを持ちながら事業を前に進めているところです。

上の写真は農場近くに住むその地域のQueen mother(村の中心的女性リーダー)とそのお母さんとの写真ですが、村の人々が昔から持つ伝統的な農作物の活用方法、知識に敬意を払い情報収集していました。この姿勢は、海外からの製品の方が信頼できる、ガーナの化粧品よりも輸入物の化粧品を好むガーナ人女性の中にあっては極めて際立った姿勢だと思います。

また自身が成功すると海外移住を行ったり、自身の成功だけを考えるガーナ国内の一部の成功者たちとは一線をかき、売り上げの一部で村落部に学校を建設するという社会貢献活動などを行っています。

彼女のこのような姿勢は、ガーナで入手可能な原材料を使った質の高い化粧品を提供したい

昔から伝統的に伝わる村の人々の生活の知恵・叡智を集結させたい

いい商品を作ることでガーナ人の人々自身がガーナ発の商品にもっと誇りを持って欲しい

という私の思いと同じものです。

肌の色や国、言葉などに関係なく、visionを共有しあえる素晴らしい人たちと出会えることに日々感謝しながら、頑張っていきたいと思います。