セネガルは小さなカタールの夢を見るか?知られざる資源国セネガル

みなさまこんにちは。JAPON COMMERCEの山田です。

実は、日本ではあまり知られていませんが、セネガルはまもなく資源国となります。

 

ざっと説明します。

2006年より、オーストラリアのFAR社等による探査プログラムが開始されました。

その後、イギリスのCairn Energy社(油田)、アメリカのKosmos Energy社(天然ガス)などをはじめ、多数の企業が探鉱を開始。

大規模な油田とガス田の発見(近年では世界的に見ても最大級の規模との事)により、セネガルが資源国になる道が見えてきたのが現状です。

油田からは、2019年以降の石油の出荷が期待されています。

 

セネガルは今まで、資源に頼ることなく、堅調な経済成長を続けてきました。

現地の人達からは、

「セネガルも豊かな国になる」

と喜びの反応がある一方で、

「資源が出ると争いのもとにならないか不安だ」

という声も聞かれます。

 

セネガルの今後に注目です。

 

JAPON COMMERCE SUARL

山田一雅