これからの事業展開について【藤本@モザンビーク】

皆さん、こんにちは!モザンビークで日本食レストランを経営している藤本浩平です。

今回はこれからモザンビークでどのように事業を展開していく予定なのか書いていきたいと思います。

現在はMusashiという日本食レストランを中心に経営していますが、第2回のブログでも書いたように「安定的で、持続可能な雇用を生み出す」目標を達成するため、日本食レストラン、スーパーマーケットと宅配、養鶏や農業、会員を使ったサービスを今後は順に展開していく予定です。

① 日本食レストラン Musahi

寿司の需要に対する対応と、今レストランが持っているキャパシティそのものを上げることによって売上と雇用人数の増加を狙います。

現在指導により、巻き寿司が作れるようになったローカルスタッフが2名在籍しています。その人数を2019年4月までに4名に増やして寿司の需要増加に応えて、また週1の定休日をなくして売上の増加を図ります。その後2019年7月から(2020年6月までに)日本人デザイナーによるリフォームを実施し、高級感のある個室を用意することで会食などの多様化するニーズに応え、また並行して客席を増やし、売上の向上を目指す予定です。

また、マプト内にある別のレストランで行われる野外イベントでのケータリングなど既存のレストランとのコラボレーション施策も企画中です。

 

※誕生日をサプライズでお祝いしてもらいました。

② スーパーマーケット及び宅配

現在は駐在日本人と一部の外国人の方向けに、レストランで利用する海鮮食材の販売を実施しており、徐々に拡大中です。スーパーマーケットに関する全ての営業ライセンスは、年内に取得予定です。

ここでは日本食レストランにて使われる食材を中心に揃えつつ現地のニーズに合わせた食材を販売していきます。自社の養鶏場や農地を開始した後は、「オーガニック」をキーワードに売り出す予定です。ここモザンビークでは、「オーガニック」という言葉があまり普及していません。一方でレストラン周辺に住む方々は外国の駐在員の方が多く、高級食材店もいくつか並んでいます。この状況から、「自分たちの子供に食べさせたい食品」と「地産地消で信頼できる食品」の2つをコンセプトに食品を選択して販売し、日本食レストラン周辺のニーズを先ずは満たしていきたいと考えています。

また、単身の方をターゲットに、スーパーマーケットにて販売されているものを宅配していきます。既に2017年6月から2018年4月まで実験的に日本人の単身者向けに試験販売を行っており、ある程度のニーズがあることを見込んでいます。また、宅配の案件が週20件を超えた時点で宅配用の倉庫兼スーパーマーケットとして新たに物件を探す予定です。レジスタッフや、デリバリースタッフ、管理スタッフ等も新たに必要となり、雇用も増加していきます。

③ 養鶏と農業

現在従業員の家にて養鶏を開始する準備を進めています。2019年中にモザンビークでの一般的な養鶏、レストランやスーパーマーケットにて生まれる生ごみを飼料として活用する実験等を通して必要な土地、鶏舎、設備等を具体的な施策案をまとめ、マプト郊外に土地を取得予定です。フードロスの削減とオーガニックな食品の両方に対してアプローチをしていくことになります。養鶏を確立後、農業も同様に行っていきます。

④ 会員を使ったサービス

現在はレストランにて使用しているポイントカードのみですが、同様にその他の事業でも活用し、ポイントを顧客の囲い込みに使用していきます。またある程度会員数が集まった段階で、それぞれの事業で集まるアナログな情報を収集し、どのような客層がどのようなものを求めていて、これからどの事業のどの部分に力を入れていけばいいのかという分析に用いていきます。

以上4つの事業を徐々に展開していき、「安定的で、持続可能な雇用を生み出す」という目標の実現にチャレンジしていきます。

 

長文読んでくださりありがとうございました!