オフィスの変遷について②

こんにちは、ケニアの玉ねぎおじさん河野です。

 

初期の2つのコワーキングスペース時代を経て、初の自社オフィスです。

 

3, 初の自社オフィス@Ruaka

Ruakaはナイロビ郊外に位置し、我々の点在する顧客のちょうど中間地点といったところに位置していました。

写真の通りGFが倉庫機能となっており、中2階がオフィススペースになっています。

広さは約2,300sqftでした。玉ねぎの貯蔵可能量は約30tというところでした。当時もまずは倉庫とオフィスを一緒にすることで管理を容易にすることと、貯蔵することのメリットを実感してみたかったため、こじんまりとした倉庫を借りてみました。

ここで気づけたことが非常に多く、事業推進、拡大に向けて大きな手応えをつかめました。

 

4, 現倉庫

 

大きさは約15,000sqftで4階建です。

場所はBaba dogoというエリアに位置しており、これも顧客の中間地点です。

これからの小売業や自社農家に関しても非常にいい立地になっています。

 

非常に大きいですが、今では玉ねぎでいっぱいになっています。

今後のコールドロジや他の品目への展開を見据えての投資でした。

固定費は増えましたが、より事業機会が増えたので、これを生かしてさらに大きく展開していきたいと思っています。