【寄稿】日本とアフリカの新しい関係

*Guest post by Martin who helped us with TICAD Japan Fair and is currently in the Ritsumeikan MBA program with the ABE initiative! Not edited!
※今回はTICAD VI Japan Fairでチームに参画してもらったケニア人(立命館MBA留学生)のマーティンにTICAD Japan Fairを通じてみた彼の視点をシェアしてもらいました!エディットなしの彼の文章そのままです!(日本語訳はつけました)

Winter in Ritsumeikan!

Winter in Ritsumeikan!

 

(英語のあと日本語)

It was both humbling and gratifying to have been a part of the historic TICAD VI conference held in Kenya. This is the first to be held on the African continent with the aim of deepening the Japan-Africa relationship. The experience is one that deepened my understanding and appreciation for Japan and its people.

It is important to mention that this relationship has been in existence for many decades, through such initiatives as the ‘Mwea irrigation scheme’ in Kenya where Japanese rice expertise is evident. My interaction with Japanese engagement with Africa came via the ABE (Africa Business Executive) Initiative, whose main objective has been to increase the capacity of Africa human resource.

I have been fortunate to have received the opportunity to undertake the MBA scholarship at Ritsumeikan Asia Pacific University as the 1st Batch of the program. This has enabled me to acquire a global education with insight into Japanese management practices.

Additionally, was the opportunity to participate with Maki & Mpho, an example of the new narrative of Japan-Africa partnership. The company is a collaborative effort between Maki Nakata, a Japanese entrepreneur and Mpho Muendane a South African creative designer. Through my engagement, I have been able to appreciate the possibilities of collaboration in bridging and increasing understanding between cultures that are diverse, though sharing many similarities. Furthermore, the opportunity allowed me to learn new values that illustrate a new business model ‘We Economy’ characterized by the realization that business has to engage in sustainable practices that are equitable and add value to the entire value chain. The company through this collaboration seeks to tap and grow the creative talents evident in African and Japanese crafts. I was able to see some of the quality and well thought out products that have resulted from these, from unique textiles, bespoke men’s bow ties and pocket squares to exquisite ‘Kawara’ floor tiles.

However, it was not all work during the August 27th -28th, 2016 event. We were able to appreciate Kenya’s tantalizing cuisine and its hospitable people. I really enjoyed my time with Maki and Mpho who made my experience truly enjoyable. The exhibition also saw huge turnout of dignitaries, with the highlight being the Japanese and Kenyan leaders visit. The greatest moment was the visit of H.E. Madame Akie Abe and H.E Madame Zuma who visited our exhibition stand and was able to offer encouragement and valuable input. Thank you Maki & Mpho for being the bridge to a deeper friendship between Japan and Africa, thank you to the Japanese people and business for continued show of faith and belief in the promise of a mutually beneficial relationship!

Japan, Karibu Africa na Asante Sana, Arigatou Gozaimasu!


ケニアで開催された歴史的な出来事TICAD VIに携われて光栄であり、非常に満足しています。今回の会議は、日本とアフリカの関係性をより深化させることを目的としており、私自身もこの経験により日本と日本人に対する理解を深めることができました。

もちろん日本とアフリカの関係は今に始まったものではなく、日本の優れた稲作技術を活用したムエア灌漑開発事業に代表されるような取り組みなどを通じた関係が、何十年にも渡って形成されてきました。私個人としての日本との関わりは、アフリカの若者のための産業人材育成イニシアティブ(ABEイニシアティブ)を通じたものです。

幸運なことに、このABEイニシアティブの第1期生として立命館アジア太平洋大学のMBAプログラムの奨学生に選んでいただき、このプログラムを通じて、日本の企業経営のインサイトを含めたグローバルな教育の機会を得ることができました。

さらに、日本とアフリカの新しいパートナーシップを象徴するMaki & Mphoの活動にも参加することができました。Maki & Mphoは、日本人起業家マキと南アフリカ人デザイナーの協業事業です。Maki & Mphoの活動への参加を通じて、お互いに多様性を持ちながらも共通点も沢山ある日本とアフリカの文化をつなぐ新たな可能性を見出だしました。さらに、この機会を通じて、すべての事業は、公平であり、ビジネスのすべてのバリューチェーンにおいて付加価値を見出だせるような、継続的なビジネスプラクティスを実現するようなものである必要があるということを改めて認識しました。まさにこれは(企業が個々の利益を最大化する)MeEconomyではなく、(企業や業界を超えてパートナーシップを形成する)WeEconomyのことであり、そういったビジネスモデルの可能性を発見する機会ともなりました。Maki & Mphoは、日本とアフリカが持つ明白な価値であるクリエイティビティと日本の伝統工芸をお互いに成長させるようなコラボレーションの形を見出だそうとしているのです。私自身も、この取り組みが結実した、例えばユニークなテキスタイルから、ネクタイ、ポケットチーフ、そして瓦タイルなどのプロダクトを実際に見ることができました。

しかし、得たものは8/27-28日の2日の間で開催されたイベントだけには留まりませんでした。食欲をそそるようなケニアグルメと、ケニア人の温かいホスピタリティも堪能し、マキとムポと過ごした時間はとても楽しいものでした。さらに、展示イベントには様々なハイプロファイルな人物が訪れる場でもあり、日本とケニア両国の首脳も展示に訪れました。個人的なハイライトはやはり安倍首相夫人と、アフリカ連合の委員長(初の女性委員長)ズマ氏がMaki & Mphoのブースを訪れ、交流をもつことができたことです。 日本とアフリカの友好関係を深めることの尽力しているMaki & Mphoと、ウィンウィンの関係構築を信じてご尽力されている日本人と日本企業を皆様に感謝です!

Japan, Karibu Africa na Asante Sana, Arigatou Gozaimasu!