TOPISH Bakery No.77 ~お好きにどうぞ~

ガーナのパン屋の石本です。
前回、10/1からTOPISH Bakeryを休業します!と書きましたが、どうやらスタッフ達は継続して働いている様です。働け、と言えば働かず、働くな、と言えば働く。何なんでしょうか。

休業宣言の翌日、Nana Yawから事業継続を懇願するメッセージが届きました。

「9月分の給料分が稼げるまでは、給料の支払いはせず、小麦粉の調達を優先させる事にしたよ。売掛金を増やしてた販売スタッフへはパンを供給しない事にしたので、売上自体は落ちるけど、キャッシュフローは改善すると思う。だから、どうかパン屋を続けさせて欲しい。後は、今の生産に対してスタッフが多すぎるのが問題だけど、、、」

他のスタッフからは、

「TOPISH Bakeryが営業をやめても行く所がないから、暫く住まわせてくれ!悪いのは私たちじゃない、ちゃんと管理をしてないマネージャー達だ!」

と、何とも言えないメッセージが届き、返信する気にもなりませんでした。

Nana Yawには、「お好きにどうぞ。何か困ったら連絡してね」とだけ返信し、10/8にパン屋に帰るまでは基本的には彼らの好きにさせる事にしました。その後、別のスタッフ達からは連絡はありませんが、どうやら10/1から通常通り営業している様です。

ガーナに来てから、雇用を作りたい、という思いを持ってやって来ましたが、必ずしも、

雇用を作る=事業主となる(従業員を雇って事業を行う)

という事だけではない、ということを考える様になりました。

今回の事で、自分自身に向いている仕事の方法や立ち位置があると感じ、何かをブレークスルーするきっかけになりそうな気がしています。答えが出るのはまだ先かもしれませんが、もう暫くあーだこーだやりながらもがいてみようと思います。