TOPISH Bakery No.31 ~Xmas特需~

Xmas特要が来た!
と言う事で、TOPISH Bakeryもエンジン全開です!
日本だったらブラック企業だ!と訴えられそうな仕事量となって来ました。

 

木曜日に小麦粉換算20袋分(約1800個)のパンを製造したのですが、金曜日の配達時に需要が大きすぎて数が全く足りませんでした。
急遽、追加販売する為、土曜日配送する分を早目に焼き上げて販売する事にしました。
因みに、金曜日に生産していたパンは29袋分(約2500個)でした。

 

そして、土曜日の今、ディストリビューター達から再度「全然パンが足りないから急遽作ってくれ!」とオーダーが。そして、ストリートベンダーのおばちゃん達からも「今すぐ100個パンを持って来なさい!」と言う電話が沢山入って来た為、早朝に追加で7袋(約500個)を生産する事になりました。

(一連のやりとり全て、生産チーム・ディストリビューター・マネージャーが話し合って決めており、石本の方は、「お、今朝も作ってるね〜、そんな売れてる?」的な感じでした)

流石に今朝の追加7袋については女性スタッフから「こんなextra work聞いてない!」とマネージャーに抗議する場面がありましたが、マネージャーが「クリスマスギフトに鶏を用意してあるから!」と説得しようとすると、今度は「鶏なんて嘘よ!」と激怒。(ここ数年、厳しい経営状況だった為、石本不在中の2年間はスタッフにもクリスマスギフトはなしか、トマト缶程度でした)

その現場にフラフラと石本が立ち寄ると、女性スタッフ達が「石本、マネージャーが嘘をついて私達を働かせようとしている!」と身振り手振りで一生懸命伝えて来たので、「鶏もお米も油もイワシ缶も用意してあるよ〜」と伝えると、驚いた表情で、鶏のモノマネをしながら、「鶏あるの!?(手を翼の様にバタバタさせて)鶏だよ???」と、驚き、きゃー!と喜んで仕事に帰って行きました。

部屋で仕事をしていると、女性スタッフから「卵焼き焼いてあげる」と差し入れがありました笑

明日、日曜日の生産では40袋(約3300個)の生産計画との事。無事売り切れてくれる事を祈るばかりです。