TOPISH Bakery No.58 ~使命感~

ガーナのパン屋の石本です。
クマシではMotor Kingというオート三輪の荷台に乗って駆け回っているのですが、あまりサスペンションが効いていない為、腰痛が少し悪化しました。湿布かマッサージ券が欲しいこの頃です。

さて、前回BBのオーナーからご指名を頂いてから、翌日からパートナーのKofiとJamesと3人で大手のパン屋を訪問して、協力してもらえる様に説得しに行く事にしました。クマシには大小合わせて100近いパン屋があると言われています(言う人によってバラバラであり、どこの地域まで入れているのかも不明瞭)。

全てのパン屋を訪問する事は不可能なので、大枠の方針として、まずは上位15社を訪問して合意を取り付け、その後その15社の連名のレターをお客さんや他の中小のパン屋に配って値上げを周知させる、と言う事になりました。また、7月中旬には15社のオーナー達に集まってもらい、会議を開く事となりました。

当初小麦粉メーカーが大手15社のリストと連絡先を提供してくれる、と言う話だったのですが、急に手のヒラを返して情報を出さなくなった為、自分たちで調査&アポ取りをして一件ずつ回る事にしました。最初に訪問したのは1965年からパン屋を営んでいるDorcas Appiah Bakeryというパン屋で、工場もヨーロッパから輸入した新しい機械を導入しており、ゆうに2000万円ほどは投資したのではないかと思われる大手です。

最初強面で、現在の状況について悲観的なコメントをしていたマダムでしたが、こちらの話に理解を示してくれ、全面的な協力をしてくれる事になりました。彼女達が持っている大きな会議室も、7月中旬のパン屋会議に使っていいと会場提供まで約束してくれ、帰りには次に会うべきパン屋の紹介と、自社のパンを2つお土産にくれました。

「パン屋が利益を削って我慢し続ける、材料を減らす、重量を減らす、そんなシステムを変えていかないとね!頑張りなさい!」

また、現在マネージャーとして働いている息子さんは非常に聡明で、お母さんのパン屋を大きくする為にアメリカから帰ってきたとあるだけあって、次世代のリーダーとしても非常に期待できる(将来的にパン屋の集まりをリードできそうな)人材でした。競合ながら、出会えた事を嬉しく感じました。

次に会いに行ったMrs.Amankwa BakeryはTOPISH Bakeryに近いローカル感のあるパン屋でしたが、生産規模は倍以上と流石のTOP10。オーナーと話をしていると、最近の原材料やガソリン・LPBの値上げや、お客さんの売掛金の踏み倒しなど多くの問題について、相談する相手がいなかったと泣き出しそうな様子で打ち明けてくれました。

「みんな利益が少ないから、もっと売らないとって沢山市場に卸すでしょう。すると、売れないパンは腐る、腐ったらお客さん達はパン屋のせいにして売掛金を踏み倒す。適正な利益が取れたら、みんな過剰に売ろうとしなくても良いはずなのに」

帰ってきた配送車両には30個ほどの腐って返品されたパンが積まれていました。

クマシではここ10年近くパンの値段は上がっていないと言います。少なくともTOPISH Bakeryを創業した4年前からは変わっていません。その間、上がりゆく原料価格に対し、各社様々な努力をしながら何とかやってきたものの、今限界に近いところまで来ているのだ、と改めて認識させられました。

そして、Mrs.Amankawaだけでなく、きっともっと多くのパン屋オーナー達が苦しんでいるのだと思うと、何とかせねばと再度決意を固くするのでした。