さよなら2018年、やぁ2019年!

どうも、Food for Future Plcの竹重です!

 

さて、日本で言うところのの年末年始ですが、エチオピアでは、カレンダーが違うので年末年始も通常運転です。

 

とはいえ、日本人の僕としては、年末年始を少しだけ意識するので、年末年始と言うことで、少し振り返りをしてみようと思います。

 

ちなみに、我が家はプリペイドの電気料金の残高が枯渇し停電中なので、年末だし少し奮発して、ホテルで作業しつつ、年越しそばならぬ年越しサンドウィッチを食べています。笑

 

2018年の振り返り

会社をやめてエチオピアに来てから早3年が経過しようとしていますが、今年1年を振り返ってみると、ようやく5月に法人の登記が完了し、事業の開始に向けやや前進ができた年でした。

 

日本のスピード感から考えると考えられないスピードの遅さですが、何かと大変なエチオピア、とりあえずは法人が登記できたことは大きな成果だったと捉えて置こうと思います。

 

5月の法人登記完了後は日本での機材調達、エチオピアでの土地取得プロセス、9月のケニア訪問など事業の開始に向けて全力投球をするも、特に土地の取得プロセスでは政府の体制変化など様々な事象も絡み合い思うようなスピード感でことを運んでいくことができませんでした。

 

なかなか予期できないことも多い国エチオピアですが、なんとか、スピード感、戦略等も含めてもう少し工夫することができればと言うのが反省でしょうか。。。

 

一方で、先週、先々週あたりから、アントレアフリカの選考委員を務める佐藤芳之さんのご支援もあり、在エチオピア大使館からのサポートもうけ、ようやく土地問題に目処がつくのではなかろうかと言う期待も出て来ています。

 

年末年始も土地取得に向けて地方やアディスアベバなどエチオピア国内を走り回っていますが、今週水曜日には、新候補地アルベゴナでプレゼンなども控えており、新年早々明るい話題もお届けできるのではなかろうかと思っています。

 

2019年の抱負

まずは水曜日のプレゼン含め、土地の取得を早期に終えること、その後、工場の建設、機材の搬入などを進め、2019年中にFood for Future Plc最初の製品を販売できるよう準備を進めます。

 

当初の計画からかなり遅れを撮っていますが、土地取得に続く製造設備の輸入などについては問題が発生しないことを祈るばかりですが、エチオピア、、、、

 

多かれ少なかれ予期せぬことも起こるでしょう。

メンタル負けずに、ゴリゴリ進めていく年にします!

 

引続きみなさま応援よろしくお願いいたします!

 

あっ、日本はあけましておめでとうですね。

あと、4時間で新年を迎えるエチオピアより。。。