ようやく州政府議会へ。

どうも、Food for Future Plcの竹重です。

タイトルにもある通り、ようやくよーーーーーーやく、州投資委員会のGoサインも出て、残すところは州政府議会の決のみです。

今週火曜のできことです。

投資委員会の担当ダイレクター曰く、州政府議会の日程がまだ固まっていないが、州政府のアドミ事務所に行って、プッシュすれば日程早まるかもとのこと。

民間人のちょっとしたプッシュで州議会の日程が決まるというか、そもそも州議会の日程は結構直前まで未定であることに衝撃を受けますが。。。。

いずれにせよ、州議会での承認を得られ次第、ようやくシダマゾーン政府との契約書締結へと進みます。

本来、法規制には全く明記されていない州政府での手続きになんだかんだと1ヶ月半くらい時間を奪われた気もしますが、いずれにせよ正攻法で手続きを完了させることができたのは素晴らしいのかなと思っています。

さて、契約完了後はいよいよ本拠地をアワサから事業予定地であるアルベゴナに移して本格的な工場建設手続き、その後の製造へと繋がっていくわけですが。

ひとまず、一安心ですね。

まぁ、そうは言いつつもまだまだ政府の嫌がらせとも思える不明瞭な手続きについては、設備輸入の手続きやら、建設許可の取得などありますが、とりあえずはアルベゴナに本拠地を移して頑張って行こうかと思っています。

標高2600mの冷涼な高地で暮らす穏やかな牛たちの姿も今後は頻繁にアップデートできるといいなと思いつつも、一方で、ネット環境が悪化するので、どの程度の頻度でアップできるかわかりませんが引き続き応援よろしくお願いいたします!