1つの柄が決まるまで

シェリーココの要ともなる部分、それが

布選び

布が可愛いか可愛くないかで、売れる売れないでてきますからね(*_*)

柄一つ一つこだわっているシェリーココにとっては、とってもとっても大事な部分です。

そしてこの布選び、そんなに簡単なものではありません…

交通手段

まず、布市場の場所ですが、うちから往復5-6時間かかります。

アジョウン(アトリエ)

↓バイクタクシー

ポルトノボ(乗り換え地)

↓乗合タクシー

コトヌー(布市場)

バイクとバンを乗り継ぎ、布市場に到着します。

基本は日帰りで訪れます。

最近は暗くなり始めた頃に帰ってくるようにしていますが、少し前まで21時22時の帰宅になることもしょっちゅうでした…

布選び

基本は、私が柄を選んでいるのですが、私実は…

好みがとっても偏っているんです。笑

そのおかげで、

シェリーココの柄はセンスがいいね

他のブランドとは少し違うね

アフリカ布っぽくないね(私にとって褒め言葉)

と言っていただけます。

ただ、こだわりがありすぎて、丸一日布市場にいても、1柄も見付けられない日もあったり…

調子が良い時は、4-5柄見つかるんですが。

そんなわけで、往復5-6時間の買い付けを週に何度も行うときもあります。

色落ち具合

これ、可愛い!

と、素敵な布に出会えても、まだ何枚も大量には買いません。

まずは、1枚(6m)買います。

※コトヌーの大きなの布市場では、6m単位で購入可能

そして、その買った布を家に持ち帰り、一部分切り取って、水洗いします。

その際に、チェックするのは色落ち具合。

・水の色がどの程度変化するか。

・乾かした際に変色してる部分はないか。

アフリカ布のほとんどは、色落ちをします。

しかし物によって色落ち具合はそれぞれで、ひどいものをこの段階でハネるのです。

一目惚れして、とっても可愛い布も、色落ちがひどければ、商品にされることはありません…

泣く泣く諦めます。

ちなみに、布の値段は高い安いありますが、値段が高ければ色落ちしない、というわけではありません。

そして、この方法に至る前は、馬鹿正直に店員さんに

『この柄は、色落ちする?』

と聞いて、買っていました。笑

もちろんみんな、色落ちなんてしないしない!

と言いますよね。笑

1番信じられるのは、自分の目だ!

ということで、サンプル購入費として費用がかかってしまいますが、必ず試し買い、するようにしてます。

こうして、私の目に留まり、色落ちテストに受かった柄のみが、シェリーココの商品として使用されるのです!!!

…続きます