ベナンでドローン事業の始まりは2年前。

ベナンでドローン事業をやっている内藤です。

右の彼も立ち上げから関わってくれています

ようやく本題に入れます。

選考に入る前にこの話ができてホッとしています。

 

会社を設立したのは今年の5月なのですが、実はベナンでドローン事業をはじめたのは2年以上前に遡ります。

 

2年前に友人と語ったドローンの夢

一番最初にドローンの話が出たのは2016年末でした。

 

アフリカにも行ったことがある日本人の友人との会話です。実は彼はビジネス業界では結構有名な方でもあります。

 

Aさんとしておきましょう。

 

Aさん

「内藤さん、ぼくアフリカでドローン事業をやりたいと思ってるんですね。ケニアでモバイルマネーが日本よりも早く浸透したように、ドローンも発展途上国であるアフリカの方が広がる可能性があるし、ドローンは色んな産業を革命的に変える力があるんですよ。」

「ドローンですか!あの空飛ぶ機械ですよね。確かにスゴいのは知ってますが、本当に色んな産業を変えることができるんですか?」

Aさん

「はい。例えば測量とかって今までは人が測ったりしてましたよね?これってすごく時間もお金もかかる作業なんです。大きさにもよりますが、一つの測量案件を数人がかりで数日かけてやります。恐らくアフリカも同じか、それ以下の仕組みでやってるはずです。それがドローンを使えば1人で1時間とかで終わっちゃうんです。」

「ええ?!そんなに変わるんですか!」

Aさん

「それだけじゃありません。今後は物流だってドローンで物が運べる時代がきます。日本はすでにAmazonでその日に物が届くようになってますが、アフリカはまだまだ自宅に物すら運べないし、物流用の道路も不十分です。ドローンなら道路作らなくても空で運べるから自然も守れます。」

「ドローンにそんな可能性があったなんて知りませんでした!」

Aさん

「ぼくはドローンのノウハウや戦略などには強いですが、現地でやる現地力が足りません。こういった新しい事業は、成功するまでかなりの忍耐と現地力が鍵になります。内藤さんなら現地の人たちと強い信頼関係と築けてると思うので、一緒にやれるんじゃないかと思っています。」

 

現地の仲間も大興奮

この話をベナンのパートナー・ゾマホンや現地の仲間に早速話しました。

 

僕の中で決めているルールがありまして、どんだけ僕自身がその事業に乗り気だったとしても、一緒にやる現地メンバーが反対だとやらないと決めています。

 

それは、先ほどAさんからあった現地の信頼関係が成功に関わってくるというのもありますが、個人的にも「現地の人が求めていないものは今やるべきではない」と思っているからです。

 

資本主義でグローバル化が進んでいる為、仕方がないとは思っていますが、外国人のエゴで、現地の人が求めてないものを作り上げるのはアフリカが大好きな自分としては違和感があるのです。

 

そんな想いで仲間たちにドローンの説明をすると、

 

「スゴい!!!このテクノロジーは、おれたちベナンの現地産業を大きく成長させることができるぞ!絶対にやりたい!」

 

と、彼らも僕と同じように興奮してくれました。

 

決定打は一緒にやってる僕の友達であるというところも大きかったようです。

 

ベナン人の多くは、利害よりも義理と人情を重んじる性格で、どんなに合理的に正しかったとしても、「なんかこの人が気に食わない」という理由でそのサービスを使わないという選択をします。

戦略を共に練る日々

そこからすぐにスタートというわけではなく、やはり新しい産業でもあるので、どのようにしてベナンでドローン事業をやっていくのかを日々、Aさんと僕たちで話し合いました。

 

現状でのベナン政府や国民がドローンに対してどういう考え方をしているのか、すでに他の競合が入ってきているのか、それを踏まえてどうアプローチをかけていくのか、などです。

 

そして遂に、数ヶ月経った2017年5月に既存の現地会社のトライアル事業としてスタートさせました。

  

今回はここまで。また次回に続きをお話しします!