ドローン研修でライバルを自ら作り上げている件。

ベナンでドローン事業の内藤です。

 

田代まさしさんがまたもや覚醒剤所持容疑で逮捕されましたね。改めて薬物依存の恐ろしさを感じています。僕の住んでるベナンでは大麻情報はたまーに聞きますが、覚醒剤などの危険薬物のニュースはあまり聞きません。報道されていないだけなのでしょうか・・・

 

さて、今週はドローンが新しく手に入って最初の1週間となりました。

 

それまでに営業しまくっていた「ドローン研修」の研修生さんも続々と入門コースを卒業することができています。

卒業生の方の名前が読めずに笑われる図
おめでとうございます!!
おめでとうございます!!

なんども記事で書いておりますが、ドローンは今後、アフリカにとって特に重要な農業や建設分野のゲームチェンジャーとなりうる事業です。

 

今も多くの外資系企業が入ってきていて、それにより経済成長は加速するかもしれませんが、現地企業が競争に負けてしまい衰退する未来がみえています。

 

僕たちはこのドローン事業で特にベナンの現地の人たちや企業が競争力を高め、彼らも経済成長の中に入ってもらいたいと考えています。

 

正直、新しいドローン操縦士や事業者を出せば出すほど、僕たちのライバルを作っているのと同じことなので、会社のことだけを考えればやらない方がいいのかもしれません。

 

しかしながら、僕たちはドローンで現地産業に革命を起こすことを目的としているので、そこに取り組みつつ、自社ならではのサービスも作り共に成長していきたいと思います。