ベナンへ戻る日程について

どうも、ベナンでドローン事業の内藤です。

 

今日は簡単な近況報告とベナンに戻る日がほぼ決まりそうなので共有したいと思います。

 

 

空撮とトレーニング案件の相談が増えてきた

コロナがきてからは一切の問い合わせがなくなっていたドローンの空撮やトレーニング案件ですが、最近はまた少しずつお問い合わせが増えてきております。

個人や中小企業としての経済活動はだいぶん前に戻っており(政府支援もないので戻らざるをえない)ますが、政府系や大企業はいまだに半自粛モードといった状況です。

 

ベナンには10月に戻る予定です

遠隔でも一応やれてはいるのですが、やはり自分がいた方がより進むという判断で、10月に戻ることを決意いたしました。

アフリカは40か国以上が外務省からの渡航中止勧告が出ているので、私の友人も年内の渡航は断念していたりもしますが、ベナン政府はだいぶん前からコロナ患者のカウントをほぼストップしているので、幸か不幸かその対象には選ばれておりません。

私の知人も最近ベナンに戻りまして、PCR検査は強制的に受けさせられたものの、陰性で無事入国できているとの情報もありましたので、今のところは戻れそうです。

戻った際は14日間の隔離を終えた上で、現状の把握をしてから、事業の継続と現在も計画中のあたらしい取り組みを実行する予定です。