アラブからケーキ依頼の電話?!

こんにちは!タンザニアでパン屋を経営しております、松浦です。

最近、タンザニアは小雨季に入っているらしく、連日土砂降りが続いています。。(地味に、デリバリーの時にパンを入れたケースが濡れないよう気を遣います。)

さて、前回はレストランへの卸しについて書きましたが、本日はカフェへの営業について書いていきたいと思います。

おしゃれなカフェ①

ダルエスサラームにも最近、おしゃれなカフェがどんどん増えてきました!(隣国の都市ナイロビには負けますが・・笑)外国人向けのハイソなカフェです。

しかーーーし!!!こんなに内装がおしゃれでも、カフェ内に立派なパティスリーを抱えているところは、実はあまりありません。

どのカフェを回っても、置いてあるケーキや小腹を満たすためのパン、ドーナツはどれも同じようなものばかり。正直言ってクオリティもあまり高くありません。

そこで弊社の出番でございます!そう、当店の美味しいパンやサンドウィッチ、そしてケーキを取り扱っていただけないか・・と。

そんなわけで、デリバリーに支障を来さない範囲にあるおしゃれカフェに、先日から営業に回っておりました。

私たちの作っているパンを、コーヒーのお供のスナックとして取り扱ってもらえないか・・と。

営業のお供は、普段作っている惣菜パンや、菓子パンのラインナップです。

日本でもおなじみのメロンパンやカレーパンなど。

ありがたいことに、どのカフェの反応も思っていたよりも好感触です。あまり馴染みのない惣菜パンや菓子パンも、「ぜひ取り扱ってみたい!」と言っていただけました。

しかし、どのカフェからもすべからく同じ一言が。

「・・ところでケーキも持ってきてもらえないかな?」

これはタンザニアあるあるなのかもしれませんが、「ベーカリー」と聞くと、みんな「イコールでケーキも作れる!」と思っているようです。

日本では多くの場合、パン屋とケーキ屋さんは別れているため、はじめは「そんなバカな?!!」と面食らいました。きっと、「同じ小麦粉を混ぜて焼くんだから大体一緒でしょ?」ということだと思います。さすが大雑把・・!(笑)

友人の誕生パーティにて。カラフルで華やか。

ちなみに、タンザニアのケーキも例に漏れず、砂糖たっぷりの硬くてパサパサした超甘々ケーキがスタンダードです。おしゃれなカフェでも、美味しいケーキで出会えることは早々ありません。

そんなわけで、カフェのマネージャーもこぞって、私にケーキについて尋ねてきたのです。

とはいえうちはパン屋です。はじめは、「うちはパン屋なんで。」とハッキリキッパリ断っていました。が、毎度ケーキについて尋ねられるので、とうとう重い腰をあげることにしました。

「そんなに欲しいなら作ってみてやろうじゃないか・・・!」こうして、カフェで卸せるケーキ開発の日々が幕を開けました。

以下、最近作ったケーキたちです。

ガトーショコラとパウンドケーキ3種
パイナップル、ココナッツ、バナナなどタンザニアのフルーツたっぷりのマフィン

以上のケーキを社員たちにはマスターしてもらいました!

焼き菓子以外にも、もう少しラインナップを増やしたいところですが、これまでのところの成果はこんなところです・・。

(実は、これまでも誕生日会用のデコレーションケーキの問い合わせを何度もいただいておりました。が、デコレーションケーキとなると、工数が焼き菓子以上にかかってくるため、一旦は保留・・とさせていただいております。)

早速カフェのマネージャーさんたちに試食してもらいます。

「・・・!これは!superだ!!!!!」

と絶賛していただきました。(笑)来週から3店舗で置いていただく予定です。

さて、このケーキを開発している最中、なんとアラブ人のカフェマネージャーから先日電話がかかってきました。

「君のところのケーキがfantasticだと聞いたんだが、一緒にビジネスができないか?」と。

どうやら、カフェマネージャーさんたちの横のつながりで、噂はアラブまで飛んでいっていたようです。(ありがたや・・)

話を聞くと、数ヶ月後にダルエスサラーム市内でカフェをオープン予定とのことで、それに合わせてケーキやパンを卸してくれるところを探していたようです。

と、このような感じで、最近はパン屋改めケーキ屋さん(?)のようなことをしておりました。

しかし、安心してください。(笑)今まで通りパンは毎日焼いており、社員たちの腕もメキメキ上がってきています!成形のスピードは速くなり形も前より随分よくなりました。

そんなわけで、最難関である「クロワッサン」づくりにも着手しております。

次回はその様子をお届けしたいと思います^^

おすすめスポット探しで思う事

こんにちは。ギニア、コナクリから、イヌワリアフリカのバー由美子です。

ここ最近は来年2月に開催するギニアツアーの準備、個人旅行手配、同行ガイドの下調べなどに追われています。

先日お客様の同行ガイドをさせて頂く際に、素朴な人情味溢れたギニアの大衆カフェも良いけれど、ちょっとオシャレでワクワクしそうな綺麗目カフェも開拓したいなと思っていた時に、最高のロケーションの割に意外と価格がびっくりするほど高くなく、敷居も高くない、もっと早く行けば良かった!と思える穴場的なカフェを見つけました。

コナクリの先端の漁業の街ブルビネにそびえ立つ船のような形の「NOOM HOTEL」(写真右)

こちら「NOOM HOTEL」 の中にあるのが

こちらのカフェ 向こうにはレストランがあります

目の前は一面キラッキラな海 海にはあらゆる種類の漁船があちこちに見えます。

こちらのサンドイッチ、フライドポテト付きで約10ドルちょっと。お金持ちや外国人が行くような他のレストランの価格よりも安くボリュームがあります。お料理は味も見た目もとても良いです。フレッシュジュースやカクテルなどオシャレで美味しい飲み物もいろいろな種類があります。

フレンドリーで気が効くスタッフばかりで気負いなくリラックスできる空間です

最近コナクリに店舗を増やしている人気ジェラート屋さんの小さなお店も併設してあります。とても美味しいんですよ。

数年前までのギニアのホテル内のレストランやカフェは高いだけで美味しくなく、雰囲気も良いとは言えない所ばかりでした。

あまり知られていないようですが、コナクリの宿泊施設は宿泊料がとても高く、売春宿のようなホテルであれば安くは泊まれますがセキュリティは最悪、安心して宿泊は出来そうでもそんなに綺麗ではないホテルでも100ドル以上はしますし、それなりに綺麗なホテルであれば200ドル以上はするんです。
こちらのNOOMホテルは新しいホテルでいつか入ってみたいとは思っていたものの、宿泊料も250ドル以上ですし外観もすごいので、レストランやカフェも金額が高く入りづらい雰囲気なのかと思っていましたが、実際入ってみたら価格はそこら辺の高いレストランよりも安くボリュームがあって美味しいし、景色が最高で、カジュアルでフレンドリー、とてもリラックスできる場所でした。

お客様をご案内するだけでなく、私自身もいろいろな意味でギニアに疲れた時には、ここに来たら頭も体もスッキリリフレッシュ出来るかもしれないと思いました。

 

ホテルの隣のあたりでは魚の燻製や漁船の製作が行われています

 

でも、最近街を歩いているとよく思う事があります。
「ここ何年かでギニアは今のギニアじゃなくなる、昔ながらの風情ある景色や人々の姿が絶対に変わるはずだ、ギニアの魅力が薄れていくかもしれない」

最近はアフリカの布でできた服ではなく暗い色の既製品の服を着た人や、新しいビルやお店で開発され以前の雰囲気と全く違う街並みになっている場所などが目に付くようになってきたからです。
このままでは味気の無い街並みになってしまいます。これではギニアならではの魅力がなくなってしまう。

「ギニアならではの伝統や大衆的な魅力を残しながらバランス良く開発を進めていって欲しい、ギニアの人たちにずっとずっとアフリカの布で服を作るという習慣を残していって欲しい!」
と、とても自分勝手かとは思いますが思ってしまいます。
そんなギニアが大好きだからどうにか残して欲しいと思うのです。

 

Inuwali Africa 事業&サービス  

Inuwali Africa イヌワリアフリカ HP  

Inuwali Africa イヌワリアフリカ ネットショップ

イヌワリアフリカ 代表 バー由美子                             Yumiko Bah / Inuwali Africa Président

 

ホテルではいろいろな会合や催しものが開催されています