アフリカのモバイル事情 〜タンザニア・ウガンダ・ザンビア〜

アフリカでは、爆発的なモバイル浸透による情報革命が起こっています。
総務省が2015年7月28日に発表した最新版の【情報通信白書】(【発表リリース:平成27年「情報通信に関する現状報告」(平成27年版情報通信白書)の公表】)を参照すると、アフリカの携帯電話事情が把握できるいくつかのデータがあります。

上記によれば、2014年末時点で携帯電話加入者数は9億人近く。
人口が約12億人なので、単純計算で、実にアフリカ全体の7割以上の人がモバイルを保有している、または利用していることになります。
(1人当たり数台保有しているケースは考慮していませんが)
 
2014年時点でこの数字なので、2017年の現在は確実に増加しているはずです。
 
東アフリカの経済大国であるケニアでは、2015年6月末時点での携帯電話加入者数は約3,611万、普及率は約84%という統計データもあります。
総務省データ参照
 
今回は、そんなモバイル大陸アフリカの実情の一端をご紹介します。
 
 
まず、何と言っても、キャリアは中国系が主流です。
中国系の代表的なモバイルキャリアとしては、「TECHNO Mobile」、「itel mobile」(Techno Mobile傘下)、「Huawei」があります。


 
これらのキャリアの特徴なんと言っても、価格競争力の高さ
アフリカ市場におけるtoC向けでのKSFは、まだまだ何と言っても価格です。
もちろん、耐久性と価格の両面で判断されるコスパは重要です。
が、購買力の無い低所得者層(ほとんどこの層)に限っては、「価格が安いものを買う」という購買傾向があると言えます。
 
あくまで1サンプルの参考価格ですが、中国系の代表的なモバイルキャリア各社のスマホが、タンザニアのダルエスサラームで販売されていた価格としては、
 
TECHNO mobile:スマホが9,000~18,000JPY
itel mobile:スマホが20,000JPYくらい
Huawei:スマホが13,000~31,000JPY(Y5Ⅱ:13,000JPY、Y6Pro:17,000JPY、GR5:26,000JPY、P9 lite:31,000JPY)

※2017年8月時
 
といった価格レンジでした。

 
同様にウガンダでも、モバイルの価格はタンザニアとあまり差異無しでした。
 
※実際に販売されていた参考価格
HUAWEI P9 Liteが31,000JPY位(ダルとほぼ同じ)
Techno Mobile L8 Liteで10,000JPY位
 
 
これに対し、韓国勢のキャリアである「SUMSUNG」「LG」も、高級路線として存在感があります。

 
現地で売られているモバイル端末メーカーは、下記の通り。
Sumsung:スマホが16,000~55,000JPY
LG:スマホが15,000~45,000JPY
 
 
香港のTCLコミュニケーションが展開するブランド「alcatel」も、アフリカで存在感のあるキャリアです。
こちらのalcatel、ダルエスサラームではかなりの低価格帯で売られていました。
スマホが3,500~8,000円、ガラケーに至っては1400円

 
上記に加え、インド系のAirtelもいます。
こちらはザンビアのルサカのザンビア本社。

 
 
残念ながら、日本のキャリアのスマホ(SonyのXperia、シャープのAQUOS、VAIOなど)はほとんど見当たらず。
中古スマホショップでたまに見かけるくらいでした。
欧州系のキャリア(ドイツのT-Mobileなど)も、同様。
 
日本のキャリアの新星、プラスワン・マーケティングの展開する「FREETEL」(佐々木希さんのCMでおなじみ)がアフリカ(南アフリカ、エジプト)や中東に進出されているので、今後のご活躍が期待されます。
※参考:https://asia.nikkei.com/Business/Companies/Big-global-expansion-in-works-for-Freetel-budget-smartphones
 
ちなみにiPhoneは、その高価格帯から仕入れが限定的で流通量が極めて少ないため、一部の専門店(Apple公式ショップなど)でかなりの高価格で売られています。
街中でiPhonを取り出して使用していると、スリの標的にされやすい様なので、ご注意を。
(私も念のため、初めての渡航前にiPhoneからHuaweiに変えました)
 
以上、アフリカのモバイルに関する実情の一端をご紹介しました。
産業構造や問題点、日本の進出機会などについては、また別途書かせて頂こうと思っております。
 
Cannot get other user media. API shut down by Instagram. Sorry. Display only your media.

ドヤ街開発に学ぶ、ナイロビダウンタウン治安改善提案

The Alchemist is a good place, but is less integrated...

The Alchemist is a good place but is less integrated…

(英語のあと日本語)

I generally don’t stay in a hotel in Nairobi, but I stayed in one during TICAD Nairobi as Mpho and I needed a place to stay near KICC where the TICAD VI was held. And we actually did stay in a hotel in CBD where is considered not the safest place in Nairobi (don’t tell anyone!). Actually, the hotel itself was decent (value-for-money), and staff was quite friendly while I am quite certain no Japanese businessmen or diplomats had ever stayed there because of the location.

Obviously, we did all we needed to do to make sure we are safe (which is basically not walking around at night) and we were safe and all. But being in the sketchy neighborhood for several days made me think of new business ideas to create a safer neighborhood.

I am in no way professional in this area, but I believe that the keys to increasing safety in a neighborhood are increasing diversity and decreasing anonymity. In other words, an integrated community may create a more peaceful and secure neighborhood. Instead of gentrifying an area by renovating and creating buildings, we need to design a space around people who already exist there to nurture interaction among themselves.

I wonder if we can create a space, ideally, a multi-purpose creative open space that houses hotel/restaurant/coffee shop/event space/workshop space in the middle of CBD where there are already constant traffic, but no one really stays. I know few places similar to what I have in my mind is popping around the world. They are mostly accommodations but the space is open to the local community. What if Maki & Mpho can create a space like that where we can share our brand stories using multiple media while making the community safer!

As I was thinking about how we can create a space that is not just for richer locals and foreign tourists, I thought of the Hostel Village in Yokohama’s rather ghetto-like space where former day laborers on welfare are gathering. An entrepreneur, Mr. Okabe, created a hostel to bring in young people and budget tourists to the area and changed the atmosphere and environment. Together with a group of friends, I used to go there to test some projects together with Mr. Okabe to bring in more diverse people.

This idea has to be explored with my Kenyan partners…


ナイロビでは、普通はホテルには滞在しないのですが、TICAD VIの際は、会場のKICCに近いところにデザイナーとステイする必要があったので、ホテルに滞在しました。(内緒ですが)ホテルといっても、実はCBDの中でも、エリアとしてはあまり治安がよくないとされている場所にステイしていました。実際は、ホテルは悪くなく、スタッフもよく対応してくれたのですが、場所が場所なので、日本のビジネスマンや外交官は絶対に宿泊しないだろうなと思います。

当然、通常気をつけなければならないこと(といっても、夜出歩かないとか普通のことですが)に留意して、とても安全快適なステイではあったのですが、そういった少し警戒が必要な場所に何日間か実際に身を置いてみて、治安改善の新しいビジネス構想などについて、思案を巡らせることになりました。

といっても、地域開発の専門家でもないので、はっきりとしたことは言えませんが、治安の改善には、人々の多様な交わりを深めることと、その人々同士の顔見知り度を増やすことが必要だと思います。つまりは、もっと多様で統合されたコミュニティの形成が重要だと思います。単なるジェントリフィケーション、つまり建物のリノベーションや増設ではなく、すでにそこにいる人々に着目して、彼らがもっとつながりを持てるような空間をデザインできれば理想です。

ちょっと思ったのは、すでに通行人の行き来が多いけれど、そこに留まっている人は多くないようなナイロビCBDのど真ん中に、クリエイティブな空間を創れたらどうなるだろうかと妄想してみました。ホテルやカフェ、ワークスペース、SHOP、イベントスペースやワークショップなどが一体したような空間。こういったオープンなホテル的なコンセプトは、世界各地で今注目されてきているコンセプトな気がします。宿泊施設がコアですが、地域に対してオープンなようなスペースです。Maki & Mphoがナイロビでそういったコンセプト空間をプロデュースできたら、ブランドストーリーの発信拠点として活用しながら、地域の治安改善にも貢献できるのでは!?(妄想が続きます)

隔離された一部の富裕層だけの空間にならないためにはどうすればいいかと考えていたら、横浜のホステルビレッジのことを思い出しました。昔の日雇い労働者の人が集まり、いわゆるドヤ街と呼ばれるようなエリアで、ホステルビジネスを始めたのが、起業家・建築家のコトラボ合同会社代表、岡部氏。岡部さんは、若者や外国人を巻込むことで、「ドヤ街」の人の流れを変えることに成功しています。若手社会人の仲間たちと、私もプロボノワーカーとして一時期ちょっとプロジェクトに携わったりしていたことも思い出しました。

このアイディア、ちょっとナイロビの仲間たちともうちょっとブレストしたいと思います。。。ご意見などある日本の方も、celebrate[@]makiandmpho.comまでご連絡ください。

 

ケニアのe Citizenでビザ取得!

Kenya eVISA

(英語のあと日本語)

In 2014, Kenya launched the eCitizen portal site for its citizens and visitors to get access to various public services including applying for a passport or a visa. Since its launch, the number of people who registered on the portal has been growing. According to a news source, as of February this year, 1.23 million Kenyans registered on the portal and 2.4 billion shillings (roughly 24 million USD) have been collected. Besides its growth potential, there are several aspects of this service that I think is amazing:

  • It is cost effective: This is an obvious benefit as you can cut middlemen and administrative costs. The service can also save users’ opportunity costs coming from having to go to government offices during their open hours, and queuing up in long lines.
  • It can address corruption: Online transactions create more transparency in fees and payment, and consequently discourage corruption.
  • You can pay via mobile money including M-Pesa (Vodafone/Safari.com run leading mobile payment service in Kenya).
  • It is meant to be a one-stop portal: Citizens can seamlessly access to various services provided by various agencies. Once fully implement, the portal can allow citizens to access to 15 services including various licenses and certificates.
  • It saves time: I applied for eVISA and my visa was ready just in 2 business days.

My visa application via the ePortal was super easy as well. You basically need a digital file of a passport size photo, a scanned copy of passport, and hotel booking info, and you are good to go… I hope that they soon set up the portal ready for the East African Tourist visa which should encourage more travelers to visit the Kenya, Rwanda, and Uganda.


2014年、ケニア政府は、パスポートやビザ申請など、国民や訪問者が様々な公共サービスにアクセスできるポータルサイト、eCitizenを立ち上げました。ロンチ後、利用者は着々と増えているようで、ニュースソースによると、今年の2月時点で、ケニア人利用者は123万人を超え、24億ケニアシリング(2400万USドル)の徴収があったようです。まだまだポテンシャルがありますが、その可能性以外にも注目すべき点がいくつかあると思います。

  • コスト面のメリット:仲介業者や様々なアドミンコストをカットできるというのは自明の益です。また限られた平日のビジネスアワーに各機関に行って、長い行列を待ったりすることで発生するユーザーの機会コストも削減されます。
  • 汚職の防止:オンライン取引によって、フィーや支払いの透明性が増し、汚職防止につながることが期待されます。
  • M-PESA(ボーダフォンとサファリコムが提供する、ケニアナンバーワンのモバイルマネー・ファイナンスサービス)などのモバイルマネーで支払い可能です。
  • ワンストップポータルとして、国民がシームレスに様々な機関の公共サービスにアクセスすることができます。最終的には15のサービスが導入される予定で、各種ライセンスや証明書発行の手続きが行われます。
  • 時間短縮のメリット:私のeVISAも約束通り2営業日後には発行されました。

今回、渡航にあたってeVISAを取得しましたが非常に簡単でした。パスポートサイズの写真、パスポートのスキャン、ホテル情報などのデジタルファイルがあれば、すぐに申請できます。まだ実装されていないのですが、ケニヤ、ルワンダ、ウガンダの3国をまわれる東アフリカ観光ビザもeVISA化できればもっと旅行客が増えるのではないかと期待します!

ナイロビのクリエイティブクラス

Africa Nouveau

(英語のあと日本語)

Last year, I was traveling around a number of cities in Southeast Africa including Nairobi, Kigali, Addis, Joburg, and Capetown. But I have to say, by far, Nairobi was the most entrepreneurial and creative city among them.

I was lucky to see cultural/creative events in consecutive weekends, and I met so many creative entrepreneurs there! One of the events was called Africa Nouveau, which was started by a musician, Muthoni Ndonga, who wanted to address the lack of platforms for artists, musicians, and other creators to showcase their creative work and started an event called Blankets & Wine, a previous format of Africa Nouveau. As the name of the event suggests, it is basically an opportunity for Nairobians to hang out in the park with blankets and wine while enjoying local designers, musicians, creators, and artists showcase and perform their work.

Such event is also the best way to meet up with many creatives at once – you basically meet all key people there! I had an amazing fun while efficiently getting know many creators in the area.

Do check out their website for more info!!
http://www.blanketsandwine.com/


昨年、ナイロビ・キガリ・アディスアベバ・ヨハネスブルグ・ケープタウンと、南東アフリカの都市をまわっていたのですが、その中でも圧倒的な起業家精神とクリエイティビティを感じたのがナイロビでした。

ちょうど滞在中、2週間連続でカルチャー・クリエティブ系のイベントに参加できたのもラッキーで、そこで多くのクリエイティブ起業家と出会いました!その一つがAfrica Nouveauというもので、自身もミュージシャンであるMuthoni Ndongaが、アーティストやミュージシャン、クリエイターらが自身のワークを発表する場がないということに機会を見出だして、もともとBlankets & Wineというかたちで始めたイベントでした。Blankets & Wineは、その名のとおり、ナイロビの若者がブランケットとワインを持ち寄ってパークに集まって、地元デザイナー、ミュージシャン、クリエイター、アーティストなどの展示やショーを楽しむというイベントです。

こういったイベントは、一度に多くのクリエイターたちに会う最高の機会で、基本的に重要人物とすべてつながることができます!私自身も去年参加したことで、楽しい時間を過ごしつつ、地元のクリエイターたちと効率的にネットワーキングができました。

Blankets & Wineのカッコイイウェブサイトもぜひみてください!
http://www.blanketsandwine.com/